23年4月

23.04.30 Sat
 朝9時に事務室入り。昼はスタッフと『きみはん』でラーメン。この定番が、いや応用力のなさが事務所の力の源泉。ラーメン以外なにか御馳走できないのかと自分でも思うが、スタッフも私も土日出勤の昼はラーメン以外は受けつけない。

23.04.29 Fri
 朝の8時に起床。事務室入り。11時半に浅草雷門。ラルースで会食。ワインとビールでほろ酔い。事務所に戻り14時半。スタッフに声をかけ別室でうたた寝。夕方起きだして柳通りの中華店。餃子3皿にビールに紹興酒。よく飲むなぁ~、と自賛。事務所に戻り20時半。バタンと眠り込む。

23.04.28 Thu
 午後から戸越。打ち合わせを終えそのまま銀座。ミーティングの後、某社株主総会に出席。夕方から再びミーティングと食事。事務所に戻り21時半。やっぱり疲れているのだろうか、酔いながらも久しぶりに聖書。元来仏教徒なんだけどな、と思いながら折ってあるページを開ける。いつの間にか眠り込む。ふと目が覚めて、そうだ宮田光男全集を読もうと決意する。協会に行かない私は、宮田光男をの著書を通じてキリスト教を学んだ。教授には、そのほかいろんなことを教わった。私には、先生がいっぱいいてシアワセだ。そうか、道案内人のいる人生は結構シアワセなんだ。

23.04.27 Wed
 8時半に事務所を出て三軒茶屋。軽くサンドイッチを食べながらミーティング。そのまま津田沼、市川、京橋と3件の打ち合わせ。そうか月末か、道理でバタバタするはずだ。入谷に戻り19時半。そのまま栄龍に駆け込む。生姜焼きに麻婆豆腐、加えてビールに甕出し紹興酒。なんだか幸せを感じる。身の回りの小さな満足で幸せを感じる自分をどう評価していいのか。その昔、世の中を変えなければ、求めるシアワセは身の回りではなく、遠い苦難の先にあるんだと思ってた時期もあったような気がする。

23.04.26 Tue
 10時に上野で打ち合わせ。事務所に戻り、午後再び上野。夕方事務所に戻り書類の作成。19時過ぎに別室に入り缶ビールのプルトップに手をかける。ネクタイは外しているものの、スーツを着たまま壁にもたれて飲むビールはまた格別。ここんとこ少々お疲れ。もともと見たいことしか見ない生き方をしてきたけれど、その裂け目から出てくる見なきゃいかん現実に時々立ち往生。仕事柄、多少の出来事には対応せざるを得なかったし、してきたんだけれど、もう歳かな。まぁ、サルでも俺でもどんな奴でも、落ちても地面まで。たまにマンホールの中に落ちる不幸な人もいるけれど。

23.04.25 Mon
 朝8時に事務室入り。10時過ぎに事務所を出て銀座の会社。そのまま14時に秋葉原の会社。17時に海外が終了。北千住に赴き『明日香』で会食。少々荒れ気味の二入は、ガツンと日本酒。イカもマグロも味はあったものじゃない。事務所に戻り23時か。少なくとも飲んでるときは憂さを忘れる。

23.04.24 Sun
 朝5時、事務所入り。昼は、スタッフと久しぶりに『きみはん』で食事。午後は、別室に引きこもり。夕方は栄龍で一人ディナー。ニラレバにに生姜焼き。もちろんビールに甕だし紹興酒。栄龍がなかったら、私はの食生活は完全に破綻している。来年6月で栄龍利用15周年。感謝状を贈ろっと。20時に事務所別室に入り、これから何をしなければならにのかとリストアップ。もちろん、即、放棄。なんだか何をするにも面倒くせぇ~。寝ることだけは面倒じゃないけど。

