24年5月

24.05.31 Thu
 9時半に三軒茶屋。13時に茅場町。16時半に浅草。久しぶりに吾妻橋から東京スカイツリーを眺めつつ東駒形。17時半に顧問先の方と3人で会食。二次会で向島。22時に別室に戻りバタリ。丈夫な胃袋も、最近ややお疲れ。カミングアウトすると、ここ二か月で3キロの体重増。どうでもいいことでしょうが。

24.05.30 Wed
 9時半に伝助Ⅲ号に乗り、10時半に幕張。13時に事務所に戻り、再び外出。17時に事務所に戻り、19時前に上野。スタンドバーでビールを2杯飲み、19時半に再び事務所。スタッフにささやかな贈り物を届け、再び飲みの国に向けての旅路。この忙しい月末に、ほんに呑気なリーダーと思われるかもしれないが、私が手を出すと、間違いだらけで余計に現場が混乱する。ということで、21時に別室に戻ったときには意識はもうろう。

24.05.29 Tue
 11時に東京会館。事務所に戻り、16時に来客。17時に三ノ輪。会食を終え、事務所別室に戻り22時。倒れこむように畳の上で大の字。右肩から右背中、右腕に走る激痛と痺れ。夜半に起きて、池波正太郎の本をパラパラ。鬼平犯科帳の長谷川平蔵の人気の礎は、そのブレない姿勢。暑かろうが寒かろうが、楽しかろうが辛かろうが、平蔵はいつでも平蔵。そのような人物像として平蔵を描いた池波正太郎は凄い。と、思いつつ再び寝入る。

24.05.28 Mon
 曜日感覚を焼失したまま朝を迎える。11時に恵比寿。金融機関との打合せ。午後、事務所に戻り、16時半に来客。17時に下谷『齋藤』で食事。19時に事務所に戻り、そのまま別室。今日は、備忘録として世界のコメ料理をメモをしてお終い。ごはん(日本)、おかゆ(中国)、炒飯(中国)、リゾット(イタリヤ)、パエーリヤ(スペイン)、ドルマ(トルコ)、チェロウ(イラン)、ブラウ(インド)、ナン・コレ(インドネシア)、ジャンパラヤ(アメリカ)。

24.05.27 Sun
 当然のごとく二日酔い。昼は、入谷の『おおつか』で海鮮定食。午後は、仕事をしているスタッフを残してチョイと雲隠れ。別室に戻りうたた寝。気が付くと19時。夜は、愛犬に遊んでもらい一日の終了。

24.05.26 Sat
 久しぶりに『江戸清』でランチ。17時に銀座に赴き、40年以上の付き合いのある仲間と会食。ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーをガブガブ。いつの間にか布団のなかで寝ていた。

24.05.25 Fri
 午後、東銀座に出かける。夕方、事務所に戻り、電話、メールで決算の打合せ。19時半に落着き、イソイソと出かける。もちろん、人生の潤滑油を求めて、地下鉄に乗り、とある居酒屋。ここだけは、場所も店名も明かさない。絶対に、知り合いに合うことはない。根岸の隠れ家も人を連れて行ったことがあるが、ここだけはない。テーブルに大きめのノートを広げ、ペンを手に取り、思いつくことをサラサラと。ビールをグビグビと。日本酒をガブガブと。気が付くと夜半。そろそろ帰ろうか。

24.05.24 Thu
 9時過ぎに事務所を出て、昼に戻る。午後は、事務所で仕事。3月決算の決算書類の作成。19時にはガス欠。昨日、たっぷりと補給したはずなのに。別室に入り、シャワーを浴びチーズを一かけら口に入れ、缶ビール。ビールはシュメール人が発見した。古代メソポタミアでは、ブドウ酒やナツメヤシ酒など数あるアルコールのなかでも、ビールは文明人の証であったという。パンを食べ、ビールを飲んで文明を身に着けると、『ギルガメッシュ叙事詩』に書いてるらしい。そうか、俺は文明人だったのかと、納得しているうちにウトウト。

