31

 

8

 

2013

25.08.31 Sun

  「空を見ろ!」「鳥だ!」「飛行機だ!」「いや、スーパーマンだ!」、は我々の世代で知らないものはない、TVドラマ『スーパーマン』のキャッチフレーズ。先日の「ハイヨー、シルバー」の『ローンレンジャー』に引き続き『tマン・オブ・スティール』を観る。我らがヒーロー、スーパーマン。昼は、自宅近くの『北葉飯店』で、ビールに餃子、カレーそば。このカレーそばの、この味をどうやって伝えたらいいのか。豚肉、野菜と粉カレーの絶妙なコラボ。スープが絶品。自宅に戻り、愛犬たちと昼寝。夕方起きだし、鉱物のシメサバに焼酎&ホッピー。夜は、愛犬と戯れながら夢のなか。私も愛犬たちも、前世はきっとカエルだったに違いない。
続きを読む

 

30

 

8月

 

2013

25.08.30 Fri

  10時に上野。暑い、暑い。17時半に来客。19時に来客とともに『たむら』。別室に21時。話が難しく少々頭が痛い。大の字になりながら松本清張論。『点と線』の項目を読んでいて気が付いた。昭和31年が時代背景である。主人公の刑事二人は42歳と32歳。42歳の刑事は初老と表現され、32歳の刑事は中年と表現されている。オイ、オイ、オイ、オイッ。この当時の定年退職年齢は50歳。だからといって、42歳を初老、32歳を中年はないだろう。ということで、調べてみたら初老にはこんなのがあった。そうか、太宰治も40歳は初老と認識していたのか。でも、まあ、あまり気にするのはやめましょう。
続きを読む

 

29

 

8月

 

2013

25.08.29 Thu

  9時に東銀座のクライアントへ。消費税改正に伴う社内勉強会に参加。三越のレストランでランチ。ビールを少々。14時に事務所に戻り、20時まで仕事。夜は、麻婆豆腐。事務所の駐車場で天を仰ぎ、涼気を感じる。秋は近いかな。

 夏と秋と 行き交ふ空の 通ひ路は 片へ涼しき 風や吹くらむ    凡河内躬恒

続きを読む

 

29

 

8月

 

2013

25.08.28 Wed

  たしか、10時半に上野松阪屋に赴き、津田沼へと移動し、西船橋で3時間ばかり裁判の打ち合わせをし、そのまま合計年齢196歳の3人で、駅前の居酒屋に入ったのは覚えている。タクシーに乗り、携帯電話をかけたことも記憶に残っている。いや、それしか覚えていない。気が付くと、別室で寝ていた。ったく、吾輩を含めて困った連中だ。
続きを読む

 

27

 

8月

 

2013

25.08.27 Tue

  終日、事務所で事務作業。飽きる。どうも落ち着きのない性質に加えて、外回り中心の交渉、営業畑の育ち。ジッとしていることが苦手というか苦痛。特に、裁判関係の資料なんかを読み始めると、途端に腰痛が始まる。夜は、鶯谷の居酒屋一休へ。スタミナ肉豆腐に牛筋煮込み、ホッピーの定番コース。別室に戻りゴロリ。ラジオで消費税の集中点検会合の話題。『社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案』、岩ユリ社会保障・税一体改革法案が成立したのが昨年の8月10日。あれから一年。税率引き上げは、法律で決まったことではないか、なんでこんなに仰々しくと、っ少々違和感。
続きを読む

 

27

 

8月

 

2013

25.08.26 Tue

  午前は、東銀座のクリニック。どうも、生活態度がよろしくないようで、いろんなところにその後遺症が出ている。要は、飲み過ぎ食べ過ぎ、睡眠不足。夕方、銀座。久しぶりに『ナイル』でインド料理。丸善に立寄りルノアールで読書。室町時代の混迷に関する本(『足軽の誕生』早島大祐)。
続きを読む

 

26

 

8月

 

2013

25.08.25 Sun

  8時から事務室で仕事。12時半に東京駅八重洲j口。一番街のラーメンストリートに立ち寄るも、いずこも行列。目当ての六厘舎は、待ち時間一時間以上。ランチは断念し、北口ノアールへ。打合せを終えたのが14時半。日本橋丸善に立ち寄り昭和史関係の本を購入。昭和と平成、どこが異なるのか。入谷に15時半。夜は久しぶりに愛犬たちに相手をしてもらい眠りにつく。
続きを読む

 

25

 

8月

 

