平成19以前の映画・演劇・他    読書

映画・演劇・その他

ジャンゴ-繋がれざるもの- ★★★★☆ 25.08.10 Sat

 いかにもタランティーノの作品。小気味がいい。小気味とは切れ味。暴力、ユーモア、反強者、反模範。実に小気味よく展開する。音楽も歯切れがいい。昔のマカロニ・ウエスタンのようなタッチだが、そこはタランティーノ。敵を敵として、観てるほうに憎しみを抱かせるキレが強い。主人公のジェイミーフォックスの縁起がいいのか、敵役のレオナルド・ディカプリオがいいのか、助演のクリスト・ヴァルツがいいのか、とにかくこいつらは殺されて当然なんだ、と観てるほうの感情も爆発する。もっとも、殺さなくても」いいじゃない、って道連れもいることはいるのだが。
ローンレンジャー ★★★★ 25,08,03 Sat
 60歳前後の男、いや世代必見。懐かしの主題曲を聴けば、無条件反射でハイヨー、シルバー!」を思い起こすに違いない。何事も受け入れた幼いころの興奮を思い起こすだけで、十分な価値がある。当然、現代のローンレンジャーは、大西部を縦横に駆け回る。白馬に乗って。デスニーらしい、ウイット、ユーモアが効いた大活劇。大人も楽しめる。「風邪たちぬ」と同様、この夏必見の映画。
エンド・オブ・ホワイトハウス ★★★★ 25.06.30 Sun
 印象をいえば、『24』の劇場版というか、『ダイ・ハード』のリメイク版というか。単純に楽しめる。映像も、CDを駆使し、さすがハリウッド。うっとうしい梅雨時に観るにちょうどいい。家族愛、友情、愛国心、使命感、不屈の闘志、アメリカ人が愛してやまない心情がエンディングまで溢れ、ところどころでホロリともさせられる。シークレット・サービスたる主人公マイク・バニング役のジェラルド・バトラーが、時折みせる優しさが、悪に対する憎悪がまことにハマり役。★★★☆が妥当なところなんだが、バトラーの演技が、★をアップさせた。
ローマ ★★★★ 25.06.23 Sun
 2シーズン22話のテレビ・ドラマ。時代背景は、紀元前52年からの共和政のローマ。カエサルの第13軍団の兵士ルキウス・ヴォレヌスとティトゥス・プッロを主人公に、共和政の崩壊と帝政の誕生を描いた歴史大作。史実かどうか、事実かどうかは別にして、長尺であるからこそ、複雑なストーリーが生き、当時の庶民の生活様式が丁寧に描かれる。まさに総製作費200億円以上をかけた作品だけあり、飽きることなく最後まで。この夏休みにおすすめ。Huluで観ることができる。
オブリビオン ★★★☆ 25.06.08 Sat
 良くも悪くもトム・クルーズの映画。いたるところにデジャブに溢れている。『猿の惑星』、『2001年宇宙の旅』、『スター・ウォーズ』。スター・ウォーズの制作当時、黒沢作品がそうであったように、いずれも映画として古典。ある意味ではTTP(徹底的パクリ)作品といえる。でも、けなしているのではない。映像は、これらの作品に比べてはるかに進んでいる。実に美しい。世界観も引き継いでいる。エンディングも、いかにもハリウッドらしくまとめている。十分に楽しめる。共有されている世界観を映像化すると、どうしても既視感が邪魔するのかもしれない。とにかく、観て損しない。時間もお金も。
カルロス ★★★☆ 25.05.26
 伝説のテロリストカルロス(イリッチ・ ラミレス・サンチェス)のテロ活動と逮捕までの20年間をフランステレビ界が製作し、昨年、映画映像として劇場公開された。時間の都合がつかずDVD。なんせ5時間半。月曜の夜に見始めたら、おかげで徹夜。一気に見せてくれる。当時の国際情勢の文脈のなかで、実話をアクション映画として、テンポ早く描いている。映画そのものに、政治的メッセージは込められていない。単に、アクション映画として楽しめるかどうか。DVDのせいであろう、映画館で観たかったとの悔やみが残る。