24.05.23 Wed
 9時半に事務所を出て、午前は御徒町、秋葉原で打合せ。午後は、津田沼で打合せ。16時に事務所に戻り、19時に新橋。知人と3人『北大路』で会食。22時過ぎに食事を終え、入谷に戻り23時過ぎ。悪い癖が出て、そのまま『万人力』でビールに油そば。別室に入り24時。座卓に座り暫しボォォ~。しかし、俺は酒に強いなぁぁ~、と自賛。もとより反省すべきかもしれんが。

24.05.22 Tue
 10時半に中野。12時半に事務所に戻り、13時半に人形町。再び事務所に戻り、16時に築地。交渉2件に、打合せ1件。18時に北千住。昨晩から胃が痛い。痛い痛いといいつつ、食べて飲んで、事務所に戻り22時半。なんだかストレスでむしゃくしゃする。こんなときの解消法の一つ、やたらと難しい本を読む、を25時まで。シャワーを浴び、枕もとにあったヘーゲルの『精神現象学』。素面でも理解できないのに、酔って読んで分かるわけはない。でも、おのれの無知を知り、知の世界の広大さを思い知ると、いま起きていることが瑣末に思えてくる。で、安心して寝ることができる。

24.05.21 Mon
 9時に事務所を出て北千住へ。17時まで北千住。17時半に事務所に戻り、事務所ビル5階で開催された某団体の総会懇親会に出席。ビール、日本酒をガブガブ。イザとなれば、這ってでも帰れる距離と思うと、気が緩みツイツイ飲み過ぎ。19時に別室に入りシャワー。いささか飲み足りない、というより食べ足りない。21時に別室を抜け出し根岸方面へ。戻ったのが23時。気が付くと布団のなか。

24.05.20 Sun
 さわやかに、気力に満ちて6時の起床。シャワーを浴び浅草へ。そう三社祭。三社との付き合いも40数年。神輿も、昔は知人さえいればぶらりと担ぐことができたが、いまは担ぐのもいろいろと手続きが必要らしい。おかみさんに、切火で送りだされた思い出が懐かしい。二ノ宮、三ノ宮の宮出しを確認し、『浅草あやめ連』のお囃子を背に事務所へ。入谷では、小野照崎神社の例大祭。ここでも神輿と縁日。昼は海鮮定食とビール。昼寝。18時に過ぎに伝助Ⅲ号とともに事務所を出て、いつものように書店に立ち寄り千葉自宅へ。

24.05.19 Sat
 朝4時に起き、部屋付の露天風呂。熱さをこらえること10分。当然、その後はビール。朝食を終える9時まで、ビール、日本酒、焼酎をガブガブ。それでも、我々も弱くなりましたね、と先輩と会話。車で新花巻。新幹線に乗り込む。途中、東北にもう一貢献してくる、との先輩と別れ、一人仙台へ。20数年前の一時期、毎月のように仙台か盛岡に出張していた。いまさら振り返っても仕方のない昔話だが、昼ぐらいは食べていかなければ。立ち寄った店で牛タンとビール。立ち寄りもそこそこに上野へ。薄暗いなか入谷にたどり着く。入谷では地元小野照崎神社の例大祭。もはや体力も限界。別室で、当然のごとくバタリ。

24.05.18 Fri
 7時22分に上野で新幹線。一関から気仙沼、大船渡。釜石から花巻へ。新鉛温泉の愛隣館へ。電車はグリーン車、移動はタクシー、宿泊は最高グレードの部屋。私より10歳先輩の相方と、スタートから寝るまでアルコールを欠かさない恒例の酒浸り二人旅。途中立ち寄った大船渡市役所の職員の方も、酔客に慣れているのか、手際良く要件をまとめてくれる。夜は、酒浸りのまま、やはり東北の震災が話題になる。俺たちの世代は、瓦解や再出発に強い。倒されては立ち上がる。負けては再び挑戦する。無くしてはまた求めていく。なんせ俺たちは若いころ、己を徹底的に批判し、否定したところからスタートした。嘆くことはない、泣くこともない。泣くべき人は、すでに枯れ果てるまで涙を流した。俺たちはこれからを考えよう。起きたことはその人にしか背負えないが、これから先は我々の課題でもある。俺たちは、これまで東北からたくさんの贈り物をいただいてきた。もう一度、その東北に愛されようじゃないか。ここはひとつ年寄りの出番だ、なんて怪気炎をあげ、21時にダウン。

