2017年

 

5月

 

31日

 

17.05.31 Wed

 昼に、北千住の銀座アスター。顧問先の株主総会の懇親会に出席。極々自然にビールと紹興酒。ほろ酔いで、東急ハンズに立ち寄り事務所に戻る。5月も終了。本日の業務はここまで。夜は、『神々の明治維新』(安丸良夫:岩波新書)を読む。まるほど、宗教団体の宗教意識に潜む反権力性と反秩序性は権力者にとっては恐怖である。

2017年

 

5月

 

30日

 

29.05.30 Tue

 独りで呑もうと二人で呑もうと、酒は酒である。高い店(銀座・赤坂)であろうと安い店(入谷・北千住)であろうと呑めば酔う。呑み過ぎると二日酔いになる。祝い酒よりもヤケ酒の方が酒量は多くなる。したがって二日酔いになる。自分の金で呑んだ方が、気兼ねなく酔うことができる。アルコールに投じた金と時間は他に運用することはできない。呑んだうえでの様々な失敗は、人生の薬である。以上が、これまでの酒場経験から私が学んだことである。

2017年

 

5月

 

29日

 

29.05.29 Mon

 8時半に事務所を出て10時に三軒茶屋。早めのランチ・ミーティングを終え、事務所に戻り12時半。14時半に来客。少々込み入った話。17時に上野アメ横から御徒町へ。吉池食堂で会食。珍味でほろ酔い。中高年のツボを押さえたメニューに満足。入谷別室に戻り20時。ゴロリと横になり、『明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。』(マタイによる福音書6章34)を実践。

2017年

 

5月

 

28日

 

29.05.28 Sun

 6時半に事務室。10時半に入谷を出て秋葉原。所要を済ませ、昼は、UDXのラーメン 凪。アキバのラーメンはどこも水準が高い。でないと生き残れない。夜はカレー。今日は、日本のソウルフードを食す一日。

2017年

 

5月

 

27日

 

29.05.27 Sat

 11時に新宿のハイアット リージェンシー 東京。某公益財団法人のj評議委員会に出席。その後、懇親会。ほろ酔いで千葉に帰る。夜は、倒れこむように寝る。

2017年

 

5月

 

26日

 

19.05.26 Fri

 永田町と霞が関、おそらく日本のもっともクオリティの高い人間が仕事をしている地域であろう。が、いつも誰かが堂々と噓をついているところでもある。そして、どちらかが嘘をついているか分からないまま、曖昧に事が終わる。こんなことでいいのか。

2017年

 

5月

 

25日

 

29.05.25 Thu

 10時に御徒町、13時半に戸越。15時に事務所に戻る。蒸し暑い。苦手な季節がやってきた。18時半に、地元のときわ食堂へ。あいかわらずの殺風景で不愛想な店。が、これぞ下町の食堂。ナポリタンから刺身定食まで。カツオとサバ、肉豆腐にフキ味噌に定食セット。もちろんビールに日本酒。ほろ酔いで別室に戻り20時。畳の上で大の字。いつも思う。天井は宇宙だ。

2017年

 

5月

 

24日

 

29.05.24 Wed

 9時に事務所を出て東銀座。16時まで東銀座。16時半に事務所に戻り、19時に赤坂プリンスクラシックハウス。友人の出版記念パーティーに出席。昨日は恵比寿、今日は赤坂見附。なるほど入谷と異なり、道を行く人が若い、歩く速度が速い、街の色合いが華やか。これが地域格差というものか。雨のなか、入谷に戻り21時。暑い。スーツを夏用に変えなくては。

2017年

 

5月

 

23日

 

29.-5.23 Tue

 歴史のイフ。信長が明智光秀に殺されなくても、いまの日本はそんなに違わないと思う。もちろん多少のズレがあるだろうが。もし、イエスがゴルゴダの丘で処刑されていなかったら、世界はどうなっていただろうか。

2017年

 

5月

 

22日

 

