21年8月

09.08.31 Mon
 7時半、事務所に颯爽(?)と出勤。今日は月曜日というよりも月末。事務所に付設の我が会社の申告書を作成、提出しなければならない。これぞ『紺屋の白袴』。でも、アワテナイ。こんなことで動揺していたのでは、生きていけない。あれやこれやと仕事が終わったのが19時半。今日一日まだ4時間半もあるが、何もする気になれない。こういうときは聖書の拾い読み。

09.08.30 Sun
 4時起床。『精神科医は腹の底で何を考えているか』(春日武彦)を読む。8時過ぎに選挙の投票。朝日新聞の出口調査に答える。それ以外は書斎に閉じこもり。日中は仕事。忙しいからではなく、いつも申し上げているが、能力がないから。過ごしやすい気候で、腰痛がずいぶん治まる。もっとも月曜日には再発するに違いない。なんせ、原因は仕事拒否症なんだから。夜は、当然、選挙速報。朝起きて、結果をみればいいものを、と思う。でも、マラソンも最初から最後まで観て高揚感がある。選挙速報も同様。

09.08.29 Sat
 8時に事務所。午前は仕事。背中に枕を当ててパソコン作業。昼は、久しぶりに『入谷大勝軒』でつけ麺。くぅ~、シアワセ。午後は、セガールの『グリマーマン』を観る。セガール親父の痛快アクションにストレスを発散。荷物の整理をし、伝助Ⅱ号に乗ったのが15時半。自宅に16時半。アニモ(マルチーズ3歳)とうたた寝。今日のような、淡々とした脱力気味の一日が実にシアワセ。

09.08.28 Fri
 血管外科専門の先生に、重い荷物を持たないで、静かに横になることですねと助言された腰痛の心構え。今日一日、重い荷物を手に持ち、朝から夜まであちらコチラとフラフラ、ヨタヨタ。今日も事務所に戻ったのが23時半。もちろん体全体はアルコール漬け。さて、明後日は衆院選挙。何を拠りどころに判断すればいいのでありましょうや。

09,08,27 Thu
 厚木から新宿に戻ったのが18時。同業のO先生と待ち合わせ、ライオンでビール。赤坂に移動し、事務所に戻ったのが24時。あ~、シンド。

09,08,26 Wed
 スーツで歩くとやはり暑い。津田沼から事務所に帰り、窓を開けると選挙カー。そうか、今週末か。この日曜日は、何かが少しずつでも変わるような始まりであってほしい。単に私が歳を取っただけでなく、この10年間で日本が変質した。この変質に沿った制度的枠組みが作られていない。そんな焦りがわたしにある。

09.08.25 Tue
 過ごしやすい一日。腰痛も治まりつつある。腹ばい生活ともお別れできる。9時過ぎに上野で打ち合わせ、午後は銀座で会議。事務所に戻る途中、スタバで一息。おや、どうも閑散としている。そういえば、電車内も空いていた。昨日訪れた三越もガラガラだった。どうしたんだろう。ふと、夏の終わりの寂しさを覚える。

09.08.24 Mon
 人生の極意、とは日々の生活を送るうえで、この考え方、この気持ちさえあれば、どのような困難も乗り越えられるような考え方、気持ちのことであります。生きる極意、といってもいいでしょう。中村天風先生の教えに”七つの戒め”があります。『怒るな、恐れるな、悲しむな、憎むな、妬むな、悪口を言うな、取り越し苦労をするな』であります。ここで『怒るな』とは、怒るのを我慢する、のではなく、そもそも怒らない、ということです。どうです、結構大変でしょう。迷える子羊たる小生は、まず、『取り越し苦労をするな』から身につけましょうか。

09.08.23 Sun
 5時に起きる。いつもより遅い。新聞を読み、パソコンを確認し、伝助Ⅱ号をガソリンと洗車に連れて行く。8時に戻り朝食。鮭が旨かぁ~。フトしたことで、佐賀の呼子港のことをBSジャパンで観る。20年ほど前に訪れて、海の幸三昧の食事を思い起こす。その後、出かけたことのある全国各地をネットサーフィン。やはり、毎月のように出張していた熊本が懐かしい。うたた寝をしているうちに夕方。こうして一日を終える。

