2017年

 

11月

 

30日

 

29.11.30 Thu

 午前、戸越。午後、御徒町。事務所への戻りは、アメ横をブラブラ。大統領文楽大山の人だかりは、師走を前に一段と賑やか。こういう風景をみていると、仕事なんかしている場合ではない、とこころが騒ぎ出す。本日の業務は、ここまで。

2017年

 

11月

 

29日

 

29.11.29 Wed

 夕方、隙間時間ができたので、永井荷風の『つゆのあとさき』を青空文庫で読む。昭和6年作品。ご存知の通り、銀座のカフェの女給君江をめぐる物語。当時の、カフェや男と女の様子がよくわかる。男と女は、当時も今もちっとも、変わっていませんが、男どもを手玉にとる主人公の君江。齢は20歳。いい悪いの話ではなく、現代人は当時よりも幼児化してるかもしれません。当時は、早く大人にならなければならなかったのでありましょう。でも、荷風の作品は文庫で読まなければ味わいがでません。スマホとにらめっこでは、なかなか昭和初期の世界には入り込めません。

2017年

 

11月

 

28日

 

29.11.28 Tue

 午前、赤坂見附。午後、上野。事務所に戻り15時半。18時に、龍昇。石焼麻婆と紹興酒。事務所に戻り19時過ぎ。ぼぉぉ~、とすること二時間ばかり。パラパラと歴史書を眺め、なるほど、人類は相互に関連しながら、世界を創ってきたことを知る。時には反目しながら、時には協調しながら。某国も、早く世界に向けて門戸を開いた方が良い。

2017年

 

11月

 

27日

 

29.11.27 Mon

 午前、三軒茶屋。入谷に戻り、夕方、秋葉原。UDXのゆかりへ。先ずは、好物のどて焼を頼み、ビール。どて焼きを口に運ぶたびに、俺のDNAって大阪人なんだなぁ~、と感じる。鼻水と少しばかりの悪寒。なんだか風邪気味。早々に入谷に戻り横になる。狭い部屋だが、天井を見るたびに思う。ここは宇宙だ。

2017年

 

11月

 

26日

 

29.11.26 Sun

 夕方、銀座コリドー街。土風炉で、50年近くの付き合いの仲間10人で忘年会。バカ話を3時間。馬鹿が集まるのだから、バカ話は当然だが。

2017年

 

11月

 

25日

 

29.11.25 Sat

 日中、『現代用語の基礎知識2018』をパラパラとめくる。夕方、浅草。久しぶりにとみい。ワインをガブガブ。食事を終えて20時。何だか飲み過ぎ。酩酊状態で一日を終える。

2017年

 

11月

 

24日

 

27.11.24 Fri

 午前、東銀座。午後、厚木は愛甲石田。晴天の丹沢、見事な風景。17時半に新宿。エルターワの三間堂で食事。ヨドバシアキバに立寄り、21時に入谷。今週はここまで、ではなく、明日も明後日も忘年会。

2017年

 

11月

 

23日

 

29.11.23 Thu

 忘年会。夕方、地元千葉のかぼちゃワインへ。小一時間もすれば、地元の名店も居酒屋状態。いつ戻ったのか。 気がつくとベット。

2017年

 

11月

 

22日

 

29.11.22 Wed

 鰹の削り器。押して削るのは関東。引いて削るのが関西。そんなことはどうでもいいが、削り節をたっぷり入れたお好み焼きのような卵焼き。これだけでは寂しい。ということで、6Pチーズにサラミ。これにビールがあれば、今宵は十分でございます。

2017年

 

11月

 

21日

 

29.11.21 Tue

 午前、市川。午後、駒沢、御徒町。仕事を終えたのが18時近く。その間、盛んに携帯が鳴り、メールが入る。キレた。私は、こんなに勤勉ではない。もともとが、ダラダラと、優柔不断で、明日できることは絶対に今日はしない、今日しなければならないことも、できるだけ手を抜く。そんな性質の私は、人並み近く仕事をすると、キレてパニックになる。ここは御徒町。夜は、アメ横に潜むことにした。