29.05.22 Mon

 リンゴは、人間の歴史の重要な局面で登場する。イブはリンゴを食べて人間は原罪を負い、ウィリアム・テルはリンゴを射貫いて人間を解放し、ニュートンはリンゴの落ちるのを見て近代科学の出発となった。イブの昔から、リンゴは人間と切っても切れないものであります。季節外れの話題ではありますが、夜、ビールを飲みながら、だんだん甘くなるトマトを眺め、野菜と果物の違いって何だろうと考えていたら、突然にリンゴのことを思い出した。

2017年

 

5月

 

21日

 

29.05.21 Sun

 千葉って地名は、もちろん坂東八平氏といわれる武士団の一つ千葉氏にそのいわれがある。これはもう名門であって、県名として名を遺すほどの名族である。もっとも、千葉という地名は、千葉氏が千葉の名を称する前からあったようで、千葉って地名が千葉氏に由来するとは必ずしも言えない。まぁ~、地名のことは置いて千葉氏のこと。この千葉氏累代の墓碑が、我が自宅から歩いて5分と掛からない大日寺というところにある。千葉常兼から胤将に至る千葉氏16代の墓碑と伝えられている。今朝の散歩時にチョイと訪れてみた。いまから600年~800年近く前の墓碑だそうだ。銘文は判読不明。京都、鎌倉が政治の中信であった昔にも、下総という地方の政治と生活が息づいていたことが偲ばれる。たまの散歩もいいもんだ。

2017年

 

5月

 

20日

 

29.05.20 Sat

 昼、千葉そごうの永坂更科御前蕎麦。北海道の新蕎麦で芯のみを使用した蕎麦。久しぶりの更科で満足。夜は、ボクシングを観て早々に寝る。阪神の負けた日はつまらない。3連敗であります。どうも胸騒ぎがする。いつまで連敗が続くのか。

2017年

 

5月

 

19日

 

29.05.19 Fri

 今日から三社祭。夕方、御徒町から人形町、浅草へと移動し、入谷に戻る。地元小野照崎神社の今日から例大祭。浅草、入谷とも、地元は祭り一色。この地に事務所を構えて14年。いずれの神社にも顔を出すのが恒例となった。

2017年

 

5月

 

18日

 

17.05.18 Thu

 夕方、北千住。はなの舞で、顧問先の社員懇親会に出席。若者と語り元気が出る。入谷に戻り21時。別室で、止めればいいのにいぶし銀。もう絶品。事務所別室の常備品。一袋食べ、今日一日の充実振りに満足。芥川は、神は自殺することができないだろうと、神に同情したが、私はこのいぶし銀を冥土の土産とする。神様と一緒に食べるんだ。

2017年

 

5月

 

17日

 

29.05.17 Wed

 13時半に来客。16時に打合せを終了。16時半にガス欠。17時には、缶ビールのプルトップを引く。チーズ、クラッカーでビールを飲みながら、さて何を食べに行こうか、と考えていると、いつの間にか19時。一眠りして23時に起き、少々読書。カントールのパラドックスなんてのを読んでいるうちに、眠くなるのではなく、興奮してついつい夜更かし。

2017年

 

5月

 

16日

 

29.05.16 Tue

 夕方、上野精養軒。顧問先の某団体の総会後懇親会に出席。途中退出し上野藪そばへ。さて、あいやき、たまご。いたわさ。そしてビール。最後にせいろ。入谷に戻り20時半。阪神と稀勢の里の勝利を確認して、横になる。

2017年

 

5月

 

15日

 

29.05.15 Mon

 ママいつでも

 ぼくのこと

 ギューってしていいよ

 ぼくはあったかいから

 さむいひは

 おとくだよ

(吉永塁 6歳)

 今日、日比谷線東銀座駅構内の広告パネルに出ていた詩。題して『おとく』。詩人の故川崎洋氏が、『もうたいへんなものです』と語っている。私も若い頃は、『ぼくが真実を口にすると ほとんど全世界を凍らせるだらうといふ妄想によつて ぼくは廃人であるさうだ』(吉本隆明:廃人の歌)なんてのを読んで悦に入っていたが(いまでもそんなところがあるが)、こういう詩を読むと、もうまいった、である。

2017年

 

5月

 

