2016年

 

4月

 

01日

 

28.03.31 Thu

 今日は3月31日。深夜というのか早暁というのか、3時に起きて仕事を開始。締め切りというよりも、今日の打合せ資料の作成と予習。早朝から、来客、トラブル対応、打合せと、終日バタバタ。久しぶりの年度末緊張感。昨夜の睡眠時間は2時間。暗くなったころのには電池ギレ。いつの間にか寝込み、日付が変わっていた。

2016年

 

3月

 

30日

 

28.03.30 Wed

 8時過ぎに事務所を出て三軒茶屋。そのまま西新宿へ。仕事を終え、BARONで一休みして用賀へ。19時からの打ち合わせ。事務所に戻ったのが22時半。腰が痛いやら、胃が痛いやらでクタクタ。なんだか闘病生活を綴るブログのようになってしまったが、夜、久しぶりに聖書と万葉集を手に取ったことを書いておこう。体の休養も必要だが、心の休憩も必要。

2016年

 

3月

 

30日

 

28.03.29 Tue

 昼に赤坂見附。事務所に戻り西新宿へ。出先でレポートの作成。パソコンをカバンに入れて歩くと、腰に響く。16時半に事務所に戻り、19時には腰をかばい横になる。昨夜は遅く東京に戻り、今朝は4時から仕事。夜は気が付くとうたた寝。今日も、まるで腰痛日記。

2016年

 

3月

 

29日

 

28.03.28 Mon

 夜、東京に戻る。人の歩く速度が、速い速い。腰痛を抱えながら、自宅に戻る。

2016年

 

3月

 

28日

 

28.03.27 Sun

 少々、二日酔い。重い頭(これは二日酔い)重い体(これは事実重い)を抱えながら、あちらこちらと動き回る。こうして東京を離れ、東京とはなにか、を考える。東京は、あまりにも産みだすことを中心に造られている。もっと、生活を中心とした都市でなくては。

2016年

 

3月

 

27日

 

28.03.26 Sat

 朝8時に東京駅。しばし東京を離れる。新幹線乗り場は、ラッシュ・アワー状態。若い人が多い。卒業旅行なんだろうか。座席に座り、パソコンを取り出し原稿書き。隣のスーツ姿の若いビジネスマンは、焼肉弁当に缶酎ハイ。しかも2本。私が、食べて飲むべきではないのだろうか。

2016年

 

3月

 

26日

 

28.03.25 Fri

 9時に事務所を出て東銀座。事務所への帰りに秋葉原に立ち寄りいろり庵きらく。駅改札口外の立ち食いそば。天ぷらそばに春菊をトッピング。汁に溶け込んだ天ぷらの衣を見て、これこれ、これが食べたかったんだ。この歳で、駅の立ち食いそばにわざわざ途中下車する己の行いに、情けないというか、正直というか、少々複雑な思い。昼に事務所に戻り、月末の一日を過ごす。

2016年

 

3月

 

25日

 

28.03.24 Thu

 9時に事務所を出て11時に戻り、12時半に再び出かけ、14時半に事務所に戻る。夜は四川厨房。別室に戻り、一眠りして深夜に起きる。寒い。寒いと筋肉が強張る。腰の筋肉も強張る。強張れば、腰痛が始まる。ということで、少々本を読み再び寝る。

2016年

 

3月

 

24日

 

28.03.23 Wed

 夕方、上野に出かけねぎしで牛タン。ビールがうまい。もちろん牛タンも。上野のお山の桜はまだまだ。が、花見客が宴会。寒いだろうに。久しぶりに花見でもするか。

2016年

 

3月

 

23日

 

28.03.22 Tue

 午前は築地。午後は千葉市若葉区多部田町。千葉は、いや千葉市は、広い。モノレールに乗っていると、雑木林が至る所にある。仕事を終え、17時には千葉駅前の日本海。最初はビール。続いてサワー。ここまでくると、次は日本酒。さて、二人でどれだけ飲んだのやら。久しぶりの、酩酊を超えて泥酔。腰痛のせいだか泥酔のせいだか、とにかくまっすぐ歩けない。

2016年

 

3月

 

22日

 

