31

 

12月

 

2013

25.12.31 Tue

 さて、今年も終わる。昨日から、ほぼ徹夜状態で書斎に閉じこもり。別に、何をしているともなく、書棚から本を取り出しては読んでいるだけ。で、拾い読みに適しているといえば、永井荷風の『断腸亭日乗』。漱石が、ロンドンに留学してノイローゼになり、鴎外が、国家を代表してドイツに留学し刻苦勉励に励んだのに対し、荷風は、アメリカやフランスに遊学し、ノイローゼになるどころか、よろしく遊んで帰国。31歳で慶應義塾の教授に就任したかと思うと、37歳でさっさと辞任する。気儘というか、無碍というか、その生涯のいい加減さは紹介するまでもないが、荷風を読むたびに、西洋の知識と文化を咀嚼して、日本文化に飲み込むという日本人の独創性・創造力の力強さを確信する。荷風は、日本人が模倣人ではなく、移植能力に富んだ創造人であることの証左である。と、年の終わりに相応しく書斎でうなずく。ちなみに、学生時代の3年間、荷風が娩年住んでいた家の近くに、私も住んでおりました。荷風がよく訪れ食べたという大黒屋のカツ丼を、私もたびたび食べていたことを思い出したのであります。それはともかく、みなさんよいお年をお迎えください。

続きを読む

 

30

 

12月

 

2013

25.12.30 Mon
 終日、書斎。40数年前に購入した本を書棚から取り出しパラパラ。別に、あえて残したわけではないだが、れまでの2度の焚書処分を運よく免れた数少ない本。高橋和己と武田泰淳。いやはや懐かしい。どういうわけか、若いころに武田泰淳にはまった時期があった。そうとう渋かったのかな、吾輩の読書傾向は。同人に、日本人のくせに東洋のことを知らな過ぎる、と一括されたことを思い出す。夜、充電していたスマホをみると、画面が暗くなって全く動かない。ったく、バッテリーを買いに行くのもめんどくさいな。

続きを読む

 

30

 

12月

 

2013

25.12.29 Sun

 7時に事務室。机周辺の片づけ。でも、すぐに飽きる。9時半に上野。キムチ横丁で、キムチを購入。以前は、この時期に、ここで求めたケジャン、キムチ、アミ塩辛をお届けしていたところがあったが、いまはない。時の流れのさみしさを感じる。続いて、アメ横を歩く。10時にして、もう身動きができない。上野から御徒町のガード下居酒屋は満席。朝から鍋のグループも。日本から、上野がなくなったらお終いだな、なんて、訳の分からないことを考えて入谷。午後、千葉へ帰る。愛犬たちの猛烈な歓迎を受ける。が、愛犬たちもすぐに飽き、その後は興味を示さない。寄ってくるのは、おやつをあげるとき。夜は、疲れたのか、すぐに寝入る。

続きを読む

 

29

 

12月

 

2013

25.12.28 Sat

 終日、年賀状の作成。パソコンのインクがなくなったので16時にヨドバシ上野。アメ横はすごい人手。帰りに、大統領文楽をのぞき見る。年賀状の投函を終えたのが18時。いつものことながら、印刷だけで一日仕事。もうすぐ平成25年が終わる。終わればまた始まる。一年52週のうちの1週分と考えれば、さほど意味ある1週間ではないのだが、このリセット力は強力である。来年に向けて、再起動しましょう。

続きを読む

 

28

 

12月

 

2013

25.12.27 Fri

 10時半に市川。事務所に戻り、17時には田原町の遠州屋。今年最後の忘年会。二次会は向島。歌を少々歌い、23時に入谷に戻る。ふぅぅ~。さて、明日は年賀状。

続きを読む

 

27

 

12月

 

2013

25.12.26 Thu

 夕方、人形町に出かけ知人と食事。書店に立寄り、21時に事務所に戻る。夜は、久しぶりにゆっくりと本を読む。イングランド王リチャードⅢ世。イングランドにスコットランド、ウェールズに北アイルランド。イギリスの歴史も結構めんどくさい。

