25

 

5月

 

2013

25.05.31 Fri

 15時半に事務所を出て日本橋丸善。探している本の在庫がない。16時半から、京橋の弁護士事務所で打ち合わせ。顧問先の労働問題。そのまま上野へ。アメ横の隠れ家。煮込み、牛筋煮込み、焼き鳥等々でひと月の慰労。毎日慰労しておりますが。夜半に入谷に戻る。阪神連敗。

続きを読む

 

31

 

5月

 

2013

25.05.30 Thu

 忘れたふりをしていることがある。でも、忘れることなんかできない。私は、トラキチ(阪神命)なのである。ここのところの虎、実にいいところまでくるのだが、いまいち天下を取ることができない。阪神はいつも、いま一歩、いま一歩、なのである。慣れたとはいえ、阪神ファンとしてストレスがある意味でピークに達している。この交流戦5勝6敗1分(試合日程・結果)。ライバル巨人と同星(Yomi試合日程・結果)。なにをもたもたしているんだろう。しかし、パリーグの球団は強い(順位表)。

続きを読む

 

30

 

5月

 

2013

25.05.29 Wed

 9時半に事務所を出て、15時半に戻り、17時前に再び事務所を出て、いつ入谷に戻ったのか。どういうわけか手に『パンセ』。この酔っ払いが、禁欲の権化パスカルの本を手にするとは。

続きを読む

 

29

 

5月

 

2013

25.05.28 Tue

 9時半に人形町。某社取締役会に出席。昼に事務所に戻り、午後は北千住。某社取締役会に出席。北千住で、古い木造家屋を写真に撮る外人3人組を発見。むむ、できる。夕方、一旦事務所に戻り、再びが外出。少々面倒な話に首を突っ込む。生きていくこと事態はたいしたことはないが、うまく生きていこうとすると、いろいろ厄介なことが多い。夜は、浅草の『天健』でてんぷら。夜半、別室で大の字になりながら、いろいろとめんどうくさいな、と独り言。

続きを読む

 

28

 

5月

 

2013

25.05.27 Mon

 慌ただしく午前が終わる。午後は、東銀座の顧問先で決算方針の打ち合わせ。一旦事務所に戻り、18時に恵比寿。M&Aについての打ち合わせ。恵比寿で書店に立ち寄り入谷。久しぶりに事務所向かいの『栄龍』。生姜焼き、麻婆豆腐、五目焼きそば等とともにビールに甕出し紹興酒。別室に帰り、シャワーを浴び大の字。『もし地獄というものがあるなら、ローマはそのうえにたてられているにちがいない。』と、マルチィン・ルターは述べたという。私は、何のうえに立っているのであろう。

続きを読む

 

27

 

5月

 

2013

25.05.26 Sun

 5時に起きてゴソゴソ。少々二日酔い。昼は、スタッフと事務所ビル1階の『くいしんぼ』。午後は、別室でウタウタ。夜は、自宅で愛犬とゴロゴロ。ゴソゴソ、ウタウタ、ゴロゴロの一日。西洋の歴史書をパラパラと読む。帝国やら王国、大公国に公国。なるほどかの地も忙しい。

25.05.25 Sat

 10時に事務所を出て、告別式参列のため川越へ。後輩が一昨日亡くなった。享年60歳。40年近く前に、3年間ともに仕事した。食は細いが、やたら酒を飲む。飲んではジャン卓を囲む。品のない麻雀を打つ輩の多いなかで、比較的品よく打つ。したがって、カモられる。何事も最後まで付き合ってくれる。いわゆる、優しいいい奴だった。二次会、三次会と飲み歩くのも面倒だからと、泊りがけでの宴会を幾度重ねたことか。国際結婚で、奥方には日本に縁戚がない。こういう別れはキツイ。合掌。
続きを読む

 

24

 

5月

 

2013

25.05.24 Fri

 9時半に東銀座。顧問先に立ち寄り、クリニックに通院。13時半に事務所に戻り、17時半に北千住の同輩の税理士事務所。18時に3人で『鳥しげ』。今宵は、北千住を徘徊。23時半に入谷に戻り、シャワーを浴びゴロリと大の字。そういえば、今日一日満足な食事をしていない。深夜に困ったときは、『万人力』。この食欲がある限り大丈夫なのか、はたまたあるから駄目なのか。
続きを読む

 

23

 

5月

 

