0192019

19.09.01

 私が、いま知的に興味を抱いているのが日本人の古層。まぁ、日本人の価値観、倫理観の基層とでもいいましょうか、日本人の思考の基盤とでもいいましょうか。例えば、ことわざ。上から目線のことわざではなく、仲間同士が慰め合い、助言し、忠告することわざのなかに、日本人そのものを感じることがあります。悪妻は60年の不作、なんてことわざ。別に、妻を夫と読み替えてもいいのですが、これが Next to wife, a good wife is the best.(妻を持たないことの次によいことは良い妻をもつことである。)となると、いささか教訓臭くなり、なんか理屈っぽいのであります。日本人の倫理観ってのは、理屈ではないのです。さて、何でありましょうか。

 

 

0992019

19.09.09 Mon

 いやはや参りました。千葉市直撃の台風。千葉に閉じ込められました。おかげさんで、普段見ることのない地元の表情を見ることができました。やはりこの40年で、千葉は変化しております。

 

1592019

19.09.15 Sun

 暇人なのでありますが、どういうわけか9月に入って慌ただしく過ごしております。今日は今日とて、17時に丸の内オアゾのえんでの小宴に参加し、医者に何を注意されたのかをすっかり忘れ、21時半に酩酊状態で自宅に戻ったのであります。実は、その自宅を、先週に移転したのであります。移転といっても、旧自宅からすぐ近く。ということで慌ただしいのであります。

 

2092019

19.09.20 Fri

 今日は、朝からそわそわと落ち着きません。そう、ラグビー・W杯であります。その大昔、少し齧った者として、ラグビーに対する思い入れはサッカーの比ではありません。ということで、夜、ビールを片手にテレビ観戦。ジャパンの勝利に酔いしれたのであります。これから続くアイルランド戦、サモア戦、最終のスコットランド戦。厳しい戦いが続くでしょうが、血圧の上昇を気にしながらも観戦しましょう。しかし、ノーサイドの光景はいつみても感動ものであります。日露戦争も北方領土問題も関係ありません。

 

2292019

19.09.22 Sun

 ラグビーW杯。アイルランド戦とスコットランド戦。ジャパンがいずれ対戦する相手。これはもう大変。とてもじゃないがアイルランドに勝てるわけがない。いや、負け犬根性ではなく、どこをどうみても勝利は望めない。前日にしたたかに飲ませて、二日酔いどころか、へべれけの状態のアイルランドと対戦するという、ラグビーがもっとも忌嫌う陰謀をもってしなければ勝てません。堂々と勝負して、潔く敗北しよう。となると、10月5日(土)のサモア戦には是非とも勝利。スコットランドにはできれば勝利、少なくとも引き分け。そんな、計算をしておりますと、阪神ことなんかどうでもよくなりました。もっとも、阪神に対しては、いつも今季は諦め、来季に期待をしておるのでが。

 

2392019

19.09.23 Mon

 叶わないのならば、もう夢を見る能力なんかいらない、とまでセンチでなくとも、もう夢なんか見るもんか、と思った遠い昔の過去をお持ちの方は多いでしょう。私のような歳になりますと、若いころに、どのような夢を見たのかも忘れ去ってしまうのでありますが、夢を見る力がなくなっても、歳に関係なく『挫折』という感覚は残るものであります。そう、せっかく痩せた5㎏がリバンドしたのであります。挫折は、努力があって感じるものでありましょうが、あまり努力をしなくても挫折感は感じるものでもあります。私なんか、努力の割には挫折感のダメージが大きいタイプなものですから、今日は落ち込んでおります。

 

2792019

19.09.27 Fri

 人が感動するのが自己犠牲と無償の行為。これがなかなか実生活では経験できない。そこで映画の出番。我々の世代では、高倉健が演じる花田秀次郎。これはもう自己犠牲と無償の行為てんこ盛りの世界。いまから50年前、DVDのなかった時代。同世代の面倒くさい輩が、深夜の映画館で感涙に咽びながら観ることができたのは、シアワセだったといえます。