24.05.17 Thu
 午後、恵比寿に出かけ、事務所にいったん戻り、17時に上野精養軒。某団体の総会懇親会に出席。18時前に会場を抜け、藝大方面へ。私の知的水準は、人並でも、人並以上でもなく、単に人並に近いだけなのだが、芸術的センスはまったくの水準以下。であるが故にか、どうも昔から素直なコンプレックスがあるようで、ついつい意味もなく藝大を覗く趣味がある。もっとも、上野のお山をブラブラするのに最高のコースでもあるのだが。18時半に事務所に戻り、パソコンを携え食事に出かける。別室に戻り21時。明日は東北。朝早いので寝よう。

24.05.16 Wed
 午後、秋葉原で会議。16時半に秋葉原での仕事が終わり、17時に北千住。『明日香』で会食。マルイ地下食品売場でチーズを仕入れて事務所に戻り20時半。昨日、一昨日と睡眠不足。気が付くと、ラジオをつけたまま寝込む。こういう睡眠ってのは、けっこうシアワセ。不幸の種も腐るほどあるが、シアワセの種もあり余るほどある。

24.05.15 Tue
 なぜ戦をするのかといえば、大義のため。なぜ、戦に勝たなければならないのかといえば、そりゃぁ~、負けたら首をはねられるか、いろんな意味で持っているものを失うからである。戦いだしたら、四の五のいわず勝ちに行く。早い話、手段なんか気にしてはいけない。なんで急にこんなことを考え出したかというと、最近の政治状況もそうだけれど、身辺の政治的状況がやや緊迫してきたもんでありますから。

24.05.14 Mon
 8時半に事務所を出て新中野。17時に仕事を終え、クライアントと缶ビールで乾杯。入谷に戻り19時。事務所には戻らず、そのまま根岸の隠れ家へ。別室に戻り21時。なんだか疲れて、カフカの『変身』のように、明日の朝、目が覚めたら虫になっていてもいいかな、リンゴ投げつけられてそのまま息絶えてもいいかな、なんてことを思いながら飲み続ける。

24.05.13 Sun
 朝7時、ミステリーを手に浅草へ散歩。早朝の喫茶店でモーニングと読書。昼前に事務所に戻り、車で西新井。少々暇をつぶして千葉へ。夕方は、自宅書斎で三国志。桃園の誓い、臥龍鳳雛、三顧の礼など心躍る言葉が詰まった世界を味わう。史実がどうか問わない。これぞ漢(おとこ)と思う人物がこの劉備玄徳。無位無官に加えて財もない。個人的な腕力もいささか心もとない。あるのは人に対する熱く、温かく、優しい想いと、愚直なまでも義を守り通す志。小学生時代から幾度か読んできた物語。ガキのころにすり込んだ感覚はいまも健在。かの諸葛亮孔明が仕えたのだから当たり前といえば当たり前だが、いまだにかくありたと尊敬する人物は劉備玄徳。その劉備玄徳が蜀の国を打ち立てたのが60歳。酔っぱらった頭で、もう少し頑張るか、と独り言。

24.05.12 Sat
 3時に起床。シャワーを浴び、ややアルコールの残る頭で4時から仕事。7時に事務室に入り、8時過ぎに杉並区西永福へ。9時半から打ち合わせ。午前で仕事とを終え、渋谷で食事。事務所に戻り14時。昼にビールを飲んだせいか、本を読みながらうたた寝。夜は某所でジャズのライブ。たまにはこういう日を持たなくては。

24.04.11 Fri
 8時半、やや痛い頭を抱えて新中野へ。終日、新中野。夜は、新宿でグビグビ。今週は、火曜日から今日まで毎日。ほんによく飲みますなぁ~、と自嘲。別室に戻り21時半。明日のために早々に就寝。

24.05.10 Thu
 10時に築地。16時半に来客。私を含めて、酒飲みが三人。そのまま事務所近くの『からくさ』で天ぷらと日本酒。20時半にはグデングデンにヘベレケ。気がつけばラジオをかけながら畳の上。頭が痛い、歯が痛い、胃が痛いの三痛がわが身を襲う。これで心まで痛くなったら最悪、思いつつ布団を敷いて寝る。