23.04,23 Sat
 5時に起床。6時前に事務所を出て東京駅へ。東京駅を6時50分に出て名古屋。名鉄に乗り換え西尾市。10時半に訪問先で打ち合わせを終え、車で移動し地元の会計事務所に挨拶。そのまま一色町の『山水亭』で食事。西尾のうなぎは、東京と調理の仕方が異なるのは当然だが、名古屋とも味付けが少し違う。好みの差があっても、どちらがいいとは言えない。名古屋に戻り14時。駅前にある学生時代の友人の弁護士事務所で短時間の面談。夜の誘いを、またの機会にと東京に戻る。自宅に戻り、愛犬2匹に顔を舐められながらうたた寝。俺の顔って、おいしいのかな。

23.04.22 Fri
 朝10時来客。銀座から新宿。再び銀座。そのまま錦糸町に赴き『鮒忠』で会食。35年前の仲間が5人。相当な歳なんだが、おそろしくアルコールに強いメンバー。だから35年間も集まっているんだが。事務所に戻り23時。バタリと倒れて意識不明。

23.04.21 Thu
 朝から発熱。時々起こす知恵熱。扁桃腺が爆発する夕方までほとんど横になっていた一日。本を読む気力もなく、ここ数週間に起こった出来事が頭をぐるぐる。しょうがない、淡々と対応しますか。

23.04.20 Wed
 午前、銀座で会議。午後、事務所。夕方、浅草というより墨田区吾妻橋。アサヒビール本社ビル22階『ラ・ラナリータ』で会食。事務所に戻り22時半。なんだか疲れた。

23.04.19 Tue
 10時に人形町。11時に銀座。事務所に戻り、夕方来客。そのまま『香味屋』でワインの話を聞きながら食事。私のように、ワインであれ日本酒であれすべからく酔うため飲み物と心得ている者でも、目の前で素材をもとに話を聞けば、何となくワインの何たるかが少し分かった気がする。二次会は『369』でジン。ここまでくると香りも味覚もあったもんではない。グラスを手に取り、口に運び、流し込むだけ。事務所に戻ってもまだ21時。3時間コースの会食でした。

23.04.18 Mon
 午前は霞が関から神谷町。午後は秋葉原。夕方事務所に戻り書類の作成。こういうことをしていると少々頭痛。19時に業務を終わらせる。ビールを飲み、チーズをかじり、さてどうしよう、と思うと、とたんに体に脱力感。まぁいいや、と古今亭志ん朝の語る『鬼平犯科帳』を聴く。というよりバック・グランド・サウンド。昔からそうだが、ほとんど使っていないのにときどき頭が痛くなり、22時には横になる。

23.04.17 Sun
 夕方、24時間ぶりにアナログ生活からのリターン。村上春樹と舟橋聖一を読んでいた。ときに仕事もしたけれど。村上春樹の小説世界はいまいちなじめないけれど、エッセイはよく分かる。船橋聖一は、もちろん『花の生涯』。この小説、今でも読む人いるんだろうか。

23.04.16 Sat
 午後から、ときどき起こす雲隠れの発作。携帯、パソコン、テレビの類は一切遮断。身の回りにあるのは数冊の本とノートのみ。いろいろと考えるにはアナログ生活が一番。

23.04.15 Fri
 午後、銀座で会議。夕方、帝国ホテルで某社創立110周年記念パーティーに出席。110年前といえば明治38年。並大抵の歴史ではない。これだけ継続するには、常に時代を捉えた革新が必要。変化しなければ老舗とはなれない。

23.04.14 Thu
 朝、酷い頭痛と腹痛。すわ、ノロか風邪か花粉症か。二日酔いでした。昼前には治まり仕事開始。午後は、某社取締役会に監査役として出席。そのまま金融機関の方と打ち合わせ。その後は完全プライベートタイム。

23.04.13 Wed
 銀座に10時。事務所に戻り17時に市川。打ち合わせを終え、小岩の『おどり』で食事を。再び市川に戻り二次会。事務所に戻り23時。夢遊病者のように気がついたらカステラを食べていた。携帯で阪神が2連勝したことを確認して安らかな眠りにつく。