続きを読む

 

26

 

12月

 

2013

25.12.25 Wed

 10時にk来客。13時に津田沼。15時半に事務所に戻り、16時半に来客。続けて17時に来客。そのまま二人で18時に四川厨房。21時半に茅場町に移動。トゥリンクで二次会。24時半に入谷に戻る。二人併せた年齢は丁度130歳。ほんにようやる。もちろん、別室に戻り意識不明。

続きを読む

 

25

 

12月

 

2013

25.12.24 Tue 

 昨夜のガーリックライスが胃に残しながら10時に東銀座。13時に事務所に戻り16時に門前仲町。17時半に事務所に戻り、食事に出る。今日は、クリスマスイブ。街に、その気配がない。繁華街ではなく、下町のせいもあるだろうが、街の小商店ではクリスマス商戦が商機で亡くなった。今から30年前、私の周辺には、今日だけはクリスチャン、という男たちがいた。今はいない。そのまた10年前には、とんがり帽をかぶり、スナックかどこかでもらった小さなケーキを手にして、千鳥足で歩く男たちは、もはやこの世から絶滅した。歳を重ねると、昔の風景が懐かしくなる。

続きを読む

 

23

 

12月

 

2013

25.12.23 Mon 

 朝、千葉に帰る。日中は、久ぶりに書斎で藤沢周平を読む。なんだろうか、周平作品のこのやさしさは。夕方、浅草に出る。とみいで忘年会。8人でたらふく肉を食べる。オフィシャルな忘年会は、残すは27日のみ。もっとも、いつ忘年会のコールがかかるやらわかりません。

続きを読む

 

23

 

12月

 

2013

25.12.22 Sun

 昨日は大根、今日は大豆の話。大豆の原産地は中国東北部。縄文時代に日本に伝来したらしい。その生産は、アメリカ、ブラジル、アルゼンチンで80%以上を占め、日本における自給率は10%程度。これはチトさみしい。で、大豆といえば豆腐。世界に、大豆料理は多々あるんだろうが、やはり豆腐。豆腐のパフォーマンスも、大根と同様侮れない。アメリカでは、飲物としても人気があるらしい。夜、麻婆豆腐で紹興酒を飲み、ライスに乗っけて食べ、日中は何でこうもこじれたんだろうかと、不思議に思う。麻婆は日中の架け橋である。

続きを読む

 

21

 

12月

 

2013

25.12.21 Sat

 大根の発祥は古く、日本には中国、朝鮮から伝来し、稲作以前に全国的に広がっていたという。日本の風土のなかで、独自に進化し、種類も豊富となった。明暦3(1657)年、江戸を襲った大火の復興に当たり、大量の労働人口が江戸に流入したことにより、食材の確保が開発が求められ、江戸近郊で大根が盛んに栽培されるようになった。さてその大根。汁の実によし、煮物(おでん)によし、漬物(沢庵)によし、と、日本酒やご飯との親和性の高さは、いうまでもない。今日は、思いっきり、旨い沢庵を食べい。

続きを読む

 

21

 

12月

 

2013

25.12.20 Fri 

 10時半に来客。11時半に赤坂見附の顧問先。14時に相模原の顧問先。16時半に銀座の顧問先。19時に、西荻窪の中華料理店で顧客と食事。久しぶりの北京ダック。入谷に戻り22時。クタクタ。

続きを読む

 

19

 

12月

 

2013

25.12.19 Thu 

 7時前に起きてシャワー。ひと仕事をして、8時半に事務室。12時に事務所を出て、12時半に人形町。13時から打ち合わせ。少々、込み入った案件を3時間。16時に終え、16時半に入谷。18時には、四川厨房でグビグビ。20時半に別室に戻り、餃子の王将社長の射殺事件を知る。当然、個人的面識はまったくないが、王将には大変お世話になった。特に、王将があるから中野(ブロードウェイ)に行くのが楽しみでもあった。なんだかいやな気分になる。

