2018年

 

10月

 

29日

 

18.10.29 Mon

 ぎっくり腰ならぬ、ぎっくり背中というのがあるらしい。金曜の夜に発症し三日目。痛いのなんのって。この三日間、立っていても、横になっていても痛い。安らかな睡眠なんて夢のまた夢。咳やくしゃみなんて命がけ。ったく、何の因果で……。

2018年

 

10月

 

25日

 

30.10.25 Thu

 秋深し 隣は何を する人ぞ  芭蕉、最晩年の句。秋深し 隣は何を した人ぞ  マルクス経済学者宇野弘蔵が、仙台刑務所で読んだ句。今から80年前のことであります。その当時。東北大学で同僚であったフランス文学者桑原武夫は、俳句を鑑賞するたびに宇野弘蔵のこの句が邪魔になり、深く味わくことができない。で、第二芸術論という論争を挑んだ。大雑把にいえば、俳句は芸術たりうるのだろうか、という論争であります。秋の夜、ほろ酔いでこの句を味わっていますと、『する人』でも『した人』でも、わたしには心にしみるのであります。

2018年

 

10月

 

21日

 

30.10.21 Sun

 昨日、今日とDVDにミステリー。いずれもデンマークフランス。贅沢な秋の時間を過ごしました。

2018年

 

10月

 

19日

 

30.10.19 Fri

 深夜1時起床。仕事。4時に二度寝。5時半、散歩。午前、来客。午後、通院。夕方、入谷。本日の業務はここまで。

2018年

 

10月

 

17日

 

30.10.17 Wed

 夕方、駒沢。そのままコレド日本橋。魚新でてんぷら。入谷の戻り20時。晩秋の夜を肌で感じる。

2018年

 

10月

 

14日

 

30.10.14 Sun

 5時に起床。小雨。10時に散歩。食事。昼に自宅。昼寝。読書。そして夕食。実に淡々としたこれぞ晩秋の休日。早々に横臥。

2018年

 

10月

 

11日

 

30.10,11 Thu

 久しぶりに東銀座の歌舞伎座地下広場に行けば、トイレの行列が外国人ばっかりだったり、金本が阪神監督を突然辞任したり、株価が急落したり、なんだか驚きの一日であります。そういえば、限界近く節食しているのに体重が増加しています。不思議な我が体に驚いています。

2018年

 

10月

 

07日

 

30.10.07 Sun

 昨日、今日と快晴。西千葉のハマユウ、稲毛のシバで食事に出かけたり、悲しみのイレーヌを読み始めたり、ダイ・ハードをたり、と、それなりに忙しい週末を過ごしております。それにしてもダイ・ハードの主人公の刑事ジョン・マクレーン<ブルース・ウィリス>の頭髪、見事に変化しております。第一作がいまから30年前。第五作のダイハード ラストデイが5年前の公開。マクレーンの頭髪にみる四半世紀の歳月。これが歴史であります。

2018年

 

10月

 

04日

 

30.10.04 Thu

 上海蟹を求めて久しぶりのアメ横。入荷はもう少し先。しかし、なんでありましょうやアメ横の魅力。ただ、ますます国際色豊かな外国人の町になっております。

2018年

 

10月

 

03日

 

30.10.03 Wed

 どうでもいい人にはどうでもいい話なんですが、阪神がついに最下位になりました。我々世代には、お待たせしました最下位です、とのメッセージとも考えられますが、ここのところ最下位だけはなかったものですから、いささかショックであります。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

3月

24日

20.03.24 Tue

 咳やくしゃみをすると睨まれてしました。花粉症が原因で、マスクもしているのに。思わず、言い訳をしそうになります。今日の電車のなかでの話です。

2020年

3月

20日

20.03.20 Fri

 川があれば橋があります。道があれば坂があります。清水橋とか忍坂。東京の橋と坂です。粋な名称じゃないですか。だれが名付けたか分かりませんが。少なくとも行政ではないでしょうね。

2020年

3月

19日

20.03.19 Thu

 世のなかのことについてコメントする知見はないのですが、ぼくの身の回りのことについては、ぼくしかコメントすることしかできません。何かおかしいのです。株主総会を含め集まりがなくなりました。夜の案内もまったく届きません。夜の案内といっても変な案内ではないです。すし屋に入ってもガラガラです。駅の構内も往来も、ぶつからないで歩けるほどスカスカ。確かにコロナは怖いですけれど、ぼくにはコロナ以外に怖いものがいっぱいあります。年寄の自粛は分かりますが、若い人はそんなに委縮しなくてもいいんじゃないでしょうか。もっとも、加害者になることは避けるルールは必要ですが。

2020年

3月

16日

20.03.16 Mon

 途切れ途切れにブログを更新している間に、世のなかが大変なことになっている。コロナウイルスの恐ろしさもあるが、これによる経済の冷え込みへの恐怖。過剰に敏感にならない方がいいような気がするのですが、そうもいかないのでありましょう。個人的には、心臓に疾患のあるぼくなんか、よほど注意しなければならないのですが、あまり切迫感を感じないのは、ぼくが極度に鈍感なせいでしょうか。

2020年

3月

10日

20.03.10 Tue

 いくつになっても変わらないのが、鯖寿司への思い。大阪風のバッテラでも構わないが。やはりここは京風の鯖寿司。こうも世間が後ろ向きに騒がしいと、今日は思いっきり鯖寿司でお腹と心を満足させることにした。食べたいものを食べたいときに食べるシアワセ。

2020年

3月

03日

20.03.03 Tue

 いつの間にか3月。しかも今日は上巳の節句。桃の節句です。ぼくの家系は、どういうわけか量的にも質的にも女系が強く、したがって雛祭りには昔から敏感に反応するのであります。まぁ、何かにつけての祝い事というのはいいもので、大っぴらに飲めるチャンスが多いのはありがたいことです。でも、最近は日本酒ではなくワインなんです。乾杯が。

2020年

2月

25日

20.02.25 Tue

 確定申告真っただ中です。ぼくは別に忙しくないのですが、スタッフの忙しさをみていると、なんだか居心地が悪くて。