千住地区

鳥しげ 足立区千住1丁目32-7 03-3888-6860 New

 さて、ここも紹介してしまおう。実は、ひっそりと、一人で沈み行くのがこの焼き鳥屋である。店主が無愛想なのがいい。焼き鳥屋とおでん屋は、店主が寡黙な方が味を楽しめる。小林稔侍がいい。高倉健では肩がこる。大ぶりの焼き鳥を5本ほど頼み、ついで厚揚げを注文する。ホッピー。最後に鶏皮。これははひとり一本まで。思わず、旨い!! とうなる。

◆ 永見 東京都足立区千住2-62 03-3888-7372 New

 北千住駅西口ロータリー左角のある、千住の名店居酒屋。早い、安い、旨い。一人で立ち寄るもよし、仲間と立ち寄るもよし。モクモクとやるもよし。ワイワイ、ガヤガヤとやるもよし。煮込みや一夜干し、焼鳥とともにホッピーを飲めば、一日の憂さは溶けていく、私は、何といっても千寿揚げに指那そば。

尾花 荒川区南千住5-33-1 03-3801-4670

 ご存知の名店。取材拒否で、これまでマスコミに登場したことはないはず(食べログでは紹介あり)。ところがいつ行っても大賑わい。注文を受けてから鰻重が出てくるまで40分。満員だと鰻重にありつくまでに、1時間半待つこともある。待時間と味とを比べれば、もっと待ってでも食べたいというほどの逸品。門をくぐって、大広間に通され、うざく、うたまで一杯やりながら鰻の出来上がるのを待つ。食べ終わりまでの間、一時間から一時間半。家庭の悩み、仕事の悩みも何もかも忘れるひと時です。

◆ダイソーLaLaテラス南千住 25.03.21 Thu

 先日、うなぎの『尾花』で食事でもと、と時間があったので書店で本を購入したついでに『ダイソーLALAテラス南千住店』で文具を購入と立寄ったところ、いやはやたまげた。これがダイソー(失礼!)。まぁ~、明るさ、陳列、品揃えともに、すごいのひとこと。価格だけでなく、いい意味でも悪い意味でも既存の店舗作りルールを破ってきたのがダイソー(これまた失礼!)。ここは一変。しっかりと陳列をつくり込み、品揃えを豊富にし、立派なショッピングゾーン。とくに食料品売場は充実。当然、生鮮はありませんが。

 

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-10東京菓子協会ビル301

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2021年

11月

30日

21.11.30 Tue

 今日で11月が終わります。ほんとうになにもしなくても時は経過します。年が明ければ、ぼくは71歳になるのですが、歳をとるのに努力はいらないな、とつくづく思います。ただ、多少の苦労は必要ですが。

2021年

11月

26日

21.11.26 Fri

 最近、パソコンの老化が激しい。なかなか立ち上がらない。ときどき凍り付く。言うことを聞かなくなったいくつかのアプリ。押しても反応⒥しないキーボード。そろそろかな。パソコンの入れ替えって、結構大変なんだよなぁ~。

2021年

11月

13日

21.11.13 Sat

 いつの間にか11月も中旬。なるほど、何もしなくても時は過ぎるのか。今日は、netflixで時代劇を鑑賞(居眠り磐音)。市川歌右衛門や三船敏郎、中村錦之助での時代劇感覚が身に染みているぼくには、違和感と新鮮味が3:7。現代の時代劇も、けっこうおもしろいです。

2021年

10月

20日

21.10.20 Wed

 ハンフリー・ボガードの『カサブランカ』。「昨日は何してたの?」 「そんな昔のことはわからない」 「今夜はどうするの?」 「そんな先のことはわからない」。男なら、だれでもそれなりの場面で口にしたいセリフです。もちろん、ぼくにはそんなチャンスはありませんでした。でも、この歳になると、このセリフを自然と口にする場面があるのです。昨日のこともこれからの予定も、覚えていられなくなるのです。わが後輩諸君、がっかりすることはありません。まだまだチャンスはあります。

2021年

10月

18日

21.10.18 Mon

 都道府県魅力度ランキング、44位の群馬県知事がお怒りらしい。ぼくが50年以上住んでいる千葉県は12位。別に感想はありません。無視します。ぼくと知事では立場が離れ過ぎていて、義務として無視できないんでしょうね。お察しします。ところで、コロナってどこに行ったんでしょうね。隠れてるんなら、このまま隠れていてほしいんですけど。

2021年

10月

03日

21.10.03 Sun

 一部のマニアでは、レバニラ炒めをこよなく愛する者たちを、バニラ―というらしい。とすれば、ぼくはバニラ―歴40年ということになります。ラーメンにレバニラ炒をのせたやつをスタミナラーメンと、ぼくは勝手に思っています。このレバニラ炒を、ビール抜きで食べるという芸当をぼくはできないのです。ラーメンとビールは共存しないと思っているぼくでも、このスタミナラーメンだけは共存可能なのです。昨日、長い長いトンネルを抜け、レバニラ炒めの待つ町中華店に辿り着けました。こういうところを、桃源郷というのでありましょうや。

2021年

9月

29日

21.09.29 Thu

 オイ、オイ、オイ、オイ。いつの間にか9月も終わるではないか。この国の次期総理が誕生した日というに、あまり感動を覚えないこのアパシー感は。ぼくが劣化したのでしょうか、政治が劣化したのでしょうか。