09.08.22 Sat
 9時半に赤坂見附のスタバ。打ち合わせを終え、事務所に戻り一人ランチ。しばし身辺整理。伝助Ⅱ号で自宅に帰り、腹這いで読書にメモ。今日の『アドマ街ック天国』は事務所地元西浅草特集。よく利用する飯田屋、染太郎、本とさや、豚八がベストテン入り。そうだ、来週29日(土)は浅草サンバカーニバルか。よし、どうすれば良いのか分からないがそれまでに腰痛を治そう、と強く決意。別に、カーニバルに参加するわけではないのだが。

09.08.21 Fri
 午後から秋葉原、銀座で会議。腰をかばいながら歩き座る。実に不自由。トホホ。夜は、腹ばいになって『吉本隆明1968』を読み、メモをとる。腹ばいになりながらではビールは飲めない。これは新たな発見。ラジオのニュースを聴いて、ハテ『自称プロサーファー』って何だろう。

09.08.20 Thu
 9時前に事務所を出て、24時過ぎに戻る。もうよれよれ。早く秋にならないかな。暦の上では立秋なんだが。

09.08.19 Wed
 腰痛で腰を屈め、亀のようにゆるりゆるりと歩く。こうなれば、わが体重を呪うしかない。ということで、夕方ビールを飲みながら減量を決意する。今日でしばらくビールとはオサラバダ。と、ついこの間も決意したことを再度決意する。歯と腰は疲労のバロメータ。疲れるとすぐにどちらかが痛くなる。夜、横になりながら『文藝春秋(9月号)』を読む。こうしてゆっくり読書ができるのなら、腰痛も悪くないか。

09.08.18 Tue
 朝3時起床、事務所に4時に着く。何してんでしょうね、泥棒じゃあるまいし。昼に人形町のクライアント先に赴き決算報告。そのまま先輩の事務所を訪れ雑談。事務所に戻り15時。久しぶりに着たスーツが暑い。19時前にはシャワーを浴び、チョイとビール。いやぁ~、シアワセ。ついでにハリソン・フォードの『ファイヤ・ウォール』を観る。パソコンを開くとおびただしいメール。返信・転送をして21時半。今日はここまで。

09.08.17 Mon
 9時を待ってたかのように鳴り出す電話と携帯。世間も動き出した。昼に京橋の弁護士事務所を訪問し、2件の案件を打ち合わせする。事務所に戻り15時。再び、電話、携帯、メールに対応。朝の6時から仕事を始めて19時。あぁ~シンド。

09.08.16 Sun
 夏休み最後の日。宮本輝『骸骨ビルの庭(上・下)』(講談社)をところどころ涙しつつも、一気に読む。実に秀作。夕方『笑点』のテーマミュージックとともにビール。夜、ウトウトしていると娘夫婦の愛犬アニモが暑中見舞いに訪れる。戯れているうちに再び眠くなる。

09.08.15 Sat
 終日自宅で調べ物。頻繁にメールが入る。世の中は休みなく動いている。夕方、ビールを飲みながら、夏休みも残り一日か、とふとさみしく思う。いつか、毎日が夏休みになるのだろうが。

09.08.14 Fri
 11時に熱海を出て14時に事務所。やはり少々疲れが出る。仕事をしなければと思うのだが、腰痛がひどくなる。仕事をしようと思うと、体の調子がおかしくなる。ほんに正直な反応だ。伝助Ⅱ号で自宅に帰る。夜は某所に出没。阪神が巨人に勝利。アンチ巨人ではないが、セントラルを面白くするには中日に負けて巨人に勝つ。今の阪神ファンの楽しみは、これくらい。

09.08.13 Thu
 熱海『海峯楼』二日目。海を眺めながらノートを開け、こまごまと思いついたことをメモを取る。ささやかな思索。そして『文藝春秋9月号』の『終の住処』を読み始める。芥川賞受賞作。夕食を終え、夜景を観ながらワイン。この生活、堪えられません。

09.08.12 Wed
 二日酔いの頭を抱えて東京駅へ。11時前に熱海に着く。駅前の蕎麦兼寿司屋に入り五目そば。こういうところの五目そばは裏切らない。定番の細めん、塩味、ゆで卵半分、固めのチャーシュー、かまぼこ、いまや高値のニンジン、しなちくに白菜。実に想像、期待とおりの味。値段も想像とおりの高め。そう、旅先温泉食堂の五目そばはこうでなくては。午後は、某社迎賓館『海峯楼』に入る。熱海の海が一望。夜は宴会。夜景を楽しむ前にダウン。

