2016年

 

7月

 

01日

 

28.06.30 Thu

 人身事故、そのうちの鉄道自殺の多い首都圏の路線は、JR中央線、常磐線と続き、東武東上線が来る。以下、JR京浜老北線、宇都宮線、高崎線と続く。どうも埼玉方面の路線が多い。特に、東武東上線の増加は著しいという。いろいろ事情があるのでしょうが、自殺はやめましょう。生きてればなにか良いこともありますから。

2016年

 

6月

 

30日

 

28.06.29 Wed

 昨日に引き続き、夕方、東銀座へ。ひらいであなご料理。入谷に帰り21時。さて、明日が締め切りの原稿。頑張るぞぉ~。

2016年

 

6月

 

29日

 

28.06.28 Tue

 昼、来客。しばし打合せ。そのまま四川厨房。夕方、銀座。日月火で会食。久しぶりの八海山。語ること3時間。酩酊状態で地下鉄銀座駅。構内に入り、毎日顔を合わせてもいいほどの身近な知人と遭遇。世間は広くもあり狭くもある。入谷に戻り22時半。ヘッドスライディングのごとく倒れこみ、眠りにつく。

2016年

 

6月

 

28日

 

28.06.27 Mon

 出張先から帰り13時に事務所に戻る。夕方から別室に閉じこもり。仕事が少々たまった。胃が付くと21時。仕事をしているのか飲んでいるのか不明な状態。チーズにクラッカー、そしてナッツ。仕事はやめて、飲むことに専念。

2016年

 

6月

 

26日

 

28.06.26 Sun

 バブル景気とは、昭和61年12月から平成3年2月までの51ヶ月をいう。私の、35歳10ヶ月から40歳までである。木端役人であった私の周辺にも、バブルの香りが漂っていた。そのバブルの終焉とともに役人生活を中退し、泡の消えた社会に飛び込んだ。以来25年。職業生活のなかで最も長くなったこの期間、失われてもいないが、さりとて創ってもいない。日本の経済ってなんだろう、との思いが強い。

2016年

 

6月

 

26日

 

28.06.25 Sat

 夕方、千葉に帰る。ビールを飲んで一眠り。夜起きる。先憂後楽。天下の憂いに先に憂い 天下の楽しみに遅れて楽しむ。かの後楽園も同様の意味。私は、先楽後憂。我が処を先楽園と称す。

2016年

 

6月

 

25日

 

28.06.24 Fri

 午前。駒込。午後、北千住。夕方、銀座アスターで宴会。そのまま、Hide&Seekでジャック・ダニエル。入谷に戻り22時半。今週、夜は皆勤賞。先日の入院時、担当医から何か注意されたような気がする。

2016年

 

6月

 

24日

 

28.06.23 Thu

 9時に出かけ11時半に事務所に戻る。13時、15時、18時半と来客。来客とともに四川厨房で会食。そういえば、四川厨房の前オーナーは、昨年10月に四川にいったん帰国し来日。この4月から西浅草で味楽という名で四川料理店を開店したという。近々いかなくては。あの石焼麻婆を食べたい。別室に戻り21時半。昨日から読み始めた『家康。家を建てる』が面白い。

2016年

 

6月

 

23日

 

28.06.22 Wed

 二日間のブランク。仕事が少々たまる。気が付くと夕方。秋葉原に出かけチェルシー マーケット。フィッシュアンドチップスが食いたい。その一念。二人でビールを飲み始め、次第に四人となる。NYテイストな店。味も量もNY感覚。入谷に戻り、今年の直木賞候補『家康、江戸を建てる』(門井慶喜)を読み始まる。

2016年

 

6月

 

22日

 

28.06.21 Tue

 東京を離れて3日目。旅館の朝食。ビールに日本酒。三度目の宴会を始める。とにかく飲む。もう、これ以上お飲みになっては、と仲居さんからのブレーキがかかる。昼は3人でラーメン。ビール、日本酒は飽きたからと焼酎。なんとか空港にたどり着き、東京に戻る。

2016年

 

6月

 

22日

 

28.06.20 Mon

 東京を離れて2日目。昨日は、早朝に羽田を発ち、気の遠くなるようなご先祖様に、本当にわが先祖様なのかどうか不明なのだが、いろいろとご報告がてらお参り。夜は、40年来の知人と食事。今日は、昼前に先輩がホテルに来訪。車で移動。宴会を始める。15時、東京から友人が到着、3人で温泉へ。ひと風呂浴び、夕方から再び宴会。平均年齢66歳。飲んだ量たるや計り知れず。ことアルコールに関しては、間違いなくそこいらの若者に負けない。別に負けてもいいのだが。まさに、若肉老食の世界に興じる。