 ◆L.A.ギャング ストーリー ★★★★ 25.05.06

 カーチェイス、パンチアップ・ファイト、ガン・ファイト、マシンガン・ファイト等のアクション・シーンてんこ盛り。熱い男気、そんな男以上に、強さと優しさを滲ませる女の心意気。まさにロス市警がキレている。なんといってもライアン・ゴズリングの気障なクールさが沸騰点に達している。『ドライヴ』の主演で一気にクールなアクション・スターとして開花した彼は、ゴズ様としてこの日本に君臨する日はきっと近い。
◆『カルテット!』★★★★☆ 25.04.29
 これはもうご機嫌な映画。ダスティ・ホフマンの初監督であるから、監督の好みや癖はよく分からない。ただ、俳優ホフマンから想像される映像とテーマ。テーマはユーモアとリセットとリゴレット。人生に音楽があり、語り合う友がいれば、いつでも主役の舞台がそこにある。歳をとるのも悪くない。

◆『ジャッキー・コーガン』 ★★★★ 25.04.29

 ブラッド・ピットは、幅広いというか不思議な俳優である。セブンのデイヴィッド・ミルズ、ファイト・クラブのタイラー・ダーデン、トロイのアキレウス、Mr.&Mrsのスミス、オーシャンズのラスティー・ライアン、バーン・アフター・リーディングのチャド・フェルドハイマー、イングロリアス・バスターズのアルド・レイン中尉、そしてジャッキー・コーガン。演じるキャラクターは幅広く、クール、ホット、フールと幅広い。でもブラピであることが崩れない。で、ジャッキーコーガン。これは、これまでになかった新たなブラピの誕生である。ブラッド・ピッド49歳にして創りえたキャラクターである。そういう意味では、本作はジャッキー・コーガン誕生物語といえる。おそらく次作がでるだろうが、期待できる。

ヒッチコック ★★★★ 25.04.06

 我々の世代で映画好きならヒッチコックというハリウッドの監督のことは、あのテーマミュージックとともにその名を強く記憶に留めているだろう。強烈な体躯とキャラクターとにより、当時巨匠と評価されアカデミー賞を受賞したエリア・カザン、ウイリアム・ワイラー、ビリー・ワイルダーよりも伝説化している。確かに、サスペンス映画では、社会や人物は描けない。だから映画栄術としては一段低く見られていた。そのサスペンス映画をB級カテゴリーからA級へと押し上げたのがヒッチコックである。そのヒッチコックが、じつはその妻アルマが創りあげた巨匠であった。が、この映画。そのことが、かれの代表作『サイコ』の製作過程を通して描かれる。実にサスペンスフルに。映画製作の舞台裏もよく分かる。なによりも、ヒッチコックがあんなに太っていた理由もよく分かる。ヒッチ、そんなにカロリーの高い食べ物で、そんなにカロリーの高いブランデーを、のべつまくなく朝から口にするんじゃない。★四つは、やはりアンソニーにレクター博士のイメージがつきまとうから。別に、ミスキャストというわけではないのです。

◆真実の行方 ★★★★☆ 25.03.31

 エドワード・ノートンという俳優がいる。『ファイト・クラブ』でブラッド・ピットと、『スコア』や『ストーン』でロバート・デ・ニーロと共演し、主役を上回る存在感を示す、はた迷惑な俳優である。その彼が、27歳の1996年にリチャード・ギアと共演し、映画デビューしたのがこの『真実に行方』。これはもう、ノートン抜きには映画化できない。ストーリーは、文句なしにデジャブにあふれた法廷もの。こうなるだろうとの予測はついても、裏切ることなくストーリーに引き寄せられるのは、アーロン役のノートンが時に表わす恐るべき気迫と弁護士役のリチャード・ギア47歳の色香ただよう演技。いい映画は、いつ観てもいい。いいものは腐らない。原題は、『Priamal Fear』うまく訳せないが、この方が合っている。いつものことだが、原題の方が的確だ。ちなみに、ウキペによればアーロン役のオーデションにはデカプリオもエントリーしていたらしい。
◆ラスト・ターゲット ★★★★★ 25.03.24
 確定申告が終わり、ここのところビデオ三昧で過ごしたので、久しぶりにピントはずれの感想文を書きたくなった。10年に制作されたジョージ・クルーニー主演の映画。あのジョジ・クルが暗殺者に扮するのである。申し分のない暗殺者を演じているのだが、やはりジョジ・クルには、孤独な暗殺者にならねばならない過去が感じられないのである。ハーバートかイェールを出て、マンハッタンでビジネス・チームの、またはシカゴで医療チームの、ちょいと崩れてもラスベガスでカジノから大金を盗むチームのリーダーになる、それなりに恵まれた人生を送ってきたろうというイメージが付きまとう。そう、孤独を産み出す悲惨さが彼の佇まいから感じ取れないのである。ここが、どうしても引き裂かれるような暗殺者の孤独をジョジ・クルに見いだせない、私の理由である。ストーリーも、結末も、古典といっていいほど想定内である。だからといって、失敗作なのかというと全くの否である。後半になると、あのイタリア美人女優ヴィオランテ・ブラシドが登場し、特にカフェでの出会いから、一気にラブ・ストーリーへと加速する。こうなると、天下のジョジ・クルである。あの優しそうな、温かそうな、悲しそうな、さみしそうな眼差しが、ブラシドの大きな瞳と絡み合うと、観ている方はクルーニー・ワールドへと引き込まれる。やはり孤独なのである。愛されること(大事にされること。優しくされること。)を拒んできた生き方に区切りをつけ、大事にし、優しくする相手を見つけて、見つめるジョジ・クルの全身から出る静かな想いの表現は、彼を見てしまうと、他の俳優では演じきれない。ここは、トム・クルでもだめなのだ。イタリア南部の田舎町を舞台にして描きたかったのは、題名の『ラスト・ターゲット』に現わされる暗殺者の生き方ではなく、タイトル・ロールに表れる『The American』である。イタリアの地方の町の美しい女(ブラシド)からみた、愛した男との出会いの結末なのである。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

