20年2月

20.02.29 Fri
 17時半に我々は出発した。目指すは、上野「銀座ライオン」。月一食事会。どんない忙しかろうと、こういう意地の余裕が明日を切り拓く。そういう根拠なき自信でここまで生きてきた。

20.02.28 Thu
 実にどうでもいいことなんですが、2月が29日まであることは良いことなんだろうか、悪いことなんだろうか、と考えてみた。「2月」が一日多いことがであります。私は、4月が31日まであるほうが良いような気がするのです。連休が長くなるようで。本当にどうでもいいことなんですが、人生最後の100食を46食までカウントしてみました。一食目は、カレーライスにしよう。60食目当りに最高級の松阪牛ステーキをもってきて、100食目はおにぎりと味噌汁にしよう。なんてことを考えてみましたが、さすがに最後まで考え切るほどの度胸はありませんでした。なんせ、月末のうえに確定申告中。昨年中にということで依頼された仕事も、まだ終わっていない。月が開ければ、すぐに雑誌の原稿締め切り。関係各位が、このHPをご覧になっていないこと祈るのみであります。

20.02,27 Wed
 正真正銘の月末。自慢するわけではないがパニックである。こういうときに防衛機制が機能する。つまり現実逃避。新宿から上野に戻ったのが14半過ぎ。明正堂書店に立ち寄り『死刑』(森達也)と『ひとりで生きられないのも芸のうち』(内田樹)を購入し、電車内で読み出したとき防衛機制が急に作用しだした。どちらもたまらなく面白い。せっかく『西郷隆盛』(海音寺潮五郎)を確定申告期間中は止めていたのに、この2冊を勢いよく読み進めてしまった。いったい私は何をしてるんだろうね。

20.02.26 Tue
 72年前の今日、東京は雪が降っていた。未明に二・二六事件が発生する。4日間首都圏は反乱軍に占領された。やはり2月は29日まであった年である。特に報道されることもなく、忘れ去られてた事件となってしまった。私の世代にとって、忘れてはならない事件として記憶されている。昭和の年号でいえば11年。その後日本が、どのような道を進むことになったのか。再び、日本がそのような道に迷い込まないとも限らない。忘れていいことと、忘れてはならないこと。忘れない努力が必要だ。もっとも、物事によっては忘れる努力も必要だが。

20.02.25 Mon
 4時に自宅を出て5時に事務所。仕事。9時に三軒茶屋に向かい、午後は津田沼。いったん事務所に戻り、夜は赤坂の某料亭で会食。20畳ぐらいの部屋に6人。掛値なくくつろぐ。できれば一眠りして帰りたかったのだが、そんな馴染みでもなく、立場でもなく事務所に戻る。22時。さて、今一度仕事でもするか、と思ったのだが、止めた。もう寝る。

20.02.24 Sun
 8時から事務所で仕事。昼は下谷『河金』で70匁(260g)の豚カツ。いつものとおり急速に闘争心が萎える。13時過ぎに一眠り。土曜日曜の醍醐味。昼寝の喜びをたっぷりと味わい、再び仕事。16時に伝助Ⅱ号で帰路に着く。車中では、春風亭柳昇(5代目)、桂三木助(4代目)の落語。落語は、寄席かラジオかテープ。どういう訳か、テレビでは落語の味が出ない。私の場合は、テレビでは落語に集中できない。ということで、伝助Ⅱ号で柳昇、三木助に堪能。車中でのカラオケの練習といい、落語といい、マイルスといい、伝助Ⅱ号は本当に癒してくれる。感謝感謝。

20.02.23 Sat
 朝5時に事務所。15時に池袋に向かおうとしたが、山手線が運行停止。16時から甥の結婚式。急いでタクシーに乗り換え、立教大学前のリビエラ着く。若い二人には、思いっきり幸せになってほしい。幸せに向けて努力も必要であることを覚悟してほしい。見つめ合っているだけでは前に進めない。同じ方向をともに歩むのが夫婦であろう。そんなことを想っているうちに式次第、宴は続く。微笑ましい披露宴を味わった。池袋から自宅に帰ったのが22時ぐらいか。いい一日であった。仕事さえなければ最高の一日。