続きを読む

 

19

 

12月

 

2013

25.12.18 Wed

 10時に来客。11時に人形町。2件の仕事を片付け、『人形町やぶそば』で鴨南そば。お店はきれいではないが(失礼!)、そばの味は逸品。14時に事務所に戻り、18時半には虎の門。ハングリータイガーで顧客と会食。ワインを飲みながら、生ハム、パスタをパクついていると、なんと、隣席に座ったのが娘夫婦。まったくの偶然。こんなところで鉢合わせするなんて、おかげでエライ出費。帰路、上野駅の書店に立寄り、22時に入谷。落ち着きのない年の瀬、たまにはと、李白の詩を開く。最後の詩『臨路歌』。李白とは程遠い、非才かつ小人の私であるが、『誰か為に涕を出さん』で、書の閉じる

続きを読む

 

17

 

12月

 

2013

25.12.17 Tue

 午前、代々木上原。町の様子が入谷とチト違う。昼過ぎに事務所に戻り、16時半に浅草に向かって歩く。ホッピー通りを通り抜け、浅草寺の羽子板市を覗き、浅草の裏小路を進み、吾妻橋を渡る。アサヒビール本社横にあるアネックスビルのハーモニックへ。マッキカランを飲みたいところだが、ここはアサヒビールの牙城。竹鶴12年をガブガブ。食事を終え上野。入谷に戻り21時。別室で、あぁ一年が終わる、とため息。某都知事を取り巻く環境を鑑みれば、一年という時の流れには、実にいろんなことがある。

続きを読む

 

16

 

12月

 

2013

25.12.17 Mon 

 夜、永井荷風『里の今昔』を読む。里とは吉原のこと。引き続き、広津柳浪の『今戸心中』を読む。明治20年ころの浅草、千束、入谷、根岸辺りの風景を知る。当時、この地には浅草田圃、入谷田圃が残り、畦道を歩きながら入谷の『松原』、根岸の『塩原』、向島『植半』などの温泉旅館に泊まりに行ったらしい。入谷は、まだまだ自然のなかにあった。でも、青空文庫は実に便利。

続きを読む

 

15

 

12月

 

2013

25.12.15 Sun 

 江戸の町はに面している。江戸前といえば、その海から採れた海産物のことであり、江戸時代は実に豊富であった。その最たるブランドは鰻であり、今の神田あたりでよく採れたという。神田に、老舗の鰻屋があるのはその名残か。その鰻の漁獲量は、この50年間で四〇分の一に減少した。絶滅危惧種にも指定されんという。乱獲、生息環境の変化が原因なのだろうが、これだけは絶滅してほしくない。遠慮しながら、鰻をいただく。

続きを読む

 

15

 

12月

 

2013

25.12.14 Sat

 二日酔い。それでも、18時に門前仲町で事務所の忘年会。場所は酒蔵や満平。もう、20年近くのお付き合い。入谷に戻り20時半。ちょいと369に立ち寄り、22時半に別室。今日も、気が付くと布団に寝ている。別に、万年床ではないのですが。

続きを読む

 

14

 

12月

 

2013

25.12.13 Fri

 夕方、茅場町の同輩の事務所を訪れ、17時から忘年会。さて、何時に終わったのか、気が付いたらい入谷の別室で、ちゃんと布団を敷いて寝ている。よほどお疲れか。夜中に起きだし、最近興味のある維新の元勲の生涯をパラパラ。木戸孝允、明治10年没43歳。西郷隆盛、明治10年没49歳。大久保利通、明治11年没47歳。岩倉具視、明治16年没59歳。

続きを読む

 

13

 

12月

 

