19年4月

19.4.30 Mon
 事務所に閉じこもっていると、若い頃、この時期何をしていたのかと思う。きっと、ダラダラと怠惰を楽しんでいたのだろう。夜は、少々の読書。吉本隆明の『真贋』。いまさら吉本もないもんだと思うのだが、どうもトラウマのように新著を買い求めてしまう。「お互いが言いにくいこときちんと言えるかどうか」が、いい人間関係かどうかの判断基準である。なるほど。吉本も、若いころは難解な文章を書いて読み手を困惑させたが、年とともに、わかりやすい言葉を使うようになった。

19.4.29 Sun
 朝4時から仕事。気がつけば8時。一休みして、事務所周辺を散歩する。再び仕事。12時にはくたびれ果てて本日の業務は終了。久しぶりに伝助Ⅱ号。スウィート・ボックスを聴きながら自宅へと向かう。なんの変化もない一日であるが、ヤンキース井川の活躍が朗報。がんばれ井川。私は、松坂よりお前の方を応援している。とにかく阪神のDNAを色濃く受け継いでいるのがお前だ。はらはらドキドキさせる安定感のなさが良い。その分かりにくい実力が魅力だ。

19.4.28 Sat
 仕事三昧のゴールデンウイークである。休み期間中、暇を持て余す諸君、ざまぁ~見ろ。私は、休みなく仕事をしてもまだ時間が足らないんだぞ。と、自慢をしたいのだが、仕事をしなければならないのは、己の能力が欠落している証拠。これを自業自得という。ちなみに、新解さん(「新明解国語辞典」)に聞いてみると、自業自得とは「(仏教で)すべての結果は、以前に自分が行った良くない行為の報いに基づくという考え方」とある。以前の、よくない行為、ってどれだろう。休みがつぶれる程度だから、大した報いではないかも。

19.4.27 Fri
 永井荷風は、アメリカの物質文明に失望し、フランス文化に親しんだ、という。文明と文化、分かったようで分らないのだが、いまから40年前、フランス文化は輝いていた。哲学、小説、音楽、映画等々、我々の世代はフランスに憧れていた。あのころのフランスのソフト群はどこに行ったのだろうか、とつくづく思う。別に、ウォークマンやアイ・ポットなんか発明しなくてもいいのだが、フランスらしいグローバル・スタンダードが最近ないような気がする。別に、私がフランスの心配をしなくてもいいのだろうが。

19.4.26 Thu
 男が本気で料理をしたら。日常作業のなかで、料理は最もクリエイティブな分野である。このクリエイティブな感覚を満足させるためには、決してレシピは参考にしない。それが男料理である。鍋に水を満たす。キャベツを手づかみでちぎり、玉ねぎ、人参を包丁で大きく切って鍋に投げ込む。ソーセージ、塩コショウ、鳥のコンソメスープもたっぷり。醤油をたらす。サラダの残りのブロッコリーにトマトを入れる。とろけるチーズも入れる。後は、本を読みながら火事が起きない程度に忘れる。失敗しても構わないという気ままさと、失敗作でも食べるという自己責任を兼ね備えれば、何でも創くることができる。そう、美味しいものは体に悪いが心の栄養になる、という哲学を身につければ、男の料理は、結構イケル。

19.4.25 Wed
 極めてローカルな話であるが、今日は東京税理士会の役員選挙の日。業界人の、そのまた興味のある者にしか伝わらない話題で申し訳ないが、結構、重要な選挙なのである。まあ、東京税理士会といえば、やはりそれなりの組織であり、そのトップともなれば、それ相応の権力(=権限)を手にするわけである。権力は、正しく行使されればそれでいいのであり、それ自体は悪いものではない。ただ、巷間言われるように腐りやすいのも事実である。で、何が言いたいのかというと、要は新しい血が必要なのである。どうも、いろいろな噂が聴こえてくるのも事実であり、その噂が事実かどうかは別問題として、権力は腐りやすい、ということを前提にして、人事は刷新したほうがいい。ちなみに権力自体は悪でも正義でもないが、好き嫌いでいえば、嫌いでんな、私は。

