30

 

6月

 

2013

25.06.30 Sun

 

 10時に千葉そごうの三省堂書店。続いて、ジェラルド・バトラー主演の『エンド・オブ・ホワイトハウ』。『オペラ座の怪人』のファントムも、『300(スリーハンドレッド)』のレオニダスを経て、このマイク・バニングへと、アクション・スターとして確固たる地位を手に入れた。もっとも、バトラーの演技の幅は広い。単なるアクション・オンリーではない。スタローンやシュワちゃんと異なり、顔立ちに知性が見える(両御大ごめんなさい)。ただしバトさまとして日本女性に君臨するには、やや顔つきがハード。帰り道、ハナマルキの『塩こうじ』をゲット。夜は、フランスパンに塩こうじを塗り、トースト。これが実に美味いんである。一升瓶ワインをゴクゴク。塩こうじトーストをパクパク。そして、いつもの疑問にたどり着く。日曜日は、一週間の終わりなのか、始まりなのか。

続きを読む

 

29

 

6月

 

2013

25.06.29 Sat

 

 3時に起床。二日酔い気味の体に鞭を打ち、少々仕事。二度寝をして、10時に東銀座のクリニックに通院。ルノアールで、雑誌を読みながら軽く食事。入谷に戻り13時。部屋を片づけ、中上健次の本(『全発言Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』)を手に取り、しばし拾い読み。夜は千葉へ。久しぶりに愛犬と戯れる。

続きを読む

 

29

 

6月

 

2013

25.06.28 Fri

 

 9時半に錦糸町。伝助Ⅲ号の定期検診。11時に日比谷の東京会館。いまから30年ほど前、ここのレストラン『プルニエ』で食事を招待され、えらく場違いなところに来た感覚を思い出す。そのアウェイ感は、いまでも残っている。私の領域では、交差することのない場所。事務所に戻り、15時に市川。仕事を終え、16時半に総武線市川駅。今日は、総武線沿線でこのまま音信不通。この地は、私のホーム・グランド。

続きを読む

 

27

 

6月

 

2013

25.06.27 Thu

 

 9時過ぎに事務所を出て、10時に綾瀬。株主総会出席。13時半に戸越。月次報告。15時に本所吾妻橋。幹部会出席。17時に西新宿。決算報告。20時半に入谷。入谷トリップ90分。炒飯と中華炊込み飯の違いを味わい、22時別室。シャワーを浴び、畳に大の字。なんだか考えるのが面倒臭くなり、このまま成り行きで生きていくか、と呟く。そうもいくまいとも。

続きを読む

 

26

 

6月

 

2013

25.06.26 Wed

 

 朝というか、夜中というか、2時半に起きる。珍しく仕事。6時にレポートを書き終え、再び布団にゴロリ。9時半に事務所を出て上野。13時に津田沼。仕事を終え、14時半に津田沼駅でサンドイッチ。16時に北千住。18辞に鶯谷の名店『鶯谷苑』で焼肉。22時に別室。月末だなぁぁ~。

続きを読む

 

25

 

6月

 

2013

25.06.25 Tue

 

 午前、別室に閉じこもり調べもの。午後は、北千住。事務所に戻り、18時半に恵比寿。21時に入谷。三ノ輪方面に歩いて食事。別室に戻り22時。エアコンをつけ大の字。なんで、天井って見飽きないんだろう。

続きを読む

 

24

 

6月

 

2013

25.06.24 Mon

 

 9時に事務所を飛び出し北千住へ。昼は、北千住の銀座アスター『千住寶館』。いつも思う、銀座アスターと東天紅、どちらが美味いんだろうか。もっともこちらは、下種の謗り食いってやつで、なんでも口にする輩なので、味のことは分からない。17時に事務所を出て神谷町。打ち合せを終え、20時に上野。潜むこと1時間半。別室に戻り22時。もう、寝るぅぅ~。

続きを読む

 

24

 

6月

 

2013

25.06.23 Sun

 

 3時に起き、『のぼうの城』を観る。面白い。野村萬作の切れ味が実にいい。原作以上に面白い。久しぶりに終日自宅。昼下がり、4歳と1歳のガールフレンドがやって来る。小さな友人相手にビールとワイン。気が付くと、愛犬も加わった騒然としたなかでうたた寝。こうして一日が終わる。

続きを読む

                                                                                                                                        

 

23

 

6月

 

2013

25.06.22 Sat

 

