2015年

 

10月

 

31日

 

27.10.31 Sat

 気の七草といえば、ハギ、キキョウ、クズ、フジバカマ、オミナエシ、オバナ、ナデシコ。 情趣のない私には、さっぱり区別がつかないが。オバナ(ススキ)だけは見分けることが出来る。東京ではすっかり見つけることのできないススキ。出張先からの車窓から見ることができた。色合いのない所詮は枯れ草なのだが、これに感情を抱くことのできるのが日本人。

秋風に なびく尾花は むかしより たもとに似てぞ こひしかりける  大和物語

2015年

 

10月

 

31日

 

27.10.30 Fri

 今朝のコーヒーは旨い。普段は軽い頭も、飲んだ翌日には時々重くなる。昼に、また魚とビール。さすがに夜は肉を食べる。この3日間、ガソリン補給は十分。

2015年

 

10月

 

31日

 

27.10.29 Thu

 そろそろ鮭の季節である。越後村上は、江戸時代中期に鮭の漁法を開発した。その後その漁法は、東北諸藩に伝わることとなる。それはともかく、私の生まれた新潟は、取り立てて名物料理はないが、この鮭とのどくろ(アカムツ)は、これからその旨さに拍車がかかる時期である。ということで、今宵は鮭とのどくろを堪能.


2015年

 

10月

 

28日

 

27.10.28 Wed

 目標は高く、妥協は早く。生きるコツの一つである。後段の『妥協』に力点を置くのはもちろんのことである。残すところ2か月。今年最後の目標を掲げて、早めに妥協し、一年を終わりましょう。さて、今日からしばし東京を離れる。

2015年

 

10月

 

27日

 

27.10.27 Tue

 学習性無力感というらしい。無力とは、現状打開能力を喪失することである。攻撃され続けていると、これに反発・抵抗する能力を失い、これを受け入れてしまうらしい。無実の人間が、自白により罪を認めてしまう心的状況を、学習性無力感という。心理学の実験で証明されているという。たとえ死刑の罰であろうとも、長期にわたり回避困難な攻撃にさらされると、無実であっても罪を認めた自白をしてしまう。人間は、そんなに強くない。

2015年

 

10月

 

27日

 

27.10.26 Mon

 8時半に事務所を出て、地下鉄上野駅で銀座線に乗り換える。構内を、それなりに懸命に歩いているのだが、追い抜かれることがあっても、追い抜くことはない。もともと、小さいころから歩くのも走るのも鈍かった。そのことで、特段の損も得もしなかったが、上野駅も人々の歩く速度が速くなったなぁ~、なんてことを考えながら、東京を彼方此方と鈍い歩行でウロウロ。

2015年

 

10月

 

25日

 

27.10.25 Sun

 ジョン・キューザックという俳優がいる。彼が、若い頃に主演した映画『セイ・エニシング』で友人に電話した時のセリフ。ぼくは彼女にハートをあげたのに、彼女はぼくにペンをくれた。贅沢をいうな。なにもお返しのない男のほうが多いのだ。と、突っ込んでみたが、なんとなく一昔前のハリウッドを彷彿させるセリフである。

2015年

 

10月

 

25日

 

27.10.24 Sat

  Blueroses(青いバラ)といえば、不可能なこと、という意味。青いバラを作り出すことは園芸家の夢であった。遺伝子工学的には、鮮やかな青い色を生み出す酵素をバラは持っていない。この不可能にバイオテクノロジーの技術で挑戦したのがサントリーグローバルイノベーションセンター株式会社。さて、鮮やかな青を生み出せたかどうかはご確認いただくとして、青いバラへの挑戦は、その夢が叶わなかったとしても、多くの色のバラを生み出した。副産物を生み出すために夢がある。

 

2015年

 

10月

 

25日

 

27.10.23 Fri

 12時に事務所を出て麹町。14時半に西新宿。事務所に戻り17時。仕事用の機能はがすべて停止。

2015年

 

10月

 

23日

 

27.10.22 Thu

 9時に事務所を出て戸越へ。事務所に戻り、13時には上野。そのまま、16時に北千住。18時に打ち合わせを終え銀座アスターへ。入谷に戻ったのが23時。いったい、私は北千住で何をしていたのであろうか。

