千住地区

鳥しげ 足立区千住1丁目32-7 03-3888-6860 New

 さて、ここも紹介してしまおう。実は、ひっそりと、一人で沈み行くのがこの焼き鳥屋である。店主が無愛想なのがいい。焼き鳥屋とおでん屋は、店主が寡黙な方が味を楽しめる。小林稔侍がいい。高倉健では肩がこる。大ぶりの焼き鳥を5本ほど頼み、ついで厚揚げを注文する。ホッピー。最後に鶏皮。これははひとり一本まで。思わず、旨い!! とうなる。

◆ 永見 東京都足立区千住2-62 03-3888-7372 New

 北千住駅西口ロータリー左角のある、千住の名店居酒屋。早い、安い、旨い。一人で立ち寄るもよし、仲間と立ち寄るもよし。モクモクとやるもよし。ワイワイ、ガヤガヤとやるもよし。煮込みや一夜干し、焼鳥とともにホッピーを飲めば、一日の憂さは溶けていく、私は、何といっても千寿揚げに指那そば。

尾花 荒川区南千住5-33-1 03-3801-4670

 ご存知の名店。取材拒否で、これまでマスコミに登場したことはないはず(食べログでは紹介あり)。ところがいつ行っても大賑わい。注文を受けてから鰻重が出てくるまで40分。満員だと鰻重にありつくまでに、1時間半待つこともある。待時間と味とを比べれば、もっと待ってでも食べたいというほどの逸品。門をくぐって、大広間に通され、うざく、うたまで一杯やりながら鰻の出来上がるのを待つ。食べ終わりまでの間、一時間から一時間半。家庭の悩み、仕事の悩みも何もかも忘れるひと時です。

◆ダイソーLaLaテラス南千住 25.03.21 Thu

 先日、うなぎの『尾花』で食事でもと、と時間があったので書店で本を購入したついでに『ダイソーLALAテラス南千住店』で文具を購入と立寄ったところ、いやはやたまげた。これがダイソー(失礼!)。まぁ~、明るさ、陳列、品揃えともに、すごいのひとこと。価格だけでなく、いい意味でも悪い意味でも既存の店舗作りルールを破ってきたのがダイソー(これまた失礼!)。ここは一変。しっかりと陳列をつくり込み、品揃えを豊富にし、立派なショッピングゾーン。とくに食料品売場は充実。当然、生鮮はありませんが。

 

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

1月

18日

20.01.18 Sat

 一日の塩分6gの入院生活を送ってきたぼくが最近食べた辛子明太子、ニンニク炒飯、牛タン定食、サーロイン・ステーキがとてつもなく美味しい。が、きっと体に悪いに決まっている。ぼくの場合、美味しいと思うもののほとんどが身体に悪い。でも、それを食べないと今日を生きていけない。悩みの尽きない前期高齢者です。

2020年

1月

13日

20.01.13 Mon

 成人の日らしい。東京で一人暮らしをしていたぼくには、二十歳になったとき成人したという自覚はなかった。すでに、最近飲みすぎだなぁ~、と思った記憶があるぐらいだから、二十歳以前に成人を自覚していたのだろう。還暦をはるかに超えたいま、少々歳を自覚を自覚している。でも、歳相応の自覚とは思えない。

2020年

1月

11日

30.01.11 Sat

 『頼むから静かにしてくれ』(レイモンド・カーヴァ―・村上春樹訳)。だれか、『頼むから一人にしてくれ』を書いてくれ。

2020年

1月

08日

20.01.08 Wed

 あぁ~、牛タンが食べたい。焼肉のタン塩ではなく仙台の牛タン定食が。

2020年

1月

06日

20.01.06 Mon

 いまどき、こんな曲が流れているのか、と思った。僕が初めて聴いたのはいまから55年ほど前。ラジオから耳に飛び込んできました。奥手だったぼくは、そのころの音楽といえば舟木一夫や西郷輝彦がトップ・アーティストで、周りに西洋の音楽を聴くような友人はいません。トミー・ダーデンは、自殺した若者の遺書にインスパイアされて、この曲を作詞したといいます。プレスリーの曲に日本的な意味でのハートブレイク(失恋)の哀愁はダイレクトに感じとれないものの、アメリカ人て失恋したらこんな風に叫ぶのか、と思ったのが高校生の時です。二十歳ぐらいになると、そうか、失恋の叫びってのはこういうものか、と実感できるようになりました。いまは、もう単なる懐かしい曲です。が、少し苦い気持ちになります。

2020年

1月

03日

20.01.03 Fri

 二日間、セルビアのテレビドラマ『レガシー』を観る。舞台はベオグラード警察、主人公はそこの刑事。いまの刑事なんてのは、ドラマで描くとアメリカもイギリスもフランスも、そして日本もセルビアも同じようなもの。それよりも。細かいところにセルビアの国情を知ることができ、いやぁ~面白い。車に乗ってダイレクトに携帯で通話するし、安全ベルトなんてしやしない。いたるところでタバコを吸い、路上に投げ捨てる。2016年の作品で、セルビア国営放送で作成だって。

2020年

1月

02日

20.01.02 Thu

 正月二日は、箱根に大学ラグビー。最近、関西大学ラグビーが停滞。もっと活躍してほしい。夕方には疲れて横になる。