所長 友廣清志

 

 1951年2月 新潟で生まれる(大阪で育つ)

 1974年3月 中央大学法学部卒業

 1976年4月 東京国税局採用

 1991年3月 国税庁法人税課で退職

 1995年6月 民間会社役員を経て江東区富岡で税理士開業

 2002年6月 台東区入谷に事務所を移転する

 

 

趣味

・飲食

・空想・妄想

 

その他どうでもいいこと

・身長と体重が相当アンバランスな人間であること。

・体重と歳の割には人間が軽いこと。

・三食連続して食べることができる料理はカレーライス・卵焼き・メンチカツだけであること。

・時々、自信を持って方向を間違えること。

・自分ではそれほどでもと思っているのだが、他人に比べるとアルコールに強いらしいこと。

・不足している能力を努力で補う気がさらさらないこと。

・アメリカという国をいまいち好きになれないが、西部劇は大好きなこと。

・北京は嫌いだが北京ダックと蜀の国は好きなこと。

・若いころ、英語の研修で3か月缶詰になったとき軽い十二指腸潰瘍になったこと。

・小中高と好きな科目は全くなかったこと(体育は授業ではなく遊び。)。

・どうでもいいことに時間を費やすのが好きかつ得意なこと。

 

さらにどうでもいいこと

・いろいろなことがが停滞しているのに、体重だけは高度化していること。
・かかりつけの医者から減量の最終厳命がくだされていること。
・事務所向かいの『栄龍』では、必ずニラ玉炒めと生ビールからスタートすること。
・最後の晩餐はラーメンかカレーライス、でも許されるのならその二つにしたいと考えていること。
・皆様のご想像のとおり、あまり仕事には熱心でないこと。
・忙しくなればなるほど、現実から逃避し、一年前の雑誌に没頭してしまうこと。
・都内JRのすべての駅で下車し食べかつ飲んだことがあること。
・力道山より木村政彦のほうが、断然強いと思っていること。
・実は、大山倍達の強さを疑っていること。
・阪神が7連勝しても、7連敗しても、その翌日は正常な精神で過ごせないこと。
・あの世に行ったら、感謝の言葉を述べたい人が2人いること。
・これまでの人生で、こいつだけは許せないと思う人間が3人いること。
・社会の動きは把握しているが、家庭内の動きはまったく把握していないこと。
・ジャック・ヒギンズとロバート・ラドラムはすべて読んだこと。
もっとどうでもいいこと
・嫌いな食べ物はないけれど、ショートケーキは見ただけで胸焼けすること。
・実は、実は、って話が大好きなこと。
・けっこう、他人の小さなシアワセならば素直に喜べること(他人によりけりですが。)。
・ETを観て、月を背景に自転車が横切っていくシーンで、不覚にも大粒の涙があふれでたこと。
・いまだに阪神の4番打者として、甲子園の巨人戦でサヨナラホームランを打つのが夢であること。
・この世に、カサブランカのイングリット・バーグマンほどの美しい人はいないと思っていること。
・やはり江戸城は、家康ではなく大工さんが造ったとしか思えないこと。
・長い付き合いだけど別れたいと思っているのが、過分な贅肉と腰痛であること。
・昔も今も得意技は、「忘却力」と「棚上力」であること。
・はっきりいって、長州嫌いであること(もちろん個々人に対する好き嫌いは別です。)。

どうでもいいこと2014

・最近、煮込み評論家としてデビューしたこと(本サイト限定の評論活動であります)。

・仕事における宴会のウエイトがますます高まっていること。

・3か月かけて3キロ減量したのに、3日で元に戻してしまったこと。

・ときどき、昼に何を食べたかではなくて、昼を食べたこと自体を忘れてしまうこと。

・左足大腿部に人工血管という難物を埋め込んだにもかかわらず、生活習慣は全く以前と変わりないこと。

・風呂では歌っているが、カラオケでは今年は一曲も歌っていないこと。

・二度寝はしますが、寝る時間が段々早くなり(21時)、起きる時間も段々早くなること(25時)。

・私は音痴であり、方向音痴でもあるのだが、そのうえ実は味覚音痴ではないかと自分で疑っていること。

・最近痛くなった肩について、50肩というと年齢詐称になるのではないかと心配していること。

・紅白歌合戦の勝敗の分かれ目ってなんだろうと、今更ながら考えていること。

 

どうでもいいこと 2015 New

・長年スーツを着ているのに、いまだにネクタイをうまく結べないこと。

・深夜まで飲んでいると、俺って不良かな、なんて思うようになったこと。

・歳とともにため息が多くなり、シアワセの在庫が枯渇しかかっていること。

・もともと少ない闘争心の、その導火線がみあたらなくなったこと。

・相変わらず煮込みを食べているのに、煮込み評論家としての活動を停止してしまったこと。

・歳のせいか、昨年よりも行動範囲が一割程度縮小したこと。

・私の意識のあるうちに阪神が優勝できるかどうか心配になて来たこと。

・初めてブロードウェイミュージカル「ジャージー・ボーイズ」を観たこと(渋谷で)。

・今年発見した美女は、エミリア・クラーク(ターミネーターのサラ・コナー)であること。

・65年も生きてきたのに、いまだに朝起きるのがつらいこと。

 