 いつもの通り8時半に事務室。たまにはみんなで勉強。スタッフと昼。別室に戻り、午後はうたた寝、片づけ、クリーニングであっという間に過ぎる。土曜日の午後のラジオがたまらんのであります(TBSパカパカ)。夕方、千葉へ。愛犬の歓迎を受け、ビールを飲み再びうたた寝。

続きを読む

 

22

 

6月

 

2013

25.06.21 Fri

 

 午後、結婚式への出席のため横浜『ホテルニューグランド』へ。山下公園を眺めながら華燭の典。絶品のローストビーフをいただく。19時に中華街へ。北京ダック。くぅぅ~。最後の晩餐はラーメンとカレーライスと決めている。そのひとつ前は北京ダック。そのもうひとつ前は焼肉。そのまた前は卵焼き・から揚げ・ウインナーの弁当。で、最後の晩餐に向かってのスタートはメンチカツ。私の人生計画は、けっこう緻密だ。酩酊状態で、入谷に戻り22時。体よりも心の健康を大事にしよう、となおビールを飲む。

続きを読む

 

21

 

6月

 

2013

25.06.20 Thu

 

 夜、小雨のなか根岸に沈む。江戸安政の時代から昭和初期にかけてだろうか、ここ根岸には割烹・料亭がいくつもあった。とくに 『笹の雪』の向かいの『鶯春亭』(地図⑦)は、金麩羅料理で有名な高級料亭であったという。物語の世界にもしばしば登場する。敷地も広大であった。いまの台東区根岸3丁目24番である。その広大な敷地の面影はもうない。もっとも、台東区の大部分は、震災復興土地区画整理事業、戦災復興区画整理事業、東京都市計画事業による土地区画整理事業により、敷地が細分化されてしまった。この根岸3丁目と4丁目が、私がときどき沈没する地区である。10年前には、料亭も2件営業していた。『すぎ田』に『福井』。いまは廃業。ちなみに、金麩羅とは天麩羅に卵の黄身黄身を使った料理という。白身を使ったのが銀麩羅。で、私が今宵食べたのはチキンライス。

続きを読む

 

20

 

6月

 

2013

25.06.19 Wed

 

 朝4時起床。昨夜の一人火炎鍋が効いたか、気分爽快。9時に事務所を出て、11時に愛甲石田。打ち合わせを終え、昼を済ませ、大手町に立寄り、人形町に17時。 『北海道』で食事。事務所に戻り19時、道中は、アイパッドの青空文庫で三上於菟吉の『雪之丞変化』。青空文庫とはいえ1063ページ。夢中になって読みふける。夜は、シャワーを浴び、パソコン配信で『深夜食堂』を2話。小林薫と松重豊がいい味。料理ではなく、俳優として。そういえば、松重豊の『孤独のグルメ』もいい味だった。腹這いになり、『雪乃丞変化』を読みながら眠りにつく。ぞくぞくするような色気。

続きを読む

 

18

 

6月

 

2013

25.06.18 Tue

 

 11時に人形町。昼は、『花乃蕎麦』で鴨せいろ。12時半に事務所に戻る。昼に鴨せいろを食べたせいか、夜は入谷の『四川厨房』。初めに、餃子をお酢のみで食べる。これが実にうまい。餃子帝国宇都宮では、当然の食べ方であるらしい。続いて、一人火炎鍋。暑さと辛さのとの戦い。壮絶な戦いの末に勝ち得たものは、まさに桃源郷。鍋に残ったスープにライスを入れフィニッシュ。人生におけるある一日の最後の食事は、斯く在るべし。さぁ~て、アウレリウス賢帝の『自省録』でも読むか。奔放かつ堕落した精神には、禁欲的な書物が必要だ。睡眠薬として。ちなみに、鴨せいろと火炎鍋は全く関係ありません。

続きを読む

 

18

 

6月

 

2013

25.06.17 Mon

 

 5時に別室。8時半に事務室。14時半に新宿。16時半に事務所。17時半に、事務所ビル5階の大会議室。某法人の総会後の懇親会。同じビルの隣組のよしみでお呼びいただいた。宴席ならば、呼ばれればどこにでも出かけるという、目方は重いが人間は軽いという、持ち前のフットワークを活かして参加。19時に終わったものの、ここで止まるわけがない。別室に戻ったのが22時半。どこで何をしていたのでしょうか。

続きを読む

 

17

 

6月

 

2013

25.06.16 Sun

 

 8時半に事務所を出て、13時半に戻る。部屋の片づけ、クリーニングであっという間に夕方。千葉に帰り、愛犬たちとうたた寝。マルチーズとヨークシャーのはずなんだが、毛をかカットしたときは、どうみてもヤギとネズミだ。