28.03.21 Mon

 午後、所用があって浅草橋。帰りに幕張パサール鳥麻の焼き鳥を購入。ここの焼き鳥は、大振りで実に美味い。たっぷりと降りかかった塩味に、鶏肉の油と肉汁が絡み合い、1本につき缶ビール一本。昼を抜いて良かった。ついでの馬肉の燻製、イワシの丸干しを焼き、またビール。そうだ、胃カメラの後遺症の出血がまだ止まっていない。いつものことながら、気が付くのが遅い。

2016年

 

3月

 

21日

 

28.03.20 Sun

 オリエントの歴史の勉強も、やっとアケメネス朝ペルシャ。ローマの進出までまだ時間がかかる。かかるが、この時代になるとアレキサンダー大王とカエサルのことが気になってくる。アレキサンダー大王のことは、これから勉強するとして。カエサルのことは塩野七生の著書のその像を採用する。塩野氏によれば、歴史上もっとも魅力的な男性はカエサルらしい。とにかくやたらと女性にもてたという。そのカエサルも、絨毯に包まれてあらわれたクレオパトラ7世にメロメロになったというから、恐ろしい。当時、カエサル50歳。クレオパトラも、カエサルが虜になったぐらいだから、単なる美女ではなさそうだ。そのクレオパトラは、アレキサンダー大王と同じ血をひく。こういうことを勉強するものだから、時間がかかる。

2016年

 

3月

 

19日

 

28.03.19 Sat

 どういうわけか、朝食を抜いて、胃カメラを呑む。当然、美味くはない。午後は、高倉健の映画。高倉健しか演じなかった高倉健だが、その役柄は広い。でも、なんといっても花田秀次郎。

2016年

 

3月

 

19日

 

28.03.18 Fri

 昔の日本は良かった、と常に考えるのを『昔は良かった病』という。大体が、自分の10歳位の時代を、探し求める日本と考えるようだ。で、私はというと、昭和36年が10歳である。大相撲で柏鵬時代を迎え、テレビでは七人の刑事が始まった。どうやら人間の記憶は、10歳ぐらいから連続するらしい。で、この50年、日本は得たものが多いのか、失ったものが多いのか。便利にはなった。でも、不自由になった。そんな気がする。私も、病に罹っているのかも。

2016年

 

3月

 

18日

 

28.03.17 Thu

 8時に事務所を出て、23時に戻る。終日某所。ここ三日間、宴席続き。わが腰は反乱を起こしたが、胃腸はまだまだ吾輩に従順。深夜、上野ガーデンで求めた『塩味いか立田』をつまみながらビール。ほんま、よう飲む、と胃の声。

2016年

 

3月

 

17日

 

28.03.16 Wed

 10時に東陽町。昼に事務所に戻り、午後は終戦処理。今年も、何とか確定申告を乗り越えました。夕方は、竜泉のツインツリーで事務所の打ち上げ。飲み放題。いくつになっても、これには弱い。歩いて10分の道のりが、記憶にない。いつの間にか、別室で寝ていた。

2016年

 

3月

 

16日

 

28.03.15 Tue

 16時に六義園。千葉に住んでいるものの、40年以上を東京を仕事場としていて、訪れたのは今日が初めて。ひょんなことから、訪れることになったが、さすが柳沢吉保はすごい。駒込まで歩き、17時半からネパール料理ホワイト・ヒマラヤ。どこがネパールなのかよく分からないのだが、でも、なんとなく美味い。調子に乗って、ビール、ワインをがぶ飲みしていたら、腰のあたりがもぞもぞザワザワ。こりゃぁ~いかんと、21時に入谷。そろりそろりと横になる。

2016年

 

3月

 

15日

 

23.03.14 Mon

 寒い。しかも雨。仕事先から戻って22時。そのまま四川厨房。別室に入り23時。今日は寒い。買う低申告業務も、ほほ落ち着いた。残るは、私の申告書の作成。いつものことだが、いつもギリギリ。

2016年

 

3月

 

13日

 

23.03.13 Sun

 樹木の枝が切り取られた、殺風景な公園を窓越しにみながら終日書斎。ったく風情がない。しょうがない、殺風景さを由紀さおりで補い、井上ひさしのエッセイを読む。四谷に勤めていた30数年前のことを思い出した。井上ひさしの小説、随筆に出てくる、駅前の来々軒(中華料理)、三金(とんかつ)のこと。当時、井上ひさしの世界にはまっていたこともあり、私もよくここで飲んで食べた。最後に訪れたのは、20年近く前のことだろう。二軒とも、今は閉店した。変わるようで変わらない世間。変わらないようで変わる世間。私の思い出は、世間ではもはや通用しないものとなってしまったようだ。