19.4.24 Tue
 日経新聞「私の履歴書」は、イト-ヨーカ堂の鈴木敏文である。これが面白い。個人的にも、少々存じ上げている。もっとも相手は、顔だけは見たことがるのだが、のレベルであろうが。そこで何がおもしろいのかというと、物を観る目と考える視点が徹底しているところがすごい。徹底しているとは、頑固であるということである。どう徹底し、頑固であるかは読むしかないが、失礼ながら、ただ、それだけなのである。「すごさ」とは、そういうものなのだ。

19.4.23 Mon
 朝、事務所を飛び出し市川へ。昼は赤坂見附へ。午後は北千住へ。昼は、旨い不味い以前の便利で勝負の北千住駅ナカでパスタ。他人の給料ってのは気になるもので、プレジデントの今週号『給料格差大図鑑特集』を購入。ダヴィンチ・アドバイザーズの生涯賃金は7億7555万円だって。へぇ~。で、どんな会社なんだろうか。

19.4.22 Sun
  事務所で仕事を終えたのが16時。今日はここまでと、伝助Ⅱ号で自宅へと向かう。来週からゴールデンウイークという縁のない週間に入る。別にひがみもしないが、個人的には連休よりも分散休のほうがありがたい。てなことをブツブツと思いながら帰宅。シャワーを浴びればちょうど「笑点」のテーマソング。夜は、パソコン・データを整理しながら阪神:巨人戦。阪神が負けているので、テレビを早々に消す。こうなりゃふて寝ダ。

19.4.21 Sat
 色々なことが起き上がる。金曜日の夕方から土曜日の夜まで、チョイときつい時間を過ごした。歳甲斐もなく。

19.4.20 Fri
 昔(俺の若い頃)は、カレーライスにはソースをかけたもんだ。ときには生卵を落として食べたんだぞ。テンプラだって、天つゆなんてコジャレタものはなく、ソース派としょう油派に分かれてたもんだ。マーガリンとバターの区別だってなかったんだから。ジェイアールは、国鉄、いや省線て言ってたんだ。で、十分幸せだったんだ。どうだ参ったか、って若者に言ってやりたい。こりゃぁ~、三丁目の夕日だな。

19.4.19 Thu
 午後、表参道から駒沢へと出る。久しぶりに青空を観た。長崎といいバージニアといい、狂ったような事件が起きるもんだ。悲惨な不幸を前にして下手なことをいえないが、「狂」と「変」との本質的相違を感じさせる。私の周りには、少々の変人はいる。でも「狂」の人はいない。変は顕在化するが、狂は潜在化して、あるとき不意に現れる。かどうかは学術的に調べていないが、そんな想いを抱いた。

19.4.18 Wed
 ホンマ、よう降る。しかも寒い。しかもアチコチの課題が火を噴いている。火がつけば熱いはずであるが、火のつく場所がお尻の場合には体は一向に温かくならない。何を言っているのか分からなくなってきたときは、月末シンドローム。月末でもないのにこういう症状が現れる場合は、年度決算シンドロームと言っておこう。いつもながら、世に言う大型連休とは無縁な週が控えている。

19.4.17 Tue
 昔から雨が嫌いで、雨が降ると活動意欲が3割方減少する。とはいえ、雨は今も昔も重要な経済的役割をもっている。昔の時代劇では、手に職のない武士が浪人をすると、傘張りをしている。これが事実であるとすれば、雨はどれほど由緒正しい浪人を救ってきたことか。そう考えれば、雨ぐらいで滅入っていては自然の摂理にそぐわない。アクセクしては如何のだ。

19.4.16 Mon
 どうしたのか、今日は早朝から慌しい。午後は、北千住のクライアントに赴く。事務所への帰りに北千住丸井の紀伊国屋に立ち寄り、光文社古典新訳文庫の『レーニン』(トロツキー)を購入。レーニンといいトロツキーといい今の若い人にとって、そいつは何者?、なんだろうな。