続きを読む

 

16

 

6月

 

2013

25.06.15 Sat

 

 重い頭を抱えて、昼前に起きる。スタッフと『栄龍』でもやしラーメン。二日酔いには、この醤油味のスープが効くぅぅ。午後は、アンソニー・ホプキンスとライアン・ゴスリング共演の『フラクチャー』、『ナイロビの蜂』を観る。夕方、ごそごそと起き出して『 入谷中央商店街』。こじんまりした居酒屋を久しぶりに訪れる。ごくごくフツ―の食べ物がおいしい。

続きを読む

 

15

 

6月

 

2013

25.06.14 Fri

 

 蒸し暑い昼下がり、『上野精養軒』へ。わが業界団体の会合。懇親会の途中で上野アメ横に降り、ビールを少々飲み入谷に。久しぶりに根岸界隈をさまよう。根岸のディープさは尋常じゃない。鶯谷周辺の猥雑な地区。柳通りから尾竹橋通りにかけての閑静な地区。その閑静な地に暫し。深川からこの地に事務所を移して11年。この地は、変わりつつも変わらない完璧な下町。別室に戻ったのは何時だろう。明日も、明後日も仕事。根岸の夜のようにひっそりとした時間も必要。

続きを読む

 

14

 

6月

 

2013

25.06.13 Thu

 

 9時半に西永福。赤坂、分倍河原と移動し、事務所に16時半。昼は、赤坂『東京油組総本店 』。地元入谷の『万人力』以外の油そばを初めて食す。これまた美味なり。夕方は、小雨降るなか、一昨日、昨日と口にした『煮込み』を求めて入谷の町をウロウロ。入ったのが『三富』。10年振りに訪れ『桜煮込み』(馬肉の煮込み)。感動すること暫し。別室に戻り、阪神の敗北に気が付かないふりをして、久しぶりに聖書を手に取る。死ぬまでに読み終えることができるのかなぁ~、と嘆息すること度々。

続きを読む

 

13

 

6月

 

2013

25.06.12 Wed

 

 午後、東銀座、茅場町、入谷、再び東銀座。旧友ににバッタリ。ビールを少々。上野に移動。アメ横に佇むことしばし。入谷に戻り、南川高志の『新。ローマ帝国衰亡史』(岩波新書)を読む。先日のドラマ『ローマ』を観る限り、衰退の原因は『あんた、そりゃぁ~、ローマ人は酒の飲み過ぎでっせ。』、といいたいが、どうもそうじゃないみたいだ。

続きを読む

 

12

 

6月

 

2013

25.06.11 Tue

 

 午後、恵比寿。会議を終え、急いで人形h町。『シュークリー』で17時に焼きあがったシュークリームを買い求め、手土産。『鳥元』で会食。食事を終え上野へ。入谷に戻り20時半。夜は、腹這いになりながら永井荷風の『上野』。昭和2年の作品。明治時代の上野周辺の模様が描かれている。当時の地図を広げてながら読む。すこぶる面白い。これによれば、西南戦争後の凱旋兵士が、除隊の命を待つ間、谷中あたりの寺院が宿泊所だったらしい。なるほど、根津、池之端、根岸の新花街の歴史はここに始まるのか、と大きな勘違いをする。そうこうしているうちにザック・ジャパンの勝利を知る。しかし、『シュークリー』のシュークリームは美味しいらしい。一日3回、それぞれ130個焼くらしいのだが、すぐに完売。したがって、いつも行列。今日は、小雨模様だったから運がいい。でも、食べたことはない。

続きを読む

 

11

 

6月

 

2013

25.06.10 Mon

 

 プロ野球の試合数は球団当り年間144試合。で、144連勝の全勝優勝を願っている巨人ファンがいる。阪神ファンには、そんな大それた願いをもつ者はいない。負けるから阪神ファン、猫のような虎だから阪神ファン、それが阪神ファンである。大阪人はボケとツッコミを一人でこなす稀有な人種である。このボケという自虐的なエートスが阪神とシンクロし、特異なファン心理を形成する。今日現在、阪神はセリーグ首位であるが、どうも落ち着かない。通勤電車で弁当を食べているように落ち着かない。これは一時の幻影、泡沫の夢、と自虐的かつ貧乏性な阪神ファンは。事務所向かいの「栄龍」で、今朝のスポーツ新聞を読みながら紹興酒を飲む。

続きを読む

 

10

 

6月

 

