21年3月

09.03.31 Tue
 今日で3月も終わり。新年を迎え、バタバタとしているうちに入院をし、手術をし、退院したら確定申告期。あっという間の3か月。不景気だとか、恐慌だとかだけの問題ではなく、世の中の構造が変わりつつある。そんな感覚にとらわれる三か月であった。車やブランド物が目標ではなくなり、アクセクせず、シンプルでフツーに生きる世の中が訪れそうな気がするのですが。

09.03.30 Mon
 朝5時に事務所。10時に本所吾妻橋。事務所に戻り、14時に東銀座。再び事務所に戻り、18時にアサヒビール本社ビルの『ラ・ラナリータ』で会食。20時に事務所に戻り、『唐詩選』を読む。中国4千年の言葉は普遍的。

09.3.29 Sun
 いつもの通り、日曜日の朝は早い。3時起床。『イーグルアイ』を観る。昨日から、ウオンテッド、アイアンマン、イーグルアイと製作費のかかったハリウッド映画を立て続けに観る。評価は、高いほうから並べてイーグルアイ⇒アイアンマン⇒ウオンテッド。理由は、女優の魅力。というより、作品における女の魅力の順序。午後は、続けてDVDの『漢詩紀行』。江守徹の朗読が心に染みる。夕方、ぽん子(アニモ:マルチーズ犬)と区役所公園を散歩。戻れば完全オフタイム。夜に、陶淵明の『帰去来の辞』を諳んじる。帰りなんいざ~、である。やたら厳しい中学の国語教師が暗記させた漢詩のひとつ。『既に自らの心を以て形(からだ)の役(しもべ)と為す』(自ら求めて精神を肉体の奴隷と化してしまっている)。私なりに解釈すれば、私もいい歳になった、そろそろ我が心に帰ろうか、帰る心があるのならば、というところか。膝の上で寝ているぽん子は、いつも心のおもむくままの行いfだ。うらやましい。

09.03.28 Sat
 朝6時に事務所。9時過ぎに赤坂のスタバ。仕事を終えて事務所に戻ったのが12時。その後は実にのどか。自宅に帰り、ビデオ(ウオンテッド、アイアンマン)を観たり、『李白』(宇野直人)を読んだり、サッカーを観たりと。この週末が盛りと思った上野の桜は、来週まで延期。花見は来週。

09.03.27 Fri
 たまには家に帰らねば、と、久しぶりに伝助Ⅱ号。NHKラジオでヴィレッジ・ストンパーズの『ワシントン広場の夜はふけて(Washington Square)』がながれていた。いやはや懐かしい。デキシーの名曲。私が、ジャズにのめり込むきっかけをつくった曲のひとつ。バンジョーで始まりバンジョーでエンディングを迎える。この週末は、デキシーにブルーノート。アイポットに8000曲入っている。

09.03.26 Thu
 この3日間、よく飲んだ。量は定かではないので時間で測ると、3日間で14時間ぐらいか。大したことないか。一日10時間ぐらい延々と飲んだこともあった。と、変に言い訳したり、納得したり、体力の衰えを嘆いたり。人間とは不思議なもんだ。自分のことであっても、事前も事後も、何を感じ、何を思い、何を行うかわからない。こういう日々を送るつもりはないのだが、でも、今日は缶ビール2本。体もシンドイが、財布もシンドイ。