14日

 

29.05.14 Sun

 午後、明治記念館。知人の結婚式に出席。祝宴の席は楽しい。あっという間の3時間。終宴のころには酩酊。

2017年

 

5月

 

13日

 

29.05.13 Sat

 昼は、地元名店の北葉飯店。餃子とビール。ここの餃子はとにかく美味い。午後、自宅に戻り昼寝。15時に起きて仕事。夜、ハイボールを飲んで二度目の昼寝?。夜半に起き出して仕事。明日、出かけなければならない。仕事は今日中に。一区切りついたのが26時半。このまま起きているべきか寝るべきか。などと思いながら、柴田翔の本を手に取る。高橋和己と柴田翔、そして中上健次、わが青春時代に体に染みついた原風景みたいなもんだ。

2017年

 

5月

 

12日

 

29.05.12 Fri

 夕方出かけ、23時に入谷に戻る。空腹を覚え、寝酒に唐揚げ。これがいけない、飲む気に火がついた。文藝春秋6月号を手に取り、気がつくと25時半。いかん、いかん。

2017年

 

5月

 

11日

 

29.05.11 Thu

 下り列車には未来がある。これは、兵庫県豊岡市長の言葉。その昔は、上り列車(東京行)に未来があったのだが、今はそうでもない。

2017年

 

5月

 

10日

 

29.05.10 Wed

 13時半に来客。15時に打合せが終了。根を詰めて打合せをしたせいか、16時過ぎにはガス欠。17時にはガソリンを補給する。21時には電池切れ。突然ですが、万物はいずれ劣化する。つくづく実感します。創生し成長しても、いずれ衰退する。

2017年

 

5月

 

09日

 

29.05.09 Tue

 夕方、吉池食堂へ、会食を終え19時半に入谷に戻る。最近、二次会に行くということがなくなった。夜、歴史における史料と資料の違いを本で読む。たとえば、宮本武蔵。ほんの数行しか史料がないということである。ということになると、吉川英治の創作力はものすごい。どこまでも史実かということよりも、このような人間がいた、と産み出す力は、あらためてすごい。

 

2017年

 

5月

 

08日

 

29.05.08 Mon

 日本の家族制度の歴史は、そんなに古くない。平安時代は、男が三日通えば婚姻成立、半年来なければ離婚が成立した。子供は、女の父が育てた。つまりお爺ちゃん。これは、お爺ちゃんにかなりの経済力がいる。したがって、子供の養育の放棄が多くなる。今でいえば家庭崩壊。でもその当時は、崩壊する『家庭』という概念がない。戦国時代までの経済力(家族制度)にしても同じようなものだという。人間にとって、経済というのは大事な要素であります。ただ、必要以上はいらない。てなことを、久しぶりに龍昇で餃子や石焼麻婆をを食べながら本を読んでいると、現代人ってけっこうシアワセなんだな、とつくづく感じる。

2017年

 

5月

 

07日

 

29.05.07 Sun

 3連休。少々休み疲れ。昼、ブラリと稲毛へ散歩。地元の行列店屋台拉麺一'sでラーメン。なかなか美味い(さっぱり系)。ついでに一口餃子。ランチビールはグッと我慢。自宅に帰り、パソコンで阪神の試合結果。広島に3連勝で首位をキープ。これで5連勝。阪神ファンとして、5連勝くらいまでは素直に落ち着いて喜んでいることができる。6連勝を超えると、そのリバウンドが気になって、不安になってくる。もうそろそろ負けても良いぞ、と。連勝のし過ぎは、急な減量と同じ。リバウンドが怖い。

2017年

 

5月

 

06日

 

29.05.06 Sat

 

 早朝からDVD三昧。特捜部Qキジ殺しPからのメッセージ。デンマークの刑事サスペンス。優秀作。アイアン・フィスト。タランティーノ監督の駄作。ただ、アクションの映像はさすが。続いて、消されたヘッドライン。ラッセッル・クロウ主演の秀作。新聞記者が主役。役作りなのか、クロウのデブ具合が気にかかる。やはり、新聞記者は痩せていた方が様になる。夕方、浅草に出てラルース。仲間と会食。久しぶりにロシア料理。泥酔。

