千住地区

鳥しげ 足立区千住1丁目32-7 03-3888-6860 New

 さて、ここも紹介してしまおう。実は、ひっそりと、一人で沈み行くのがこの焼き鳥屋である。店主が無愛想なのがいい。焼き鳥屋とおでん屋は、店主が寡黙な方が味を楽しめる。小林稔侍がいい。高倉健では肩がこる。大ぶりの焼き鳥を5本ほど頼み、ついで厚揚げを注文する。ホッピー。最後に鶏皮。これははひとり一本まで。思わず、旨い!! とうなる。

◆ 永見 東京都足立区千住2-62 03-3888-7372 New

 北千住駅西口ロータリー左角のある、千住の名店居酒屋。早い、安い、旨い。一人で立ち寄るもよし、仲間と立ち寄るもよし。モクモクとやるもよし。ワイワイ、ガヤガヤとやるもよし。煮込みや一夜干し、焼鳥とともにホッピーを飲めば、一日の憂さは溶けていく、私は、何といっても千寿揚げに指那そば。

尾花 荒川区南千住5-33-1 03-3801-4670

 ご存知の名店。取材拒否で、これまでマスコミに登場したことはないはず(食べログでは紹介あり)。ところがいつ行っても大賑わい。注文を受けてから鰻重が出てくるまで40分。満員だと鰻重にありつくまでに、1時間半待つこともある。待時間と味とを比べれば、もっと待ってでも食べたいというほどの逸品。門をくぐって、大広間に通され、うざく、うたまで一杯やりながら鰻の出来上がるのを待つ。食べ終わりまでの間、一時間から一時間半。家庭の悩み、仕事の悩みも何もかも忘れるひと時です。

◆ダイソーLaLaテラス南千住 25.03.21 Thu

 先日、うなぎの『尾花』で食事でもと、と時間があったので書店で本を購入したついでに『ダイソーLALAテラス南千住店』で文具を購入と立寄ったところ、いやはやたまげた。これがダイソー(失礼!)。まぁ~、明るさ、陳列、品揃えともに、すごいのひとこと。価格だけでなく、いい意味でも悪い意味でも既存の店舗作りルールを破ってきたのがダイソー(これまた失礼!)。ここは一変。しっかりと陳列をつくり込み、品揃えを豊富にし、立派なショッピングゾーン。とくに食料品売場は充実。当然、生鮮はありませんが。

 

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

3月

24日

20.03.24 Tue

 咳やくしゃみをすると睨まれてしました。花粉症が原因で、マスクもしているのに。思わず、言い訳をしそうになります。今日の電車のなかでの話です。

2020年

3月

20日

20.03.20 Fri

 川があれば橋があります。道があれば坂があります。清水橋とか忍坂。東京の橋と坂です。粋な名称じゃないですか。だれが名付けたか分かりませんが。少なくとも行政ではないでしょうね。

2020年

3月

19日

20.03.19 Thu

 世のなかのことについてコメントする知見はないのですが、ぼくの身の回りのことについては、ぼくしかコメントすることしかできません。何かおかしいのです。株主総会を含め集まりがなくなりました。夜の案内もまったく届きません。夜の案内といっても変な案内ではないです。すし屋に入ってもガラガラです。駅の構内も往来も、ぶつからないで歩けるほどスカスカ。確かにコロナは怖いですけれど、ぼくにはコロナ以外に怖いものがいっぱいあります。年寄の自粛は分かりますが、若い人はそんなに委縮しなくてもいいんじゃないでしょうか。もっとも、加害者になることは避けるルールは必要ですが。

2020年

3月

16日

20.03.16 Mon

 途切れ途切れにブログを更新している間に、世のなかが大変なことになっている。コロナウイルスの恐ろしさもあるが、これによる経済の冷え込みへの恐怖。過剰に敏感にならない方がいいような気がするのですが、そうもいかないのでありましょう。個人的には、心臓に疾患のあるぼくなんか、よほど注意しなければならないのですが、あまり切迫感を感じないのは、ぼくが極度に鈍感なせいでしょうか。

2020年

3月

10日

20.03.10 Tue

 いくつになっても変わらないのが、鯖寿司への思い。大阪風のバッテラでも構わないが。やはりここは京風の鯖寿司。こうも世間が後ろ向きに騒がしいと、今日は思いっきり鯖寿司でお腹と心を満足させることにした。食べたいものを食べたいときに食べるシアワセ。

2020年

3月

03日

20.03.03 Tue

 いつの間にか3月。しかも今日は上巳の節句。桃の節句です。ぼくの家系は、どういうわけか量的にも質的にも女系が強く、したがって雛祭りには昔から敏感に反応するのであります。まぁ、何かにつけての祝い事というのはいいもので、大っぴらに飲めるチャンスが多いのはありがたいことです。でも、最近は日本酒ではなくワインなんです。乾杯が。

2020年

2月

25日

20.02.25 Tue

 確定申告真っただ中です。ぼくは別に忙しくないのですが、スタッフの忙しさをみていると、なんだか居心地が悪くて。