2013

25.05.23 Thu

 9時半に事務所を出て浅草。コーヒーを飲み、吾妻橋を渡り東駒形。顧問先の株主総会。ビール付きランチを食べ、13時半に戸越。15時に事務所。16時半過ぎに事務所を出て、17時に向島。『平岡』で食事をし、向島を徘徊すること幾時か。日付が変わったころに入谷に戻り大の字。枕元にあった「心境荘苑」創設者尾崎増太郎のルポを読む。こういう名もなき痛快な人物を思い起こすと、今日の株価の下落なんかどうでもいい。

続きを読む

 

22

 

5月

 

2013

25.05.22 Wed

 5時に起きて、ゴソゴソと動き回る。11時に品川区は中延。13時半に秋葉原。ルノアールで軽くサンドイッチ。顧問先に電話をかけ大手町へ。先輩の事務所を訪ねて雑談。17時半に上野。そのまま上野に沈み、浮かび上がったのが22時半。入谷に戻り23時。眠い。

続きを読む

 

22

 

5月

 

2013

25.05.21 Tue

 午後、銀座で打合せ。同世代のトップの経営課題。夜は、恵比寿で打合せ。先輩世代の活力。21時に仕事を終え、途中食事をし23時に入谷。別室で、トップ屋梶山季之のルポ『蒸発人間』を読む。週刊読売の昭和42年4月28日号に発表された。昭和42年で、日本はすでに十分複雑な国だったようだ。突然蒸発した中学校の校長が、大阪のキャバレーのレジ係として働いているところろを発見されている。警察庁の統計資料によると、行方不明者の数は昭和53年から59年がピーク。平成23年に行方不明者は81,643人で、74,829人が所在が確認されている。累計的には相当数の方が発見されていない。ひょっとしたら私は、別人として生きている行方不明者と名刺を交換しているかもしれない。

続きを読む

 

21

 

5月

 

2013

25.05.20 Mon

 祭りの後の気怠さ。昨日、一昨日と飲み過ぎ。体がだるい。10時、11時と来客。15時に人形町で打ち合わせ。顧問先のビルを出て、ビル前の『清寿軒』から現れたのが若大将加山雄三。『若大将のゆうゆう散歩』のロケらしい。生加山は初めて。16時に事務所に戻り、18時には別室。『カルロス』(DVD)5時間半を観る。カルロスは伝説のテロリスト。見る立場によっては革命家。昨年、劇場上映を見逃した。しかし。5時間半はキツイぞ!!

続きを読む

 

20

 

5月

 

2013

25.05.19 Sun

 10時に三軒茶屋。サンドイッチを頬張りながらの打ち合わせ。12時に仕事を終え、13時に入谷。駅を出ると、目の前は地元小野照崎神社の大祭。地元商店の人と立ち話。夜は、愛犬を相手に過ごす。この二匹、いつも手やら顔やらをやたら舐めるんだが、俺って美味しいのかな。

続きを読む

 

19

 

5月

 

2013

25.05.18 Sat

 さて三社祭。12時半に浅草。おもだった店はすでに行列。『大黒家』なんか、いつありつけるのかと思うほど。しかたなく、上野に移動。14時から『大山』で宴会。メンチカツ、エビフライ、白身魚フライ、ウインナー、から揚げ、スタミナ焼き、スペアリブ、ステーキ、パスタetc.に、ビール、ホッピー、ハイボール。アメ横へ繰り出し、お菓子の『二木』へ。事務所に戻ったのは19時ごろか。後は、意識不明。

続きを読む

 

17

 

5月

 

2013

25.05.17 Fri

 18時に霞が関の日本プレスセンター。会合と懇親会を終え、霞が関官庁街を歩き虎の門。特許庁を過ぎて溜池山王。軽く食事をし、入谷に戻り22時。さあ、明日は、地元『小野照崎神社』の例大祭。そして浅草『三社祭』。早く寝なくちゃ(関係ないか。)。

続きを読む

 

17

 

5月

 

