24年4月

24.04.30 Mon
 今日は、なんで休みなのかな、と思いながらも早朝から仕事。昼は、出勤してきたスタッフと『万人力』でチャーシュー油そば大盛り。痩せないねぇ~、と、お互い慰めあう。午後は、散歩がてら外出。事務所に戻り、一仕事をして千葉へ。愛犬に、遊んでもらっているうちに寝入る。

24.04.29 Sun
 今日も、朝8時に事務室。出勤してきたスタフとともに入谷『大将軒』。まるで戦いのようにつけ麺を食べる。夕方、所用で南千住。夜は千葉。愛犬に顔を舐められながらうたた寝。人と犬にはお互いを求め合うDNAがある。番犬、猟犬、牧畜犬に軍用犬、ソリ犬、警察犬、盲導犬。そして、あまり世の中の役には立たないわが愛犬。一週間の疲れが消えていく。

24.04.28 Sat
 朝8時に事務室。午前中で息切れ。午後は、人形町に出かけ本屋とコーヒー。土曜日の午後はマイタイム。

24.04.27 Fri
 連休の前日、なんとも連休に向けて慌ただしいこと。いつもの倍のメール。頻繁にかかる携帯。そして、いつもながらの安請け合い。しこうしてこの連休は、休みがなくなった。せめて夜はと、人形町の居酒屋で構造主義に関する本を読みながらちびちび。食べるのはサラダばかり。しかし『無意識』はいつ意識されるのか、なんてことを読んでいたら、酔うことができない。

24.04.26 Thu
 17時半に、スタッフとともに池之端のパークサイド・ホテル。『フォンターナ』で事務所の食事会。イタリア料理とビールとワイン。これが飲み放題ときたから、生来の本性がむき出しになったのでしょう、赤に白にとグビグビ・ガブガブ。タクシーで別室に戻ったときには周りがゆらゆらぐらぐら。ほんにいくつになっても欲深い。

24.04.25 Wed
 10時に上野。11時に秋葉原。13時に津田沼。16時に事務所に戻る。一日3件の打ち合わせ。しかもいささか重たい話題。加えて昼抜き。ということで、18時にはクタビレてガス欠。別室でシャワーを浴び、パラパラと『ポアンカレ予想』についての本を拾い読み。おそらく間違って理解しているのだろうが、ポアンカレ予想とは『宇宙は丸いのか丸くないのか』を数学的に証明できるのか、との問題。例の、宇宙にロープを一周させることができるかどうか、という話。私自身は、宇宙が丸いかどうかに興味もないし、なぜそれが世紀の難問であるのか、どうして証明しなければならないのか、まったく興味がない。つまりポアンカレ予想そのものには興味がないのだが、このポアンカレ予想に取りつかれた数学者の姿には、興味というか興奮する。その昔、数学者の道を志していた友人がいたが、彼は、一番安上がりな学問だぞ、といっていた。紙と鉛筆で世界を、いや宇宙を解明する。ポアンカレ予想をめぐる数学者の人生を垣間見ていると、儲けた、損したの世界で生きてる人間が小さく見える。でも20時には腹が減ったので、いそいそと入谷の街にガソリン補給へと出かける。

24.04.24 Tue
 16時過に鶯谷へ。知人を呼び出し、日暮里へ。夕焼けだんだんを下って、谷中銀座商店街を突き抜け左折。へびみち通りを抜け、根津神社へ。すぐそこに吉本隆明が住んでたんだよな、などと会話。根津神社から『乃池』へ。名品のあなご寿司で日本酒をグビグビというか、ガブガブというか。気が付けば、別室でダウン。こういう一日をシアワセと言わずしてなんという。

24.04.23 Mon
 11時に恵比寿。14時に事務所に戻り、右肩激痛。17時過ぎにマッサージへ。18時過ぎに再び事務所に戻る。もはや、戦闘意欲喪失。19時にはシャワーを浴び、ビール。さて、パスタが食いたいと、根岸の某喫茶店へというか、グリルというか、食堂というか、そんなアバウトなコンセプトのお店に入り込む。ハムカツとナポリタンとジンで夕食。太りました?、というごくごく当然な質問に、えぇ~歳なもんですから、とチグハグに答える。別室に戻り、アート・ブレイキーの静かなドラムと、高校生向けの参考書で古代ギリシャ文明の勉強。歴史世界地図が面白いのなんのって。