2015年

 

10月

 

22日

 

27.10.21 Wed

 9時半に事務所を出て13時に戻る。食事に出て14時に再び事務所。しばし仕事。気が付くと陽が落ちている。スタバでカプチーノ。このいつも飲んでるカプチーノ。イタリアで好まれているコーヒーの飲み方。元来はカトリック教会の一派であるカプチン会の修道士のことを指し、彼等が着るフードのついた修道服、カップッチョ(cappuccio、「頭巾、フード」の意)にちなむとされる(ウィキペディア)。このカプチン会といえば、サンタ・マリア・インマコラータ・コンチェツィオーネ教会(聖母マリア処女懐胎教会)。中に入れば、カプチーノ派修道僧の骸骨4000体。人の死に対する感性の違いを感じる。でも、カプチーノは美味しい。

2015年

 

10月

 

21日

 

27.10.20 Tue

 14時に来客。16時過ぎに打ち合わせを終える。新橋魚金総本店へ。入谷に戻り20時。なんだかフラフラ。まだ火曜日なんだが胃腸が悲鳴。

2015年

 

10月

 

20日

 

27.10.19 Mon

 昼は、赤坂見附でパスタ。四津は、北千住で焼き鳥。地域の特性に合わせた食事で実に満足。夜は、ナザレのイエスは文字を書けたか、なんてことの本を読む。書けたかどうかは別にして、文字を残していない。これは、釈尊も同じ。ソクラテスも残していない。書いている暇なんななかったのだ。考えているか、感じているか、話をしているか、忙しくて本なんか書いている暇はない。きっとそうだ。

2015年

 

10月

 

18日

 

27,10,18 San

 3時に起床。書斎で、中島敦の文章を読む。34歳で夭逝した作家。当然、その残された作品は少ないが、味わい深い文章を書く。昼は、千葉大前のがザル。ビールを二杯。自宅に戻り昼寝。気が付くと陽が落ちている。まさに、秋の日は釣瓶落とし。

2015年

 

10月

 

18日

 

27.10.17 Sat

 チューリップの球根一つを、小麦2ラスト(約4トン)、ライ麦4ラスト(約8トン)、太った雄牛4頭、豚8頭、羊12頭、雄牛の頭2頭分のワイン、バター4トン、チーズ1000ポンド、ベット1台、銀ビーカーで購入した者がいたという。1636年のオランダでの話である。例の、オランダ・チューリップバブルのことである。オランダ人といえば、ダッチ・アカウントで知られるようにケチで有名。そのオランダで、かくもバブルが生じたのは何故か。今日、そんなことが話題になったのであるが、ケチということは経済観念があるということ。その観念が突っ走ると物事の適正さの判断力を失う。が、この球根を購入した者は損をしたが、売ったものは得をした。このように、これをゼロサムであるとするのは投機観念であり経済観念ではない。

2015年

 

10月

 

17日

 

27.10.16 Fri

 14時半に北千住。日本橋を出立し、日光街道を歩き最初の宿場町が千住宿。江戸の昔から千住は一丁目から五丁目まで。場所も変わりがない。その時代、南千住という地名はない。千住三丁目に千住本陣があった。本陣があれば、旅籠もあり、歓楽街もできる。江戸の面影もないが、かつての歓楽街の名残はいまも色濃く残る。仕事を終えたときは陽が落ちている。北千住駅西口を、誘惑にかられないでスタスタ歩くのはけっこう難しい。

2015年

 

10月

 

16日

 

27.10.15 Thu

 8時過ぎに事務所を出て、東京を駆け巡る。17時半に新橋魚金総本店名物青のり豆腐を初めていただく。長生きはするもんだ。久しぶりの新橋に堪能。いつも嗅いでいる上野の匂いと異なるサラリーマンの匂い。霞が関に勤めていたころは、ここがホームグランド。もっとも、その時間帯は22時以降であった。入谷に帰り20時半。今日はここまで。

2015年

 

10月

 

15日

 

27.10.14 Wed

 仕事から帰り、夕方から夜にかけてパソコンにWindows10をインストール。何度チャレンジしてもうまくいかない。別に10にしなくてはならない理由なんて、これポッチもない。と、とうとう少々キレ気味。結局、諦める。こういう無駄な時間を過ごすのも、秋の夜。

