2015年

 

12月

 

01日

 

27.11.30 Mon

 アボリジニといえば、オーストラリアの先住民族。5万年以上前に東南アジアから移住したと考えられている。1770年、キャップテン・クックがオーストラリアの地にたどり着き、一方的に英国領であることを宣言した。当時、オーストラシアには50万人以上のアボリジニが住んでいたというのに。その後、先住民族に対する差別、弾圧、虐待、虐殺は筆舌に尽くしがたい。人が住んでいる地にやってきて、『発見』だのといって、我が国の領地である、なんてことをやってきたのが西洋列国の歴史である。これを植民地主義という。さて、我が日本の歴史はどうであったか。

2015年

 

11月

 

29日

 

27.11.29 Sun

 朝6時起床。当然、二日酔い。シャワーを浴び二度寝。10時半に再び起きだす。久しぶりの寝だめ。日通は、コツコツと中央アジアの歴史を紐解く。突厥の歴史。トルコ民族の国家である。

2015年

 

11月

 

29日

 

27.11.28 Sat

午前3時に起き、7時過ぎに散歩。スタバで軽く朝食。そのまま映画。007スペクター。3日間の先行上映。昼は、ビール付きランチ。夕方、御茶ノ水。学生時代の仲間と忘年会。4人で飲みかつ語る。当然、深夜まで。

2015年

 

11月

 

29日

 

27.11.27 Fri

 9時に事務所を出て、東銀座のクリニック。薬局で薬を受け取り11時半。事務所に戻り12時半。今日は、やたらと血圧が高い。しばし休めとドクターの指示。普段他人の忠告は聞かない私も、休め、怠けろと指示は素直に受け入れる。ということで15時には別室で横になる。今日はここまで。

2015年

 

11月

 

27日

 

27.11.26 Thu

 午前は戸越。午後は上野。夕方麹町。夜は外苑前。今日利用した駅。22時に入谷。もちろんほろ酔い。

2015年

 

11月

 

26日

 

27.11.25 Tue

 朝起きて、寒ぶぅ~。布団から出れない。何が因果でこの温かい布団から寒い世間に出なければならないのか。目は覚めても、布団のなかでその温かさを味わう。やがて起きなければならない時刻がやってくる。これが人生か、なんてわけのわからないことをぶつぶつ言いながら起きてシャワー。11時半に赤坂見附。ランチ・ミーティングと歯の治療を終え、事務所に戻り16時半。17時半から会議。20時に終え、外に出て寒ぶぅ~。22時には、温かい布団を求め早々と横になる。

2015年

 

11月

 

25日

 

27.11.24 Mon

 16時に来客。17時半に来客とともに四川厨房。この10月に代替りして四川ではなく広東の味付け。私の、書斎兼会議室として相変わらず利用させていただいている。20時半に会議終了。ほろ酔いで別室に戻る。長谷川宏の著書をパラパラ。そして、一日が終わる。

2015年

 

11月

 

23日

 

27.11.23 Mon

 休日の入谷はひっそりとしている。午前は、仕事少々、読書少々。午後、うたた寝。DVD『誘拐の掟』。ローレンス・ブロックの『獣たちの墓』が原作。主人公のマット・スタガーをリーアム・ニーソンが演じる。マット・スタガーは、ニューヨークの免許のない私立探偵。元アルコール中毒。私の愛する私立探偵の一人。これまでにマット・スタガーが映像化されたのは『800万の死にざま』(1986)と本作品の二作。リーアム・ニーソンははまり役。シリーズ化されてもいい。早くしないと、私もニーソンも歳を取る。

2015年

 

11月

 

23日

 

27.11.22 Sun

 7時半に自宅を出て市内中心部へ。所要を終え、京鼎樓で小龍包とビール。自宅に帰り昼寝。日中、十字軍の本を読む。なるほど、一神教は非妥協的だ。クリスマスと正月行事が、個人のなかでも共存する寛容な日本人の精神風土は大事にしたい。夕方、再びビール。素晴らしきかな連休。

2015年

 

11月

 

23日

 

27.11.21 Sat

 今年最後の3連休。何をしようか。仕事を少々。仲間と開いている勉強会のテーマの勉強。維新のこの方、日本が目標とした欧米化は、果たしてこのまま目標足り得るのだろうか。少し考えてみるか。

2015年

 

11月

 

22日

 

27.11.20 Fri

 夜、昨日に引き続き上野。入谷に戻り23時。実は、日中から万人力で油そばを食べたかった。ということで、万人力に一直線。私が事務所を入谷に移転した平成14年ごろからしばらく、入谷地区の麺文化は未開発であった。開店してはつぶれる状態が数年続いた。いまや、麺処晴、きみはん、大勝軒、長山と、入谷麺文化のその後の発展は目を見張るものがある。その草分けの一つがこのお万人力である。開店当時の看板は千人力である。23時半に別室。満たされて横になる。

2015年

 

11月

 

20日

 