2013

25.06.09 Sun

 

 「初めに、神が天と地を創造した」のが西洋の神。「混沌のなかから、勃然と現れた」のが日本の神々。神が、すべてを創造したと考えるか、何かから生まれてきたと考えるのか、この差は大きい。だから、日本ではいたるところに神様が存在する。あまりにも身近すぎて権威がない(失礼!)。分かりづらいのが仏様。神様と仏様の違い。これはもう決定的に違うのですが、今日はここまで。結構暇な一日だったんです。

続きを読む

 

09

 

6月

 

2013

25.06.08 Sat

 

 今日は完全オフ。パソコンはオープンしない。携帯は鞄のなか。昨夜から、『ローマⅡ』(DVD)を観つづける。10話中6話観たところで息切れ。シャワーを浴び、出かける。映画館に飛び込みトム・クルーズの『オブリビオン』。夜は、愛犬と語り合う。話が通じたかどうか不明。

続きを読む

 

08

 

6月

 

2013

25.06.07 Fri

 

 真理に近い仮説を立て、それを検証・実践し、仮説を修正しつつ真理へと転換していく能力。これを仮説力という。複雑な現象について、その現象を構成する要素をコンセプチュアルに抽出、分類し、その相互関連を明らかにする能力。これを分析力といい、これらの要素を組み換え、または破棄・破壊し、新たな要素を組み入れ、異なった現状を創りだす能力を構想力・企画力という。昨日までの仮説、現状、課題、宿題、困惑、悲嘆、苦悩、元凶、反省、後悔等々を、まぁいいか、とリセットまたは忘れ去り、何のためらいもなく心新たにできる能力。これを忘却力またはリセット力という。ついでに、己の失敗、己の能力、己の成果に拘泥せず、他人のことに口を挟む能力。これを棚上力という。これらの人間力と関係なく、人に迷惑をかけることなく、漂うがごとく自然体で生きていくことのできる能力。この能力の持ち主を、達人という。

続きを読む

 

07

 

6月

 

2013

25.06.06 Thu

 

 午後、仕事と治療を兼ね、赤坂見附の歯科クリニック。17時に事務所に戻ったときには、すでに来客2名。打合せを終え、3人で四川料理。食後そのまま北千住へ移動。数曲歌っているうちに、気が付くと23時。入谷に戻ったころには、電池切れ。

続きを読む

 

06

 

6月

 

2013

25.06.05 Wed

 

 ここのところろの暴飲暴食のせいだか、胃が痛い。よもや、ストレスが原因ということはあるまい。夕方、事務所をいそいそと出て会食に。帰路は、途中書店に立ち寄り21時に入谷に戻る。別室で、ウキペの『イグノーベル賞受賞者の一覧』を読む。世には、真に優れた人がいる。「猫から採取した耳ダニを自分の耳に入れ、結果を丹念に観察・分析した一連の実験」を行ったロバート・A・ロペズ氏(1994年昆虫学賞受賞)や「ピカソとモネの絵画を見分けられるようにハトを訓練し成功」した慶応大学渡辺茂教授他の方々(1995年心理学賞受賞)。感動ものである。これらの研究に光を当てたイグノーベル賞が、世界平和と学問のためこれからも続くことをつくづく祈念する。こういうことに時間を費やしていると、胃の痛みも和らいできた。

続きを読む

 

05

 

6月

 

2013

25.06.04 Tue

 

  ♪粋な黒塀 見越しの松に 婀娜(あだ)な姿の洗い髪♪
  ♪死んだはずだよ お富さん♪
  ♪生きていたとは お釈迦さまでも♪
  ♪知らぬ仏の お富さん♪
  ♪エーッサォー 玄冶店(げんやだな)♪
 ご存知(?)、春日八郎の『お富さん』。50数年前に流行った唄である。もとは、歌舞伎の演目のひとつ『与話情浮名横櫛』(よわなさけうきなのよこぐし)。昔から、『玄冶店(げんやだな)』の意味が不明だったが、宴会では、手拍子を強くして、声の張りどころであった。意味なんか分からなくても一向に不都合はなく、げんやぁ~だなぁ~、と叫んでいたのだが、今日初めてその意味するところを知った。人形町で降り、チョイと横道に入ると『玄冶店』の地名碑があるではないか。そうか地名か。お富さんはここに囲われていたのか。

 『もし、ご新造さんえ。お内儀さんえ。お富さんえ、イヤサァ、お富。久しぶりだなぁ。』(与話情浮名横櫛

 夕方、逓信病院に知人を見舞い、四谷へ。夜は、『こうや 』で宴会。オーストラリア戦の影響か、客は少ない。

続きを読む

 