2013

25.12.12 Thu

 米国の歴史は、バージニアのタバコ栽培から始まった。この後、アメリカ大陸の植民地化とアフリカ黒人の奴隷化が進んでいく。この初歩的な歴史を思い浮かべるたびに、文明とは残酷だな、と感じる。快適さと利便さを追及するとき、無視され、切り捨てられ、排除され、ただただ利用されるものがある。切り捨てられたアメリカ原住民族、利用されたアフリカ黒人民族を思うたび、アメリカ社会がこの犠牲のうえに成り立っているのか、と考えると、現代文明の原罪というものを感じてしまう。どうも、酔いが中途半端だと、ときどき面倒くさいことを考え込んでしまう。

続きを読む

 

11

 

12月

 

2013

25.12.11 Wed 

 午前は勝どき。午後は日本橋。夜は、本所吾妻橋で、18年のマッカランをガブガブ。たまには18年ものでも飲んでいいか。21時に入谷。早々に横になったのだが、寝そびれる。夜中、湯豆腐が食べたくなる。豆腐を買いに行くのが面倒なので、諦める。土鍋に水を入れ、ハマグリ、絹ごし豆腐、塩をパラパラと落とし、後は煮立つのを待つだけ。実に簡単な、男の手料理なんだが。池波正太郎のレシピであります。

続きを読む

 

10

 

12月

 

2013

25.12.10 Tue

  3時に起きる。昨日のアルコールが残っているが、頑張って仕事。もう、頑張る歳でもないのだが。8時にシャワーを浴び、8時半に事務室。午前中は、メールの返信、発信、電話連絡。午後は、東銀座。事務所に戻り16時。17時半には、東京ガーデンパレスわが業界の忘年会。この業界では、私はまだまだ中堅。ついつい、その心地良さに浸り、浮世離れをしてしまう。これって、けっこう良いことなんですよ。我を忘れるって。事務所に戻り20時半。もう、メールなんか見ないもんね。
続きを読む

 

09

 

12月

 

2013

25.12.09 Mon 

 私は、大阪市城東区は鴫野という、全体が下町の大阪に在って、そのまた下町の代表という町で小学生時代の6年間を過ごした。道路を挟んで向かいが映画館であった。近所のよしみで、トイレの横、裏口等々、正面玄関でなければ、出入自由にさせてもらっていた。高学年になると片岡千恵蔵、大友柳太郎、市川右太衛門、大川橋蔵、三船敏郎、石原裕次郎、小林旭なんて銀幕のスターに心躍らせた。実に恵まれた映画環境であった。落合博満の『戦士の休息』を読んだせいだろう。なんだか懐かしく思い出したのだが、人生で初めて観た洋画はいったい何だったんだろうか。記憶にない。

続きを読む

 

08

 

12月

 

2013

25.12.08 Sun 

 世に、想像を絶する変人という人はいるもので、トポロジー(位相幾何学)を一つの分野として確立させた数学者ポアンカレなんてのも、相当な変人であったらしい。自分の風邪の症状をグラフ化して、母親に手紙を書いて説明したという。今日、そのグラフを見るチャンスがあった。発熱の変化をグラフ化したのではなく、発熱、咳、頭痛、関節の痛みなどを、連続したグラフで説明しているのである。単に、フランス語で書かれているからではなく、さっぱり分からない。母親は、理解出来たのだろうか。ポアンカレといえば、かの宇宙にロープを巡らせ、これを回収することができれば宇宙は丸い、という世紀の数学的難問ポアンカレ予想を残して世を去った、ダ・ビンチにも匹敵するといわれるフランスの天才科学者である。相当に変人であったのだろう。もっとも、100年間も世界の数学者を悩ませた、このポアンカレ予想を証明したとされるロシアのグレゴリー・ペレルマンも、フィールズ賞を辞退し、100万ドルの賞金の受領も辞退し、いまや母親とともに母親の年金で細々と生活しているという。紙と鉛筆と才能さえあれば研究に没頭できるという、もっともコストのかからない学問が数学である。だからかどうか分からないが、この分野には変人が多い。

続きを読む

 

08

 

12月

 

2013

25.12.07 Sat 

 7時に事務室。10時に来客。昼は、ビール付中華ランチ。午後は、うたた寝。夜は、熟睡。まさに、斯あるべきというウィーク・エンドを過ごす。

続きを読む

 