2016年

 

6月

 

19日

 

28.06.19 Sun

 これから三日間。東京を離れる。スマホは持っていくのだが、パソコンは事務所待機。要は、仕事ではない。

2016年

 

6月

 

19日

 

28.06.18 Sat

  朝、北千住駅地下のスタバ。ガラガラのスタバの居心地は抜群。椅子の座り心地は良くないが。昼過ぎに入谷に戻る。昼を抜いたため、久しぶりの超空腹感。半端な時間だが、冷蔵庫からハムを取り出し自家製サンド。これでもか、とハムを重ねる。昨日といい今日といい、自家製サンドも悪くない。結構コストは掛かり、体にも悪いが。小さなシアワセを得る。体には悪くとも、心には良いランチ。合わせれば、実に健康的な昼である。

2016年

 

6月

 

19日

 

28.06.17 Fri

 午前、東銀座。昼に御徒町から上野。久しぶりのアメ横散歩。もともと国際化の進んでいるアメ横が、さらに進化。大山でランチと思ったのだが、すでに長蛇の列。しかたがない、特製メンチカツを購入。事務所で、自家製メンチカツサンドを作る。頬張れば、別世界。ハンバーガーなんて目じゃない。今日のシアワセは、この自家製サンドに尽きる。

2016年

 

6月

 

17日

 

28.06.16 Thu

 10時に来客。13時半に来客。打ち合わせ。16時半に終了。少々、お疲れ。ガソリンが切れて上野へ。久しぶりにデリーでカレー。不思議な美味さに、日本のインド料理の奥行きの深さを知る。梅雨のなか入谷に戻る。

2016年

 

6月

 

16日

 

28.06.15 Wed

 11時に四谷。打ち合わせを終えこうやへ。久しぶりのこうやわんたんめん。33年前、四谷に勤務することになった、同じころに開店した老舗ラーメン店。すぐに行列のできる店となり、瞬く間に拡大した。ここのOB店はこうや系といわれる。食べ終え、小さなシアワセを得る。このプチ・ハッピーが生きてくで大事である。大きなシアワセを求めて得ても、その後は下り坂道かもしれない。小さなシアワセを積み重ねていく。事務所に帰り、夕方から勉強会。夜は、チーズとパンとビール。もう寝る。人より少ないかもしれないが、仕事嫌いな私としては働きすぎた。

2016年

 

6月

 

15日

 

28.06.14 Tue

 アジフライが食べたい。ということで、夕方、アジフライを求めて言問通り。入谷食堂でアジフライ。入谷には、食堂と名の付く食事処が数件あった。昭和の名残であるが、いまやこの入谷食堂しかない。ほろ酔いで別室に戻る。青魚をあまり食べない外国人にもアジフライは通じる。

2016年

 

6月

 

14日

 

28.06.13 Mon

 終日、別室に閉じこもり宿題。18時半にはガス欠に電池切れ。本とノートをもって四川厨房。20時に別室。気が付くと23時。一日が早い。人生は長いが。

2016年

 

6月

 

13日

 

28.06.12 Sun

 昼にビール。相手はウインナーと卵焼き。気が付くと缶ビールを3本。ひと眠りして夕暮れ時。公園に咲くセイヨウアジサイに梅雨を感じる。なぜ、この時期を梅雨というのか、その語源は、意外と分かっていない。分かっていないが、やはりこの時期の名前は梅雨(ばいう、つゆ)でいい。夕方、ハイボール2杯。相手はピザ。またまたひと眠り。起きて24時半。少々、本を読む。

2016年

 

6月

 

13日

 

28.06.11 Sat

 幾たびか主張していたことだが、その実力の割に過大に評価されているのはレモンとエビ。レモンの出しゃばり論、エビの横暴論として幾たびか主張してきた。何でもかんでもレモンを添えればいいという風潮、ミックス・フライの主役はエビであるとの間違った考え。別にレモンなんかなくともとんかつは美味いし、ミックス・フライの主役はアジフライだし、そんなにレモンとエビを有り難がることはない。と言ってきたのだが、ところが最近、レモンの元気のなさが気にかかる。なんとなく食卓からレモンが消えた。久しぶりに出会ったレモンをみて、もう少し頑張りな、と声をかけた。

