読書(感想文)

◆酒井伸雄 日本人のひるめし 中公新書 25.03.30 Sat
 私のように、人間は食べるために生きている、と明確に認識している者にとっての必読書である。食に対する先達の熱意が、今日の食を創りあげてきたことがよく理解できる。目次をみてみよう。『第1章 「ひるめし」の誕生、第2章 弁当の移り変わり、第3章 給食と食生生活の影響、第4章 外食の発展、第5章 「ひるめし」と麺類、第6章 国民食のカレーライス、終章 「ひるめし」の行方』の7項目である。どこから読んでもいい。興味のあるところだけを読めばいい。が、「第6章 国民食のカレーライス」はぜひお読みいただきたい。たった26ページである。書店での立ち読みで済ますこともできる。ただし、ライスカレーかカレーライスかといった高度な議論は展開されていない。その代り、インドからイギリスにカレーのスパイスが渡り、そのイギリスから日本にカレー料理が伝播したことが紹介されている。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-10東京菓子協会ビル301

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2021年

9月

05日

21.09.05 Sun

 9月になり一気に秋めいて、朝夕は寒いぐらい。秋眠り暁を覚えず、なんてくだらないことをいっている間に、永田町では大変な騒ぎ。ぼくは、こうなると俄然ピント外れの政局談義に熱を入れだすのですが、今回はいささか冷ややかなのです。なぜか興味が沸かないのです。それにしても、某野党第一党は気落ちしてるんでしょうね。

2021年

8月

31日

21.-08.31 Tue

 そろそろ夏眠から覚めなくては。でも暑い。

2021年

8月

11日

21.08.11 Wed

 夏ってのは暑いに決まってるのですが、こうも暑いと、これからは春夏秋冬に猛夏とでもいうシーズンを創って、ファイブシーズンとして心と体の準備をしなければ、と参っております。今日も、昼に出かけて、すぐにくたばりました。おかげでビールが美味いのは、ありがたいのですが、昼に飲んでしまうと、一日すぐに終わって。最もすることが何もないのですが。

2021年

8月

01日

21.08.01 Sun

 明日から千葉は緊急事態宣言下。今日が最後と、昼、自宅近くの和食店で、ひつまぶし、てんぷら、刺身などを相手にビールとワイン。ほろ酔と酩酊の間で自宅に戻り、午後を寝て過ごす。起きて夕方。また寝よう。と、横になるもののそうそう寝られるもんではない。ベットで、最近お気に入りの落語家桂文珍をユーチューブで聴き、気がつくと27時。さて、やることもないが起きるか。

2021年

7月

25日

21.07.25 Sun

 オリンピックが始まりました。ぼくには、オリンピックとコロナの関係はよく分かりませんが、なんだかこんなに浮かれていていいのかなぁ~、と感じます。もっとも、競技自体は熱心に日本を応援しています。やっぱり、人間って複雑ですね。

2021年

7月

14日

21.07.14 Wed

 昨日、二度目のワクチンを摂取。だれに対するものだか不明ですが、なんだか義務を果たしたような安堵感。さっそく、夜のお誘い。緊急事態宣言下とはいえ、某地区あたりは宣言が届かないらしい、とのこと

。ぼくにも、その宣言がきこえない。もちろん約束をし、その約束は果たすつもりです。

2021年

7月

08日

21.07.08 Thu

 えぇ~、また緊急事態宣言。ぼくの居酒屋難民生活はいつまで続くのだろうか。寿司屋で1時間半で追い出され、焼き鳥屋で19時でラストオーダーとなっても、ビールが飲めるなあまだまし。それでも、ぼくにとっては50点。それが、ビールが飲めなくなる。あぁ~、80点生活を満喫したい。