19.4.15 Sun
 鬼平犯科帳のテーマ曲ジプシー・キングスの「インスピレーション」を繰り返し聴きながら、朝の3時から仕事。久しぶりの閉じこもり。午後3時ごろからは少々の読書。最近、遅読に拘っている。また古典にも。でも、ミステリーは捨てがたい。ということで先日来読んでいた本を読了。

≪雑読・濫読メモ≫に『徴税権力』を追加しました。
≪雑読・濫読メモ≫に『あなたに不利な証拠として』を追加しました。

19.4.14 Sat
 午後、仕事を終え、久しぶりに愛車伝助Ⅱ号にエンジンをかけ自宅に向かう。カバンに仕事の資料を詰め込んだのだが、最近の専門書は分厚い。専門書だけでなく、最近の書物はページ数が多い。これもワープロの影響か。ワープロにより文章作成能力は格段に進化した。ただ、書き溜めることができる分だけ、感情が凝縮した文章は薄くなる。そんな気がする。それはともかく、今日明日と、私が参考にする専門書のページ数は1786ページもある。必要なページはほんの数十ページなんだが。しかし、持ち運びだけでも体力がいる。

19.4.13 Fri
 午前中は神田。午後は西新宿4丁目(角筈)。夜は東京ドーム。巨人ヤクルト戦を堪能。勝敗にはまったく興味がないが野球は面白い。阪神戦は、阪神が勝つことだけに気持ちが行って、野球が楽しめない。途中で食事をし、事務所に戻ったのが22時半。阪神が負けている。なんてことだ。

19.4.12 Thu
 市川に行く。不動産情報の話をしていて、地価狂乱はこの地にも及んでいる。昨年一年で50%の地価上昇とのこと。秋葉原に戻って会議、顧客とランチ。商品の複雑な流通チャネルの解読を話し合う。なぜ、地価が上昇するのか。なぜ、この商品が店頭に並ぶのか。分かっているようでよく分からない。単に需要があるからだ、では私の稼業はやっておられない。どこにどのように楔を打てば、商いがうまくいくのか、企業が成長するのか。顧客の課題であるとともに、私の課題でもある。しかし、販売価格の設定は難しい。今や、定価という言葉が崩壊した。いいことなんだろうが、わが業界もそうである。

19.4.11 Wed
 池袋のリブロで『カラマーゾフの兄弟』を購入。最近、光文社文庫が古典新訳シリーズとして出版しているものの一つ。入間への車中読み出したら。なんと面白いこと。高校時代にも読んだのだが、重い読み物としての印象がある。テ-マがテーマだけによう思ったのだろうが、光文社の新訳文庫で読むと、これはミステリーである。読みはじめから、あるテーマに向けて謎が絡み合う展開。夜は、上野ベルオーラムで東京税理士会副会長選挙立候補者を励ます会に出席。立候補者は私の同期。当選は間違いないのだが、ぶっちぎりのトップ当選が目標。残り2週間、がんばって欲しい。いや、私もがんばらねば。

19.4.10 Tue
 昼は、顧客と南千住の「尾花」でうなぎ。夜は、新宿の「銀座ライオン」で会食。いつまで’銀座’なんだろう。上野にも「‘銀座’ライオン」がある。そこ此処に‘銀座’がある。ライオンは、銀座がなくともライオンなんだが。と、親会社のサッポロビールに教えてあげようかと思いながらビール、焼酎を飲む。20時過ぎに会食終了。少々くたびれたので、帰りはタクシーで、新宿から外堀通りを経て白山通りから言問い通りに出る。弥生坂を過ぎ、不忍通りを越えて善光寺坂に差し掛かると、いつも車を降りたくなる。この街の夜の風情はちょっと他にはない。小料理屋が静かなたたずまいで立ち並んでいる。ぶらり途中下車、を堪えて、事務所に戻ったのが21時半。今日はお仕舞い。