2015年

 

10月

 

14日

 

27.10.13 Tue

 8時に事務所を出て築地。外国人観光客が多い。仕事を終え11時に上野。外国人観光客で溢れている。15時に来客。17時半に仕事を終え浅草寺。周りは外国人観光客ばかり。とみいでの会食を終え、入谷に戻り21時半。こうして一日が合わる。

2015年

 

10月

 

13日

 

27.10.12 Mon

 戸を出でずして天下を知り、窓を窺わずして、天道を見る(老子)。広く浅い読書から得られぬものが、狭く深い読書から得られる(小林秀雄)。百聞は一見に如かずというが、情報が溢れている今の世、しばし熟考の時を持たねばならん、と今日は閉じこもる。もっとも、ただただ寝ているだけだが。

2015年

 

10月

 

11日

 

27.10.11 Sun

 神学論争という言い方。非現実、不毛という意味合いで、現実性を欠いている議論であるとして、やや上から目線で締めくくりたいときに使用される。とくに、政治的・政策的局面で使われる。神学論争(普遍論争)は観念的で抽象的ではあるが、決して妥協して結論を出していい分野でもなく、無視していい分野でもない。だれかが、どこかで汗を流して、その知的格闘に取り組むべき課題であり、大いに議論されるべき課題である。その結論が出ないのは、われわれ人類の知恵が、まだそこまで達していないからである。軽々しく幕引きの言葉として使用すべきではない。と、思うのだが。

2015年

 

10月

 

11日

 

27.10.10 Sat

 第二次世界大戦での民間人の戦死者は約50万人。その殆どは、米軍の無差別空爆と広島・長崎の原子爆弾での被害である。敵国への無差別殺戮は戦時国際法上も禁止されているはずであるし、民間人を対象としたこのような大量殺戮は、法規範以前の問題として許されざることである。私の母方の故郷である新潟も、空爆に見舞われた。近親者にその被害者もいた。どうも私が、西部劇はともかくアメリカが好きになれないのは、こういう暴力に対する無神経さに苛立つからである。

2015年

 

10月

 

11日

 

27.10.09 Fri

 午後、西新宿。西新宿は広い。角筈村と柏木村とが合わさって角筈となり、西新宿となった。その4丁目。かつては十二社池があり、風光明媚な景勝地であった。昭和43年に副都心計画に伴い埋め立てられた。全くその面影はない。学生時代、この付近に仲間がアパートを借りていて16時。入谷に戻り17時。今日はここまで。しばし東京を離れる。

2015年

 

10月

 

09日

 

27.10.08 Thu

 8時に事務所を出て北千住。昼は、ビール付ランチ。そのまま茅場町。いろいろと油の売り買いをして、夕方再びビールを飲む。気がつくと別室でゴロリ。なんだか得をした、充実した一日。

2015年

 

10月

 

07日

 

27.10.07 Wed

 10時半に事務所を出て都立大学前へ。八雲茶寮で食事。15時に事務所に戻り。17時半に用賀。仕事を終え、チラシ寿司をいただき入谷に戻り22時半。今日も、用賀ビジネススクエアの優文堂書店が9月20日をもって閉店となっていたを知る。ここのところ、よく訪れるオフィスビル内の小ぶりな書店が立て続けに閉店となっている。日本の書店文化を嘆くのではない。チョイと本屋で時間をつぶすことができなくなって、実に不便。で、日本の文化水準が少し心配。

2015年

 

10月

 

07日

 

27.10.06 Tue

昼は赤坂見附でランチミーティング。その後、歯の治療。16時に事務所に戻り、17時過ぎに北千住の銀座アスター。いつ入谷に戻ったのか、気がつくと畳の上にゴロリ。治療の際の麻酔のせいか、午後はぼぉ~。もっとも麻酔とは関係なく、いつもぼぉ~、としているが。

2015年

 

10月

 

06日

 

27.10.05 Mon

 宇宙が有限であるとすると、その有限の壁の外側に何があるか。たまにはそんなことを考えようと夜を過ごす。単に、テレサ・テンを聴きながら雑読をしていただけだが、いいもんであります。