2016年

 

6月

 

11日

 

28.06.10 Fri

 午後、聖路加病へ。時間を間違え、一時間半ほど早く着く。こういうときはkindle。今日発売の月刊文藝春秋7月号を、スマホにダウンロードし読み始める。診療を終えて夕方。本日の業務はここまで。彼方へと消えていく。

2016年

 

6月

 

10日

 

28.06.09 Thu

 10時に来客。下谷のからくさで食事をとり、14時まで打ち合わせ。話の内容もこれあり、少々お疲れ。夕方、食事に出かけ、22時半に戻る。傘をもって出かけたものの、さすほどでもなかった。これからの季節、ほこりを洗い流すような雨がふり、あじさいがあざやかに映える。この雨を、雨濯(うたく)という。

  木篇をや 水辺となすなす 梅の雨  伊藤信徳

2016年

 

6月

 

09日

 

28.06.08 Wed

 夕方、石神井公園。マルシェロロで会食。来週の6月19日で閉店という。マダムが、ご主人でもあるシェフ( パケ・ローランさん)と故郷の金沢に帰るらしい。マダムとは20年来のおつきあい。寂しい限りだ。今日は、居酒屋状態にすることなく店を辞す。入谷に戻り22時。ニュースを見ると、やはり某知事の話題。なんだろう、情けない気持ちになるのは。見てはいけないものを見たような、人間のいやらしさを感じる。

2016年

 

6月

 

08日

 

28.06.07 Tue

 夕方、日本橋へ。久しぶりに人生の先輩とお会いする。私より一世代上。私は、この世代の先輩に、読むべき本、本の読み方、読んだ後の活かし方などを学んだ。何か、私とこの世代とは、経験の質が異なるような気がしてならない。小一時間ほど話をして先輩事務所を辞す。ぶらぶらと小伝馬町へ。20年以上前、4年間程度ここらあたりを根城にしていた。懐かしい。目に入った串屋横丁に。たしか、ここは寿司屋だった。カウンターに座り、もつ焼きとビール。先輩が著した『長宗我部・復活編』(文春文庫)を読み始める。入谷に帰り20時半。引き続き読書。

2016年

 

6月

 

07日

 

28.06.06 Mon

10時に駒込。14時に西新宿。16時半に新宿の別のクライアント。19時に錦糸町。23時に入谷。一日、東京をウロウロ。ニュースを見ると、某知事の会見。もういい。気分が悪い。獅子文六の『食味歳時記』をパラパラと読む。味覚の未熟、成熟の話に納得。あるものの美味さに気が付くか気が付かないかは、人生の満足度に左右する。立ち食いソバを美味いと感じる味覚、若鮎の塩焼きに舌鼓をうつ味覚、等しく成熟させねばなりません。

2016年

 

6月

 

05日

 

28.06.05 Sun

 映画(DVD)三昧の一日。三匹の侍(1964年)、金環蝕(1975年)、ソロモンの偽証(2015年)と日本映画。ブリッジ・オブ。スパイ(2015年)のアメリカ映画。ふぅぅ~、疲れました。およそ50年の隔たりがある映画。でも、新旧の違和感を感じません。映像技術は進化したものの、映像を通じて描かんとする映画のメッセージに新旧はありません。まったく異質のメッセージを発した4作品、映画っていいもんですなぁ。

2016年

 

6月

 

05日

 

28.06.04 Sat

 昼、赤門で焼肉。ついでにビール。いや、ビールのついでに焼肉。私の乏しい法律知識でも、昼から飲んで違法ということない。したたか飲んで自宅に帰り昼寝。夕方、またビール。再び横になり、深夜に起床。少々、仕事。そのうち夜が明ける。これを徹夜というのか、何というのか。

2016年

 

6月

 

04日

 

28.06.03 Fri

 14時に来客。16時に打合せを終え、18時にはガス欠。久しぶりの四川厨房へ。ほろ酔い気分で、19時半に別室。畳の上で大の字。本と資料に囲まれた雑然とした狭い部屋であるが、天井は無限に広い。何も『無』いは、無限である。

2016年

 

6月

 

03日

 

28.06.02 Thu

 4時起床。8時事務室。9時半に入谷を出て、国立千葉医療センター。診察を終え、今日はそのまま千葉。ウーク・デイに千葉にいると、調子が狂う。狂ったついでにビールと焼酎。医者は何て言ってたんだっけ。もう忘れた。