20.02.22 Fri
 午前中は、金杉区民会館で税理士会主催の確定申告無料相談会。事務所から歩いて5分。午後は、秋葉原のゲームセンターで顧問先が発表した新作ゲームのロケテストを覗く。180分待ちの行列。一年かけて開発したゲームソフト。プレイヤーにどこまで受け入れられるのか。先週来の反応を見て、まずはホッとする。朝から事務所を離れていたが、携帯、メールで次々と課題が押し寄せる。便利というか、不必要というか。でも、求められるのはありがたいこと。忙しいのは、能力がないからであって、文句を言うなら己に言わなければと、自戒。マァ、昼から飲んだり、人生最後の100食リストを考えたり、2年前の週刊ダイヤモンド、サンデー毎日、週刊文春を熱心に読んだり、と、忙しくなるわけだわな。夜は早々に伝助Ⅱ号で自宅。21時に自宅着。娘夫婦の愛犬アニモ(邦名ポン子)に顔を舐められながら一週間を終える。もとより、明日からまた始まりますが。

20.02.21 Thu
 クライアントと事務所近くのてんぷら『からくさ』で昼食。ビールでもと頼んで、3人でそのままお銚子9本。いつものメンバーであるから予想はしていたものの、想定以上のパターン。午後はメロメロ。なんとか18時まで持ちこたえ、別室で転寝。こういう日も月に一二度あってよい、と思う。

20,02,20 Wed
 何が許せないといって、電子レンジで調理する店は許せない。いかに値段の割りに味がよくても、これだけは許せない。仕事を終えて、事務所近くの居酒屋に入ったのだが、煮込みを電子レンジで暖めている。厚揚げを電子レンジで調理している。焼きおにぎりも。確かに安い。味も値段の割にはマアマア。でも、もう二度と行かない。私の電子レンジ嫌いは、もう病気みたいなもので、レンジで温めるよりは、冷ご飯のほうが美味しい。あのチン!という音が鳴ると、もう食欲がなくなる。そんな私が眼にした光景は、レンジで暖める居酒屋。もう二度と、事務所の近くにある○○には行かない。結構いい店なんだがな。

20.02.19 Tue
 最後の晩餐といえば、イエス・キリストが磔刑の前夜に12人の弟子とともにした晩餐。例のダ・ヴィンチの絵で有名。明日は死ぬと分かっていて、晩餐を楽しむ余裕は私には絶対ありえないのだが、でも、あと100食を食べるチャンスがあります、と決められた場合、何を食べようか、と考えた。先日、牛筋の煮込みを食べていてそう思った。今日、カレーを食べていてそう思った。最後の晩餐では選べないが、最後の100食ならインスタントラーメンも入れたい。チャーハン、餃子、秋葉原の立ち食いそばも食べておきたい。最後の晩餐も難しいが、最後の100食も難しい。営みは永遠だもんな。

20.02.18 Mon
 内閣支持率が低下している、らしい。私なんか、改革疲れで少々一休みしたいジャパンにとって、よろしいんではないですか、と思っているのですが。アメリカでは1割の人が富の7割を保有しているという。日本では、1%の人が富の40%を有しているという。よく分かりませんが、この10年なんでしょうねこの富の集中は。日本は、以前は一億総中流社会といわれていたのですから。少なくとも格差の実感は、ここのところの社会意識でしょう。気がついたら社会が変化していた。そういうことに日本は、疲れているのではないでしょうか。もっと、ゆっくり歩きませんか。別に欧米と歩調を合わさなくても。もともと歩幅が違うのですから。と、福田さんは思っているのではないでしょうか。そんなことはないか。

20.02.17 Sun
 昨夜は、ホッピーを買い求めて焼酎。つまみはちくわの磯辺揚げとハムカツ。これにモツ煮とトマトがあれば中高年ご用達下町居酒屋。もちろん自室で、海音寺潮五郎の『西郷隆盛』を読みながらのホッピー割。いつの間にか寝込んでしまい、気がつけば25時。朝は7時前に事務所入り。昼は、入谷『大勝軒』でラーメン。いつものとおり、食後は闘争心が著しく減退。13時過ぎに仕事を切り上げ、14時過ぎに伝助Ⅱ号で自宅へ。途中、洗車とガソリン。自宅に着いたのが16時過ぎ。なにか久し振りに帰った気がする。そういえば今日は、私の57回目の誕生日。誕生日を迎えたことより、ここまで無事にこれたことを祝うとしよう。