2016年

 

3月

 

13日

 

28.03.12 Sat

 所用があって、稲毛の海辺を訪れる。いまから55年前に始まった造成工事による埋め立て地も、すっかりベット・タウン。千葉における利権は、この千葉の湾岸開発から始まったといわれ、日本の利権へとつながったといわれている。千葉に住んで40年、どうもそうらしい。でも普通の千葉県民は、千葉県を実に特徴のない県であること自認しております。ディズニーランドは東京と思っておりますし、落花生が千葉の代表であることをしぶしぶではありますが、認めております。わが愛車のナビも、千葉県に入ると、落花生が出てまいります。

2016年

 

3月

 

12日

 

28.03.11 Fri

 あれから5年。何も語らない。いや、語れない。まだまだ、私のなかで消化できていない出来事。10時に湯島、14時に西新宿、18時に東銀座。銀座ブロッサムでの顧問先のパーティーに出席して事務所に戻ったのが21時。太ももがパンパン。富士山の、下り6合目程度の腰から足への痛さまで回復したが、自力での回復速度が遅くなった。これも歳か。

2016年

 

3月

 

11日

 

28.03.10 Thu

 井之頭公園の井の頭池、石神井公園の三宝寺池、善福寺公園の善福寺池を武蔵野三大湧水池という。今のところ、井之頭公園に行く予定はないが、昨日は石神井公園、今日は善福寺公園を訪れる。もちろん仕事。さすが、武蔵野の台地の面影。かって湿地帯であった下町とは、樹木の気配が異なる。特に善福寺公園は、交通の便が悪いこともあり人影はまばら。秘境とまではいかないが、たっぷりと自然を味わえる。

2016年

 

3月

 

10日

 

28.03.09 Wed

 今から600年ほど前、石神井城という城があった。武蔵の名族豊島氏の居城である。今は石神井公園である。その石神井公園から戻ったのが20時。お供は秋元順子と坂本冬美。この二人も歌が、腰痛に効くことをに気がついた。

2016年

 

3月

 

09日

 

28.03.08 Tue

 そろそろ尻に点いた火が全身にに廻ってまいりました。腰痛の話ではありません。仕事の話であります。世間では、この確定申告の時期、さぞや税理士は忙しいのだろうとお考えでしょうが、そう、それなりに忙しいのであります。特に、私のような、人並に近い能力と、人並み以上の遊び癖のあるタイプにとりましては、3月も10日近くなりますと、全身火だるまのようになります。今日も、出先から戻ったのが22時。適当に冷蔵庫から何やら取り出し、食事とあいなったわけでありますが、疲れて空腹の体には、何を食べても、何を飲んでも美味い。こういうふうに、忙しさは体重を増加させる要因ともなるのであります。

2016年

 

3月

 

08日

 

28.03.07 Mon

 腰痛にも、腰痛の話にも飽きたのでありますが、飽きたからといって、痛さが消えるわけではない。今日も、腰の痛みとともに赤坂見附に出かけランチミーティング。15時に帰る。17時には横になり、20時に胃袋を満たすために四川厨房。22時に戻り坂本冬美。いつの間にか日付が変わっていた。

2016年

 

3月

 

06日

 

28.03.06 Sun

 午前、愛車伝助Ⅳ業にガソリン。ついでに洗車。見違えるように綺麗になる。日中、アメリカ・スペイン合作映画『記憶探偵と鍵のかかった少女』を観る。興行的には散々な映画であったようだが、なかなかどうして優れもの。サスペンス溢れたサイコ・ストーリー。ゆっくり見ていないとストーリーが理解できない。今様なテンポの速い映画を見慣れるていると、なかなか評価は厳しい。ちなみに原題は『ANNA』。少女の名である。いつも思う、映画会社の邦題のセンスは何とかならんのか、と。午後は、中国史の勉強。夜は、早々に横になる。

2016年

 

3月

 

06日

 

28.03.05 Sat

 早暁に起きて、横になりながら本を読む。15時に新高円寺。評議員に就任している公益法人の会議に出席。夜、入谷に戻る。今日はここまで。

2016年

 

3月

 

05日

 