2017年

 

5月

 

05日

 

29.05.05 Fri

 子供の日。天気晴朗。朝早くから課外活動。夕方、日焼けもして、グッタリ。ビールが美味い。

2017年

 

5月

 

04日

 

29.05.04 Thu

 6時半に事務室。終日仕事。他人が休んでいるときに仕事をしていると、疲労は倍加する。夕方には、仕事をしているのがバカバカしくなる。今日はここまで。

2017年

 

5月

 

03日

 

29.05.03 Wed

 9時に入谷を出て17時半に戻る。連休でも忙しいのである。何故か。それは能力がないからであり、普段サボるからである。夜は、龍昇。石焼き麻婆と高菜チャーハン。

2017年

 

5月

 

02日

 

29.05.02 Tue

 連休谷間。実に穏やかであるが、個人的にはいささか忙しい。税理士稼業が因果なのか、個人事業主が因果なのか。

2017年

 

5月

 

01日

 

29.05.01 Mon

 昼近く珍客来所。昼は、東天紅上野本店。夕方は、虎ノ門ハングリー・タイガーで会食。このハングリータイガーの歴史は50年。うち35年の付き合い。マスターも私も歳をとった。21時に入谷に戻る。この連休は、太りそうだ。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

10月

17日

20.10.17 Sat

 すき焼き、焼き鳥、寿司を食した一週間。当然、体重は増加します。医師からは、減量の厳命を受けているのですが。明日はウナギです。

2020年

10月

08日

20.10.08 Thu

 サンマ定食を食べながら涙ぐむ。こんなにも痩せちゃって。俺の知ってるサンマじゃない。もっと太るまでもう食べないよ。

2020年

10月

04日

20.10.04 Sun

 いやはや涼しいです。すっかり秋です。秋といえば新潟。しかも、見附市。見附城跡の麓で生まれたものですから。といっても、単なる小山で、城跡なんかなんにもなかったような気がします。いまや、縁戚も知人もいない見附ですが、GOTOなら大阪よりも見附に行きたい。ほんとうに、田園や雑木林以外は、何ら特徴もない普通な田舎なんですが、どういうわけか、立派な料亭だけはあるのです。だから行きたいのではないですが。

2020年

9月

25日

20.09.25 Fri

 最近の不思議というか分からないこと。一つ目、新型コロナ。いったいあんたは何ものなの。これほどまでに社会を変えるほどの大物なの。二つ目、安倍内閣支持率の急上昇。辞任発表をしてからの急上昇。いや、別に安倍さんの業績にケチをつけたいのではありません。発表から世論調査までの間、安倍さんは何もしていないのですから。三つ目、季節感。なんで急に季節が変わるの。これは季節が悪いのではなく、単に僕が鈍感なだけでしょうが。

2020年

9月

16日

20.09.16 Wed

 漱石の『坊ちゃん』には本名は出てこない。別に必要ないのだが、坊ちゃんを可愛がるお手伝いの清(キヨ)。坊ちゃんが松山に赴任したときは、いったいおいくつだったんだろうか。坊っちゃんは松山での教師を辞職して東京に帰ったあとは再び清と暮らすのであるが、清さんは相当に素敵な人だったんでしょうな。

2020年

9月

14日

20.09.14 Mon

 ようやく涼しくなりました。といっても蒸し暑い。まだまだ、わたしには夏です。これまでの人生において、私の場合、体型上、夏の期間が長く、秋冬の期間がが短い。暦の春夏秋冬と体感上の春夏秋冬が違うのであります。でも、夜明けが遅くなり、夜の帳が下りるのは早くなりました。総裁・総理が誰になろうと、秋はわが身にも来ております。明日あたりに、わたしにも秋が来るかな。

2020年

9月

06日

20.09.06 Sun

 なんと9月ではないですか。アジフライやらサバサンドを食べているうちに体重も増加。最近、物忘れがひどい。とくに、ドクターのいうことが、忘れるというより、頭に残らないのか、とんと身につきません。