19.4.9 Mon
 9時過ぎに来客。そのまま2時間程度の会議。昼、再び来客。午後は世田谷で打合わせ。帰りは、ベントレーで事務所近くまで送ってもらう。さすがイタリアが誇る世界の名車。きっと、築30年近い我が家よりも値が張る。郊外の中古マンションが、東京の道路を走っているようなものだ。しかし、乗って分かった。余裕のある人が、車にお金を費やすことは全く正しい。振動、騒音が全くない。移動式書斎でもある。ただし、自分で運転しなければだが。

19.4.8 Sun
 午後から出かけ、喫茶店をハシゴ。そこで仕事に読書。夕方には東京ドームに行き阪神対巨人戦。何しに行ったのやら、阪神の完封負け。夜はドームホテルで焼肉。マァ、負けても生野球の楽しさは十分味わった。充実したWeekendとしておこう。しかし悔しい。何で、高橋尚成(巨人の投手)なんかに負けるかな。

19.4.7 Sat
 新聞のページをめくる時に人差し指にツバをつける。お絞りで顔を拭く。爪楊枝を使う。別に悪いことではないのだが、何気なくやってる己を発見して、どうも気が引ける。これを女性がやっていた。別にどうってことはないのだろうが、見ちゃいけないものを見たような気になるのは何でだろうか。事務所近くの喫茶店でのこと。

19.4.6 Fri
 パンの耳。大きい声でいえないのかもしれないが、焦げ目の強いトーストのパンの耳が好物である。最近、喫茶店でもトーストのようなシンプルなものは人気がないとみえて、食べている人をあまり見ないが、パンの耳はいつも残されている。特に、女性の場合は必ずといっていいほど残す。私は、これはファッションではないかと見ている。バターとジャムをたっぷりつけて食べると、耳のほうが美味いんだが。まだまだ正当に評価されていない事柄が多い。

19.4.5 Thu
 最近、秋葉原に良く行く。アキバといえば、若いオタク系のメッカと思われがちだが、どっこい、中高年向け飲食店のメッカでもある。早い話が、大人向けの渋い飲み屋も多い。夜、御徒町から秋葉原にかけて歩くと、なかなか趣がある。もちろん立ち寄りたい居酒屋が多いという意味。仕事帰りに、ヒョイと立ち寄るにいい町である。一度歩かれるといい。

19.4.4 Wed
 夕方から土砂降り。桜の花に情け容赦もなく降りつける。ひどい雨だな、と事務所の窓から眺めていたら、携帯に阪神:ヤクルト戦の中止のメールが入る。阪神勝利という喜びがなくなってしまった(ヤクルトまたは古田ファンごめんなさい)。ならばと、普段は観ることのない「Kー1」をテレビ観戦。K-1は面白いと思うのだが、ボクシングやラグビーほどは興奮しない。ごつい男が殴りあうのはいいのだが、一瞬のスリリングなテクニックがない、と私は感じる。K-1が終わって、飲みながら内田樹の『下流志向』を読む。読んでいて、日本の未来が暗くなってきた。いつの間に、若者にとって、学ぶこと、働くことが、意味を成さなくなったのか。一生懸命に生きることが、いつの間にダサくて、見っともないことになったのか。またまたアルコールのピッチがあがる。

19.4.3 Tue
 雨、風そして寒波。昨日は花見をしていて良かった。善は急げ、とはよく言ったものだ。出先から事務所に戻る途中、本屋に立ち寄り『悪魔のささやき』(加賀乙彦)を購入。ところで、日本には悪魔は昔からいたのだろうか。鬼、悪霊、妖怪、お化け、幽霊。日本的情緒からは悪魔は出てこない。悪魔も輸入品なのだろうか。

19.4.2 Mon
 月に一度の食事会。上野公園で桜とともに花見客を観察し、上野パークサイドホテルのフォンターナでパスタにピザ。私は、もっぱらワイン。どこでも同じだと言われるかもしれないが、上野地区の料理店は、どのジャンルでも水準が高い。もちろん価格に比して。とんかつだけでなく、ウナギ、寿司も激戦区であり、焼肉はもちろん、イタリアン、エスニックも水準が高い。ここフォンターナのピザは私の一押しなのだ。上野らしく、味がはっきりしている。味にファジーさがない。花見がてらお出でになるといい。