2013

25.08.24 Sat

  9時からスタッフと会議。ランチは、麻婆豆腐とライス。午後、別室で横になっているといつの間にか寝入る。気が付くと17時。朦朧として『万人力』へ。ビール、チャーシュー、ワンタンスープに油そば。別室に戻りゴロリ。そういえば昨日は徹夜したんだっけ、と思いながら再び夢のなか。悪夢だった。
続きを読む

 

24

 

8月

 

2013

25.08.23 Fri

 平成10年から3万人台で推移してきた自殺者数も、平成24年には3万人を割り、この7月までは3万人を超えない様子であるが(自殺者数の推移)、それにしても相当な数である。最も自殺率の高い国は韓国だが、旧社会主義国も日本より自殺率が高い(国の自殺順リスト)。あまり軽々に発言してはならないが、もっと気楽に生きる考え方が自殺予防につながるのならば、私の得意技である棚上力とリセット力と忘却力を広めていきたいのだが。
続きを読む

 

23

 

8月

 

2013

25.08.22 Thu

 9時に事務所を出て、10時に戸越の顧問先。11時半に東銀座の顧問先。続いて13時に勝どきの顧問先へ。17時過ぎには日本橋の弁護士事務所。打合せを終え、18時には八重洲花さんしょう。9人で20数年前の同僚との会食。21時に終え、22時に入谷。シャワーを浴び、大の字。ふぅぅ~。藤圭子が自殺。どうでもいいことなのだが、なぜか気になる。同世代だからだろうか。
続きを読む

 

22

 

8月

 

2013

25.08.21 Wed

 10時から16時半まで勝どき。17時半に事務所に戻り、夏バテかな。夜は、久しぶりに三日月。ビールの2杯も飲むとほろ酔い。やはり夏バテ。別室に戻りゴロリ。文藝春秋9月号の『財務省1998年の敗北』を読みながら、しばし考え込む。財務省はどうでもいいのだが、この日本の、何が、いつから、どのように変わったのか。80年代を30台として、90年代を40台として、そして00年代を50台として生きてきた身には、この間に、何かが本質的に変わったことは実感できる。
続きを読む

 

21

 

8月

 

2013

25.08.20 Tue

 13時から北千住の顧問先。15時に喉の渇きを癒すためビールを飲み、18時まで。18時からは北千住の銀座アスターで食事。20時に入谷。シャワーを浴び、畳にゴロリ。押し入れの中に東芝のノートパソコンを発見。東芝のノート型パソコンは、一時期世界シェアのトップを走っていた。DVDにしろ、テレビにしろパソコンにしろ、日本メーカーのデジタルプロダクツは押しなべて赤字。dynabookを手に取りながら、世の移ろいを実感。他人事ならず我が業界、我が事務所も、気が付けば取り残されていた、なんてことが当たり前の時代となった。
続きを読む

 

20

 

8月

 

2013

25.08.19 Mon

 口にするまいと思うのだが、やっぱり、暑い。11時に所用で出かけ、いったん事務所に戻り、恵比寿、秋葉原、霊岸島と移動し、ほろ酔いと泥酔の間で入谷に戻ったときには、ぐったり。シャワーを浴び、ごろりと横になるとそのまま寝込んでしまった。気が付くと24時。今日一日がうたかたのごとく実感がない。スマホをみつめると、一日で10件の着信履歴。もう歳なんだから、こんなに忙しくなくていいのに。
続きを読む

 

18

 

8月

 

2013

25.08.18 Sun

 終日、本を読み落語を聴く。江戸時代の町人地は、中央区と台東区を中心とした城東地区に限定されていた。いきおい時代物や落語の世界には、事務所近辺の地域が登場する。特に吉原なんてのは、その存在の特性から、ほんとんどの物語に出るといってよい。その吉原の地は、当事務所から歩いて15分のところにあった。ということで、吉原の太夫(花魁)の話。吉原太夫の著名な名跡といえば、まずは三浦屋の高尾太夫。上方の吉野太夫、夕霧太夫とともに日本三大太夫。同じ三浦屋には揚巻太夫薄雲太夫という名跡があり、松葉屋には瀬川太夫という名跡がある。扇屋には花扇、滝川という両太夫、万字屋には玉菊、蔦屋に三吉野という太夫の名があげられる。いずれも、小説、歌舞伎、落語の世界で取り上げられるほど劇的な人生を歩んでいる。吉原が新吉原として千束の地に移転してきたのが明暦三年(1657年)。その前は日本橋は人形町にあった。初代高尾太夫などは、人形町の元吉原の時代である。もっとも、事務所所在地の入谷地域は、昔は入谷田圃といわれ坂本村の一地域に当たり、農村地帯であった。剣客商売や鬼平犯科帳の世界ではしばしば登場する。盗賊が隠れ棲む鄙びた一軒家のある農村として。
続きを読む