23.04.12 Tue
 事務所の書棚を整理していたら20年前の古いファイルを発見。そのなかに、さらに20年前の私の写真。つくづく歳月の流れを感嘆。人間の出来は今も昔もたいしたことはないが、体重といい毛髪量といい体系は著しく劣化。20年ぶりにみる40年前の私をみて認識。決して過去を振り返っても、懐かしんでもいけません。もう戻ることはできませんから。

23.04.11 Mon
 昨夜は、ほとんど眠ることができず26時に事務所。別室で仮眠。8時半に事務室。月曜日の午前中は、いつもバタバタ。午後は、役員に就任している会社の会議に出席、今年度の事業計画の見直し。事務所に戻り17時半。19時過ぎまで仕事をして、本日の業務終了。別室に戻り、うぅぅ~寒ぶ。こうなると閉じこもり。なぜかアジアの歌姫テレサ・テンの歌を聴きながら、ぼぉぉ~。こういう半睡眠というか半覚醒というか、何も感じず、何も考えない時間が大好きです。

23.04.10 Sun
 井伊直弼が大老に就任し、たった5日で幕府を掌中に収め、桜田門外で暗殺されるまで2年足らず。享年46歳。手に取った本をパラパラとめくって知った。この間の直弼の心模様を急に知りたくなる。この2年足らずの闘争の間、独裁者であった直弼の心情はいかばかりものであったのか。元来が風流の人であった直弼は、その合間合間に何を感じていたのか。といっても、直接会って訊ねるわけにいかず、舟橋聖一の『花の生涯』を求めて本棚をあさるが見つからない。とかなんとかしているうちに夕方。どうも幕末から維新に思いを巡らせると私の薩長嫌いに火がつき、その反面幕府側を無性に応援したくなる。直弼だって好んで政局に飛び込んだわけじゃなかろうに。

23.04.09 Sat
 朝5時過ぎに事務所。ひと眠りの後仕事。昼は、スタッフと『万人力』で油そば。午後は、事務所スタッフの強い勧めもありDVDで『悪人』。吉田修一の原作を読んだのは3年前。やはり想像力が働く分だけ小説世界のほうが感情がこもるが、薄倖な馬込光代役を演じた深津絵里と殺された一人娘の父親役柄本明が秀逸。柄本の『今の世の中、大切な人もおらん人間が多すぎったい。』のセリフは原作よりも心に残る。で、夕方、伝助Ⅲ号で千葉へ。18時過ぎに自宅に着き、19時から町内会の会合。21時過ぎに終え自宅に戻りバタン。

23.04.08 Fri
 朝は銀座のクリニックに通院。関与先に立ち寄り事務所に帰る。午後は、赤坂の歯科クリニックでインプラントを入れる。これで再び歯がそろう。上野で用を済ませ、事務所に戻り19時半。ボクシング。何時かは来るだろうと思っていた長谷川穂積の完敗を観る。2階級上げた体格差ではなく、相手の動きが見切れていない。さほどスピードのないパンチを当てられていた。学生時代に、体育でボクシングを履修した素人の見立てであります。

23.04.07 Thu
 午前来客。その他は、事務所で仕事。夕方出かけて、食事をし、再び事務所に戻り23時。シャワーを浴びたところで地震。一体、どうなっちゃったんだ。と、ビール。不謹慎かもしれないが、被災者の方に美味しいビールを飲んでいただきたい、と、急に思う。先ずは、美味しさを味わう心のゆとりの回復を願う。

23.04.06 Wed
 午前は、雲隠れ。プラトンは、ソクラテスの弟子でアリストテレスの師である。で、彼はこの世に何を言い残したんやろか、と、やや二日酔いの頭でムニャムニャと思いめぐらす。昨夜、枕元で読んでいた木田元の本の影響。木田元の本を、酔って寝ながら読むのだから、我ながらいい度胸をしている。午後から事務室。18時半に麹町。食事をして二次会。事務所に23時に戻る。