19.4.1 Sun
 朝8時に事務所。16時過ぎにつくばエクスプレスの六町駅。初めて降りる。相続の相談を受け、事務所に戻ったのが18時半。東京は北東地区に向けても拡大している。マンション建設が著しい。後片付けをして、伝助Ⅱ号で帰宅。車中はテレサ・テン。この春、テレサ・テンのドラマが放映され、舞台もあるらしい。アジアの歌姫は今再びブーム。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

4月

06日

20.04.06 Mon

 なんだか世界が一変したようです。上野、アメ横はガラガラ。千葉もガラガラ。いつも行列しなければならない食堂もガラガラ。首都圏だけの現象だといいのですが。地方に住む知人の話を聞きますと、まったく対岸の火事のようなところもありました。これはこれでホッとしたのですが、ウイルスの拡散速度とこれに対する政府と個人の対応の速度。対応速度が拡散速度を上回らなければ。ぼくなんか緊張感が続かないところがありますので、気をつけます。

2020年

4月

02日

20.04.02 Wed

 3月1日には29人。4月1日には527人。東京都のコロナ感染判明者数です。全国的に見て224人が2107人へ。全世界で87千人が873千人へ。基となるデータが異なるため、必ずしも正しい結論とは言えませんが、東京の感染速度が加速しているような気がします。それでも、この流れで4月中にストップがかかればいいのですが。ニューヨーク市は3月1日に感染者が初めて発見されたのですが、それが4月1日には48,000人です。爆発が繰り返されなければいいのですが。

2020年

3月

31日

20.03.31 Tue

 おいおいオイオイ。もう3月も最終日ではないですか。高血、糖尿、心臓疾患、高齢と、コロナのメインターゲットであるぼくは、これまで、世間の騒ぎを遠い向こうの話と思っていました。昔から、危機感が薄いというか、浅薄というか、リアリティをもって物事に接することができないタイプのようなのですが、最近ちょっとやばいかなと思うようになりました。同世代の志村けんさんが、ああもあっさりと召されるなんて。それこそ、オイオイおいおい、他人事じゃないぞ。

2020年

3月

24日

20.03.24 Tue

 咳やくしゃみをすると睨まれてしました。花粉症が原因で、マスクもしているのに。思わず、言い訳をしそうになります。今日の電車のなかでの話です。

2020年

3月

20日

20.03.20 Fri

 川があれば橋があります。道があれば坂があります。清水橋とか忍坂。東京の橋と坂です。粋な名称じゃないですか。だれが名付けたか分かりませんが。少なくとも行政ではないでしょうね。

2020年

3月

19日

20.03.19 Thu

 世のなかのことについてコメントする知見はないのですが、ぼくの身の回りのことについては、ぼくしかコメントすることしかできません。何かおかしいのです。株主総会を含め集まりがなくなりました。夜の案内もまったく届きません。夜の案内といっても変な案内ではないです。すし屋に入ってもガラガラです。駅の構内も往来も、ぶつからないで歩けるほどスカスカ。確かにコロナは怖いですけれど、ぼくにはコロナ以外に怖いものがいっぱいあります。年寄の自粛は分かりますが、若い人はそんなに委縮しなくてもいいんじゃないでしょうか。もっとも、加害者になることは避けるルールは必要ですが。

2020年

3月

16日

20.03.16 Mon

 途切れ途切れにブログを更新している間に、世のなかが大変なことになっている。コロナウイルスの恐ろしさもあるが、これによる経済の冷え込みへの恐怖。過剰に敏感にならない方がいいような気がするのですが、そうもいかないのでありましょう。個人的には、心臓に疾患のあるぼくなんか、よほど注意しなければならないのですが、あまり切迫感を感じないのは、ぼくが極度に鈍感なせいでしょうか。