2019年

 

3月

 

31日

 

19.03.31 Sun

 5時に起床。自宅書斎で久しぶりに聖書の拾い読み。イスカリオテのユダは、銀貨30枚でイエスを売り渡した。銀貨30枚といえば、当時の賃金水準から試算するといまの価値にして100万円程度らしい。イエスの価値が100万円程度とは、との思いはともかく、なぜユダはイエスを裏切ったのか、なぜ群衆はイエスの処刑を求めたのか。ひょっとしたら、群衆もユダも他の弟子たちも引いていくような、イエスは相当過激な人間であったのでしょうか。女性にはもてたようでありますが。今日の昼はジョナサンでステーキ。最近ファミレスを覚えました。

2019年

 

3月

 

30日

 

19.03.30 Sat

 2時半に起床。深夜であります。昼、来客と自宅近所のバグースでランチ。夜は、今年最後であろう鍋。気が付くとうたた寝。疲れているようであります。

2019年

 

3月

 

29日

 

19.03.29 Fri

午前、池袋。そのまま午後は銀座。昨日、昼を食べ損ねたため、途中、歌舞伎座横の富士そばで天ぷらそば。この立ち食いそば、美味くもないが、さりとて不味くもない。コストと比較してそこそこ。このそこそこ感が飽きない理由。美味すぎると飽きがくる。不味いと食べれない。だいたい生き残るチェーン店は、そんなもんだが。

2019年

 

3月

 

28日

 

19.03.28 Thu

 午前、戸越。午後、上野。昼を食べ損ねる。夕方、煎餅を齧りながらメールの整理。ついでにkindleで月刊誌の拾い読み。気がつくと夜。一日が速いですなぁ~。

2019年

 

3月

 

27日

 

19.03.27 Wed

 午後、大手町から日本橋。丸善横の桜通りの桜が見事。今年最初の花見。仕事を終えて19時。さて、たまには日本橋で食事でもするか。

2019年

 

3月

 

26日

 

19.04.26 Tue

 午前、午後、夕方と来客。夕方、早々に電池切れ。電池が切れたときは、根岸ふじ。ここは、我が隠れ家。くたびれたときは、適度にくたびれ感の出ているお店がくつろげる。刺身とメンチカツと焼うどんで独りディナー。少々のアルコール。どうも、思考も生活も食も混乱しております。

 

 

2019年

 

3月

 

25日

 

19.03.25 Mon

 午前、三軒茶屋。午後、事務所に戻り、夕方、来客。17時半には、早々とガス欠。早速、ノートと万年筆を携えて鴻運樓へ。ここは、我が書斎。といっても、くだらない日記を書いて、ホッピー&焼酎を飲むだけだけれど。

2019年

 

3月

 

24日

 

19.03.24 Sun

 2年前の月刊文藝春秋を読んで、なぜ英国がEU を離脱したいのか、初めて理解した。そうか、英国人は自分達は欧州の人間と思っていないのか。そういえば、ヨーロッパの国で英語を母国語としている民族はいないし、英国は歴史的にも常にヨーロッパのどこかの国と対立してきた。俺達は、大英帝国の中心であってヨーロッパの端っこの国ではない、ということらしいです。今日は少し勉強いたしました。もちろん、いただいた百年の狐独も飲みましたが。

2019年

 

3月

 

22日

 

19.03.22 Fri

 10時に東銀座。12時に干駄谷の税理士会館。14時に再び東銀座。16時に俗に戻り、18時に浅草ラルース。事務所の確定申告業務の打ち上げ。ビール、ワイン、ウォッカで、いつもの通り泥酔状態。二次会、三次会へと行がなくなったものの、相変わらず馬鹿な生活をしております。

2019年

 

3月

 

21日

 

19.03.21 Thu

 寅さんの映画を3作。男はつらいよ寅次郎恋歌(1971年)、男はつらいよ柴又慕情(1972年)、男はつらいよ私の寅さん(1973年)。マドンナは、池内淳子、吉永小百合、岸恵子。当時の払は、20歳、21歳、22歳。今、この歳になって池内淳子の悲しみ、吉永小船の悩み、岸恵子の狐独が良く分かります。大人になったです、この私が。

2019年

 

3月

 

20日

 

19.03.20 Wed

 一昨日の月曜日。維新號で中華。昨日は、ぎんさ磯村で串揚げ。今日は、入谷の小香港で食べ放飲み放。いい歳をして本能の赴くまま生きております。

2019年

 

3月

 

16日

 

19.03.16 Sat

 11時半、西千葉駅のはなまるうどん。生涯2度目。肉うどんにかき揚げ、ちくわ天。ちょいと食べ過ぎ。午後は、西荻窪で某財団法人の評議員会。再び西千葉に戻りみどり。寿司とワイン。自宅に戻り21時。バタンと一日を終える。

2019年

 

3月

 

14日

 

19.03.14 Thu

 午後、西荻窪。夜、木場。この時期にお会いする顧客。20年のお付き合い。22時に入谷に戻り小香港。近くの席では女性が一人で、食べ放飲み放のコースにチャレンジ。女性は3000円、男性は3500円。そのうち、やってみよう私も。

2019年

 

3月

 

12日

 

19.03.12 Tue

 午後、大手町。ここを勤務場所としていたのは35年前。モダンな町になった。なにか昔と空気が異なる。入谷に戻り16時。17時には、ガソリンも切れ、電池も切れる。17時半には、川木屋でビール。日本酒、ワインを飲み〆に特製担々麺。事務所に戻り19時半。3年前の文藝春秋を拾い読み。

2019年

 

3月

 