28.03.04 Fri

 9時半に茅場町。11時半に築地。14時に西新宿。16時に事務所。17時に李客。そのままたむら。今年、二度目のフグ。20時に別室。痛み止めを飲んだ故か、はたまたアルコールの故か、一日なんとかもつ。もっとも。倒れるように万年床にゴロリとなったが。

2016年

 

3月

 

05日

 

28.03.03 Thu

 10時来客。11時半に上野池之端。事務所に13時。タクシーで往復。午後は、深呼吸しながら横になる。最悪の腰痛。久しぶりに体重計に乗る。こらぁ~、いかん。いくらなんでも、この体重を、わが腰に負担させてはいかん。痛い思いをしなければ、本質を理解できない。いや、いまでも理解したかどうか分からないが。

2016年

 

3月

 

03日

 

28.03.02 Wed

 9時半に事務所を出て移動はタクシー。午後は、静かに横になる。腰は痛くとも、アルコールは受け付ける。夜、飲みながら、ラーメンの後の日本のグローバル・フーズはなにか、と考える。かつ丼にカレーにおにぎり(鮭・たらこ)。そうだ、日本のコメは美味いんだ。

2016年

 

3月

 

02日

 

28.03.01 Tue

 当たり前のことだが、今日から3月。なんとなくこころ弾んで迎えたい spring であるが、朝から腰が痛くて痛くて。午後、ダウン。別室で静かに横になる。夜、もぞもぞと何やら食べて飲んで、やはり横になる。意識ははっきりしているのに動けない。退屈、退屈。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

9月

25日

20.09.25 Fri

 最近の不思議というか分からないこと。一つ目、新型コロナ。いったいあんたは何ものなの。これほどまでに社会を変えるほどの大物なの。二つ目、安倍内閣支持率の急上昇。辞任発表をしてからの急上昇。いや、別に安倍さんの業績にケチをつけたいのではありません。発表から世論調査までの間、安倍さんは何もしていないのですから。三つ目、季節感。なんで急に季節が変わるの。これは季節が悪いのではなく、単に僕が鈍感なだけでしょうが。

2020年

9月

16日

20.09.16 Wed

 漱石の『坊ちゃん』には本名は出てこない。別に必要ないのだが、坊ちゃんを可愛がるお手伝いの清(キヨ)。坊ちゃんが松山に赴任したときは、いったいおいくつだったんだろうか。坊っちゃんは松山での教師を辞職して東京に帰ったあとは再び清と暮らすのであるが、清さんは相当に素敵な人だったんでしょうな。

2020年

9月

14日

20.09.14 Mon

 ようやく涼しくなりました。といっても蒸し暑い。まだまだ、わたしには夏です。これまでの人生において、私の場合、体型上、夏の期間が長く、秋冬の期間がが短い。暦の春夏秋冬と体感上の春夏秋冬が違うのであります。でも、夜明けが遅くなり、夜の帳が下りるのは早くなりました。総裁・総理が誰になろうと、秋はわが身にも来ております。明日あたりに、わたしにも秋が来るかな。

2020年

9月

06日

20.09.06 Sun

 なんと9月ではないですか。アジフライやらサバサンドを食べているうちに体重も増加。最近、物忘れがひどい。とくに、ドクターのいうことが、忘れるというより、頭に残らないのか、とんと身につきません。

2020年

8月

30日

20.08.30 Sun

 昼前、鯖サンドを求めて市原まで。呑みたいビールをグッとこらえる。夜、アジフライを求めて稲毛駅前の居酒屋へ。ホッピー&焼酎でアジフライをかぶりつく。これぞ千葉県民の醍醐味。

2020年

8月

27日

20.08.27 Thu

 あつい、暑い、熱い。とにかく暑い。歳とともに暑さに対する耐久力がなくなったのか、年とともに熱さが増しているのか、その両方なのか、とてもこの暑さを楽しむことなんてできません。この老体・醜体をいまさら晒す勇気はありませんが、風呂に浸かるが如くプールに浮かびたいもんです。はて、最後に泳いだのはいつのことだったのか。

2020年

8月

26日

20.08.26 Wed

 熱くて思考も停止。久しぶりに東銀座に出かけたものの、所用を済ませてそそくさと帰還。思考そのものも、行動そのものの少々分裂気味。何のために何を考えているのか、何のために動いているのかよく分かりません。もともと目の前のことにしか反応しない人間なのですが、ここのところそれが酷い。