09.08.11 Tue
 夏休み初日、惰眠をむさぼりゆるりユルリと起きる。午前は、スタローンの『コブラ』を観る。私は、ロッキーより、ランボーよりこのコブラのほうが、スタローンの当たり役だと思っている。原作(『逃げるアヒル』)がいい。午後は、秋葉原から銀座に向かい打ち合わせが3件。夜は、歌舞伎座横の『木挽町』で会食。そのまま赤坂。事務所に戻れば23時。私ゃ、何しとるんでしょうね、いい歳をして。

09.08.10 Mon
 午前は市川。打ち合わせを終え、永坂更科市川店で食事。事務所に戻り14時半。明日から夏休みではあるが、仕事の予定が2件入る。身辺を整理し17時過ぎに事務所を出て新御徒町。そう佐竹通り商店街の『班家』で事務所の食事会。来客1名を交え、飲むこと食べること。アルコールはともかく、食べることではもはや若い人に叶わない。老兵はピッチから去るのみ。でも、満足満足。事務所に戻ればまだ20時。いつの間にか寝込んでしまった。腰痛が再び発生。

09.08.09 Sun
 昨夜は、アニモ(マルティーズ3歳)と一緒に寝て、今日は4時に起きアニモと戯れる。午前中は、ロシア版の『12名の怒れる男』を観る。12名の人生が重なるスストーリーはなかなかの出来。ただ、サスペンスとしてはやや弱い。ヘンリー・フォンダのオリジナルのほうがサスペンス性は富んでいる。160分の長丁場が終われば午後。昨日から読んでいる『越境捜査』(笹本棱平・双葉社)を読み終える。スケールの大きいストーリー。ストーリーが大きいことは、あり得ない、ということなのだが、そこを一気に読ませる展開。最後の落ちは、作者は少々疲れた模様。気がつけば、書斎の窓の向こうはシャワーのような雨。夏らしいというか、異常というか。

09.08.08 Sat
 いつもの土曜日と同じく、9時半に赤坂見附のスタバ。会議を終え事務所に戻り12時。サンドイッチをほお張りながら、リチャード・ギアの『ハンティング・パーティ』。伝助Ⅱ号に乗り16時に自宅。ビールを飲み、アニモとうたた寝をしたのが20時。気がつけば某女性タレントの逮捕を報じるニュース。ついついテレビを見てしまう。実像と虚像の落差というか、虚像を演じなけれならない虚しさというか、某タレントが少々哀れでもある。もっと「らしく」生きれれば平穏であったろうに。

09.08.07 Fri
 護国寺、人形町、事務所、秋葉原、銀座、そして事務所に戻ったのが21時。もちろんアルコールが入っている。酔いはそれほどではないが、体がいうことを効かない。早くも夏バテ。明日と来週の月曜日で、その後は夏休み。もうひと踏ん張り。

09.08.06 Thu
 缶詰2日目。夕方解放され浅草へ。そこで浅ブラ。事務所に戻り19時半。あまりもの暑さに目まいがする。といことで、本日もここまで。シャワーを浴びてビール。

09.08.05 Wed
 終日、都内某所で缶詰。読みかけの和田秀樹の本のことを考える。頭がいいとはどういうことか。優秀な思考力の持ち主のことである、という。優秀な思考力とは、幅広い知識を使って適切な問題解決に向けて推論ができる人。むムム……。悪い人間が、こういうことを読まされるとたちまち納得してしまう。幅広い知識と推論か。で、推論って?。

09.08.04 Thu
 東京中をウロウロし、21時過ぎに事務所にたどり着く。頭の中の脳味噌が、もしあるとすれば、再び液状化状態。機能しません。シャワーを浴び、缶ビールのプルトップをあけ徐々に脳も固まる。それでも頭は機能しません。気がつけば23時。今日はここまで。

09.08.03 Mon
 事務所に4時半に着き、昨日から読んでいる『螻蛄-けら--』の残り50ページを読み終える。午前は事務所。午後は、銀座、事務所、秋葉原と移動。暑い熱い。脳が溶解。とろんとろん状態。最も普段から液状化しているが。夕方、シャワーを浴びて生き返る。闘争心は完全に喪失。今日はここまで。