2013

25.05.16 Thu

 出るか出るかと恐れていたものがやっぱり出た。夏場の雷や幽霊よりも確率高く。慌ただしく、新宿から『上野精養軒』にたどり着いたのが17時ちょい過ぎ。顧問先の某組合の総会・懇親会。理事長、農水省来賓等の挨拶と続き、乾杯。突然爆発したのが腰痛。ったく、と脂汗を垂らしながら、カレーにシチュー。そして水割りをがぶ飲み。早々に、タクシーで入谷。根岸の行きつけの店に入り、魚と日本酒。腰痛対策は、心身ともに麻痺させるに限る。別室に戻りシャワー。大の字。長い付き合いの腰痛だが、別れたい。痩せなきゃいかんなぁ~。

続きを読む

 

16

 

5月

 

2013

25.05.15 Wed

 昼に赤坂ニューオータニ。カツ丼でランチ・ミーティング。15時に事務所に戻り、17時に人形町。夜は、人形町の『久助』。焼鳥とビールでディナー・ミーティング。別室に戻り22時過ぎ。夜は、スティーブン・ピンガーの『心の仕組み』。人間の”体の仕組み”も複雑だが、”心の仕組み”はなお複雑。人間はなぜ戦争するのだろうか。

続きを読む

 

14

 

5月

 

2013

25.05.14 Tue

 夕方、北千住での仕事を終え食事。書店に立ち寄り、22時半に入谷。シャワーを浴び、腹這いになりながら枕元に積んである本を手に取る。『文藝春秋 』最新号を読んでいて、やたら永井荷風を読みたくなる。アイ・パッドで青空文庫を開き『すみだ川』。なるほど名文だ。でも、やっぱり本で読まなきゃいかんな。

続きを読む

 

13

 

5月

 

2013

25.05.13 Mon

 5時半に仕事に取り掛かる。7時に一休み。8時半に事務室。ねじり鉢巻きで仕事。ちょいと尻に火が付いた。目の前に人参がなくても走らざるを得ない。夜は上野。今週は休みなく夜の予定。週末には浅草『三社祭』。ふぅぅ~。

続きを読む

 

12

 

5月

 

2013

25.05.12 Sun

 終日、自宅書斎で過ごす。ジプシー・キングスの『 インスピレーション』を繰り返し聴きながら仕事に読書。季節外れの忠臣蔵の資料を探索。夕方はビール。『楽しきはビール。苦しきは旅路。』と5000年前にメソポタミアのシュメール人は粘土板に書き残した。ビールは、文明とともに誕生した。もっとも中国でも同時期に穀物酒・果実酒が飲まれていたというから、ビールに限らずアルコールは人選の伴侶。夜は、愛犬たちと、無視されながらも語り合う。

 

11

 

5月

 

2013

25.05.11 Sat

 8時に事務室。昼は久しぶりに『入谷大勝軒』。おとなしく「あつもり」を注文したが、となりでは「おおもりそば」に挑戦してる。これはもう、食事というより戦い。午後も仕事。18時には電池切れ。夜は、愛犬とともに『刑事コジャック』なんぞを観ながらうたた寝。

続きを読む

 

10

 

5月

 

2013

25.05.10 Fri

 15時に西新宿。打ち合わせを終え、17時に半に事務所。18時には『栄龍』。定番のコースを粛々と進め、19時半に散歩がてら根岸。 どうも、日本の状況からきな臭さが抜けていくような気がするが、こんなときは何かよからぬことが静かに進行しているんじゃないか、なんてことを考えながら、21時に別室に戻りバタリ。

続きを読む

 

09

 

5月

 

2013

25.05.09 Thu

 朝3時。抜歯の後遺症か、痛い。そういえばいただいた薬を飲んでない。11時、痛みを堪えて北千住。ミーティングを終え『北千住銀座アスター』。お店の田中主任のエスコートにより、餃子、フカヒレ、海鮮冷し中華にビール。平均年齢67歳は、美人に弱い。ランチを終えたころには、少々フラフラ。入谷に戻り、別室でうたた寝。夕方起きだし、再び粛々と飲みだす。こういうバカは治らない。治す薬もない。治す医者もいない。深まる酔いとともに、手元にあった『河原ノ者・非人・秀吉』(服部英雄・山川出版社)を読みだす。実に地味な歴史書。このような地味な仕事を成し遂げる著者に敬服する。気が付くと再び寝ていた。

続きを読む

 

08

 

5月

 

2013

25.05.08 Wed

 10時に東京トヨペット。伝助Ⅲ号が、外科的治療ため入院。11時半に赤坂見附の歯科クリニック。小生の歯の治療。阪神があんなに頑張っているんだから、と抜歯に耐える。抜歯ついでに昼も抜き。15時に、空腹に耐えかねてサンドイッチをガブリ。夕方上野に出て、23時に戻る。阪神の勝利を当然のごとく受け止め、かの格調高き『六甲おろし』を口ずさむ。