07

 

12月

 

2013

25.12.06 Fri

 突然、映像の本質は記録だ!!と、当たり前のことを確信した。今年7月逝去した映像作家姫田忠義の映像を観た。いま、映像として記録しておかなければ、日本から失われていく文化、風土、民俗習慣。自分の身辺も、自分で記録しなければ消滅してしまう。だから、日記を書き、写真を撮るのだろうが、それよりもこの日本から消し去られる風景を残さなければ。と、根岸の街並みの変化を眺め、つくづくこの10年間の変化を映像として残しておけばよかった、と考えた。

続きを読む

 

05

 

12月

 

2013

25.12.05 Thu 

 事務所ビルを出て、昭和通りを渡り、小野照崎神社を過ぎしばらく歩くと、うぐいす通りという風雅な通りに出る。うぐいす通りをばし歩き、西蔵院を左折すると鬼平犯科帳にも出てくる光寺にたどり着く。明治時代には、この地に『古能波奈園』という日本料理店があった。今は、ビクトリアという有名下町洋食店がある。この古能波奈園は、別名『岡埜庭園』ともいい、今は閉店してしまった根岸岡埜が経営していた料理屋である。岡埜栄泉は東京の老舗和菓子店であるが、どうも暖簾分けやらの分離が多く、ほとんどが別会社として成り立っているらしい。夏目漱石『三四郎』にも本郷岡埜栄泉が登場する。古能波奈園を舞台とした古写真を見ていると、当時の和菓子店の力がしのばれる。

続きを読む

 

05

 

12月

 

2013

25.12.04 Wed 

 今日の忘年会は、東京スカイツリータウン・ソラマチ31階のTop of Tree。東京の夜景を見ながらの宴会。アヒージョなるスペイン料理を、おそらく初めて食す。美味なり美味なり。ただし、飲むのはマッカラン。スコッチ・ウイスキーとスペイン料理。430年前のその昔、イングランドとスペインが戦争していたことを思い出し、俺の腹のなかで今再び仲直りしろ、とゴクゴク、ガツガツ。事務所に戻り21時。一日が、短いんだか長いんだか。一年は間違いなく短いが。

続きを読む

 

04

 

12月

 

2013

25.12.03 Tue

 10時前に事務所を出て、人形町の先輩事務所、赤坂見附の顧問先、築地の同輩の事務所、茅場町と移動し、16時に事務所にっ戻り、17時には北千住の駅に立つという師走ならではの動き。フォーハノイでベトナム料理。食事を終え、入谷に戻り20時過ぎ。寒いなぁぁ~。夜は、落合博満の『戦士の休息』をパラパラ。落合元監督の映画論。

続きを読む

 

02

 

12月

 

2013

25.12.02 Mon 

 15時に来客を迎え、16時半に飲み処を求め、タクシーで茅場町へ、17時から22時半。飲みに飲んで入谷へ戻る。いまでしょ、おもてなし、じぇじぇじぇ、倍返し。今年の流行語大賞は、この4語ということを知る。さて、これから10年先、どの言葉で今年を振り返ることができるであろうか。カステラで焼酎を飲みながら思う。ちなみに10年前の大賞は、毒まんじゅう、なんでだろう~、マニフェスト。毒まんじゅうで、時代を思い起こす。

続きを読む

 

01

 

12月

 

2013

25.12.01 Sun

 午後、浅草に出る。スカイツリーをみながら吾妻橋を渡り、13時からアサヒビールタワー21階の『もちづき』。新潟からの来客と会食。15時に食事を終え、スマホで国立最後の早明戦(ラグビー)を観る。80年代の、タテへタテへと愚直に突き進む、明治のラグビーが記憶にこびりついている。別にどちらを応援しているというわけではないのだが、前へ前へのラグビーをみたい。夜は、天明の大飢饉について知識を得る。飢饉は天災であるが、多数の餓死者を出すのは政治的人災である。備蓄米の乏しさは、東北諸藩の政治的脆弱さが原因であることを知る。