2015年

 

10月

 

05日

 

27.10.04 Sun

 北千住で会議。千住銀座アスターでビール付きランチ。北千住マルイの紀伊国屋書店で書籍を購入。ついでに東急ハンズに立ち寄り、来年の手帳を眺める。昔は、手帳の数は少なくシンプルだった。私は元来、何事も風呂敷のような機能が好み。なんでも包める、どのようにでも書ける、融通無碍、無原則、決め事の少ない手帳を購入。いつも、最後まで使わないのだが。

2015年

 

10月

 

04日

 

27.10.03 Sat

 出世払い、という言葉。私の年齢になるともう効力がない。というか、今の時代では死語。ツケで飲めるような店も存在せず、出世が前提となる社会でもない。この言葉の消滅は、ナウいにアベック、ハイカラ、とっくり(タートルネックのことです)などの死語とは社会的意味合いがチョイと異なります。

2015年

 

10月

 

04日

 

27.10.02 Fri

 昼、事務所大家東京菓子協会主催の菓祖神祭納会に出席。事務所ビル屋上には和歌山県海南市橘本神社(きつ­もとじんじゃ)の分社された東京菓子会館神社が設置されている。恒例の菓祖神祭。恒例のビール、ワイン、日本酒付き昼食会。13時にはメロメロ。でも、今日はまだまだこれから。

2015年

 

10月

 

02日

 

27.10.01 Thu

 社会人になって、年に12回ある一日(ついたち)のうち、最も感慨あるのが正月元旦。その次が10月1日。今日からその10月である。今年も残すところ3か月。夕方、御徒町に出てつむぎで食事。久しぶりに日本酒を熱燗でグビグビ。酩酊状態で事務所に戻り22時。酉の市のポスターをみて。今日から10月であることをみしみじみと実感。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2021年

1月

18日

21.01.17 Mon

 突然の話ですが、アメリカだけはヒットラーを産み出さない、と思っていたのですが、そうでもないようです。ちなみに、ぼくは西部劇は大好きなんですがアメリカという国は嫌いです。

2021年

1月

09日

21.01.09 Sat

  ここのところ、なんとなくやり残したことがあると思っていました。エキナカの乾物屋で、これだっ、と発見しました。さらしクジラです。グラム単価からすれば、高級食材となりました。子供時代は、嫌になるほど食べていたのですが。

2021年

1月

05日

21.01.05 Tue

 新年明けて5日目。2月17日に迎える古希の誕生日に向けて、日々を過ごすぼくにとっての楽しみって何だろう。さて、本当に何だろう。この30数年間、ほぼ泥酔状態で家に帰り、布団に潜り込む生活をしてきたぼくにとって、いまさら他の生活の楽しみを探せったって、無理です。この歳になると、他の楽しみを探すなんて無理です。ということで、一刻も早く、ぼくにとってこの過剰な自粛生活が解かれることが、今のぼくの楽しみです。

2021年

1月

01日

21.01.01 Fri

あけましておめでとうございます。

また一つ歳をとります。そのうち、自分と歳を忘れるときが来るのかもしれませんが、この2月で古希を迎えることとなるようです。悩みの多い年頃です。

2020年

12月

25日

20.12.25 Fri

 青山玄蕃という男がいた。大身3000石の旗本、万延元年(一八六〇年)のことです。だが、歴史には名を残していない。浅田次郎の『流人道中記』にのみ登場します。いやぁ~、実に快男子を産み出してくれたものです。ところで、今年もぼくの家にはサンタは訪れてくれなかった。

2020年

12月

17日

20.12.17 Thu

 寝ながら聴く山本周五郎の小説。描かれる主人公(女性)にはまっています。藤沢周平の描く女性よりも惹かれます。男ってのは、薄幸な女性に惹かれるもんなんでしょう。とくにぼくは。

2020年

12月

12日

20.12.12 Sat

 さて、年賀状。コロナを話題にするのは飽きた。コロナのことは書かない。そう決めた。でも何を伝えよう。60代も最後の年となると、そんなに起伏のある一年なんか送っていない。もっとも、もともとそんなに凹凸もなく、横幅も狭い生き方をしているのですから、メッセージ性の乏しい人間なんです、ぼくは。