09.03.25 Wed
 三軒茶屋から津田沼。夕方、事務所に戻り神楽坂。いつ戻ったのか、気がつけば事務所で24時。当然、酩酊というか泥酔にて戻る。つらいと言えばつらいし、気楽といえば気楽。

09.02.24 Tue
 午前は上野、事務所で午後はWBCを観ながら不動産売買の立会。15時に隅田川のアサヒビール本社ビル21階で某社株主総会に出席。そのまま懇親会。延々と飲み続ける。いつどのようにして事務所に戻ったのやら。

09.03.23 Mon
 夕方、いそいそと錦糸町。30数年前の仲間たち7人と宴会。平均年齢は60歳。まだまだ酒量は落ちないものの、食べる量は格段にダウン。手つかずの皿を灰皿代わり。品のないのも昔のまま。われわれに品格を求めてはいけません。あるのは潅木をへし折ってでも歩くたくましさ。ビール、日本酒、焼酎と完全チャンポン。この歳で、飲み放題でなくてもいいのですが、メンバーを考えれば幹事の心づかいもよく分かる。

09.03.22 Sun
 朝7時半、伝助Ⅱ号で自宅。マコト朝帰り。シャワーを浴び、一息つく。昼ごろに遊びにきたポン子(アニモ:マルチィーズ犬)と昼寝。いつの間にやら夕方になる。このように時が過ぎることに気を使わないのが日曜日。笑点を観て早々に横になる。坂本竜馬暗殺の黒幕は、やはり西郷隆盛か。この清廉潔白なマキャベリストならありうる、てなことを読んでいるうちに寝てしまう。

09.03.21 Sat
 朝7時に事務所。ひと仕事。11時、銀座のハートクリニックで診察。銀座でラーメンを食べる。何の感激も覚えないのは、銀座に対する偏見か。事務所に戻り、再び仕事。別に仕事が好きなわけではない。単に仕事がのろいだけである。夕方、伝助Ⅰ号で日暮里駅から西日暮里に。自転車は便利だ。ぶらり自転車の旅ではなくて、『鳥のぶ』という居酒屋を求めて。ここのカツサンドが絶品という噂。この執念が仕事に生かされれば、もっと休めるのにと、我ながら情けない。

09.03.20 Fri
 11時半過ぎ、伝助Ⅰ号(H14年型自転車)に乗り、日本堤のてんぷらの『伊勢屋』に行ったが、すでに長蛇の列。そうか休日だ。そのまま、浅草を通り上野に向かう。いずこも人であふれている。キムチ横丁でちょいと買い物。事務所に戻れば、WBCがまさに佳境。最後まで見る。夕方からロビンフッド、レッドクリフを観る。ビデオを観るにも体力がいる。そういえば、寝るにも体力がいると最近実感している。

09.03.19 Thu
 暖かい。午前、小伝馬町から人形町を歩く。午後は秋葉原。夕方、久しぶりにアメ横。相変わらずの心地よい雑踏。いい意味の孤独感を味わう。コーヒーを飲んで事務所。夜は、イギリスのテレビドラマ『ロビンフッド』を観る。

09.03.18 Wed
 午前、柄にもなく銀座を歩く。銀座といえどもシャッター店舗が目につく。ランチの価格競争も激しい。大衆店舗は入谷価格よりも安い。表参道のランチ価格も入谷より低価格であった。若者とサラリーマンの町は価格に敏感なのか。午後は松戸駅。松戸市は、人口48万人。あと11万人加算されると、鳥取県と同じ人口。いやぁ~大都会。夕方、浅草に出かけ、戻ったのが16時半。19時半に来客。打ち合わせが終わったのが20時半。今日は、昨日の分まで仕事をしました。

09.03.17 Tue
 確定申告業務から解放され、本来業務に復帰。で、某社に赴き、株主総会の段取りを打ち合わせ。ごくろうさまでした、と確申業務のねぎらいを受けて、てんぷらのランチ。中生(ビール)を3杯。事務所に戻った13時半ごろにはヘロヘロ。しかし、机には電話連絡、メールの山。世は動いている。が、今日は手抜き。

