千住地区

鳥しげ 足立区千住1丁目32-7 03-3888-6860 New

 さて、ここも紹介してしまおう。実は、ひっそりと、一人で沈み行くのがこの焼き鳥屋である。店主が無愛想なのがいい。焼き鳥屋とおでん屋は、店主が寡黙な方が味を楽しめる。小林稔侍がいい。高倉健では肩がこる。大ぶりの焼き鳥を5本ほど頼み、ついで厚揚げを注文する。ホッピー。最後に鶏皮。これははひとり一本まで。思わず、旨い!! とうなる。

◆ 永見 東京都足立区千住2-62 03-3888-7372 New

 北千住駅西口ロータリー左角のある、千住の名店居酒屋。早い、安い、旨い。一人で立ち寄るもよし、仲間と立ち寄るもよし。モクモクとやるもよし。ワイワイ、ガヤガヤとやるもよし。煮込みや一夜干し、焼鳥とともにホッピーを飲めば、一日の憂さは溶けていく、私は、何といっても千寿揚げに指那そば。

尾花 荒川区南千住5-33-1 03-3801-4670

 ご存知の名店。取材拒否で、これまでマスコミに登場したことはないはず(食べログでは紹介あり)。ところがいつ行っても大賑わい。注文を受けてから鰻重が出てくるまで40分。満員だと鰻重にありつくまでに、1時間半待つこともある。待時間と味とを比べれば、もっと待ってでも食べたいというほどの逸品。門をくぐって、大広間に通され、うざく、うたまで一杯やりながら鰻の出来上がるのを待つ。食べ終わりまでの間、一時間から一時間半。家庭の悩み、仕事の悩みも何もかも忘れるひと時です。

◆ダイソーLaLaテラス南千住 25.03.21 Thu

 先日、うなぎの『尾花』で食事でもと、と時間があったので書店で本を購入したついでに『ダイソーLALAテラス南千住店』で文具を購入と立寄ったところ、いやはやたまげた。これがダイソー(失礼!)。まぁ~、明るさ、陳列、品揃えともに、すごいのひとこと。価格だけでなく、いい意味でも悪い意味でも既存の店舗作りルールを破ってきたのがダイソー(これまた失礼!)。ここは一変。しっかりと陳列をつくり込み、品揃えを豊富にし、立派なショッピングゾーン。とくに食料品売場は充実。当然、生鮮はありませんが。

 

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-10東京菓子協会ビル301

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2022年

5月

22日

22.05.22 Sun

 一昨日、何年かぶりにスカイツリーに行ってまいりました。もっとも、本所警察署に赴いたついでに立ち寄ったのですが、ようこんなものを建てることを思いついたもんだと、六厘舎でつけ麺を食べながら、いまさらのように感心しておりました。ちなみに、本所警察署は、落し物の件でありまして、何らかの事件を引き起こしたり、巻き込まれたりしたものではありません。

2022年

5月

16日

22.05.15 Mon

 そうか、今年は平成でいえば34年か。いまだに、西暦で物事を語られても、その当時の自分の記憶がピンとこない。いまから35年前、と言われても、ピンとこない。和暦を、西暦に換算して、35年を差し引いて、そしてまた和暦に換算する。そのころには、なぜそんなことをしているのかを忘れてしまう。思い出を訪ねるにもメンドクサイことになりました。あの出来事って、何年前だっけ、と話しているときのことです。なんかいい方法はないもんでしょうか。

2022年

4月

17日

22.04.17 Sun

 破竹の2連勝をしたかと思うと、今日は敗北。それでも温かく、慈しむのが阪神ファン。そのうち怒涛の3連勝をしてくれるさ。

2022年

4月

13日

22.04.12 Tue

 エイプリルフールを試すこともなく、4月半ばまで過ぎてしまいました。ウクライナのことは語るまい、そう決めました。すると、いま語ることが亡くなりました。シリア内線では死者50万人、避難民1300万人といわれています。ぼくは、もっともっと怒っていいと思います。語ることはしなくとも、起こることはします。

2022年

3月

22日

22.03.22 Tue

 まんぼう解禁。ぼくのような居酒屋住民には、慶賀の至りであります。ところで魚のマンボウ。産まれてこの方、食べたことがないのですが、どこで食べることができるのでしょうか。ゲテ好きのぼくからすれば、すがたかたちをみると食欲がわくのですが。

2022年

3月

01日

22.03.01 Tue

 なんだか複雑な気持ちであります。ぼくらの世代は、ロシア革命やキューバ革命というとなんとなくロマンを感じたものであります。その後、ソ連が正義、キューバが正義なんて幻想は、木っ端みじんに吹き飛んだのですが、それでもソ連の血を引くロシアが、ウクライナに対してここまでのことをするとは。ロシアというよりもプーチンなんでしょうが、困ったものです。かの国は、独裁者を生みだしやすい体質なんでしょうか。

2022年

2月

21日

22.02.21 Thu

 なんか最近、訃報のことを気にかけることが多い。西郷輝彦、享年75歳。ぼくが気がついたときは、すでにスターであり、遠い彼方の人であったのですが、なんのことはないぼくよりたった4つ年上。若いころ、4歳の年の差は遠い先のように思えたのですが、歳とともにその距離は短くなり、いまや4歳差は同世代。同世代の著名人が去りなんだか感慨深いです。