23.04.05 Tue
 朝6時、目が覚めるが布団から出ることができない。まるで接着剤で背中がくっ付いているかのごとく。7時半に起きてシャワー。8時過ぎに事務室。朝のミーティングを終えて9時半に事務所を出る。上野の関与先を訪れ、11時に東銀座の関与先。13時半に日本橋の関与先。15時に銀座の関与先再度訪れ、17時に事務所に戻る。18時にスタッフがそろい夕方のミーティング。18時過ぎに事務所を出て、近くのスタンドバー『369』でビールとワインで食事。再び事務所に戻り19時半。今日一日が無事に終わりそうな予感とととにブログを更新。これから先、何もないはず。

23.04.04 Mon
 昼休み、伝助Ⅲ号をつくづくと観る。乗り手がこの私。その筋の人に間違われるかな、と思うほど、正面から観ると随分おっかない顔をしている。が、よく観ると愛嬌のある顔ともいえる。タフそうな体つきなので、アチコチ傷をつけても、ぶつけても丈夫そう。ただ、燃費がなぁ~、と落ち込むが、誰にでも欠点がある、と、気を取り直して少々車体を拭く。私が、車を拭くなんて絶対と云っていいほどない。急に、何もしてあげれなかった伝助Ⅱ号を愛おしく感じる。午後は、秋葉原で会議。夕方事務所に戻る。まだ明るい。しかたがないので暗くなるまで仕事。19時過ぎで、やっとその気になる。その気とは飲む気。事務所を出て、うぅぅ~寒ぶぅ。小走りで栄龍。生姜焼きを食べながらシンミリ。生姜焼きとシンミリとのコラボも珍しい。出る杭になれ、郷にいれば郷を変えろ、朱に交わっても白を貫け、と教わり教えてここまで。これから先、何になろうかな、と、シンミリ。

23.04.03 Sun
 朝の4時に事務所別室。ひと眠りして事務室。昼は栄龍。極めて日曜的日常。夕方千葉に戻り、23時に再び事務所別室。何をしとるんかと、自分でも不思議。別室では、枕元に本を置いて読書。読むか読まないうちに眠りに落ちましたが。

23.04.02 Sat
 午前11時過ぎ布団から立ち上がる。あっ地震!!でも、揺れているのは建物ではなく私。そう、完璧な二日酔い。昨夜は、銀座のさるイタリアンレストランを4人で居酒屋状態。もっともレストランを飲み屋と勘違いしたのは私だけかも。二日酔いでもなさねばならなぬことはなさねばならない、と、壊れたサンダルを履き、フラフラしながら金美舘通り商店街を歩き地元の靴屋。サンダルを購入。特売日ということで2割引。こういう小さな幸せが心を豊かにする。とたんに元気が出て、入谷『大勝軒』でラーメン。ここは、本家『大勝軒』の山岸イズムが活きている店。量は、つけ麺400グラム、大盛は600グラム。その大盛を、隣の痩せた、本当に痩せている若者が注文した。がんばれ若者。われわれ東京にいる者は、しっかりと食べ、しっかりと飲み?、しっかりと遊び、しっかりと働く。日本の復興は長期戦。俺も頑張るけど、君も頑張れ、と店を後にする。でも、彼は全部食べ切ることができたのかな。出された量に、かなりびっくりしていたけれど。午後は、上野に出かけ一人花見。紅枝垂以外はまだ咲き始め。グリーンサロンでコーヒー二杯。まだ頭が痛い。夕方事務所に戻り伝助Ⅲ号で千葉へ。