11日

 

19.03.11 Mon

 午前、代々幡斎場。大先輩の告別式に出席。恩人である。93歳というご年齢からすればいつかはこの日を迎えるであろうと思ってはいたが、この別れはつらい。

2019年

 

3月

 

10日

 

19.03.10 Sun

 色メガネをサングラス、天然色をカラー、バンドをベルト。ここまでは追いついている。チョッキをベスト。何かとこんがらがる。ジャンパーをブルゾン、ズックをスニーカー。もう別物と思ってしまう。これから先、いろいろと追いつかなくなるんでしょうな。

2019年

 

3月

 

09日

 

19.03.19 Sat

 少々二日酔いの頭を抱えて御膳を過ごす。昼、とんでんで北海道ざるそば。午後は、文藝春秋4月号。平成の30年間が終わるという特集。私の平成は、38歳からの30年。職業生活の3分の2が平成。おそらく、明治維新後のこの方の30年区切りでは、平和な平穏な30年でありましょう。

2019年

 

3月

 

08日

 

19.03.08 Fri

 午前、来客。午後、東銀座から赤坂見附。いったん入谷に戻り、夜は銀座ブロッサム。顧問先の社員懇親会に出席。毎年、ご招待いただき感謝。入谷に戻り21時。本日はここまで。 

2019年

 

3月

 

05日

 

19.03.05 Tue

 確定申告業務の真只中。夜、根岸の居酒屋に沈む。

2019年

 

3月

 

03日

 

19.03.03 Sun

 After all, tomorrow is another day! 風と共に去りぬのスカーレットの最後のセリフであります。スカーレットは、女性でありますから、『だって、明日はまた新しい日なんですもの!』と訳さなければいけないのでしょうが、ここは文脈(ストーリー)とは関係なくチャンドラーらしく『明日になれば忘れるさ』とでも訳しましょうか、はたまた吉本風に『明日は、今日と違いまっせ』とでもしておきましょうか。いずれにしても好きな名セリフであります。映画そのものは、スカーレットというキャラクターがいまいちのため、あまり評価は高くないのですが、このセリフの出てくる最後のシーンは名シーンとして映画史上に残るでありましょう。ただ、歳とともに『Tomorrow is another day! 』が遠くなるのであります。昨日今日、自宅を出ずにDVDを観ました。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

4月

06日

20.04.06 Mon

 なんだか世界が一変したようです。上野、アメ横はガラガラ。千葉もガラガラ。いつも行列しなければならない食堂もガラガラ。首都圏だけの現象だといいのですが。地方に住む知人の話を聞きますと、まったく対岸の火事のようなところもありました。これはこれでホッとしたのですが、ウイルスの拡散速度とこれに対する政府と個人の対応の速度。対応速度が拡散速度を上回らなければ。ぼくなんか緊張感が続かないところがありますので、気をつけます。

2020年

4月

02日

20.04.02 Wed

 3月1日には29人。4月1日には527人。東京都のコロナ感染判明者数です。全国的に見て224人が2107人へ。全世界で87千人が873千人へ。基となるデータが異なるため、必ずしも正しい結論とは言えませんが、東京の感染速度が加速しているような気がします。それでも、この流れで4月中にストップがかかればいいのですが。ニューヨーク市は3月1日に感染者が初めて発見されたのですが、それが4月1日には48,000人です。爆発が繰り返されなければいいのですが。

2020年

3月

31日

20.03.31 Tue

 おいおいオイオイ。もう3月も最終日ではないですか。高血、糖尿、心臓疾患、高齢と、コロナのメインターゲットであるぼくは、これまで、世間の騒ぎを遠い向こうの話と思っていました。昔から、危機感が薄いというか、浅薄というか、リアリティをもって物事に接することができないタイプのようなのですが、最近ちょっとやばいかなと思うようになりました。同世代の志村けんさんが、ああもあっさりと召されるなんて。それこそ、オイオイおいおい、他人事じゃないぞ。

2020年

3月

24日

20.03.24 Tue

 咳やくしゃみをすると睨まれてしました。花粉症が原因で、マスクもしているのに。思わず、言い訳をしそうになります。今日の電車のなかでの話です。

2020年

3月

20日

20.03.20 Fri

 川があれば橋があります。道があれば坂があります。清水橋とか忍坂。東京の橋と坂です。粋な名称じゃないですか。だれが名付けたか分かりませんが。少なくとも行政ではないでしょうね。

2020年

3月

19日

20.03.19 Thu

 世のなかのことについてコメントする知見はないのですが、ぼくの身の回りのことについては、ぼくしかコメントすることしかできません。何かおかしいのです。株主総会を含め集まりがなくなりました。夜の案内もまったく届きません。夜の案内といっても変な案内ではないです。すし屋に入ってもガラガラです。駅の構内も往来も、ぶつからないで歩けるほどスカスカ。確かにコロナは怖いですけれど、ぼくにはコロナ以外に怖いものがいっぱいあります。年寄の自粛は分かりますが、若い人はそんなに委縮しなくてもいいんじゃないでしょうか。もっとも、加害者になることは避けるルールは必要ですが。

2020年

3月

16日

20.03.16 Mon

 途切れ途切れにブログを更新している間に、世のなかが大変なことになっている。コロナウイルスの恐ろしさもあるが、これによる経済の冷え込みへの恐怖。過剰に敏感にならない方がいいような気がするのですが、そうもいかないのでありましょう。個人的には、心臓に疾患のあるぼくなんか、よほど注意しなければならないのですが、あまり切迫感を感じないのは、ぼくが極度に鈍感なせいでしょうか。