2017年

 

11月

 

20日

 

17.11.20 Mon

 今日は、茅場町と東銀座を往復。16時半に入谷に戻る。隙間時間で、話題の『石つぶて』(清武英利:講談社)を読み終える。今日は寒い。こんな日は、エアコンとヒーターをフル稼働。部屋に閉じこもり。

2017年

 

11月

 

19日

 

29.11.19 Sun

 午前、千葉そごう。三省堂書店で本を数冊購入。駅ビルペリエの神田グリルでランチ。ついでにビール。自宅に帰り、昼寝。起き出して購入した本を読み始める。暗くなると、再びビール。今日はここまで。

2017年

 

11月

 

18日

 

2.11.18 Sat

 さて二の酉。朝、雲行きが怪しいなか散歩がてら鷲神社へ。境内は、酉の市の準備中。下町の朝は清々しい。午後、新高円寺。夕方、上野マルイのサバープラスとろ鯖棒寿司焼さば寿司を購入。今日の夕食。一人宴会には、冷酒とミステリィと鯖寿司。なんといっても手がかからない。

2017年

 

11月

 

17日

 

29.11.17 Fri

 もちろん造り方にもよるのは当然であるが、日本酒の味はその利用する水系によって異なる。だが私の舌では、その違いは分からない。舌では分からないが身体では分かる。ということで、その水系と好みが合えば、好みの酒ということになるようだ。好みとなれば飲み過ぎてもしまう。今宵は、丹波の酒。水系が合うのだろうか、飲み過ぎる。もっとも、水系に関係なく過ぎるのでもあるが。

2017年

 

11月

 

17日

 

29.11.16 Thu

 午前は、上野。不忍池の畔を歩く。午後、竹橋。帰りは、御徒町で降り、所要を済ませ、昨日に続いてアメ横を通って事務所に戻る。何処も晩秋の気配。今年も残り一月半。はてさて、人生の幾度目の年の瀬になるのだろうか。

2017年

 

11月

 

15日

 

29.11.15 Wed

 午前、新宿。日中、アメ横を歩く。アメ横は国際都市。客も売手もforeigner。夜は、久しぶりに万人力。ビールとともに油そば。やっぱりここの油そばは美味い。

2017年

 

11月

 

14日

 

29.11.14 Tue

 午前は事務所で仕事。午後、昨日に引き続き虎ノ門。夜はからくさ。そして鹿島茂『吉本隆明1986』。いまだに吉本、永六輔、寺山修司を卒業できない。『……結城(ゆうき)に塩瀬(しおぜ)の素描(すがき)の帯が……、大島つむぎにつづれの帯が……、……塩沢がすりに名古屋帯……、恋に疲れた女がひとり』(永六輔:女ひとり)なんて色香は思いもつかない。『振り向くな、振り向くな。後には夢がない。』(寺山修司)、『ぼくが真実を口にすると ほとんど全世界を凍らせるだらうといふ妄想によつて ぼくは廃人であるさうだ』(吉本隆明)なんてのよ読むと、いまでもしびれてしまう。もっとも、私はアルコールを飲んでもしびれておりますが。

2017年

 

11月

 

13日

 

29.11.13 Mon

 午前中は虎ノ門。今から30年前、私はここら辺りに通勤していた。懐かしく感じるとともに、記憶は少々苦くもある。虎ノ門となれば、昼はハングリータイガー大盛を注文して後悔、食べて満足。こういう時は、減量なんて言葉は我が辞書から消し去る。午後、虎ノ門から新橋まで歩く。なんだか年の瀬の雰囲気が漂う。街の風情ではなく、電話やメールの内容、コートの襟をってて歩く姿に。まぁ、時が解決しない問題はない。年末年始のリセット機能に向けていま少し頑張りましょう。

2017年

 

11月

 

12日

 