27,11,19 Thu

 11時に川崎。15時に西新宿。17時半に上野。大山で食事。二人で、メガハイ、大ジョッキとともに特性メンチ、アジフライ、ハムカツ、や生きとり盛り合わせ、サラダを平らげ、最後に特製チャーハン。飲み且つ食べること2時間。入谷に戻り、シャワーを浴び横になると、急に意識が遠のく。

2015年

 

11月

 

19日

 

27,11,18 Thu

 午後。市川の京成鬼越駅。地名は北方と書いて『ぼっけ』と読む。今から45年前、私はこの地に住んでい懐かしい。事務所に戻ったのが16時。19時に赤坂見附。とだで会食。22時半に銀座。入谷に戻ったころには日付が変わっている。よせばいいいのに、カステラを食べて寝る。

2015年

 

11月

 

18日

 

27,11,17 Tue

 午後、西新宿から麹町へ。打ち合わせを終え19時半。外は雨。寒くはないが、昼を食べそこね空腹。急いで入谷に戻りシャワー。鷲神社の二の酉と思ったが、雨が強くなり諦めて四川厨房へ。四川とはいえ味は広東。10月から経営者が変わった。結構うまい。

2015年

 

11月

 

17日

 

27.11.16 Mon

 10時に事務所を出て市川へ。昼は、市川駅のたんや十兵衛で牛タン定食。満足満足。最近、牛タンにハマる。唐揚げ、卵焼き、ウインナーから牛タンへ。味覚が大人になったか。そのまま築地に向かい16時に事務所に戻り、18時に御徒町に出る。吉池食堂で食事。好物の栃尾の油揚げを食す。満足満足。

2015年

 

11月

 

15日

 

27.11.15 Sun

 深夜2時起床。評判の米TVビドラマ『ラスト・シップ』を観る。朝は、たらこ入り卵焼きを挟んだ手作りサンド。これが、そのレシピを教えたくないほどの美味さ。私の味覚がおかしいのかもしれないが。昼は、スープで済ます。減量の決意は容易いが、その実行は難しい。

2015年

 

11月

 

15日

 

27.11.14 Sat

 昼に入谷を出て高円寺。16時に上野。18時に入谷に戻る。今日は寒い。冬である。夜は、焼き鳥を食べながら本を読む。もちろんホッピーも道連れ。

2015年

 

11月

 

13日

 

27.11.13 Fri

 10時半に事務所を出て、築地から赤坂見附。ニューオータニで打ち合わせ。麺処 NAKAJIMAで新蕎麦を食べる。美味い。事務所に戻り16時。今日は、予定がキャンセル。静かに夜を過ごす。黒川博行『落英』を読み笑い転げながら。

2015年

 

11月

 

13日

 

27.11.12 Thu

 6時に入谷を出て銀座へ。刀削麺園で食事。久しぶりにオリベでウイスキー。入谷に戻り11時過ぎ。夜、昨日キンドルで購入した『冒険歌手 珍・世界最悪の旅』(峠恵子)を読む。『私の最大の弱点――。それは「苦労を知らない」こと。その最大の弱点を不意に突かれてしまえば、きっと私はガラガラと音を立てながら脆く崩れ落ちてしまう。』で始まる珍冒険ノンフィクション。油壷を出港してニューギニアへの4人旅。一人リタイアし、また一人リタイアし、最後は二人で目的地へ。決して経験したくない、経験しなくてもいい冒険の連続。読んでいれば捧腹絶倒。気が付くと明け方。さて、寝よう。

2015年

 

11月

 

12日

 

27.11.11 Wed

 終日事務所。キンドルで気になる本を購入。井上章一と黒川博行。夜、気晴らしに両者の本を読む。電子書籍、パラパラとページをめくるよいっていいのか。秋の静かな夜。早めに眠りにつく。

2015年

 

11月

 

10日

 

27.11.10 Tue

 11時に来客。12時半に事務所を出て、厚木市の愛甲石田へ。丹沢の空気がひんやりと心地よい。仕事を終え18時半に虎ノ門。ハングリータイガーで食事。そろそろ忘年会のシーズン。ということで、会場予定地で忘年会の打ち合わせ。入谷に戻り21時半。仏教の本を読んでいるうちにウトウト。私は、大阪の某寺院の檀家ではあるが、宗門のことはもとより仏教の教えそのものを全く知らない。

2015年

 

11月

 

10日

 

27.11.09 Mon

 4時に起床。5時から仕事。午後、麹町の法律事務所。面倒な打ち合わせを少々。夕方にはガス欠。今日は、このまま音信不通。

2015年

 

11月

 

08日

 

27.11.08 Sun

 今日は立冬。もはや秋ではない。今日の寒さは冬。冬といえばお好み焼き。大阪育ちの私は、お好み焼きが大好物。このお好み焼きのルーツは浅草だそうだ。大正のころ、浅草を訪れた大阪商人が大阪に持ち帰えり、独自の発展をした。あの具を混ぜるという進化である。これが東京に逆輸入され、お好み焼きといえば大阪というイメージが定着した。もともとは重ね焼きがお好み焼きである。広島、富士宮はその重ね焼きを継承している。

2015年

 

11月

 

08日

 