20.02.16 Sat
 最近少々過食気味。ワンタンメンに餃子、麺が通常の2倍ある入谷『大勝軒』のつけ麺、メンチカツ定食etc.が最近の昼食。とくに土曜日がいけない。ついつい気を緩めてしまう。ということで、今日はさぬきうどんに卵のみ。もちろん我輩の手料理。これがまた美味い。手料理の醍醐味は、麺・卵を好き勝手に調理できるところ。特に、卵を半熟状態に煮込むなんてことはお店ではやってくれない。人様のお口に合うかどうかは分からないが、私の卵料理のレパートリーは広い。インスタントラーメンや鍋焼きうどんに入れる卵の調理には少々こだわりがある。まさに汁の沸騰具合と卵の半熟度の微妙な関係は、長年の経験の賜物。この執念が、私の人並み以上の体重を造ってきた。てなことはどうでもいいのだが、来週から確定申告。地獄の4週間です。

20.02.15 Fri
 午後から銀座、八丁堀、そして海浜幕張。JR八丁堀へ向かう通路を歩いていると、国税時代の大輩と偶然に出会う。30年前に仕事を教えてくれた先輩。まったく世の中は狭い。幕張メッセに着いたのが14時過ぎ。AOUショーに出展している顧問先のブースを見学。体験ゲームに行列。1時間待ちである。発売は3月。作りに創った自信作。ヒットしてくれればいいが。事務所に戻ったのが17時半。たいして仕事をしていないのに体はヘロヘロ。先日の風邪に続く腰痛。夜半に食べるが故の胃もたれ。Have a nice weekend といきたいが。この週末も仕事。

20.02.14 Thu
 午後、都庁前からワシントンホテル方面。腰をかばいながらソロリソロリと歩く。寒かぁ~。夕方、御徒町に着き事務所へ。17時半。まだ明るさが残る。オォ~陽が長くなったぞ。そうか今日はバレンタインか、と脈絡もなく思い浮かべる。幸いかどうか、私の家族は女系家族であるが故、これぞ義理の塊が、いくつか届く。娘夫婦の愛犬アニモ(メス犬)からも届く。すべてゴディバ。いつの間にか日本をゴディバが席巻している。ご存知でしたか、ゴディバがベルギーのチョコであることを。ワッフルもベルギー。かの地の文化の成熟度がうかがい知れる。

20.02.13 Wed
 おそるおそる動く一日。何をするにも腰と相談。たまりません。さてここで海を隔てた(日本にとってはどの国もそうだが)、遠い隣の国アメリカの話。史上初の『黒人』大統領と『女性』大統領。あなたならどちらを望みますか。もちろん、その主張する政策で選んでいただくのが本来ですが。私は、クリントン女史でしょうか。政策の是非は分かりません。ただ、クリント女史が今回だめであったら、次の女性大統領候補がいないのでは(失礼)と。オバマさんには次があります。案外、アメリカ国民はマッケインを選ぶのかもしれませんが。

20,02,12 Tue
 座椅子で寝込んでしまったらしい。深夜、起き上がろうとしたら腰に激痛。ぎっくり腰。そのままうつぶせになることしばし。長年付き合っている腰痛である。なだめ方も心得ているのだが、『ぎっくり腰』という通称はどうも納得いかない。その痛さが他人に伝わらない。別に伝わらんでもいいのだろうが、欧米のような『魔女の一撃』のほうが艶があってよろしい。しかし、今年は多難な年になりそうだ。

20.02.11 Mon
朝というか、深夜に起きて仕事。昼ごろビデオで『ストレイト・ストーリー』を観る。73歳の老人が、350マイル(560Km)を時速8Kmのトラクターで実兄に会いに行くストーリー。彼が住むアイオワ州ローレンスは、若者は都会に出て老人ばかりの町。ゆったりと時間が流れている。時速8Kmか、80Kmで走ることはないか、トラクターでいいか、と納得する。その影響は早くも現れた。遅めの昼食を15時過ぎにとる。缶ビールのプルトップをひきサンドイッチとともに飲む。夜は、娘夫婦の愛犬アニモ(邦名ポン子)と一緒に寝る。