24.04.22 Sun
 5時に起きて、少々仕事。午後は、ブッダの本と『遠野物語』(柳田國男)。遠野物語を読んでいて、高校時代に舞台で『夕鶴』を観たときの感動を思い起こした。つうが与ひょうのもとを去るときの、あの哀切感、恐怖にも似た痛切感は、いったいどこからきたんだろうか。与ひょうとつうとの対のなかで育まれた、愛しさに満ちた豊かな関係が、欲という自然必然的な人間の性によって壊れ、つう(鶴)の傷ついた体と心に哀切を感じ、欲深い人間の性に恐怖し慟哭したのだろうか。あれから40数年。自然界に過ちはないことを、人は必ず過ちを起こすことを、人間は『壊れた動物である』(岸田秀)ことを学んだ。私も壊れている。

24.04.21 Sat
 6時に起き、シャワー。7時に事務室に入り、8時に事務所を出て、10時に伊勢原市。14時半に事務所に戻り、夕方、伝助Ⅲ号で千葉へ。途中、書店に立ち寄り自宅へ。夜は、愛犬に顔を舐められながらソファーでうたた寝。いつもの週末風景。土曜日の夕方ぐらいは、せっつかれるような気持から解放されたい。

24.04.20 Fri
8時半に事務所を出て、10時に三軒茶屋。昼にはいささか早いが、たっぷりなランチとミーティング。昼に事務所に戻り、13時半に神谷町で会議。15時半に虎の門に立ち寄り、14時半に東高円寺。打合せを終え、新宿の小料理屋に18時。19時半にタクシー。八丁堀まで友人を送り、そのまま20時に入谷。このまま一日を終えるには、いささか時間が早い。ということで、入谷で飲み直し。22時に事務所別室に戻る。右肩から背中、右腕へと痛みが走る。肩こりらしいが、心にもいささかしこりができているようだ。疲れているのかな。

24.04.19 Wed
 思想の相対性、関係の絶対性、自己幻想、対幻想、共同幻想、自己表出、指示表出、そして世界視点。これらは、35歳の時に『マチウ書試論』で、イエスの言葉をキリスト教という思想体系に創成した『マタイの福音書』の作者の、その思想的営為を解析した吉本隆明の基本概念である。飲みながら読んだ本が『近代日本思想の肖像』(大澤真幸)。酔いながら自問する。俺はいったい吉本のように、身を切り裂くような言葉を発したことがあるか。陣痛をともなう言葉を表出したことがあるか。今の己を取り巻く世界の崩壊を恐れ、沈黙に安住しいているのではないか。どうも今日の酔いは理屈っぽい。

24.04.18 Wed
 午前は日比谷。昼、事務所に戻り来客とランチ。ビールを飲みたいところを我慢して、午後は上野の某金融機関と交渉。夕方、秋葉原の会社で役員会に出席。18時半過ぎに事務所に戻り、19時に別室。なんだかお疲れ。外食する気も起きず、シャワーを浴び、缶ビールのプルトップを引き、カマンベールチーズを取り出し、少しばかりかじる。ここで、チーズ事件が発生。携帯にかかってきた電話に出たところ、そのチーズを紛失。チーズのかじり残しがもったいないのではなく、いやもったいないのだが、それよりもカマンベールである。柔らかい。足やお尻で踏もうもんなら、とにかく始末に困る。しばし探すものの、チーズ探しのためにこのひと時をつぶされては困る。ということで、ビールと焼酎をガブガブ。私は、両親からいっぱいプレゼントをいただいたが、頑丈な体とアルコールに強い体質、そして人並み近い頭脳を与えていただいたことに、深く感謝。それにしても、チーズはどこにいったのだろうか。ネズミがもってったのかな。

24.04.17 Tue
 築地から恵比寿と会議。16時半に事務所に戻り、17時過ぎには人形町。知人と食事を終え、秋葉原の『有隣堂』に立ち寄り、世界史の本を購入。人類が誕生してからこのかた、人間は何をしてきたのだろうか。

24.04.16 Mon
 月曜日は慌ただしい。気は付けば夕方。栄龍で食事。別室に入り畳の上で大の字になり、『青春の終焉』(三浦雅士)を拾い読み。1880年に青年という言葉が生まれ、青春という言葉が生まれ、その後、青春は街にあふれ、1970年ごろに急速に色あせ、終焉を迎える。私の青春時代に、『青春』が終焉を迎えたようだ。

24.04.15 Sun
 夕方自宅に帰る。いつの間にか寝入り、夜半に愛犬に顔を舐められ目が覚めるものの、そのまま再び気を失う。どうもお疲れのようだ。

24.04.14 Sat
 朝9時、事務所率に。10時にスタッフが出勤。昼を共にし、少々アルコールを入れ、午後は出かける。ここ10年ぐらい、土曜日の午後は、殆どプライベート・タイム。どこで何をしたのか、記憶にありません。

24.04.13 Fri
 今日も9時半に津田沼。昨日今日と某所に缶詰め。17時ごろに解き放たれて人形町。葉桜になった街路樹を観ながら、春もそろそろ過ぎ去るのか。知人と食事。ほろ酔いで店を後にし、酒を飲むという行為は、吉本の言う『自己表出』そのものだな、と、理解。