 一
 六甲颪に 颯爽と
 蒼天翔る日輪の
 青春の覇気 美わしく 
 輝く我が名ぞ 阪神タイガース
 オウ オウ オウオウ 阪神タイガース フレ フレフレフレ
 二
 闘志溌剌 起や今
 熱血既に 敵を衝く
 獣王の意気 高らかに
 無敵の我等ぞ 阪神タイガース
 オウ オウ オウオウ 阪神タイガース フレ フレフレフレ
 三
 鉄腕強打 幾千度び
 鍛えてここに 甲子園
 勝利に燃ゆる 栄冠は
 輝く我等ぞ 阪神タイガース
 オウ オウ オウオウ 阪神タイガース フレ フレフレフレ

続きを読む

 

07

 

5月

 

2013

25.05.07 Tue

 連休明け。関係各方面からの連絡。なんだか慌ただしい。15時半に入谷を出て、23時に酩酊状態で入谷に戻る。今一歩で入谷というところで、偶然に先輩と出会う。幸か不幸かというと、幸に決まっているが、ほろ酔いから酩酊へとジャンプする原因となる。別室で大の字になり、昨日の京都大学における村上春樹の講演録を読みながら、ふとユングのペルソナを連想する。ペルソナとは元来は古典劇における仮面のこと。まったく検討違いかもしれないが、人間関係を形成するため、自己の外的側面に仮面をかぶるのが人間であると、ユングは考えた。仮面により他者と調和できるが、かぶれないことにより他者との調和を図れない。ペルソナという言葉を思うたび、人は本当の自分の顔をみることができるのであろうか、と考えてしまう。

続きを読む

 

06

 

5月

 

2013

25.05.06 Mon

 8時に事務室。仕事。昼は、散歩がてらに浅草。『水口』で、ビール付ランチ。入谷に戻り再び仕事。我ながら惚れ惚れとする働きぶり。と、思ったとたんに電池切れ。別室で、ボォォ~。夜、千葉に戻り自宅で愛犬と添い寝。

続きを読む

 

05

 

5月

 

2013

25.05.05 Sun

 昨日は、ほぼ徹夜。huluで『ROME[ローマ]』を観る。全12話。千葉に出かけ、所用を終え食事。ついでに『L.A.ギャング ストーリー』。夜はいつの間にかソファーでうたた寝。夜半に起きだし書斎へ。深夜、ぽつねんと谷川俊太郎の詩集を手に取る。

  怒るがいい泣くがいい

  叫ぶがいい黙り込むがいい

  ひとりのあなたの魂の底にひそむものは

  世界中のどんな大事件よりも巨大だ

続きを読む

 

04

 

5月

 

2013

25.05.04 Sat

 8時に事務室。仕事。昼は、久しぶりに『かつ重』。今や丼御三家といえば、吉野家、松屋、すき家。昔は、天丼、かつ丼、親子丼。若者には、圧倒的にかつ丼ファンが多かった。小伝馬町にあった、名もなき蕎麦屋の上かつ丼が懐かしい。卵が二個。ただそれだけ。カツ丼 は、天丼、親子丼に比べて庶民の人気が高く、エピソードも多い。昔の刑事ドラマの取調室では、わき役というよりも主役のときがあった。夜は、粛々と食事。昨日はチョイと羽目を外しすぎた。

続きを読む

 

03

 

5月

 

2013

25.05.03 Fri

 部屋の掃除、クリーニングと雑用を済ませ事務室。昼はスタッフとラーメン。夜は7人で宴会。体重計に乗って驚愕。なかなか刺激的な連休後半のスタート。

続きを読む

 

02

 

5月

 

2013

25.05.02 Thu

 10時に赤坂睦家の歯科クリニック。仕事と治療。事務所に戻り、16時に東駒形。夜は向島の『平岡』。今年初めての鱧(はも)とすっぽん。4時間ほど向島にとどまり、入谷に戻り23時。バタリと倒れる。

続きを読む

 

01

 

5月

 