24.05.09 Wed
 昼前、仕事に追われて事務所を脱走。夜は3人で焼肉を食べ、本屋に立ち寄り、9時半に事務所に戻る。シャワーを浴び、購入した本を読み始める。フェニキア人の物語。地中海という海を制覇し、歴史から消えたフェニキア人。フェニキア人といえば、『デレンダ エスト カルターゴ』(カルタゴは滅ぼされなければならない。)とまで畏れられたカルタゴ。日本でいえば出る杭は打て。杭もドカンと出てれば打ちようがないのだが、カルタゴにはローマ帝国という巨人がいたもんだから、歴史から消えてしまった。

24.06.08 Tue
 午前は銀座のクリニックに通院。午後、来客と打合せをし赤坂の歯科クリニックへ。治療を終え17時過ぎ。そのまま待ち合わせて会食。食事を終え、事務所への帰りに秋葉原に立ち寄り書店へ。シュメール文明、ギリシャ文明、オスマン文明、フン族に関する本を購入。こういう高価で難しい本は、酔っていないと買えない。別室に戻り、購入した本をパラパラとめくり、ミステリーを読むj。仕事が溜まってんだけどなぁ~。

24.05.07 Mon
 5時に別室。8時半に事務室。今日は、事務所で会議に来客、レポートの作成。19時半にガソリン切れ。栄龍で栄養補給をし、別室でごろ寝。畳の上で大の字になって横たわっていると、自然の姿がもっとも体と心を解きほぐすことを感じる。いろんな意味で、現代人の身体運用には無理がある。動物界の人として不自然な身体の動かし方をしている。大の字になるとその不自然さが見えてくる。大げさではあるが。

24.05.06 Sun
 今日は終日自宅書斎。朝の3時から仕事に読書にジャック・ニコルソンのDVD。30年前に出版された本を幾冊か読みながら、時代に耐える議論を検証。読んでいて、この30年間日本の問題点は何一つ解決していないことに気が付く。夕方から夜にかけては、ビールをガブガブ。地球最後の日には、何をするかではなくて誰と過ごすかである、と考えたのが村上龍。地球最後の日には、ビールとともに迎えるべきである、と考えるのは私である、なんてフレーズを吐いてひとり悦に入る。

24.05.05 Sat
 朝、出不精の私は、これまた運動嫌いな愛犬とともに散歩。目の前の公園で済まそうと思ったのだが、意外や意外、愛犬が外出を楽しんでいる。出かけるときは、玄関で座り込んで梃子でも動かん、てな素振りだったのに。一時間ほど散歩。おかげで人も犬もくたびれ、日中はともに昼寝。合間合間に書斎で仕事。最後は、フト手にした『生協の白石さん』を読んで一日の終わり。『愛は売っていないのですか……?』の質問に、適切に答える白石さん。答えのない問いはないと、改めて納得。どんなに疑問や苦悩があっても、いつかは答が出る。

24.05.04 Fri
 朝8時に事務所。午後は昼寝の後、小雨のなかを外出。傘を持たずに出かけたら、にわか雨がザー。傘を持たずに出かけたら必ず雨に降られるは、『食パンを落とすと必ずバターの付いた方が下』というマーフィーの法則そのまま。もっともマーフィーの法則自体には『もし実験自体が成功したのであれば、それは過程で何か失敗したからだ』なんて結果的にはハッピーなものもあるので、人生も捨てたもんじゃないが。夜は、愛犬と過ごす。

24.05.03 Thu
 朝6時、頭が痛い。少々二日酔い。10時に事務室。すごい雨。昼は、スタッフと事務所ビル一階の『くししんぼ』。塩ねぎハンバーグ280g。出てきたボリュームを観て、いささか反省。午後一仕事。15時に別室。16時に伝助Ⅲ号に乗り千葉へ。途中、書店に立ち寄り、コーヒーを飲み自宅へ。愛犬の歓迎を受けて一日を終える。