1月

18日

20.01.18 Sat

 一日の塩分6gの入院生活を送ってきたぼくが最近食べた辛子明太子、ニンニク炒飯、牛タン定食、サーロイン・ステーキがとてつもなく美味しい。が、きっと体に悪いに決まっている。ぼくの場合、美味しいと思うもののほとんどが身体に悪い。でも、それを食べないと今日を生きていけない。悩みの尽きない前期高齢者です。

2020年

1月

13日

20.01.13 Mon

 成人の日らしい。東京で一人暮らしをしていたぼくには、二十歳になったとき成人したという自覚はなかった。すでに、最近飲みすぎだなぁ~、と思った記憶があるぐらいだから、二十歳以前に成人を自覚していたのだろう。還暦をはるかに超えたいま、少々歳を自覚を自覚している。でも、歳相応の自覚とは思えない。

2020年

1月

11日

30.01.11 Sat

 『頼むから静かにしてくれ』(レイモンド・カーヴァ―・村上春樹訳)。だれか、『頼むから一人にしてくれ』を書いてくれ。

2020年

1月

08日

20.01.08 Wed

 あぁ~、牛タンが食べたい。焼肉のタン塩ではなく仙台の牛タン定食が。

2020年

1月

06日

20.01.06 Mon

 いまどき、こんな曲が流れているのか、と思った。僕が初めて聴いたのはいまから55年ほど前。ラジオから耳に飛び込んできました。奥手だったぼくは、そのころの音楽といえば舟木一夫や西郷輝彦がトップ・アーティストで、周りに西洋の音楽を聴くような友人はいません。トミー・ダーデンは、自殺した若者の遺書にインスパイアされて、この曲を作詞したといいます。プレスリーの曲に日本的な意味でのハートブレイク(失恋)の哀愁はダイレクトに感じとれないものの、アメリカ人て失恋したらこんな風に叫ぶのか、と思ったのが高校生の時です。二十歳ぐらいになると、そうか、失恋の叫びってのはこういうものか、と実感できるようになりました。いまは、もう単なる懐かしい曲です。が、少し苦い気持ちになります。

2020年

1月

03日

20.01.03 Fri

 二日間、セルビアのテレビドラマ『レガシー』を観る。舞台はベオグラード警察、主人公はそこの刑事。いまの刑事なんてのは、ドラマで描くとアメリカもイギリスもフランスも、そして日本もセルビアも同じようなもの。それよりも。細かいところにセルビアの国情を知ることができ、いやぁ~面白い。車に乗ってダイレクトに携帯で通話するし、安全ベルトなんてしやしない。いたるところでタバコを吸い、路上に投げ捨てる。2016年の作品で、セルビア国営放送で作成だって。

2020年

1月

02日

20.01.02 Thu

 正月二日は、箱根に大学ラグビー。最近、関西大学ラグビーが停滞。もっと活躍してほしい。夕方には疲れて横になる。