09.08.02 Sun
 午前は、西千葉散歩。本屋に立ち寄り、黒川博行兄の新作『螻蛄-けら--』(新潮社)と和田秀樹の新著2冊を購入。喫茶店に入るも、眼鏡を忘れ本を読むことができない。歳をとると不便不便。自宅に戻り、さっそく『螻蛄-けら-』を読み始める。桑原と二宮コンビの会話が、ボケと突っ込み。実に大阪人らしい会話といい加減な生き方。疲れが飛ぶ。夕方からは、『笑点』を観ながらビール。そういえば、不景気になると笑点の視聴率が上昇し、景気が良くなると低下するというデータがあるらしい。最近の視聴率はどうなんだろう。

09.08.01 Sat
 5時半、事務所に着く。室内を整理し、メモを整理し、うたた寝をする。昼は、サンドイッチを作り食べる。14時に事務所を出て、谷村新司を聴きながら伝助Ⅱ号で自宅へ。何しに事務所に行ったのやら。夕方は、チャーハンを自作。石和ワインのがぶ飲み。ワインは元来がぶ飲みするもの、と時々思う。以前、ドイツ人の晩飯を観ていたら、飲むこと飲むこと。体も違うが、ワインに対する気迫が違う。ひと眠りして、あの『24』のジャック・バウアー役のキーファー・サーザーランドが監督・主演した『気まぐれな狂気』を観る。これが掘り出し物。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

3月

31日

20.03.31 Tue

 おいおいオイオイ。もう3月も最終日ではないですか。高血、糖尿、心臓疾患、高齢と、コロナのメインターゲットであるぼくは、これまで、世間の騒ぎを遠い向こうの話と思っていました。昔から、危機感が薄いというか、浅薄というか、リアリティをもって物事に接することができないタイプのようなのですが、最近ちょっとやばいかなと思うようになりました。同世代の志村けんさんが、ああもあっさりと召されるなんて。それこそ、オイオイおいおい、他人事じゃないぞ。

2020年

3月

24日

20.03.24 Tue

 咳やくしゃみをすると睨まれてしました。花粉症が原因で、マスクもしているのに。思わず、言い訳をしそうになります。今日の電車のなかでの話です。

2020年

3月

20日

20.03.20 Fri

 川があれば橋があります。道があれば坂があります。清水橋とか忍坂。東京の橋と坂です。粋な名称じゃないですか。だれが名付けたか分かりませんが。少なくとも行政ではないでしょうね。

2020年

3月

19日

20.03.19 Thu

 世のなかのことについてコメントする知見はないのですが、ぼくの身の回りのことについては、ぼくしかコメントすることしかできません。何かおかしいのです。株主総会を含め集まりがなくなりました。夜の案内もまったく届きません。夜の案内といっても変な案内ではないです。すし屋に入ってもガラガラです。駅の構内も往来も、ぶつからないで歩けるほどスカスカ。確かにコロナは怖いですけれど、ぼくにはコロナ以外に怖いものがいっぱいあります。年寄の自粛は分かりますが、若い人はそんなに委縮しなくてもいいんじゃないでしょうか。もっとも、加害者になることは避けるルールは必要ですが。

2020年

3月

16日

20.03.16 Mon

 途切れ途切れにブログを更新している間に、世のなかが大変なことになっている。コロナウイルスの恐ろしさもあるが、これによる経済の冷え込みへの恐怖。過剰に敏感にならない方がいいような気がするのですが、そうもいかないのでありましょう。個人的には、心臓に疾患のあるぼくなんか、よほど注意しなければならないのですが、あまり切迫感を感じないのは、ぼくが極度に鈍感なせいでしょうか。

2020年

3月

10日

20.03.10 Tue

 いくつになっても変わらないのが、鯖寿司への思い。大阪風のバッテラでも構わないが。やはりここは京風の鯖寿司。こうも世間が後ろ向きに騒がしいと、今日は思いっきり鯖寿司でお腹と心を満足させることにした。食べたいものを食べたいときに食べるシアワセ。

2020年

3月

03日

20.03.03 Tue

 いつの間にか3月。しかも今日は上巳の節句。桃の節句です。ぼくの家系は、どういうわけか量的にも質的にも女系が強く、したがって雛祭りには昔から敏感に反応するのであります。まぁ、何かにつけての祝い事というのはいいもので、大っぴらに飲めるチャンスが多いのはありがたいことです。でも、最近は日本酒ではなくワインなんです。乾杯が。