平成19年以前の感想文     映画・演劇・他

読書(感想文)

ピントの外れているところがミソです。

○今年(平成27年分)の4冊 27.12.31

◆日本精神史 長谷川宏 講談社

 著者は、在野の哲学者。長くヘーゲルを中心とした哲学の研究に閉じこもっていたが、日本の精神文化の流れを分析し、その解釈を発表した。人類は、アフリカからグレート・ジャニーを続け、この日本列島にたどり着いた。おそらくマンモスを追って。旧石器、新石器、縄文、弥生と時代区分を経て、今日の日本人が形成された。そして、今の日本がある。日本人の精神文化は、いかに変容を遂げようとも、過去の積み重ねの上にある。この日本の精神文化の流れを。縄文の昔から江戸時代までの、遺跡、遺物、文献、絵画を通して解釈したのが本書。目線は、権力者はなく庶民の精神文化。日本人の精神文化は、権力者が創造したのではない。時の権力が崩壊しても、なお滅びない精神文化。この視線が、大事なのである。上下併せて1036頁の大著。文章は平易。こつこつと読んで2週間。

◆明治大正史 中村隆英 東京大学出版会

 知ってるようで知らない明治と大正の歴史。歴史とは、権力闘争の結果だけではない。そこに暮らす庶民(国民)の生活を眺めてこそ歴史である。2年前に死去された著者は元東大教授。で、本書が固いかというと柔らかい。平易に、話し言葉で、政治、経済の状況を踏まえ、庶民文化までがつづられる。重ねて、権力闘争だけが政治ではなく、政治だけで歴史が作られるのではない。上下併せて832頁。大部だが読み易い。

◆第二次世界大戦1949-45 アントニー・ビーヴァー (著), 平賀 秀明 (翻訳) 白水社

 上中下併せて1576頁。大著である。よくぞ出版した。人物、地名はカタカナ。馴染みがない。それだけでも読むのに苦労する。が、読みだしたら止まらない。まるでドキュメント映像を観ているように読み進む。主だった人物と地名さえ覚えれば、馴染みのなさも気にならない。大著でありノンフィクション。コツコツというより、休みを利用した集中読み。読んで置き、読んでは置きの読み方で3ヶ月。

◆冒険歌手 珍・世界最低の旅 峠恵子 山と渓谷社

  三浦半島の油壷を出港してニューギニアでの冒険旅。3人の旅。著者は女性、現役の歌手。育ちのいい著者にとって、最大のコンプレックスは「自分は苦労を知らない」ということ。このままでは将来たいへんなことになるのでは…という不安にさいなまされた結果、自ら苦難に飛び込むことを決意した。それが、ニューギニアへの冒険旅。推薦の理由は、読んでもらえば分かる。3人で太平洋を小さな船で渡れば、こういうことになるだろうという現象を、赤裸々というか、アケスケというか、おそらく一点を除いて綴っている。読めば分かる、読まなければ分からない、そして損をする。そんな一冊。

 

 