 

17

 

8月

 

2013

25.08.17 Sat

 久しぶりに愛犬とうたた寝。我が愛犬にも名はあるのだが、呼んでも両方が振り向くか、両方が無視するか、違ったほうが振り向く。つまり名前を覚えていない、か、私を無視している。犬種は、マルチーズとヨークシャテリア。もっとも、両方とも毛を刈り上げているので、マルチは山羊、ヨークはネズミのよう。このヨーク、もともとはイギリスのヨークシャー地方で、ネズミを採るために作出された近代犬種。マルチは、イタリアはマルタ島で開発された最古の愛玩犬。犬種やその歴史はともかく、私のいうことを聞かない。今日も今日とて、私を無視して傍若無人。私のことをなめている。本当に舐めている。
続きを読む

 

16

 

8月

 

2013

25.08.16 Fri

 今日から仕事。8時半に事務室。久しぶりにスタッフとの打ち合わせを終え、10時に来客。14時に勝どき。事務所に戻り16時。立秋を過ぎたせいか、いくぶん季節の移ろいを感じる。日差しに力がなくなった。暑いけど、秋は近い。さて晩飯。いずこも休み。ディープな鶯谷方面に歩き、『鶯谷苑』を覗くものの満席。3軒隣の焼肉店『金都』へ。ここがけっこう優れ店。事務所に帰りバタン。チキンライスを食いいてぇ~、と思いながら意識不明。
続きを読む

 

15

 

8月

 

2013

25.08.15 Thu

 久しぶりに、丸岡文化財団の『一筆啓上賞』を訪れる。友人を見送ったせいか、肌で感じる温かさが欲しくなった。以前にもご紹介したが、なんといっても2001年の受賞作がいい。 
「いのち」の終わりに三日ください
 母とひなかざり
 貴男と観覧車に
 子供たちに茶碗蒸しを
この三日の命を求める願いは、他にもある。 

「病院の外に健康な日を三日下さい。

  一日目は、私のふるさとに飛んで帰りましょう。そしておじいちゃんの肩をたたいて、それから母と台所に立ちましょう。おいしいサラダを作って父にアツカンを一本つけて、姉達と楽しい食卓を囲みましょう。

  二日目は、私は貴方の所へ飛んで行きたい。貴方と遊びたいなんて言いません。おへやを掃除してあげて、ワイシャツにアイロンをかけておいしいお料理を作ってあげたいの。

 三日目、私は一人ぼっちで思い出と遊びます。そして静かに一日が過ぎたら、三日間の健康ありがとうと言って永遠の眠りにつくでしょう」

『愛と死を見つめて 大島みち子書簡』
続きを読む

 

15

 

8月

 

2013

25.08.14 Wed

 9時に事務室。11時に来客。昼はスタッフと四川厨房。16時に千葉に戻り、シャワーを浴び17時半に逝去した友人の通夜に出席。昨秋、携帯で聴いた、無念だよ、との言葉を思い起こす。残されたご令嬢は中学生。今日は、言葉がない。
続きを読む

 

14

 

8月

 

2013

25.08.13 Tue

  8時半に毅然と起きる。仕事に取り掛かる。昼を食べに出かけて、暑さに挫ける。午後は、グダグダ。このダラダラ、グダグダが休みの醍醐味。夕方、ディープな鶯谷方面に歩き、何年かぶりの居酒屋『一休』。枝豆、牛筋煮込み、串焼き盛合せ、特製メンチにビールとホッピー。別室に戻り20時。大の字になりながら、一昨日に亡くなった友人を思い起こす。2歳下。先日は、2歳上の先輩を見送ったなかり。チョイとキツイ。枕元にある文藝春秋9月号をパラパラめくりながら、急に、太宰を読みたくなる、あの、リズム感溢れた良質な文章は、眺めているだけで身体に入ってくる。好きか嫌いかは別であるが。
続きを読む

 

13

 

8月

 