09.03.16 Mon
 17時半に事務所を飛び出し『しゃぶ辰』。歩いて3分。確定申告の打ち上げ会。しゃぶしゃぶをたらふく食べ、どういうわけか餃子に春巻き、海老フライも頼む。もちろん出前。8時過ぎ解散。ふうぅぅぅ、疲れた。

09.03.15 Sun
 ストレスなのか。自宅にいると何かしら食べている。今の世、簡単に満たせる欲望は食欲。もっともこれすらままならない世界もある。過剰食糧と飢餓が併存する地球。食糧問題は、政治と経済の問題で解決できるし、片付けねばならんと、不謹慎ではあるが何かしら食べながら、変なところで実感する。夕方、アニモ(マルティーズ犬)の頭をなでながら、エバが知恵の木の実を食べることがなければ、楽園を喪失することもなく、人間はもっと楽に暮らせたのか、と、人類が背負うしんどさを少々思い遣る。

09.03.14 Sat
 赤坂見附から銀座。昼に事務所に戻り、久方ぶりに事務所ビル一階の『くいしんぼ』でランチ。午後は恒例の昼寝。夕方自宅に帰り、夜、「単連結な3次元閉多様体は3次元球面S3に同相である」という、ポアンカレ予想を解いた数学者ペレりマンの失踪を追った番組をNHKオンディマンドで観る。ポアンカレ予想は100年の謎だったらしいが、私には何が謎なのかが分からない。何が謎なのかさっぱり分からなくても、番組は面白かった。このような謎に人生を全力投入する人がいるからこそ、この世が成り立っているとつくづく思う。

09.03.13 Fri
 昨日はほとんど徹夜状態。仕事ではない。寝そびれたため、本を読み、テレビを点け、ラジオを聴いているうちに朝。ええい、面倒だとそのまま仕事モードに突入。さすが、自分の確定申告書の作成、会議に某社の株価評価と仕事を続けているうちに、意識がもうろう。夜、ビールを飲み泡盛に手を出したところでダウン。都合42時間の不眠。いい歳をして、結構やるもんだ。

09.03.12 Thu
 確定申告業務も終結しつつある。やはり不況の結果が読み取れる。昨年より申告事績が悪化している。年が明けてさらに不況感が増している。確定申告のご報告とともに、この2か月の様子をお聞きすると、いずこも悪い。一体どうなるんだろう、と少々暗くなる。

09.03.11 Wed
 なんだか良く分からないうちに一日が終わる。確か、19時半に来客があり、そのまま事務所向かいの『たむら』で飲んでいたことは記憶にあるのだが。この時期が故か、はたまた歳なのか。

09.03.10 Tue
 11時に深川の門前仲町。そのまま銀座のみゆき通りの泰明小学校前。14時半に東銀座の歌舞伎座横。一旦事務所戻り、20時過ぎに再び深川の木場。7年前までこの地にいた。懐かしい。21時半に事務所に戻れば、スタッフはまだ仕事をしている。14時間労働。申し訳ない。そろそろ自分の申告書の作成に散りかからなくては。

09.03.09 Mon
 確定申告業務も残り一週間。いろいろと押し迫ってきました。もう大変。私の机のまわりは、収納ボックスで囲まれている。何がどこにあるのやら。

09.03.08 Sun
 深夜というか、早暁というか、3時半に起床。少々仕事。8時過ぎに伝助Ⅱ号にガソリン補給。9時過ぎにぽん子(アニモ:マルティーズ犬)が来る。ともに留守番。惰眠をむさぼり、こんなことをしている場合じゃないのだが、と思いながら、藤原伊織も遺作『名残り火』を読み始める。と、しているうちに笑点のテーマミュージック。最も幸せな時間が訪れた。日曜日夕方のビールは最高。確定申告も残り一週間。のんびりとがんばりますか。な、ぽん子。