29.11.12 Sun

 芥川龍之介の『本所両国』。 昭和2年5月に、東京日日新聞(毎日新聞の前身)の大東京繁昌記に連載された東京下町の散歩録である。明治時代の地図を見開いてその足取りをたどる。足取りだけでなく、記載されている料理屋もネットでその場所を調べる。坊主軍鶏、与平寿司、豊田屋(現ももんじゃ)は確認できたのだが、柳島の橋本という料理屋がなかなか見つからない。山谷の重箱、浅草の八百善とともに評判の日本料理屋であった。さてこの柳島という地域、今の墨田区・江東区にまたがった広範囲な地域。意地になること一時間ばかり。見つけました、見つけました。明治時代の地図にありました。今の墨田区業平5町目の柳島橋にありました。見つけてみれば何のことはない、広重が柳島妙見堂で描いていた。ちなみに、芥川は連載の2か月後に自殺した。

2017年

 

11月

 

11日

 

29.11.11 Sat

 夕方、といってもすっかり暗い。ブラブラと野茶坊へ。塩で焼き鳥を数本。レバ塩が絶品。竹内力似の主人相手に一言二言。ビールとホッピー。小一時間で、10名も入れば目一杯の店を後にする。今宵はここまで。

2017年

 

11月

 

10日

 

29.11.10 Fri

 最近、メガネを探したり、人の名前を思い出したりすることに、起きている時間の2割を費やしている。メガネをポケットに入れながら、メガネを探すなんてことは、ありふれたコメディの仕草かと思っていたのだが、そうでもない。まぁ、そのうち何を探しているのかそのものを忘れてしまうだろうから、そんな後ろ向きな時間を費やすことがなくなるだろう。ということで、今日は、午前は北千住、午後は上野。私の縄張りのうち、鶯谷、北千住、上野を昨日今日と歩き巡る。そうだ、浅草が残っている。

2017年

 

11月

 

09日

 

29.11.10 Thu

 以下、今年の『現代用語の基礎知識』選ユーキャン慎吾・流行語大賞のノミネート語です。アウフヘーベン、インスタ映え、うつヌケ、うんこ漢字ドリル、炎上○○、AIスピーカー、9.98(10秒の壁)、共謀罪、、GINZA SIX、空前絶後の、けものフレンズ、35億、Jアラート、人生100年時代、睡眠負債、、線状降水帯、忖度(そんたく)、ちーがーうーだーろー!、刀剣乱舞、働き方改革、ハンドスピナー、ひふみん、フェイクニュース、藤井フィーバー、プレミアムフライデー、ポスト真実、魔の2回生、〇〇ファースト、ユーチューバー、ワンオペ育児。私としては、癒し系の『ひふみん』で今年を終えたいもんであります。

2017年

 

11月

 

08日

 

29.11.08 Wed

 週刊ダイヤモンドの今週号。その特集が外食チェーン全格付け。ベストランキング一位がすし銚子丸。二位がモスバーガー。以下、俺のフレンチ濱かつ梅の花と続く。外食チェーンについて語る知識はないが、なるほど外食チェーン抜きには我が食生活も成り立たない。ちなみにワーストランキングの第一位が笑笑

2017年

 

11月

 

07日

 

29.11.07 Tue

 夜、久しぶりの入谷で吉飲み。居酒屋吉野家に目覚めました。もはや常連。別室に戻り、月刊文藝春秋の本年分を飛ばし読み。今年やり残したことを片付けなきゃ、ってな気分。年末ですなぁ。

2017年

 

11月

 

06日

 

29.11.06 Mon

 久しぶりにアメ横を歩く。まさに国際タウンアメ横。民族や立場を飲み込むのがアメ横。夕方、Fundesu上野のモンパカで小宴。頑健な我が胃腸も、最近は歳とともに金属疲労。かつてのように400gを瞬く間に、というわけにいかなくなった。が、200はノープロブレム。今日は、この辺りでよしとするか。

2017年

 

11月

 

05日

 

29.11.05 Sun

 人生最後の三日間のメニュー。一日目は、焼魚定食、ラーメン、焼肉定食。二日目は、刺身定食、チャーハン、天ぷら定食。三日目は、餃子定食、メンチカツ定食そしてお好み焼定食。もちろん、ビール、日本書、焼酎。夜食に、鍋焼きうどん、カツ丼、牛丼なんかが叶うのなら拒否しません。