04

 

6月

 

2013

25.06.03 Mon

 

 終日別室で仕事。夜は、根岸の隠れ家で食事。栄龍と異なったチキンライスを味わう。くふぅぅ~、旨かぁ~。9時過ぎに別室に戻り、バタン。いつまでも、休息は労働があるから楽しい、なんて言ってらんない、と独り言。スローライフってどういうライフかな。

続きを読む

 

03

 

6月

 

2013

25.06.02 Sun

 

 17時半に『銀座ライオン』。さるボランティア団体のパーティに参加。ちょいと飲み足りない食べたりないで、上野に立ち寄り『大山/』へ。別室に帰ったころはヘロヘロ。キツイ一週間だったのか、キツイ一週間が始まるのか。

続きを読む

 

02

 

6月

 

2013

25。06.01 Sat

 

 中世ヨーロッパでは牧畜技術も進歩し、羊、豚、子牛などを盛んに食べていた。豚を11月に森につれていき、たらふくドングリを食べさせ太らせる。12月に殺し塩漬けにする。この時に必要なのが胡椒などの香辛料。この当時、この香辛料は南アジア(インド南端地域)、東南アジア(インドネシア地域)でしか産出しない。この香辛料が、コロンブスがアメリカ大陸を発見し、バスコ・ダ・ガマが地球を一回りした遠因であり、ローマ帝国や十字軍が戦争まで引き起こした原因でもある。夜、ビールとともに香辛料の効いた生姜焼きを食べながら、人間は本当に欲深いと感じた(スパイスの歴史に関するお話)。

続きを読む

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

10月

22日

20.10.22 Thu

 神は存在するか、ではなく、神を信じるか、でもなく、神はいた方がいいか。そりゃ、いた方がいいに決まってる。なにかと、便利だろうから。じゃあ、神はいるんだ。そう思うようになった。ようは、神も仏も、あまり期待しないことでしょうね。

2020年

10月

17日

20.10.17 Sat

 すき焼き、焼き鳥、寿司を食した一週間。当然、体重は増加します。医師からは、減量の厳命を受けているのですが。明日はウナギです。

2020年

10月

08日

20.10.08 Thu

 サンマ定食を食べながら涙ぐむ。こんなにも痩せちゃって。俺の知ってるサンマじゃない。もっと太るまでもう食べないよ。

2020年

10月

04日

20.10.04 Sun

 いやはや涼しいです。すっかり秋です。秋といえば新潟。しかも、見附市。見附城跡の麓で生まれたものですから。といっても、単なる小山で、城跡なんかなんにもなかったような気がします。いまや、縁戚も知人もいない見附ですが、GOTOなら大阪よりも見附に行きたい。ほんとうに、田園や雑木林以外は、何ら特徴もない普通な田舎なんですが、どういうわけか、立派な料亭だけはあるのです。だから行きたいのではないですが。

2020年

9月

25日

20.09.25 Fri

 最近の不思議というか分からないこと。一つ目、新型コロナ。いったいあんたは何ものなの。これほどまでに社会を変えるほどの大物なの。二つ目、安倍内閣支持率の急上昇。辞任発表をしてからの急上昇。いや、別に安倍さんの業績にケチをつけたいのではありません。発表から世論調査までの間、安倍さんは何もしていないのですから。三つ目、季節感。なんで急に季節が変わるの。これは季節が悪いのではなく、単に僕が鈍感なだけでしょうが。

2020年

9月

16日

20.09.16 Wed

 漱石の『坊ちゃん』には本名は出てこない。別に必要ないのだが、坊ちゃんを可愛がるお手伝いの清(キヨ)。坊ちゃんが松山に赴任したときは、いったいおいくつだったんだろうか。坊っちゃんは松山での教師を辞職して東京に帰ったあとは再び清と暮らすのであるが、清さんは相当に素敵な人だったんでしょうな。

2020年

9月

14日

20.09.14 Mon

 ようやく涼しくなりました。といっても蒸し暑い。まだまだ、わたしには夏です。これまでの人生において、私の場合、体型上、夏の期間が長く、秋冬の期間がが短い。暦の春夏秋冬と体感上の春夏秋冬が違うのであります。でも、夜明けが遅くなり、夜の帳が下りるのは早くなりました。総裁・総理が誰になろうと、秋はわが身にも来ております。明日あたりに、わたしにも秋が来るかな。