09.03.07 Sat
 朝7時に事務所に入り仕事。9時半過ぎに事務所を出て銀座。いつもと異なり、今朝は銀座コリドー通りのスタバでコーヒー。6丁目のダヴィンチ銀座アネックスビルにある銀座ハートクリニックで診療。銀座、赤坂、六本木などのバブリーな街が苦手な私だが、このあたりの路地裏は落ち着く。下町の風情がある。昼に事務所に戻りスタッフと千人力。いつもながら、千人力で油そばを食べると、急速に午後の闘争心が喪失する。で、うたた寝。久しぶりに自宅に帰り、『忍びの国』(和田竜)を読み終える。この本、いつから読んでたっけ。

09.03.06 Fri
 午前は銀座、午後は秋葉原、事務所に戻ったのが17時半。終日の雨。しかも寒い。少々話しが暗くなる。世に善人が及ぼす害悪にまさる害悪はない(ニーチェ)。及ぼす害悪が具体的に何かは別にして、確かに善人であるがゆえにせき止められない。さすがアイロニカルチャンピョンのニーチェ。だが、私が心配し、話が暗くなるのは、世に善人が少なくなっていること。

09.03.05 Thu
 11時に日本橋。私が日本橋あたりをウロウロしていた15年前とは、町は様変わり。そのなかでも、あまり変化のない日本橋1丁目の『松月庵』で絶品のそば。そりゃぁ~、分母に価格をおいての絶品さ。もりそばが1200円じゃ、美味いとは言えない、当たり前。松月庵は通常価格で破格のおいしさ。午後は、日本橋から雪が谷大塚。ぶらり途中下車の旅を実践している私も、この駅は初めて。さっそくブックオフを見つけて本を購入。雪谷で所用を済ませ、次に向かったのが小伝馬町。平成3年から7年まで、この町のとある建設会社で役員をしていた。その会社は、今はない。でも、当時の方々とは今でも深いお付き合いがある。、それらの方々には、随分と助けてもらっている。遣うのは得意だが、稼ぐのも貯めるのも下手な金回り。「人」という財産に恵まれている私は得な人間だな、と、つくづく思う。これはきれいごとではない。事務所に戻れば17時半。しばし書類のチェックをして、本日の業務は終了。今日は、啓蟄、か。春だな。

09.03.04 Wed
 朝10時前、不忍池の畔を歩く。実に静寂なり。税務署に行くのが嫌になった。それでも気力を絞り東京上野税務署へ。再び事務所に戻り、午後は京橋の弁護士事務所。事務所への帰りに丸善に立ち寄り、『怯えの時代』(内山節)と『山月記・李陵』(中島敦)を購入。いつ読めるのか。夜は、20時に竹ノ塚。相続案件を報告。事務所へは21時半に戻る。本日の業務はここまで。冷酒を飲みながら『怯えの時代』を読む。飲みながら、寝転びながら、量的拡大が行き詰った現代社会への警鐘に心が反応する。そうか、色んなものが手に入り、その満足感が限界に達したとき、失ったものに怯えるのか、と得心。そのころには酔っ払っていたが。

09.03.03 Tue
 上野松坂屋地下で桜餅を購入。行列。さすがひな祭り。なぜ桜餅は、このシーズンだけなの、と思う。甘いものを食べない私も、桜餅には目がない。江戸の焼皮桜餅(長命寺)派と大阪のもち米(道明寺)派では作り方が異なるが、桜餅は江戸に限る。夜は雪。早めに伝助Ⅱ号に乗り帰路へ。そういえば、今から150年ほど前の安政7年3月3日、桜田門外の変。もっとも西暦に直せば1860年3月24日。薩長嫌いの私は、その反動として井伊直弼あたりに共感するのでありますが、人間として面白みのあった人なんでしょうか。自居を「埋木舎」なんて称するのだから、洒落っ気はあるんしょう。

09.03.02 Mon
 本日は晴天なり。実に気分がよろしい。ということで、昼に秋葉原ドコモショップまで携帯のバッテリーの交換に。実は、携帯のバッテリー交換は初めて。結構携帯歴は長い。が、バッテリーの交換は初めて。ドコモショップの方と実に奇妙な会話をする。相当複雑な工程を経てバッテリーが交換されるのではないかと思っていた。余りもの簡単さに思わず声を出す。実に簡単。ありがたいことなのだろうが、科学技術は必要以上に進みすぎているのかもしれない。人生には、もっとアナログ的なスタイルが残っていい、などと思う。携帯には何の責任もないのだが。