続きを読む

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

4月

08日

20.04.08 Wed

 愚痴っぽくなるようですが、人生の後始末をつけなければと思うような歳になってコロナ危機を経験するとは。ぼくたちの世代は、逃げ切り世代ともいわれるように、戦後の苦労も大して経験せず、日本が膨れ上がるとともに、横並びにその恩恵をなんとなく受けてきた世代なんですが、ここにきてそのツケが回ってくるんじゃないかい、と思うことがあります。ぼく自身は、楽天的というよりも鈍感なものですから、あまり危機を感じない方なんですが、そのぼくがこれからの社会は大変な時代になるのではないか、と感じるものですから。ここは、若い方々に次の時代を切り拓いていただきましょう。

『あなたが生まれたとき、あなたは泣いていて周りの人達は笑っていたでしょう。いつかあなたが死ぬとき、あなたが笑っていて周りの人たちが泣いている。そんな人生を送りなさい。(ネイティブアメリカンの言い伝え)』

そのためにはあまり長生きをするのも考えものです。

2020年

4月

06日

20.04.06 Mon

 なんだか世界が一変したようです。上野、アメ横はガラガラ。千葉もガラガラ。いつも行列しなければならない食堂もガラガラ。首都圏だけの現象だといいのですが。地方に住む知人の話を聞きますと、まったく対岸の火事のようなところもありました。これはこれでホッとしたのですが、ウイルスの拡散速度とこれに対する政府と個人の対応の速度。対応速度が拡散速度を上回らなければ。ぼくなんか緊張感が続かないところがありますので、気をつけます。

2020年

4月

02日

20.04.02 Wed

 3月1日には29人。4月1日には527人。東京都のコロナ感染判明者数です。全国的に見て224人が2107人へ。全世界で87千人が873千人へ。基となるデータが異なるため、必ずしも正しい結論とは言えませんが、東京の感染速度が加速しているような気がします。それでも、この流れで4月中にストップがかかればいいのですが。ニューヨーク市は3月1日に感染者が初めて発見されたのですが、それが4月1日には48,000人です。爆発が繰り返されなければいいのですが。

2020年

3月

31日

20.03.31 Tue

 おいおいオイオイ。もう3月も最終日ではないですか。高血、糖尿、心臓疾患、高齢と、コロナのメインターゲットであるぼくは、これまで、世間の騒ぎを遠い向こうの話と思っていました。昔から、危機感が薄いというか、浅薄というか、リアリティをもって物事に接することができないタイプのようなのですが、最近ちょっとやばいかなと思うようになりました。同世代の志村けんさんが、ああもあっさりと召されるなんて。それこそ、オイオイおいおい、他人事じゃないぞ。

2020年

3月

24日

20.03.24 Tue

 咳やくしゃみをすると睨まれてしました。花粉症が原因で、マスクもしているのに。思わず、言い訳をしそうになります。今日の電車のなかでの話です。

2020年

3月

20日

20.03.20 Fri

 川があれば橋があります。道があれば坂があります。清水橋とか忍坂。東京の橋と坂です。粋な名称じゃないですか。だれが名付けたか分かりませんが。少なくとも行政ではないでしょうね。

2020年

3月

19日

20.03.19 Thu

 世のなかのことについてコメントする知見はないのですが、ぼくの身の回りのことについては、ぼくしかコメントすることしかできません。何かおかしいのです。株主総会を含め集まりがなくなりました。夜の案内もまったく届きません。夜の案内といっても変な案内ではないです。すし屋に入ってもガラガラです。駅の構内も往来も、ぶつからないで歩けるほどスカスカ。確かにコロナは怖いですけれど、ぼくにはコロナ以外に怖いものがいっぱいあります。年寄の自粛は分かりますが、若い人はそんなに委縮しなくてもいいんじゃないでしょうか。もっとも、加害者になることは避けるルールは必要ですが。