20.2.10 Sun
 久しぶりに千葉に出る。ヨドバシを覗いて、デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウが共演する『アメリカン・ギャングスター』を観る。デンゼル君もラッセル君も少々太り気味。アンダーシャツの下にうかがえるダブついた肉にやや苦笑するが、映画は硬い。千葉から西千葉へと回り、『天外天』でえびそばでもと思ったのだが、閉店していることに気がつく。喫茶店でコーヒーと読書とパソコン。エドワード・ノートンの最新出演作を探す。とうとう昼を食べ損ねてしまった。

20.2.9 Sat
 永田町から戻り、久しぶりに事務所向かいの『栄龍』で昼食。毎日毎日話題になるものだから、サブリミナル効果のごとく餃子とワンタンメン。たまには過食もいい。再び事務所に戻りしばし仕事。そのうちヴィスタのパソコンがフリーズ。仕事を止めろということ。別室で休息。どうも花粉の予感がする。毎年この時期、風邪を引いて花粉に悩まされる。

20.2.8 Fri
 昼前に事務所を出て上野『驟楽』でランチ。これぞオールドファッションレストラン(古典的大衆食堂)。刺身からラーメン、ビーフシチュウにスパゲッティまで、なんでもありのメニュー。何を食べようかと、心ときめく楽しみを味わう。こういったささいな楽しみが、一日を幸せな気分にしてくれる。なんと俺は小さな人間かと、その小ささが誇れるような気分で驟楽を出る。その後、池袋、秋葉原、銀座と動き回り、けっこうハードな話題をこなしたのだが、幸せな気分は変わらない。得をした気分で夜まで過ごす。
 
20.2.7 Thu
 大前研一によれば、日本人の貯蓄高は死ぬときがもっとも高額であるという。つまり死ぬまで貯蓄するということである。アメリカ人のピークは48歳。イタリア人は、死ぬときには貯蓄はないという。遣うために貯蓄し、つまり遣いきっていしまう。日本人は何故貯蓄するのか。万が一のときのためである。万が一はそうそう訪れない。したがって墓場までお金を持っていくことになる。私の若いころは、日本人の貯蓄率の高いことを、その勤勉さの現われと教えられたものだが、どうも日本人の心配性が故のようだ。もっと日本人も、もっとラテン的にならねばならない。

20.2.6 Wed
 理屈と膏薬はどこにでもつくはずである。だれか株安の理屈をつけてくれ。個人的には、高かろうが安かろうがチィートモ支障はないのであるが、この株安が私の周りの方々に思わぬ影響を与えている。一日でこんなに落ち込む理屈はないと思うのだが。

20.2.5 Tue
 アメリカ大統領選。スーパーチューズデイともメガチューズデイともいうらしい。立候補者のいずれもが、この国の指導者よりも指導者らしく見えるのは何故だろう。私は、かの地の彼らについてほとんど知らないのだが。やはり演説とその際にうかがえる彼らが持つ自信が魅力的なのだ。たとえば、オバマ候補者の著書の原題は"The Audacity of Hope"。『合衆国再生』なんてバカな表題ををつけた出版社のセンスにはあきれるが、実にいいタイトルではないですか。

20.2.4 Mon
 凍った道路を恐る恐る伝助Ⅱ号で事務所。着いたのが5時過ぎ。寒かぁ~。でも立春。日中の陽射しはやわらかい。さて、恒例の第一生命サラリーマン川柳コンクールの投票が今日から始まった。早速投票。『なぜ怒る 早く帰って 来ただけで』(有名人)

20.2.3 Sun
 朝起きて驚いたのタマゲタのなんのって、自宅前の公園が一面雪景色。しかも深々と降っている。絶好の閉じこもり日和。こういう日は、気になっているビデオを見るに限る。『24TwentyFourⅤ』を観る。面白い。24時間の出来事をリアルタイムにドラマ化したのだが、緩みもなくひきつけられる。主人公はジャックバウアー、コンピュータ、携帯端末に電話。しかし観終わるのに24時間かかる。本日は15話でお終い。夕方もまだ雪は降っている。あした愛車『伝助Ⅱ号』は大丈夫かいな。

