最近、入谷付近限定の煮込み評論家としてデビューいたしました。もっとも、本ブロク以外に執筆の依頼はありませんし、あってもお断りする予定です。


煮込みベスト5 New

 順位は、全くの偏見であります。好みであります。

 

1位 肉の大山 台東区上野6-13-2 03-3831-9007

 ご存知、上野肉の大山。この牛筋煮込みはもう絶品。味覚音痴、趣味が悪い、ゲテ物嗜好と、散々な評価を寄せられる我が舌でありますが、好みは好み。ここの牛筋煮込みは病みつき、中毒、女房を質に入れても(入りませんが)、といった一品であります。できれば、昼に、温かいご飯とともに食べ、夜に焼酎とともに味わいたいものであります。でも、滅多に他人と一緒には食べません。顔が壊れていく自分が怖いのであります。また、料理の味わいは孤独がベースです。味は、醤油ベースですが。

 

2位 一休 台東区根岸1-2-13 03-3871-7712  

 残念ながら、今は店舗改装のため休店中でありますが、地元鶯谷の名店。なんといっても、店主の心使いがこの牛筋煮込みに乗り移っている。居酒屋のサービスってのはこういうもんだぞ、っていうさり気なさ、温かさ。これを代表するのが、この店の牛筋煮込み。味は。実に濃厚な味噌味。

 

3位 正ちゃん 台東区浅草2-7-13 03-3841-3673

 ご存知、浅草のホッピー通りにある老舗。狭い店舗なんで、ゆっくり、のんびり食べていられないのだが、日曜日の朝10時ごろに行けば、間違いなく、カウンター席で、ホッピーとともに醤油ベースの甘辛い味の牛筋をいただくことができる。いいんです、朝からホッピーを飲んではいけないという法律は日本ではないのですから。

 

4位 永見 足立区千住2-62 03-3888-7372

 日比谷線入谷駅から草加に向けて3つ目の駅が北千住。駅から徒歩2分の名店。ここの牛の煮込みと牛煮込み豆腐。違うんです、牛煮込み豆腐には、当たり前のことですが大きな豆腐が乗っているのです。醤油味。

 

5位 三富 台東区入谷1-6-1 03-3872-6213

 地元入谷の三富。ここは桜煮込み。そう、馬肉の専門店なのである。もとより、馬肉以外の料理もあるのだが、この馬肉の煮込みがすこぶる味わいがある。味は味噌。もうちと量があればの第5位。


友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

9月

25日

20.09.25 Fri

 最近の不思議というか分からないこと。一つ目、新型コロナ。いったいあんたは何ものなの。これほどまでに社会を変えるほどの大物なの。二つ目、安倍内閣支持率の急上昇。辞任発表をしてからの急上昇。いや、別に安倍さんの業績にケチをつけたいのではありません。発表から世論調査までの間、安倍さんは何もしていないのですから。三つ目、季節感。なんで急に季節が変わるの。これは季節が悪いのではなく、単に僕が鈍感なだけでしょうが。

2020年

9月

16日

20.09.16 Wed

 漱石の『坊ちゃん』には本名は出てこない。別に必要ないのだが、坊ちゃんを可愛がるお手伝いの清(キヨ)。坊ちゃんが松山に赴任したときは、いったいおいくつだったんだろうか。坊っちゃんは松山での教師を辞職して東京に帰ったあとは再び清と暮らすのであるが、清さんは相当に素敵な人だったんでしょうな。

2020年

9月

14日

20.09.14 Mon

 ようやく涼しくなりました。といっても蒸し暑い。まだまだ、わたしには夏です。これまでの人生において、私の場合、体型上、夏の期間が長く、秋冬の期間がが短い。暦の春夏秋冬と体感上の春夏秋冬が違うのであります。でも、夜明けが遅くなり、夜の帳が下りるのは早くなりました。総裁・総理が誰になろうと、秋はわが身にも来ております。明日あたりに、わたしにも秋が来るかな。

2020年

9月

06日

20.09.06 Sun

 なんと9月ではないですか。アジフライやらサバサンドを食べているうちに体重も増加。最近、物忘れがひどい。とくに、ドクターのいうことが、忘れるというより、頭に残らないのか、とんと身につきません。

2020年

8月

30日

20.08.30 Sun

 昼前、鯖サンドを求めて市原まで。呑みたいビールをグッとこらえる。夜、アジフライを求めて稲毛駅前の居酒屋へ。ホッピー&焼酎でアジフライをかぶりつく。これぞ千葉県民の醍醐味。

2020年

8月

27日

20.08.27 Thu

 あつい、暑い、熱い。とにかく暑い。歳とともに暑さに対する耐久力がなくなったのか、年とともに熱さが増しているのか、その両方なのか、とてもこの暑さを楽しむことなんてできません。この老体・醜体をいまさら晒す勇気はありませんが、風呂に浸かるが如くプールに浮かびたいもんです。はて、最後に泳いだのはいつのことだったのか。

2020年

8月

26日

20.08.26 Wed

 熱くて思考も停止。久しぶりに東銀座に出かけたものの、所用を済ませてそそくさと帰還。思考そのものも、行動そのものの少々分裂気味。何のために何を考えているのか、何のために動いているのかよく分かりません。もともと目の前のことにしか反応しない人間なのですが、ここのところそれが酷い。