2013

25.08.12 Mon

  8時半から仕事。我ながら、惚れ惚れとする真摯な姿勢。でも、すぐに飽きる。午後、来客。16時に日本橋の弁護士事務所で打ち合わせ。17時半に上野。暑くて暑くてもうフラフラ。が、突然の雨。急いで事務所。小降りになりそうもない。缶ビールのプルトップを抜いて、グビグビ。トーストにチーズをはさんでガブリ。マイルスを聴きながら、文藝春秋9月号の『爪と目』を読む。こうして一人宴会。
続きを読む

 

11

 

8月

 

2013

25.08.11 Sun

  8時半に事務所。書類を整理して、クリーニング、片付けを終えると昼。食事制限。パンを一口。事務所は夏季休暇だが、私は明日から仕事。夕方、千葉へ。しかし暑い。暑いというより熱い。こういうときは、乏しい頭脳を機能させようするとオーバーヒートするに決まっている。ということで、パソコンで『テッド』。高田純次以上のテッドに癒されて、19時にビールのプルトップを引く。
続きを読む

 

10

 

8月

 

2013

25.08.10 Sat

  4時起床。もはや暑い。自宅から出ることができない。生後一ヶ月の姪の長女を眺めながら午前を過ごす。午後は、タランティーノの『ジャンゴ』をパソコンで観る。夜は、自宅に届いた仕事関係の資料を読んでいるうちに寝てしまう。ともかく、この暑さには閉口。
続きを読む

 

09

 

8月

 

2013

25.08.09 Fri 

  7時起床。今日から夏休み。仕事は溜まっているが、気分はいつもと別世界。別室と事務室を少しばかり片づけて、メリカのテレビドラマ『サン・オブ・アナーキー』を観て、伝助で千葉へ。ホームステイに来ている生後1か月の姪の子供と愛犬に挨拶。可愛い可愛い。シャワーを浴び、ビールとワインを飲み、フロフトを読みながらいつの間にか夢のなか。
続きを読む

 

08

 

8月

 

2013

25.08.08 Thu

  午後、赤坂見附から日本橋、門前仲町と移動し、3件の打ち合わせ。暑い暑い。夕方、事務所に帰りスタッフと軽くミーティング。明日から夏休み。栄龍は今日が休み。ということで四川厨房。麻婆豆腐に蜂の巣と牛タンの辛味和え。辛いィ~。22時半に別室に戻る。シャワーを浴び、布団にバタリ。職業としての「家事手伝い」と「家事見習い」の違いは何だろうか。考えているうちに寝てしまう。
続きを読む

 

08

 

8月

 

2013

25.08.07 Wed

  17時半に事務所を出て上野東天紅。わが業界団体の私的な集まり。この私が、若手と呼ばれる恐るべき集団。が、アルコールにやたらと強い集団でもある。ビールメーカには申し訳ないが、乾杯もそこそこに、紹興酒と日本酒。出される料理には手を付けない。ただただ、飲みかつ語る。どこをどうやって帰ったのか、気が付くと別室。あと一日で夏休み。仕事はしなければならないが、でも夏休み。この歳になっても夏休みが楽しみなんて。
続きを読む

 

06

 

8月

 

2013

25.08.06 Tue

  朝6時、激しい雷雨。8時半に事務所に入り、終日過ごす。夜は、松が谷の韓国家庭料理チョルラドで食事。いつの間にか、オーナーが代わっている。でも、満足満足。事務所に戻り、畳に大の字。こんなに見つめられては、天井も恥ずかしかろう。ある人物からの便りを手に取る。世間的には名も知れない人物だが、こいつを親分に、俺がナンバーツーで、と思わせるものをもっていた。長い付き合いではなかったが、どうしているだろうか。人間の大きさはその輪郭が見えないほうがいい。周りが息を吹き込んで、膨らませていけばいい。
続きを読む

 

06

 

8月

 

2013

25.08.05 Mon

  月曜日の午前、気怠さと慌ただしさがない交ぜ。午後、東銀座のクライアント先へ。仕事をを終え、事務所に16時に戻る。17時過ぎには。飲みに出かける。食事を終え、書店に立寄り数冊購入。ルノアールで読む。唐木順三の『無用者の系譜』。書かれている一遍上人に興味を抱く。ネットサーフィンも面白いが、書から書へのブックサーフィンもはなはだ面白い。入谷に戻り22時。バタンと倒れて意識不明。
続きを読む

 

05

 

8月

 

2013

25.08.04 Sun

  ランチミーティングを終え、事務所に戻り13時半。クリーニングへ行き、部屋を片付け伝助Ⅲ号で千葉。夕方、産れてひと月の赤ん坊の来訪を受ける。しばし、我が家にホームステイ。一応、姪の長女という存在。眺めているだけでも飽きない。今日の、ビールは本当においしい。
続きを読む