09.03.01 Sun
 終日、自宅で犬と戯れる。膝に抱きながら『忍びの国』(和田竜)を読む。ついでにイギリスの刑事ドラマも観る。おそらく色々な仕事の締め切りが過ぎたか、待っているかであろうが思い出せない。都合の悪いことは思い出せないか、忘れてしまう。理想的な歳の取り方である。夜は、いただいた泡盛を飲む。残っていたウオッカも飲んだのだが、効いたのなんのって体全体でしびれる。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

3月

31日

20.03.31 Tue

 おいおいオイオイ。もう3月も最終日ではないですか。高血、糖尿、心臓疾患、高齢と、コロナのメインターゲットであるぼくは、これまで、世間の騒ぎを遠い向こうの話と思っていました。昔から、危機感が薄いというか、浅薄というか、リアリティをもって物事に接することができないタイプのようなのですが、最近ちょっとやばいかなと思うようになりました。同世代の志村けんさんが、ああもあっさりと召されるなんて。それこそ、オイオイおいおい、他人事じゃないぞ。

2020年

3月

24日

20.03.24 Tue

 咳やくしゃみをすると睨まれてしました。花粉症が原因で、マスクもしているのに。思わず、言い訳をしそうになります。今日の電車のなかでの話です。

2020年

3月

20日

20.03.20 Fri

 川があれば橋があります。道があれば坂があります。清水橋とか忍坂。東京の橋と坂です。粋な名称じゃないですか。だれが名付けたか分かりませんが。少なくとも行政ではないでしょうね。

2020年

3月

19日

20.03.19 Thu

 世のなかのことについてコメントする知見はないのですが、ぼくの身の回りのことについては、ぼくしかコメントすることしかできません。何かおかしいのです。株主総会を含め集まりがなくなりました。夜の案内もまったく届きません。夜の案内といっても変な案内ではないです。すし屋に入ってもガラガラです。駅の構内も往来も、ぶつからないで歩けるほどスカスカ。確かにコロナは怖いですけれど、ぼくにはコロナ以外に怖いものがいっぱいあります。年寄の自粛は分かりますが、若い人はそんなに委縮しなくてもいいんじゃないでしょうか。もっとも、加害者になることは避けるルールは必要ですが。

2020年

3月

16日

20.03.16 Mon

 途切れ途切れにブログを更新している間に、世のなかが大変なことになっている。コロナウイルスの恐ろしさもあるが、これによる経済の冷え込みへの恐怖。過剰に敏感にならない方がいいような気がするのですが、そうもいかないのでありましょう。個人的には、心臓に疾患のあるぼくなんか、よほど注意しなければならないのですが、あまり切迫感を感じないのは、ぼくが極度に鈍感なせいでしょうか。

2020年

3月

10日

20.03.10 Tue

 いくつになっても変わらないのが、鯖寿司への思い。大阪風のバッテラでも構わないが。やはりここは京風の鯖寿司。こうも世間が後ろ向きに騒がしいと、今日は思いっきり鯖寿司でお腹と心を満足させることにした。食べたいものを食べたいときに食べるシアワセ。

2020年

3月

03日

20.03.03 Tue

 いつの間にか3月。しかも今日は上巳の節句。桃の節句です。ぼくの家系は、どういうわけか量的にも質的にも女系が強く、したがって雛祭りには昔から敏感に反応するのであります。まぁ、何かにつけての祝い事というのはいいもので、大っぴらに飲めるチャンスが多いのはありがたいことです。でも、最近は日本酒ではなくワインなんです。乾杯が。