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2019年

11月

11日

19.11.11 Mon

 ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685-1750)は、最初の妻との間に7人、二度目の妻との間に13人の子をもうけました。20人です。10人は夭逝し、成長したのは男子6人と女子4人の10人に過ぎなかったそうですが、いまその子孫は何人いるのでしょうか。きっと計算できません。にぎやかな家族だったんでしょうな。生活は大変でしょうが。

2019年

11月

09日

19.11.09 Sat

 昨日は終日、横になっておりました。風邪のようです。咳が出て、喉がやたらと痛い。こういうときは、おにぎりを食べることにしています。一日の力を得るには、とにかく米。では、三日の力を得るには。肉です。一週間の力を得るには映画。一月の力を得るには本。生涯の力を得るには、信頼(愛情)です。これがあれば生きていける、と思えるのは、信頼し合う相手がいることです。68年生きてきて、ぼくはこう思えるようになりました。

2019年

11月

08日

19.11.08 Fri

わが子等に

一 人生は死に至る戦ひなることを忘るべからず。

二 従つて汝等の力を恃むことを勿れ。汝等の力を養ふを旨とせよ。

三 小穴隆一を父と思へ。従つて小穴の教訓に従ふべし。

四 若しこの人生の戦ひに破れし時には汝等の父の如く自殺せよ。但し汝等の父の如く 他に不幸を及ぼすを避けよ。

(以下略)

芥川龍之介の遺書の一部です。なんとも凄まじいではありませんか。92年前のことです。そういえば、11月25日は三島由紀夫が自殺して49年になります。二人の自殺には、本人にとってもぼくにとっても全く関係性はないのですが、それぞれ35歳と45歳。その二倍は生きることができたでしょうに。人間ってのは分からないものです。

2019年

11月

04日

19.11.04 Mon

 そういえば、今日は50年近く付き合っている悪友たち5人で日光に紅葉を見に行く予定だった。ぼくは、先日入院したため断念しました。日光そのものも40年以上訪れたていない。千葉市に住んでいると紅葉といった景色がない。海岸沿いの温暖な気候のせいでしょう、紅葉が色付かないのです。銀杏は、それは見事に色付くのですが。この11月は、是非とも紅葉をみたいものです。

2019年

11月

03日

19.11.03 Sun

 僕たちの世代は、地元の映画館で映画を観た最後の世代かもしれない。高校3年生の秋、普通なら受験勉強とやらに集中しなければならない時期に、映画ばかり観ている時期がありました。持っているすべてのお金を映画につぎ込みました。昔から、現実から逃避するのが得意な人間です。そのころに観た映画の一つが『気狂いピエロ』。1965年のフランス・イタリア合作映画。アンナ・カリーナジャン=ポール・ベルモンド主演、ジャン=リュック・ゴダール監督。ヌーヴェルヴァーグを代表する作品の一つといわれております。そのころは、映画の話をすると、やっぱりゴダールだよな、という話になります。その訳が分からないぼくは、とにかく近くの映画館に観にいきました。やっぱりゴダールだよな、の『やっぱり』の意味はおそらく分からなかったのでしょうが、次の会話だけは記憶に残っております。いま、探すのに苦労しました。

車のバックミラーを覗き込んでいるときの会話です。

マリアンヌ(アンナ・カリーナ):何が見えるの?

フェルディナン(ベルモント):時速100キロで破滅に飛び込む男の顔

次に、マリアンヌがバックミラーを自分の方に向けます。

フェルディナン:何が見える?

マリアンヌ:時速100キロで破滅に飛び込む男に恋する女の顔

そのときは、これがゴダールの『やっぱり』か、と思ったに違いありません。

 

2019年

11月

02日

19.11.02 Sat

 9月20日に、ハラハラした日本の対ロシア戦の勝利からスタートしたラグビーW杯。きょうの南アフリカの勝利で終わってしまいました。100㎏を超える鍛え抜いた体が全速力で疾走してぶつかり合う興奮も、テストマッチにない頂点を目指して闘う醍醐味も、また4年待ちましょう。ぼくは、ラグビーをキング・オブ・スポーツと呼んでおります。

2019年

11月

01日

19.11.01 Fri

  実は、先月の29日(火)から3泊4日で聖路加病院に入院しておりました。お供は、山田風太郎の『人間臨終図巻』全4巻。いやはや面白いのなんのって、一気に読み終えました。武将、町民、政治家、歌人、文豪、音楽家など……下は15歳から上は120歳まで、歴史上のあらゆる人物の臨終の様子を蒐集した稀代のノンフィクション、であります。病院で、このような本を読むのもいいかがなものかと思いましたが。