的はずれな批評

 かなり的はずれですが、せっかく読んだんだから、観たんだから、と思って書いた書評、映画感想などであります。つっこみどころ満載の的外れな批評ですが、お手柔らかにつっこみください。


読書

平成27年12月31日 『今年(平成27年)の4冊』を加えました。New

・平成25年 4月21日 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を追加しました

・平成25年 3月30日 『日本人のひるめし』を追加しました。

・平成27年12月31日 『今年(平成27年)のスパイ映画』を加えました。New

・平成27年 1月元旦 今年(2014年)の映画を追加しました。

・平成26年 1月 3日 『出所祝い(やくざ映画試論)』を追加しました。

・平成25年 6月23日  『ジャンゴ』を追加しました。

・平成25年 8月 3日 『ローンレンジャー』を追加しました。

・平成25年 6月30日 『エンド・オブ・ホワイトハウス』を追加しました。

・平成25年 6月23日  『ローマ』を追加しました。

・平成25年 6月 9日 『オブリビオン』を追加しました。

・平成25年 5月27日 『カルロス』を追加しました。

・平成25年 5月  6日 『L.A.ギャング・ストーリー』を追加しました。

・平成25年 4月29日 『ジャッキー・コーガン』を追加しました。

・平成25年 4月29日 『カルテット』を追加しました。

・平成25年 4月  6日 『ヒッチコック』を追加しました。

・平成25年 3月31日 『真実の行方』を追加しました。

・平成25年 3月24日 『ラスト・ターゲット』を追加しました。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-10東京菓子協会ビル301

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2022年

5月

22日

22.05.22 Sun

 一昨日、何年かぶりにスカイツリーに行ってまいりました。もっとも、本所警察署に赴いたついでに立ち寄ったのですが、ようこんなものを建てることを思いついたもんだと、六厘舎でつけ麺を食べながら、いまさらのように感心しておりました。ちなみに、本所警察署は、落し物の件でありまして、何らかの事件を引き起こしたり、巻き込まれたりしたものではありません。

2022年

5月

16日

22.05.15 Mon

 そうか、今年は平成でいえば34年か。いまだに、西暦で物事を語られても、その当時の自分の記憶がピンとこない。いまから35年前、と言われても、ピンとこない。和暦を、西暦に換算して、35年を差し引いて、そしてまた和暦に換算する。そのころには、なぜそんなことをしているのかを忘れてしまう。思い出を訪ねるにもメンドクサイことになりました。あの出来事って、何年前だっけ、と話しているときのことです。なんかいい方法はないもんでしょうか。

2022年

4月

17日

22.04.17 Sun

 破竹の2連勝をしたかと思うと、今日は敗北。それでも温かく、慈しむのが阪神ファン。そのうち怒涛の3連勝をしてくれるさ。

2022年

4月

13日

22.04.12 Tue

 エイプリルフールを試すこともなく、4月半ばまで過ぎてしまいました。ウクライナのことは語るまい、そう決めました。すると、いま語ることが亡くなりました。シリア内線では死者50万人、避難民1300万人といわれています。ぼくは、もっともっと怒っていいと思います。語ることはしなくとも、起こることはします。

2022年

3月

22日

22.03.22 Tue

 まんぼう解禁。ぼくのような居酒屋住民には、慶賀の至りであります。ところで魚のマンボウ。産まれてこの方、食べたことがないのですが、どこで食べることができるのでしょうか。ゲテ好きのぼくからすれば、すがたかたちをみると食欲がわくのですが。

2022年

3月

01日

22.03.01 Tue

 なんだか複雑な気持ちであります。ぼくらの世代は、ロシア革命やキューバ革命というとなんとなくロマンを感じたものであります。その後、ソ連が正義、キューバが正義なんて幻想は、木っ端みじんに吹き飛んだのですが、それでもソ連の血を引くロシアが、ウクライナに対してここまでのことをするとは。ロシアというよりもプーチンなんでしょうが、困ったものです。かの国は、独裁者を生みだしやすい体質なんでしょうか。

2022年

2月

21日

22.02.21 Thu

 なんか最近、訃報のことを気にかけることが多い。西郷輝彦、享年75歳。ぼくが気がついたときは、すでにスターであり、遠い彼方の人であったのですが、なんのことはないぼくよりたった4つ年上。若いころ、4歳の年の差は遠い先のように思えたのですが、歳とともにその距離は短くなり、いまや4歳差は同世代。同世代の著名人が去りなんだか感慨深いです。