23.04.01 Fri
 今日は、早々と更新。あるブログを紹介します。朝、泣きました。皆さんも用心してください。
 http://blog.goo.ne.jp/flower-wing

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

4月

08日

20.04.08 Wed

 愚痴っぽくなるようですが、人生の後始末をつけなければと思うような歳になってコロナ危機を経験するとは。ぼくたちの世代は、逃げ切り世代ともいわれるように、戦後の苦労も大して経験せず、日本が膨れ上がるとともに、横並びにその恩恵をなんとなく受けてきた世代なんですが、ここにきてそのツケが回ってくるんじゃないかい、と思うことがあります。ぼく自身は、楽天的というよりも鈍感なものですから、あまり危機を感じない方なんですが、そのぼくがこれからの社会は大変な時代になるのではないか、と感じるものですから。ここは、若い方々に次の時代を切り拓いていただきましょう。

『あなたが生まれたとき、あなたは泣いていて周りの人達は笑っていたでしょう。いつかあなたが死ぬとき、あなたが笑っていて周りの人たちが泣いている。そんな人生を送りなさい。(ネイティブアメリカンの言い伝え)』

そのためにはあまり長生きをするのも考えものです。

2020年

4月

06日

20.04.06 Mon

 なんだか世界が一変したようです。上野、アメ横はガラガラ。千葉もガラガラ。いつも行列しなければならない食堂もガラガラ。首都圏だけの現象だといいのですが。地方に住む知人の話を聞きますと、まったく対岸の火事のようなところもありました。これはこれでホッとしたのですが、ウイルスの拡散速度とこれに対する政府と個人の対応の速度。対応速度が拡散速度を上回らなければ。ぼくなんか緊張感が続かないところがありますので、気をつけます。

2020年

4月

02日

20.04.02 Wed

 3月1日には29人。4月1日には527人。東京都のコロナ感染判明者数です。全国的に見て224人が2107人へ。全世界で87千人が873千人へ。基となるデータが異なるため、必ずしも正しい結論とは言えませんが、東京の感染速度が加速しているような気がします。それでも、この流れで4月中にストップがかかればいいのですが。ニューヨーク市は3月1日に感染者が初めて発見されたのですが、それが4月1日には48,000人です。爆発が繰り返されなければいいのですが。

2020年

3月

31日

20.03.31 Tue

 おいおいオイオイ。もう3月も最終日ではないですか。高血、糖尿、心臓疾患、高齢と、コロナのメインターゲットであるぼくは、これまで、世間の騒ぎを遠い向こうの話と思っていました。昔から、危機感が薄いというか、浅薄というか、リアリティをもって物事に接することができないタイプのようなのですが、最近ちょっとやばいかなと思うようになりました。同世代の志村けんさんが、ああもあっさりと召されるなんて。それこそ、オイオイおいおい、他人事じゃないぞ。

2020年

3月

24日

20.03.24 Tue

 咳やくしゃみをすると睨まれてしました。花粉症が原因で、マスクもしているのに。思わず、言い訳をしそうになります。今日の電車のなかでの話です。

2020年

3月

20日

20.03.20 Fri

 川があれば橋があります。道があれば坂があります。清水橋とか忍坂。東京の橋と坂です。粋な名称じゃないですか。だれが名付けたか分かりませんが。少なくとも行政ではないでしょうね。

2020年

3月

19日

20.03.19 Thu

 世のなかのことについてコメントする知見はないのですが、ぼくの身の回りのことについては、ぼくしかコメントすることしかできません。何かおかしいのです。株主総会を含め集まりがなくなりました。夜の案内もまったく届きません。夜の案内といっても変な案内ではないです。すし屋に入ってもガラガラです。駅の構内も往来も、ぶつからないで歩けるほどスカスカ。確かにコロナは怖いですけれど、ぼくにはコロナ以外に怖いものがいっぱいあります。年寄の自粛は分かりますが、若い人はそんなに委縮しなくてもいいんじゃないでしょうか。もっとも、加害者になることは避けるルールは必要ですが。