2016年

 

6月

 

02日

 

28.06.01 Wed

 月も変わり、比較的のんびりとした一日。夕方、亀有に出かける。こち亀の両さんに挨拶をし、居酒屋ハッピーに。いやぁ~、亀有とハッピーに感動。若いころは歌舞伎町。亀有で飲むには、どちらかといと挫折を重ねた人生の年季がいる。ほろ酔いを少しばかり通り越し、再び両さんに挨拶をし、入谷に戻る。一日は斯くありたい。そんな一日。

 

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

4月

08日

20.04.08 Wed

 愚痴っぽくなるようですが、人生の後始末をつけなければと思うような歳になってコロナ危機を経験するとは。ぼくたちの世代は、逃げ切り世代ともいわれるように、戦後の苦労も大して経験せず、日本が膨れ上がるとともに、横並びにその恩恵をなんとなく受けてきた世代なんですが、ここにきてそのツケが回ってくるんじゃないかい、と思うことがあります。ぼく自身は、楽天的というよりも鈍感なものですから、あまり危機を感じない方なんですが、そのぼくがこれからの社会は大変な時代になるのではないか、と感じるものですから。ここは、若い方々に次の時代を切り拓いていただきましょう。

『あなたが生まれたとき、あなたは泣いていて周りの人達は笑っていたでしょう。いつかあなたが死ぬとき、あなたが笑っていて周りの人たちが泣いている。そんな人生を送りなさい。(ネイティブアメリカンの言い伝え)』

そのためにはあまり長生きをするのも考えものです。

2020年

4月

06日

20.04.06 Mon

 なんだか世界が一変したようです。上野、アメ横はガラガラ。千葉もガラガラ。いつも行列しなければならない食堂もガラガラ。首都圏だけの現象だといいのですが。地方に住む知人の話を聞きますと、まったく対岸の火事のようなところもありました。これはこれでホッとしたのですが、ウイルスの拡散速度とこれに対する政府と個人の対応の速度。対応速度が拡散速度を上回らなければ。ぼくなんか緊張感が続かないところがありますので、気をつけます。

2020年

4月

02日

20.04.02 Wed

 3月1日には29人。4月1日には527人。東京都のコロナ感染判明者数です。全国的に見て224人が2107人へ。全世界で87千人が873千人へ。基となるデータが異なるため、必ずしも正しい結論とは言えませんが、東京の感染速度が加速しているような気がします。それでも、この流れで4月中にストップがかかればいいのですが。ニューヨーク市は3月1日に感染者が初めて発見されたのですが、それが4月1日には48,000人です。爆発が繰り返されなければいいのですが。

2020年

3月

31日

20.03.31 Tue

 おいおいオイオイ。もう3月も最終日ではないですか。高血、糖尿、心臓疾患、高齢と、コロナのメインターゲットであるぼくは、これまで、世間の騒ぎを遠い向こうの話と思っていました。昔から、危機感が薄いというか、浅薄というか、リアリティをもって物事に接することができないタイプのようなのですが、最近ちょっとやばいかなと思うようになりました。同世代の志村けんさんが、ああもあっさりと召されるなんて。それこそ、オイオイおいおい、他人事じゃないぞ。

2020年

3月

24日

20.03.24 Tue

 咳やくしゃみをすると睨まれてしました。花粉症が原因で、マスクもしているのに。思わず、言い訳をしそうになります。今日の電車のなかでの話です。

2020年

3月

20日

20.03.20 Fri

 川があれば橋があります。道があれば坂があります。清水橋とか忍坂。東京の橋と坂です。粋な名称じゃないですか。だれが名付けたか分かりませんが。少なくとも行政ではないでしょうね。

2020年

3月

19日

20.03.19 Thu

 世のなかのことについてコメントする知見はないのですが、ぼくの身の回りのことについては、ぼくしかコメントすることしかできません。何かおかしいのです。株主総会を含め集まりがなくなりました。夜の案内もまったく届きません。夜の案内といっても変な案内ではないです。すし屋に入ってもガラガラです。駅の構内も往来も、ぶつからないで歩けるほどスカスカ。確かにコロナは怖いですけれど、ぼくにはコロナ以外に怖いものがいっぱいあります。年寄の自粛は分かりますが、若い人はそんなに委縮しなくてもいいんじゃないでしょうか。もっとも、加害者になることは避けるルールは必要ですが。