24.04.12 Thu
 8時半に事務所を出て、9時半に津田沼。18時半に事務所に戻り別室。シャワーを浴び、19時には缶ビールのプルトップを引く。アート・ブレイキーのドラムを聴きながら、ニーチェの『ツアラトストラ』。ツアラトストラとはゾロアスター。永遠の一人旅。

24.04.11 Wed
 10時に西永福。13時に御徒町。14時に秋葉原の顧問先へ。17時に事務所に戻り、最近元気が出ないのは、『栄龍』で栄養補給をしていないから、と気が付き、18時半に栄龍。20時に、栄養とガソリンを補給し別室に戻る。床に仰向けになり、月刊文藝春秋の最新号を読む。私の身辺も少々ややこしいが、日本もややこしい国になってきたな、と独り言。何がヤヤコシイって、こうだと思って進むにしろ、いかんせん邪魔なことが多すぎる。

24.04.10 Tue
 夕暮れ時、出先からそのまま上野公園の桜、いや花見客を鑑賞。食事の後、20時半に事務所。21時に別室。たいして仕事をしているわけではないのに、なんだか疲れた。体の前に、気が疲れる。ということで、21時半には横になる。

24.04.09 Mon
 出先から戻ったのが19時。シャワーを浴びサンダルでジンを飲みに行ったのが19時半。ほろ酔いで21時に戻り、さらに飲みながら、思春期を迎えた18歳からこのかたの私を、ぼんやりと考えた。いったい私は何者なんだ。何者にならなければならないんだ。自分を探しても、探す自分自身を創らなければ自分は存在しない。すべきことは、自分探しではなく、自分づくりである。俺は、いったい何者なんだ、そんなことを考えながら酔っぱらっていった。

24.04.08 Sun
 自宅で、朝から愛犬とともに過ごす。顔を舐められながら、先日亡くなった吉本隆明のことを考えていた。我々の世代、いや私にとって『吉本隆明の思想』が、『吉本そのものが思想』であった。彼の問題意識を共有することが、『世界を知る』切り口であった。吉本自身の思想はいまだによく分からないが、彼の問題意識については、共感しつつ追求してきた。そうか、そのその吉本も亡くなった。

24.04.07 Sat
 今日は完全オフ。朝の早くから散歩。その後は映画三昧。それまでの純体育会系思考から、いきなり思春期を迎えた高校3年生の秋、本格的に受験勉強に突入するかと思いきや、映画ばかり観ていた一月があった。ビデオなんかのない時代、大阪、神戸の薄汚い映画館をはしごしていた。いつどこで観たのか忘れてしまったが、『カサブランカ』のハンフリー・ボガード、『波止場』のマーロン・ブランド、『ハスラー』のポール・ニューマンにしびれたのなんのって。今日は、ライアン・ゴズリング、ヴィゴ・モーテンセンにしびれた。

24.04.06 Fri
 10時に戸越。打合せを終え、久しぶりに戸越銀座でランチ。事務所に戻り、15時に新宿ワシントンホテル。18時に上野公園で桜。食事を終え21時。上野駅構内の明正堂書店に立ち寄り、幾冊かの本を購入。事務所に戻り22時。リー・モーガンのトランペットを聴きながら購入した本を読んでいたら、いつの間にか寝込む。チョイとお疲れのようだ。

24.04.05 Thu
 10時に戸越。久しぶりに戸越銀座商店街を歩きランチ。いったん事務所に戻り、15時に錦糸町。再び事務所に戻り、18時半には業務終了。今日は木曜日。地元商店街の休みの日。栄龍は休日。別室でシャワーを浴びると、なんだがグッタリして出かける気がしない。冷蔵庫にある残りパンをトーストしてハムと卵焼きで、得意の創作サンド。もちろんビールとともに。手に取って読んでいた『生物と無生物の間』(福岡伸一)に、『秩序は守られるために絶え間なく壊されなければならない』を読んで膝をたたく。そう、DNA(生命)の根源を表現した言葉。常に変化しなければ現状すら維持できない。生きていくためには、常に変化しなければならない。いいんです、変化さえすれば。時代に合わせようと、逆らおうと。

24.04.04 Wed
 今日も朝の3時から仕事。明日提出するプレゼンテーション資料の作成。毎日飲んでいるように思われますが、それは正しいのですが、ときどきこうして普通に仕事もしておるのです。ただ、時間帯がズレております。資料作りは午前いっぱいかかり、午後は秋葉原で会議。17時過ぎに終わり、上野の池之端に。『伊豆栄』で鰻。はっきりと夜桜がうかがえる。23時に事務所に戻る。