 

03

 

8月

 

2013

25.08.03 Sat

  9時からローンレンジャーを観る。懐かしのテーマミュージックに思わず興奮。午後は、うたた寝。18時に別室を出て浅草土古里に18時半。12名と一人のお子様。事務所の暑気払い。入谷に戻り21時半。いつの間にか、寝込んでいる。夏バテだな。
続きを読む

 

03

 

8月

 

2013

25.08.02 Fri

  午後、中延から西船橋。夜は、3人で西船橋の名店大漁船から番屋小屋。小宴が終わったころにはヘロヘロ。しかし、大漁船のクジラベーコンとクエの煮つけには感動した。
続きを読む

 

01

 

8月

 

2013

25.08.01 Thu

 新しく迎えたスタッフと6人で竜泉のツインツリーでランチ。少しばかり目を離していると、メニューが増えている。新メニューを制覇するには3日ばかりかかる。午後は、桜新町の顧問先へ。気が付くと17時過ぎ。冷えたビールと煮込みをいただき、帰路に就く。ずいぶん無礼な奴とお思いでしょうが、顧問先はこの地で有名なグルメ店。上野に戻り19時。まずは、シャワーを浴びたい、と急いで入谷。さっぱりして19時半。もともと下地の入った胃袋。辛いマーボーを求めて歩いて四川厨房。栄龍は、今日はお休み。21時に戻り、畳に大の字。酔っ払いながら、マゼランはどうやって地球は丸いことを証明したんだろうか、と考えた。マゼランはともかく、東へと漕ぎ出した船が西から戻ってきたら、みんなビックリするだろうな。でも、どうやって地球を一周したかを説明すればいいんだろうか。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

9月

16日

20.09.16 Wed

 漱石の『坊ちゃん』には本名は出てこない。別に必要ないのだが、坊ちゃんを可愛がるお手伝いの清(キヨ)。坊ちゃんが松山に赴任したときは、いったいおいくつだったんだろうか。坊っちゃんは松山での教師を辞職して東京に帰ったあとは再び清と暮らすのであるが、清さんは相当に素敵な人だったんでしょうな。

2020年

9月

14日

20.09.14 Mon

 ようやく涼しくなりました。といっても蒸し暑い。まだまだ、わたしには夏です。これまでの人生において、私の場合、体型上、夏の期間が長く、秋冬の期間がが短い。暦の春夏秋冬と体感上の春夏秋冬が違うのであります。でも、夜明けが遅くなり、夜の帳が下りるのは早くなりました。総裁・総理が誰になろうと、秋はわが身にも来ております。明日あたりに、わたしにも秋が来るかな。

2020年

9月

06日

20.09.06 Sun

 なんと9月ではないですか。アジフライやらサバサンドを食べているうちに体重も増加。最近、物忘れがひどい。とくに、ドクターのいうことが、忘れるというより、頭に残らないのか、とんと身につきません。

2020年

8月

30日

20.08.30 Sun

 昼前、鯖サンドを求めて市原まで。呑みたいビールをグッとこらえる。夜、アジフライを求めて稲毛駅前の居酒屋へ。ホッピー&焼酎でアジフライをかぶりつく。これぞ千葉県民の醍醐味。

2020年

8月

27日

20.08.27 Thu

 あつい、暑い、熱い。とにかく暑い。歳とともに暑さに対する耐久力がなくなったのか、年とともに熱さが増しているのか、その両方なのか、とてもこの暑さを楽しむことなんてできません。この老体・醜体をいまさら晒す勇気はありませんが、風呂に浸かるが如くプールに浮かびたいもんです。はて、最後に泳いだのはいつのことだったのか。

2020年

8月

26日

20.08.26 Wed

 熱くて思考も停止。久しぶりに東銀座に出かけたものの、所用を済ませてそそくさと帰還。思考そのものも、行動そのものの少々分裂気味。何のために何を考えているのか、何のために動いているのかよく分かりません。もともと目の前のことにしか反応しない人間なのですが、ここのところそれが酷い。

2020年

8月

06日

20.08.06 Thu

 コロナだの暑いだのといっている間に8月。そのコロナ、専門家の間でもいろいろと話が異なります。各国の指導者の間でも対応が異なります。別に、専門家や政治家があてにならないといっているのではありません。さほど自然界と人間の身体はまだまだ分からないことが多いということでしょう。いささかコロナには飽きてきました。明日は立秋。もう秋なんですか。