24.05.02 Wed
 連休の谷間。静かに時が流れる。珍しく、終日事務所。事務仕事が一気に片付く、のならばいいのだが、やはり人が休んでると思うとモチベーションは上がらない。生来が怠け者なんです。夜は、『キラー・エリート』を携えて『たむら』。21時に飲み終え、別室へ。しばらく本を読んでいたのだが、無性に油そばが食べたくなった。で、………。これでは減量は無理だ。

24.05.01 Tue
 11時前に事務所を出て平塚へ。電車の乗り継ぎが悪く12時半過ぎに平塚。仕事を終え14時前。駅近くの『サンミシェル』に立ち寄り、タコスを10個購入。事務所スタッフへのおみやげ。でも、私は昼を食べていない。昼抜きの私が、タコス10個を抱えて東海道線。入谷に戻ったのが16時。17時前には、もうギブアップ。空腹に耐えかね、早々に浅草『豚八』へ。仲間と食べに食べて別室に戻る。ファインズの『キラー・エリート』(早川文庫)を読みながら、いつの間にか夢のなか。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

4月

02日

20.04.02 Wed

 3月1日には29人。4月1日には527人。東京都のコロナ感染判明者数です。全国的に見て224人が2107人へ。全世界で87千人が873千人へ。基となるデータが異なるため、必ずしも正しい結論とは言えませんが、東京の感染速度が加速しているような気がします。それでも、この流れで4月中にストップがかかればいいのですが。ニューヨーク市は3月1日に感染者が初めて発見されたのですが、それが4月1日には48,000人です。爆発が繰り返されなければいいのですが。

2020年

3月

31日

20.03.31 Tue

 おいおいオイオイ。もう3月も最終日ではないですか。高血、糖尿、心臓疾患、高齢と、コロナのメインターゲットであるぼくは、これまで、世間の騒ぎを遠い向こうの話と思っていました。昔から、危機感が薄いというか、浅薄というか、リアリティをもって物事に接することができないタイプのようなのですが、最近ちょっとやばいかなと思うようになりました。同世代の志村けんさんが、ああもあっさりと召されるなんて。それこそ、オイオイおいおい、他人事じゃないぞ。

2020年

3月

24日

20.03.24 Tue

 咳やくしゃみをすると睨まれてしました。花粉症が原因で、マスクもしているのに。思わず、言い訳をしそうになります。今日の電車のなかでの話です。

2020年

3月

20日

20.03.20 Fri

 川があれば橋があります。道があれば坂があります。清水橋とか忍坂。東京の橋と坂です。粋な名称じゃないですか。だれが名付けたか分かりませんが。少なくとも行政ではないでしょうね。

2020年

3月

19日

20.03.19 Thu

 世のなかのことについてコメントする知見はないのですが、ぼくの身の回りのことについては、ぼくしかコメントすることしかできません。何かおかしいのです。株主総会を含め集まりがなくなりました。夜の案内もまったく届きません。夜の案内といっても変な案内ではないです。すし屋に入ってもガラガラです。駅の構内も往来も、ぶつからないで歩けるほどスカスカ。確かにコロナは怖いですけれど、ぼくにはコロナ以外に怖いものがいっぱいあります。年寄の自粛は分かりますが、若い人はそんなに委縮しなくてもいいんじゃないでしょうか。もっとも、加害者になることは避けるルールは必要ですが。

2020年

3月

16日

20.03.16 Mon

 途切れ途切れにブログを更新している間に、世のなかが大変なことになっている。コロナウイルスの恐ろしさもあるが、これによる経済の冷え込みへの恐怖。過剰に敏感にならない方がいいような気がするのですが、そうもいかないのでありましょう。個人的には、心臓に疾患のあるぼくなんか、よほど注意しなければならないのですが、あまり切迫感を感じないのは、ぼくが極度に鈍感なせいでしょうか。

2020年

3月

10日

20.03.10 Tue

 いくつになっても変わらないのが、鯖寿司への思い。大阪風のバッテラでも構わないが。やはりここは京風の鯖寿司。こうも世間が後ろ向きに騒がしいと、今日は思いっきり鯖寿司でお腹と心を満足させることにした。食べたいものを食べたいときに食べるシアワセ。