2017年

 

11月

 

04日

 

29.11.04 Sat

 午前、千葉神社。仏教の妙見菩薩(北斗)信仰を抱く神社。明治初年の神仏分離によって神社となったが故、天之御中主大神を祭神とする。ここいら辺りが、日本宗教のめんどくさいところ。宗教に国家が介入するとロクなことはない。昼は、地元のみどりで小宴。自宅に戻り、昼寝。ゴソゴソと起き出してビール。夜は、山本周五郎。そうだ、明日はお好み焼を食べよう。

2017年

 

11月

 

03日

 

29.11.03 Fri

 なんで休みなのか分からない。早朝、入谷に出て仕事。私は、他人が仕事をしているときに遊んでいるが、他人が遊んでいるときに、少しだけ仕事をする。夕方は。千葉に戻り宴会。

2017年

 

11月

 

02日

 

29.11.02 Thu

 今も昔も、一日がアッと過ぎていく。過ぎ方は違うのだろうが、もう11月。すっかり夜が早くなった。飲み始めるのも早くなった。今宵は千葉で宴。

2017年

 

11月

 

01日

 

29.11.01 Wed

 いやはや、とんでもない人間がいるるもんだ。三ヶ月という短い期間に9人もの人を殺めたという。酷い。言葉がない。理解できない。無視もできないが、これ以上のコメントもない。夜は、亀戸。総武線沿線で最も活力のある駅周辺。やはり、亀戸の天神様の御利益。ミートファクトリー&カフェで食事をして入谷に戻る。20時半。空を見上げて、冬。

 

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

11月

10日

20.11.10 Tue

 今日。久しぶりに発した言葉。理想は高く、妥協は早く。部下にです。

2020年

11月

09日

20.11.09 Mon

 気がつくと11月。かの国の大統領選に気がとられているうちに瞬く間に秋が深まる。まあ、そんなに興味があるわけでもなく、かの国の大統領が変わったとして、わが身になにがどのように影響するのか考えたこともないのですが、ともかく不思議であります。日本のマスコミを通じで受けた印象からすると、何が故にあそこまで接戦になったのか。ときどき、我が国民の民度が問題になることがありますが、かの国の国民の民度は問題ないのでしょうか。いや、問題はないのです。おそらく不思議ではないのです。彼にもいいところはあったのでしょう。ぼくにはわからないだけで。

2020年

10月

29日

20.10.29 Thu

 牛タンが食べたい。ということで某デパートレストラン街へ。大盛牛タンとビール、これは、神の祝福か悪魔の誘いか。プハァ~、ビールがうまい。こんな日はいい日に決まっている。

2020年

10月

22日

20.10.22 Thu

 神は存在するか、ではなく、神を信じるか、でもなく、神はいた方がいいか。そりゃ、いた方がいいに決まってる。なにかと、便利だろうから。じゃあ、神はいるんだ。そう思うようになった。ようは、神も仏も、あまり期待しないことでしょうね。

2020年

10月

17日

20.10.17 Sat

 すき焼き、焼き鳥、寿司を食した一週間。当然、体重は増加します。医師からは、減量の厳命を受けているのですが。明日はウナギです。

2020年

10月

08日

20.10.08 Thu

 サンマ定食を食べながら涙ぐむ。こんなにも痩せちゃって。俺の知ってるサンマじゃない。もっと太るまでもう食べないよ。

2020年

10月

04日

20.10.04 Sun

 いやはや涼しいです。すっかり秋です。秋といえば新潟。しかも、見附市。見附城跡の麓で生まれたものですから。といっても、単なる小山で、城跡なんかなんにもなかったような気がします。いまや、縁戚も知人もいない見附ですが、GOTOなら大阪よりも見附に行きたい。ほんとうに、田園や雑木林以外は、何ら特徴もない普通な田舎なんですが、どういうわけか、立派な料亭だけはあるのです。だから行きたいのではないですが。