 健さん、あなたが私の青春だった

 

2892019

19.09.28 Sat

 なんと!!ジャパンがアイルランドに勝利。たとえSOのセクストン抜きのアイルランドとはいえ、この勝利は大きい。いやぁ~、感動しました。ひょっとしたらジャパンって凄いのかも。しかし。ラグビーのノーサイドっていいですなぁ~。ラグビーはファンもノーサイドなのであります。きっとジャパンのファンは、アイルランドのファンに祝福されたんでましょう。

 

3092019

19.09.30 Mon

 

 ラグビーに気を取られていたら、阪神が6連勝で3位に浮上。クライマックスシリーズ(CS)進出が決定。まぁ、なんと嬉しいやら悲しいやら。最終戦で決めるなんて。いましばらく阪神の試合を観ることができるのはありがたいが、なにも、こんなに押し迫って決めることはないのに。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

3月

31日

20.03.31 Tue

 おいおいオイオイ。もう3月も最終日ではないですか。高血、糖尿、心臓疾患、高齢と、コロナのメインターゲットであるぼくは、これまで、世間の騒ぎを遠い向こうの話と思っていました。昔から、危機感が薄いというか、浅薄というか、リアリティをもって物事に接することができないタイプのようなのですが、最近ちょっとやばいかなと思うようになりました。同世代の志村けんさんが、ああもあっさりと召されるなんて。それこそ、オイオイおいおい、他人事じゃないぞ。

2020年

3月

24日

20.03.24 Tue

 咳やくしゃみをすると睨まれてしました。花粉症が原因で、マスクもしているのに。思わず、言い訳をしそうになります。今日の電車のなかでの話です。

2020年

3月

20日

20.03.20 Fri

 川があれば橋があります。道があれば坂があります。清水橋とか忍坂。東京の橋と坂です。粋な名称じゃないですか。だれが名付けたか分かりませんが。少なくとも行政ではないでしょうね。

2020年

3月

19日

20.03.19 Thu

 世のなかのことについてコメントする知見はないのですが、ぼくの身の回りのことについては、ぼくしかコメントすることしかできません。何かおかしいのです。株主総会を含め集まりがなくなりました。夜の案内もまったく届きません。夜の案内といっても変な案内ではないです。すし屋に入ってもガラガラです。駅の構内も往来も、ぶつからないで歩けるほどスカスカ。確かにコロナは怖いですけれど、ぼくにはコロナ以外に怖いものがいっぱいあります。年寄の自粛は分かりますが、若い人はそんなに委縮しなくてもいいんじゃないでしょうか。もっとも、加害者になることは避けるルールは必要ですが。

2020年

3月

16日

20.03.16 Mon

 途切れ途切れにブログを更新している間に、世のなかが大変なことになっている。コロナウイルスの恐ろしさもあるが、これによる経済の冷え込みへの恐怖。過剰に敏感にならない方がいいような気がするのですが、そうもいかないのでありましょう。個人的には、心臓に疾患のあるぼくなんか、よほど注意しなければならないのですが、あまり切迫感を感じないのは、ぼくが極度に鈍感なせいでしょうか。

2020年

3月

10日

20.03.10 Tue

 いくつになっても変わらないのが、鯖寿司への思い。大阪風のバッテラでも構わないが。やはりここは京風の鯖寿司。こうも世間が後ろ向きに騒がしいと、今日は思いっきり鯖寿司でお腹と心を満足させることにした。食べたいものを食べたいときに食べるシアワセ。

2020年

3月

03日

20.03.03 Tue

 いつの間にか3月。しかも今日は上巳の節句。桃の節句です。ぼくの家系は、どういうわけか量的にも質的にも女系が強く、したがって雛祭りには昔から敏感に反応するのであります。まぁ、何かにつけての祝い事というのはいいもので、大っぴらに飲めるチャンスが多いのはありがたいことです。でも、最近は日本酒ではなくワインなんです。乾杯が。