24.04.03 Tue
 11時に人形町の先輩事務所。午後は、閉じこもり。いくらなんでも原稿を書かなければ、と思うのだが、携帯を持っていたのが災いした。とにかく頻繁に連絡が入る。二度ばかり事務室に顔を出し、原稿を書き終えたのが18時半。申し訳ありません、品質の保証は叶いませんが、とにかく書き終えました。外に出ると、それこそ暴風雨。事務所ビル1階のグーテルブレでサンドイッチを購入。ビールとともに胃に流し込む。朝の2時からこのかた起きていたせいか、19時にはグッタリ。歳かな。30代までは、一日の睡眠時間は4時間程度だったのに。ウトウトとしながら、ナポレオンの『作戦を立てることは誰にでもできる。しかし戦争をすることのできるものは少ない』を思い起こす。俺はまだ、戦争をすることができるかな。

24.04.02 Mon
 11時に来客。その後、終日事務室。実は突然、忘れていた(ふりをしていた)ことを思い出した。そう、雑誌の原稿。締切が3月30日。今日は、原稿を書かねばと、思ってたのだが、全く手につかない。こういうプレッシャーに弱い私は、書棚を片づけたり、必要のない本を探したり、雑誌を読んだりと、一日中ウロウロおろおろ。陽が落ちても、一行も進まず、そのくせ『栄龍』かなんかに行って焼売を食べ、ビールや紹興酒を飲んだりする。これ以上書くと、関係者の気持ちを逆なでする恐れがあるので、今日はここまでとしときます。

24.04.01 Sun
 気が付けば4月。終日、惰眠。夕方、自宅に帰り、再び惰眠。まあいいか。武蔵も『遠き所を近く見、ちかき所を遠く見る事』(五輪書)と言っております。今日は、ちかき所を遠く見る事、としときますか。夜半に起きて、再び惰眠。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

9月

25日

20.09.25 Fri

 最近の不思議というか分からないこと。一つ目、新型コロナ。いったいあんたは何ものなの。これほどまでに社会を変えるほどの大物なの。二つ目、安倍内閣支持率の急上昇。辞任発表をしてからの急上昇。いや、別に安倍さんの業績にケチをつけたいのではありません。発表から世論調査までの間、安倍さんは何もしていないのですから。三つ目、季節感。なんで急に季節が変わるの。これは季節が悪いのではなく、単に僕が鈍感なだけでしょうが。

2020年

9月

16日

20.09.16 Wed

 漱石の『坊ちゃん』には本名は出てこない。別に必要ないのだが、坊ちゃんを可愛がるお手伝いの清(キヨ)。坊ちゃんが松山に赴任したときは、いったいおいくつだったんだろうか。坊っちゃんは松山での教師を辞職して東京に帰ったあとは再び清と暮らすのであるが、清さんは相当に素敵な人だったんでしょうな。

2020年

9月

14日

20.09.14 Mon

 ようやく涼しくなりました。といっても蒸し暑い。まだまだ、わたしには夏です。これまでの人生において、私の場合、体型上、夏の期間が長く、秋冬の期間がが短い。暦の春夏秋冬と体感上の春夏秋冬が違うのであります。でも、夜明けが遅くなり、夜の帳が下りるのは早くなりました。総裁・総理が誰になろうと、秋はわが身にも来ております。明日あたりに、わたしにも秋が来るかな。

2020年

9月

06日

20.09.06 Sun

 なんと9月ではないですか。アジフライやらサバサンドを食べているうちに体重も増加。最近、物忘れがひどい。とくに、ドクターのいうことが、忘れるというより、頭に残らないのか、とんと身につきません。

2020年

8月

30日

20.08.30 Sun

 昼前、鯖サンドを求めて市原まで。呑みたいビールをグッとこらえる。夜、アジフライを求めて稲毛駅前の居酒屋へ。ホッピー&焼酎でアジフライをかぶりつく。これぞ千葉県民の醍醐味。

2020年

8月

27日

20.08.27 Thu

 あつい、暑い、熱い。とにかく暑い。歳とともに暑さに対する耐久力がなくなったのか、年とともに熱さが増しているのか、その両方なのか、とてもこの暑さを楽しむことなんてできません。この老体・醜体をいまさら晒す勇気はありませんが、風呂に浸かるが如くプールに浮かびたいもんです。はて、最後に泳いだのはいつのことだったのか。

2020年

8月

26日

20.08.26 Wed

 熱くて思考も停止。久しぶりに東銀座に出かけたものの、所用を済ませてそそくさと帰還。思考そのものも、行動そのものの少々分裂気味。何のために何を考えているのか、何のために動いているのかよく分かりません。もともと目の前のことにしか反応しない人間なのですが、ここのところそれが酷い。