2013

25.05.01 Wed

 9時半に事務所を飛び出し、10時に北千住。夕刻、そのまま『北千住銀座アスター』(ややこしいなあ。)に直行。中華料理で、しばし語らう。『銀座アスター』から北千住駅への距離は200メートル。が、たどり着かない。どこでどう迷ったのか、タクシーで入谷に戻ったのが23時。求め、探し、門をたたけば、なんとかなる。と、イエスは語ったという(マタイ)。だが迷える羊は、何を求め、何を探し、どの門をたたけばいいのかすら分からない。しこうして、このように迷路に迷い混むこと度々。

続きを読む

 

01

 

5月

 

2013

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

4月

08日

20.04.08 Wed

 愚痴っぽくなるようですが、人生の後始末をつけなければと思うような歳になってコロナ危機を経験するとは。ぼくたちの世代は、逃げ切り世代ともいわれるように、戦後の苦労も大して経験せず、日本が膨れ上がるとともに、横並びにその恩恵をなんとなく受けてきた世代なんですが、ここにきてそのツケが回ってくるんじゃないかい、と思うことがあります。ぼく自身は、楽天的というよりも鈍感なものですから、あまり危機を感じない方なんですが、そのぼくがこれからの社会は大変な時代になるのではないか、と感じるものですから。ここは、若い方々に次の時代を切り拓いていただきましょう。

『あなたが生まれたとき、あなたは泣いていて周りの人達は笑っていたでしょう。いつかあなたが死ぬとき、あなたが笑っていて周りの人たちが泣いている。そんな人生を送りなさい。(ネイティブアメリカンの言い伝え)』

そのためにはあまり長生きをするのも考えものです。

2020年

4月

06日

20.04.06 Mon

 なんだか世界が一変したようです。上野、アメ横はガラガラ。千葉もガラガラ。いつも行列しなければならない食堂もガラガラ。首都圏だけの現象だといいのですが。地方に住む知人の話を聞きますと、まったく対岸の火事のようなところもありました。これはこれでホッとしたのですが、ウイルスの拡散速度とこれに対する政府と個人の対応の速度。対応速度が拡散速度を上回らなければ。ぼくなんか緊張感が続かないところがありますので、気をつけます。

2020年

4月

02日

20.04.02 Wed

 3月1日には29人。4月1日には527人。東京都のコロナ感染判明者数です。全国的に見て224人が2107人へ。全世界で87千人が873千人へ。基となるデータが異なるため、必ずしも正しい結論とは言えませんが、東京の感染速度が加速しているような気がします。それでも、この流れで4月中にストップがかかればいいのですが。ニューヨーク市は3月1日に感染者が初めて発見されたのですが、それが4月1日には48,000人です。爆発が繰り返されなければいいのですが。

2020年

3月

31日

20.03.31 Tue

 おいおいオイオイ。もう3月も最終日ではないですか。高血、糖尿、心臓疾患、高齢と、コロナのメインターゲットであるぼくは、これまで、世間の騒ぎを遠い向こうの話と思っていました。昔から、危機感が薄いというか、浅薄というか、リアリティをもって物事に接することができないタイプのようなのですが、最近ちょっとやばいかなと思うようになりました。同世代の志村けんさんが、ああもあっさりと召されるなんて。それこそ、オイオイおいおい、他人事じゃないぞ。

2020年

3月

24日

20.03.24 Tue

 咳やくしゃみをすると睨まれてしました。花粉症が原因で、マスクもしているのに。思わず、言い訳をしそうになります。今日の電車のなかでの話です。

2020年

3月

20日

20.03.20 Fri

 川があれば橋があります。道があれば坂があります。清水橋とか忍坂。東京の橋と坂です。粋な名称じゃないですか。だれが名付けたか分かりませんが。少なくとも行政ではないでしょうね。

2020年

3月

19日

20.03.19 Thu

 世のなかのことについてコメントする知見はないのですが、ぼくの身の回りのことについては、ぼくしかコメントすることしかできません。何かおかしいのです。株主総会を含め集まりがなくなりました。夜の案内もまったく届きません。夜の案内といっても変な案内ではないです。すし屋に入ってもガラガラです。駅の構内も往来も、ぶつからないで歩けるほどスカスカ。確かにコロナは怖いですけれど、ぼくにはコロナ以外に怖いものがいっぱいあります。年寄の自粛は分かりますが、若い人はそんなに委縮しなくてもいいんじゃないでしょうか。もっとも、加害者になることは避けるルールは必要ですが。