27.11.07 Sat

 6時に事務室。10時に一段落。しばし外出。昨日までの晴天に比べ今日は曇天。バタバタとしている間に日が落ちる。夜、気が付くと眠ってしまっている。こうして11月も過ぎていくんだろうな。晩秋閑居(晩秋に世間との交わりを熄(や)めて、心静かに詠う:白居易)。

2015年

 

11月

 

07日

 

27.11.06 Fri

 人間は、自分が動物として出すエネルギーの何億倍ものエネルギーを操っている。車、電車、船、飛行機等々。原発なんてのはその極致でります。だから、便利で快適で健康的な生活を送れるわけでありますが、そのれも限度というものがあります。てな話をしている本を読んだ。私が二十歳の頃に求めた雑誌。45年前。50年前から現代文明の危機を孕んでいた。

2015年

 

11月

 

06日

 

27.11.05 Thu

 今日は一の酉。出先から入谷に戻ったのが18時。入谷駅は、珍しく混雑。鷲神社への人出。19時に酉の市に出かける。この風情がたまらない。20時半にほろ酔いで事務所。

2015年

 

11月

 

05日

 

27.11.04 Wed

 8時半に事務所を出て市川へ。市川から事務所に戻ったのが18時。夜は、久しぶりに四川厨房。実は、四川厨房の経営者がこの10月に変わった。前のご家族は四川に帰られたようだ。日本に良い印象をもって帰られれば、と願う。で、新しい四川厨房の味である。看板も内装も変わりないのだが四川ではない。おそらく広東風。第一、好物の石鍋麻婆豆腐がない。でも、味付けが異なっても美味い。

2015年

 

11月

 

03日

 

27.11.03 Tue

トレンディ・ドラマでは畳の部屋が出てもない。下町人情ドラマででは必ず畳の部屋で食事をする。さて、畳の上で寝ている人とベットで寝ている人、どちらが多数派だろうか。さるアンケートでは半々ということだが、どうもデータが古そうだ。もちろん私は畳派であるが。

2015年

 

11月

 

03日

 

27.11.02 Mon

 11時に白金。13時に赤坂見附。16時に事務所に戻り、16時半に来客。19時には久しぶりに入谷の夜。そういえばこの5日は酉の市。今年は三の酉まで。三の酉のある年は、火事が多いという。

2015年

 

11月

 

01日

 

27.11.01 Sun

 最古の人類は、アフリカ中有王部に位置するチャドにいたらしい。サヘラントロプス・チャンデンシスと命名された霊長類の骨のミトコンドリアDNAを研究した成果である。このミトコンドリアは、女系のにより引き継がれるという。全ての人類のミトコンドリアDNAは彼女に行き着く。700万年前の人類の母である。ただ、人類の父はだれかわかるすべがない。やはり神なのか。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2021年

1月

09日

21.01.09 Sat

  ここのところ、なんとなくやり残したことがあると思っていました。エキナカの乾物屋で、これだっ、と発見しました。さらしクジラです。グラム単価からすれば、高級食材となりました。子供時代は、嫌になるほど食べていたのですが。

2021年

1月

05日

21.01.05

 新年明けて5日目。2月17日に迎える古希の誕生日に向けて、日々を過ごすぼくにとっての楽しみって何だろう。さて、本当に何だろう。この30数年間、ほぼ泥酔状態で家に帰り、布団に潜り込む生活をしてきたぼくにとって、いまさら他の生活の楽しみを探せったって、無理です。この歳になると、他の楽しみを探すなんて無理です。ということで、一刻も早く、ぼくにとってこの過剰な自粛生活が解かれることが、今のぼくの楽しみです。

2021年

1月

01日

21.01.01

あけましておめでとうございます。

また一つ歳をとります。そのうち、自分と歳を忘れるときが来るのかもしれませんが、この2月で古希を迎えることとなるようです。悩みの多い年頃です。

2020年

12月

25日

20.12.25 Fri

 青山玄蕃という男がいた。大身3000石の旗本、万延元年(一八六〇年)のことです。だが、歴史には名を残していない。浅田次郎の『流人道中記』にのみ登場します。いやぁ~、実に快男子を産み出してくれたものです。ところで、今年もぼくの家にはサンタは訪れてくれなかった。

2020年

12月

17日

20.12.17 Thu

 寝ながら聴く山本周五郎の小説。描かれる主人公(女性)にはまっています。藤沢周平の描く女性よりも惹かれます。男ってのは、薄幸な女性に惹かれるもんなんでしょう。とくにぼくは。

2020年

12月

12日

20.12.12 Sat

 さて、年賀状。コロナを話題にするのは飽きた。コロナのことは書かない。そう決めた。でも何を伝えよう。60代も最後の年となると、そんなに起伏のある一年なんか送っていない。もっとも、もともとそんなに凹凸もなく、横幅も狭い生き方をしているのですから、メッセージ性の乏しい人間なんです、ぼくは。

2020年

12月

06日

20.12.06 Sun

 久しぶりのラグビー(早稲田対明治)。12月の季節感を感じます。ぼくが観るスポーツはいつもラグビー、ときどき相撲、たまにボクシング、年に一度の駅伝。今日は、ラグビーを堪能しました。