20.2.2 Sat
 閉じこもり初日。風邪撤退作戦初日。準備したのは、厚着、ストーブ、パソコン、DVD、西郷隆盛、鬼平犯科帳、そして法人税法と会社法の専門書。自室にこもって、チラチラ、ウトウトと過ごし、夕方近くパソコンGyaoでクリント・イーストウッド監督主演『トゥルー・クライム』を観る。さすがイーストさんは、人も映画も分かっている。アル中でだらしなく冴えない主人公だが、やけに格好が良い。譲れない魂を持っている男は、あふれんばかりに物を持っている奴よりはるかに格好がいい。観終わって、ヨシ!と決意して、焼肉を食べに行く。風邪には焼肉、これぞ最高の良薬。

20.2.1 Fri
 司馬遼太郎の『翔ぶが如く』を再読したと思ったら、昨年末から再版された海音寺潮五郎の『西郷隆盛』(朝日新聞社)を読み出した。お断りしておきますが、私は薩長、特に、長州嫌いであります。でも、西郷隆盛は大好きであります。ということで、最近再び『隆盛』に凝っています。江藤淳の言葉のとおり、西郷南州は思想そのものです。『道元禅師』も読み進めなくては。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

9月

16日

20.09.16 Wed

 漱石の『坊ちゃん』には本名は出てこない。別に必要ないのだが、坊ちゃんを可愛がるお手伝いの清(キヨ)。坊ちゃんが松山に赴任したときは、いったいおいくつだったんだろうか。坊っちゃんは松山での教師を辞職して東京に帰ったあとは再び清と暮らすのであるが、清さんは相当に素敵な人だったんでしょうな。

2020年

9月

14日

20.09.14 Mon

 ようやく涼しくなりました。といっても蒸し暑い。まだまだ、わたしには夏です。これまでの人生において、私の場合、体型上、夏の期間が長く、秋冬の期間がが短い。暦の春夏秋冬と体感上の春夏秋冬が違うのであります。でも、夜明けが遅くなり、夜の帳が下りるのは早くなりました。総裁・総理が誰になろうと、秋はわが身にも来ております。明日あたりに、わたしにも秋が来るかな。

2020年

9月

06日

20.09.06 Sun

 なんと9月ではないですか。アジフライやらサバサンドを食べているうちに体重も増加。最近、物忘れがひどい。とくに、ドクターのいうことが、忘れるというより、頭に残らないのか、とんと身につきません。

2020年

8月

30日

20.08.30 Sun

 昼前、鯖サンドを求めて市原まで。呑みたいビールをグッとこらえる。夜、アジフライを求めて稲毛駅前の居酒屋へ。ホッピー&焼酎でアジフライをかぶりつく。これぞ千葉県民の醍醐味。

2020年

8月

27日

20.08.27 Thu

 あつい、暑い、熱い。とにかく暑い。歳とともに暑さに対する耐久力がなくなったのか、年とともに熱さが増しているのか、その両方なのか、とてもこの暑さを楽しむことなんてできません。この老体・醜体をいまさら晒す勇気はありませんが、風呂に浸かるが如くプールに浮かびたいもんです。はて、最後に泳いだのはいつのことだったのか。

2020年

8月

26日

20.08.26 Wed

 熱くて思考も停止。久しぶりに東銀座に出かけたものの、所用を済ませてそそくさと帰還。思考そのものも、行動そのものの少々分裂気味。何のために何を考えているのか、何のために動いているのかよく分かりません。もともと目の前のことにしか反応しない人間なのですが、ここのところそれが酷い。

2020年

8月

06日

20.08.06 Thu

 コロナだの暑いだのといっている間に8月。そのコロナ、専門家の間でもいろいろと話が異なります。各国の指導者の間でも対応が異なります。別に、専門家や政治家があてにならないといっているのではありません。さほど自然界と人間の身体はまだまだ分からないことが多いということでしょう。いささかコロナには飽きてきました。明日は立秋。もう秋なんですか。