04102019

19.10.04 Fri

 人間、だれでも『死』への恐怖ってのがあるもので、が故に、宗教なるものが生まれたんでありましょうが、で、儒教。親への『孝』の儒教の本質も死への恐怖らしいです。人は、必ず死に至る、ということは少々生きていれば分かってまいります。そこでその昔、体内に流れる『血』の連続性のなかに、永遠の『生』を閉じ込めたらしいのであります。そこからあの儒教の知の体系ができたそうであります。なるほど、そう考えると儒教の教えるところの説得力も理解できるのでありますが、おぎゃー、と産まれたそのときから親不孝をしてきたぼくなんか、とてもじゃないがいまさら永遠の血なんか、望むべくもありません。

 

06102019

19.10.06 Sun

 ジンとドライ・ベルモットをステアーしてレモンピールを絞り、オリーブを入れるとマティーニになる。同じ材料をシェイクしパールオニオンを添えるとギブソンになる。ギブソンは、ジェイムス・ボンドの好んだカクテル。ライムジュースとジンをステアーするとジン・ライム。同じ材料をシェイクするとギムレット。これは、フィリップ・マーロウが好んだカクテル。焼酎にホッピーをステアーしたカクテルにはまだ名がありません。これはぼくが好むカクテルです。

 

12102019

19.10.12 Sat

 大多数の人には関心がない話でしょうが、阪神が巨人に勝ちました。それが昨日のこと、ということで今日は台風が関東地方をめがけてやってきております。

 

13102019

19.10.13 Sun

 昔、そう大昔、『ドクトル・ジバゴ』という映画を観ました。ストーリーは忘れましたが、テーマ曲のヒロインのララの名をとった『ララのテーマ』はいまもときどき聴きます。映画音楽史上最も美しい曲ともいわれております。でも、映画は断片的な映像しか覚えていません。どうも、僕が観るような映画じゃないな、という先入観があるようです。やたらと人が殺されるような映画ばかりを観てきたせいでしょうか。

 

16102019

19.10.16 Tue

 ぼくは、根が単純なのか素直なのか、小説や映画で、 さぁここで泣け、とばかりに責めてこられると、はい分かりました、と泣いてしまう性質なのですが、どうも鉄道員(ぽっぽや)の健(高倉)さんのように責められても、どうも泣けないのです。健さんにはやはり背中に義理と人情を背負って、ただただそれだけのために死地に赴く姿をみせていただくと、もう鼻水を垂れ流してしまうのです。それとET。その昔、映画館で、月を横切る自転車のシーンを観て、涙と鼻水をごまかすのが大変でした。

 

18102019

18.10.18 Fri

 涼しく、というか寒くなってまいりました。おでん、です。ところで、これを食べなくてはおでんを食べたとはいえない、というおでん界の王座は何でありましょうか。んなこと、自分がそう思えば別にどうでもいいだろう、というまことに正論を発せられる方が多いかと思いますが、厚揚げを食べないと気が済まないぼくは、たまごや大根に主役の座を奪われていると思われることが、少々、気になるのであります。気になりながら、昨晩、厚揚げを、いや厚揚げばかりを食べたのであります。

 

20102019

19.10.20 Sun

 早朝からL.A.コンフィデンシャルを観ました。公開時にも映画館で観ていますが、改めて、実に名作であることを確認しました。ラッセル・クロウとガイ・ピアースがいですなぁ~。クロウのあのさみしそうな眼差しをもった暴力性が、もうたまりません。でも、史実かもしれませんが、チョッと人が死にすぎです。さて、夜はラグビーの南アフリカ戦。これから昼寝をして備えます。

24102019

19.10.24 Thu

 

 ミシェル・フーコーの『狂気、作品の不在』。ムズかしい本のムズかしいところを飛ばして読んでいると、ほとんど読むところのないほど(ぼくにとって)難しい本の一つです。間違ってというか、何を勘違いしたのか、今日聖路加病院にもっていったのですが、あっという間に終わりました。もちろん、理解できません。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-10東京菓子協会ビル301

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2022年

1月

01日

22.23.01 Sat

 あけましておめでとうございます。

 大変お久しぶりです。別に忙しくはなかったのですが、ブログの更新に気が回らなかった昨年生12月でした。歳とともに新年のリセット機能が衰えてきたような気がしますが、もともと忘却力には自信のある人間です。新たな気持ちで、めでたく新年を迎えましょう。

2021年

11月

30日

21.11.30 Tue

 今日で11月が終わります。ほんとうになにもしなくても時は経過します。年が明ければ、ぼくは71歳になるのですが、歳をとるのに努力はいらないな、とつくづく思います。ただ、多少の苦労は必要ですが。

2021年

11月

26日

21.11.26 Fri

 最近、パソコンの老化が激しい。なかなか立ち上がらない。ときどき凍り付く。言うことを聞かなくなったいくつかのアプリ。押しても反応⒥しないキーボード。そろそろかな。パソコンの入れ替えって、結構大変なんだよなぁ~。

2021年

11月

13日

21.11.13 Sat

 いつの間にか11月も中旬。なるほど、何もしなくても時は過ぎるのか。今日は、netflixで時代劇を鑑賞(居眠り磐音)。市川歌右衛門や三船敏郎、中村錦之助での時代劇感覚が身に染みているぼくには、違和感と新鮮味が3:7。現代の時代劇も、けっこうおもしろいです。

2021年

10月

20日

21.10.20 Wed

 ハンフリー・ボガードの『カサブランカ』。「昨日は何してたの?」 「そんな昔のことはわからない」 「今夜はどうするの?」 「そんな先のことはわからない」。男なら、だれでもそれなりの場面で口にしたいセリフです。もちろん、ぼくにはそんなチャンスはありませんでした。でも、この歳になると、このセリフを自然と口にする場面があるのです。昨日のこともこれからの予定も、覚えていられなくなるのです。わが後輩諸君、がっかりすることはありません。まだまだチャンスはあります。

2021年

10月

18日

21.10.18 Mon

 都道府県魅力度ランキング、44位の群馬県知事がお怒りらしい。ぼくが50年以上住んでいる千葉県は12位。別に感想はありません。無視します。ぼくと知事では立場が離れ過ぎていて、義務として無視できないんでしょうね。お察しします。ところで、コロナってどこに行ったんでしょうね。隠れてるんなら、このまま隠れていてほしいんですけど。

2021年

10月

03日

21.10.03 Sun

 一部のマニアでは、レバニラ炒めをこよなく愛する者たちを、バニラ―というらしい。とすれば、ぼくはバニラ―歴40年ということになります。ラーメンにレバニラ炒をのせたやつをスタミナラーメンと、ぼくは勝手に思っています。このレバニラ炒を、ビール抜きで食べるという芸当をぼくはできないのです。ラーメンとビールは共存しないと思っているぼくでも、このスタミナラーメンだけは共存可能なのです。昨日、長い長いトンネルを抜け、レバニラ炒めの待つ町中華店に辿り着けました。こういうところを、桃源郷というのでありましょうや。