◆色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 村上春樹 文芸春秋 25.04.21 Sun
 ほぼ徹夜で、一気に読み終えた。多崎つくるの高校時代(16、17歳)、大学時代(20歳)、そして現在(36歳)を行き来しつつ、彼とその周辺の若者が、生きていくことに折り合いをつける(大人になる)までの心的現象とその葛藤が描かれる。春樹の多才さが存分に発露されている。ドストエフスキーの『大審問官』のようなくだりがあるかと思うと、チャンドラーやサリンジャーを読んでいるような気にもなる。ピアノソナタが聞こえてくるようなリズムがあれば、仏教的世界観を感じるときもある。ただ、漱石、鴎外、川端、安吾、三島、大江の世界で近代日本の小説世界を味わってきた私のような者にとって、どうしても国文学としの違和感、いや物足りなさを覚える。彼なら、我々のような同世代に向けたメッセージを、もっと深く、もっと強く発することができるだろうに。でも、売れないか。ただ、ノーベル賞にいちばん近い日本人であることを確信する。日本人でなければ理解できない世界は描かれていない。また、幾通りかの読み方ができる。村上春樹はいつもそうだが。
◆日本人のひるめし 酒井伸雄 中公新書 25.03.30 Sat
 私のように、人間は食べるために生きている、と明確に認識している者にとっての必読書である。食に対する先達の熱意が、今日の食を創りあげてきたことがよく理解できる。目次をみてみよう。『第1章 「ひるめし」の誕生、第2章 弁当の移り変わり、第3章 給食と食生生活の影響、第4章 外食の発展、第5章 「ひるめし」と麺類、第6章 国民食のカレーライス、終章 「ひるめし」の行方』の7項目である。どこから読んでもいい。興味のあるところだけを読めばいい。が、「第6章 国民食のカレーライス」はぜひお読みいただきたい。たった26ページである。書店での立ち読みで済ますこともできる。ただし、ライスカレーかカレーライスかといった高度な議論は展開されていない。その代り、インドからイギリスにカレーのスパイスが渡り、そのイギリスから日本にカレー料理が伝播したことが紹介されている。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

1月

18日

20.01.18 Sat

 一日の塩分6gの入院生活を送ってきたぼくが最近食べた辛子明太子、ニンニク炒飯、牛タン定食、サーロイン・ステーキがとてつもなく美味しい。が、きっと体に悪いに決まっている。ぼくの場合、美味しいと思うもののほとんどが身体に悪い。でも、それを食べないと今日を生きていけない。悩みの尽きない前期高齢者です。

2020年

1月

13日

20.01.13 Mon

 成人の日らしい。東京で一人暮らしをしていたぼくには、二十歳になったとき成人したという自覚はなかった。すでに、最近飲みすぎだなぁ~、と思った記憶があるぐらいだから、二十歳以前に成人を自覚していたのだろう。還暦をはるかに超えたいま、少々歳を自覚を自覚している。でも、歳相応の自覚とは思えない。

2020年

1月

11日

30.01.11 Sat

 『頼むから静かにしてくれ』(レイモンド・カーヴァ―・村上春樹訳)。だれか、『頼むから一人にしてくれ』を書いてくれ。

2020年

1月

08日

20.01.08 Wed

 あぁ~、牛タンが食べたい。焼肉のタン塩ではなく仙台の牛タン定食が。

2020年

1月

06日

20.01.06 Mon

 いまどき、こんな曲が流れているのか、と思った。僕が初めて聴いたのはいまから55年ほど前。ラジオから耳に飛び込んできました。奥手だったぼくは、そのころの音楽といえば舟木一夫や西郷輝彦がトップ・アーティストで、周りに西洋の音楽を聴くような友人はいません。トミー・ダーデンは、自殺した若者の遺書にインスパイアされて、この曲を作詞したといいます。プレスリーの曲に日本的な意味でのハートブレイク(失恋)の哀愁はダイレクトに感じとれないものの、アメリカ人て失恋したらこんな風に叫ぶのか、と思ったのが高校生の時です。二十歳ぐらいになると、そうか、失恋の叫びってのはこういうものか、と実感できるようになりました。いまは、もう単なる懐かしい曲です。が、少し苦い気持ちになります。

2020年

1月

03日

20.01.03 Fri

 二日間、セルビアのテレビドラマ『レガシー』を観る。舞台はベオグラード警察、主人公はそこの刑事。いまの刑事なんてのは、ドラマで描くとアメリカもイギリスもフランスも、そして日本もセルビアも同じようなもの。それよりも。細かいところにセルビアの国情を知ることができ、いやぁ~面白い。車に乗ってダイレクトに携帯で通話するし、安全ベルトなんてしやしない。いたるところでタバコを吸い、路上に投げ捨てる。2016年の作品で、セルビア国営放送で作成だって。

2020年

1月

02日

20.01.02 Thu

 正月二日は、箱根に大学ラグビー。最近、関西大学ラグビーが停滞。もっと活躍してほしい。夕方には疲れて横になる。