2018年

 

10月

 

29日

 

18.10.29 Mon

 ぎっくり腰ならぬ、ぎっくり背中というのがあるらしい。金曜の夜に発症し三日目。痛いのなんのって。この三日間、立っていても、横になっていても痛い。安らかな睡眠なんて夢のまた夢。咳やくしゃみなんて命がけ。ったく、何の因果で……。

2018年

 

10月

 

25日

 

30.10.25 Thu

 秋深し 隣は何を する人ぞ  芭蕉、最晩年の句。秋深し 隣は何を した人ぞ  マルクス経済学者宇野弘蔵が、仙台刑務所で読んだ句。今から80年前のことであります。その当時。東北大学で同僚であったフランス文学者桑原武夫は、俳句を鑑賞するたびに宇野弘蔵のこの句が邪魔になり、深く味わくことができない。で、第二芸術論という論争を挑んだ。大雑把にいえば、俳句は芸術たりうるのだろうか、という論争であります。秋の夜、ほろ酔いでこの句を味わっていますと、『する人』でも『した人』でも、わたしには心にしみるのであります。

2018年

 

10月

 

21日

 

30.10.21 Sun

 昨日、今日とDVDにミステリー。いずれもデンマークフランス。贅沢な秋の時間を過ごしました。

2018年

 

10月

 

19日

 

30.10.19 Fri

 深夜1時起床。仕事。4時に二度寝。5時半、散歩。午前、来客。午後、通院。夕方、入谷。本日の業務はここまで。

2018年

 

10月

 

17日

 

30.10.17 Wed

 夕方、駒沢。そのままコレド日本橋。魚新でてんぷら。入谷の戻り20時。晩秋の夜を肌で感じる。

2018年

 

10月

 

14日

 

30.10.14 Sun

 5時に起床。小雨。10時に散歩。食事。昼に自宅。昼寝。読書。そして夕食。実に淡々としたこれぞ晩秋の休日。早々に横臥。

2018年

 

10月

 

11日

 

30.10,11 Thu

 久しぶりに東銀座の歌舞伎座地下広場に行けば、トイレの行列が外国人ばっかりだったり、金本が阪神監督を突然辞任したり、株価が急落したり、なんだか驚きの一日であります。そういえば、限界近く節食しているのに体重が増加しています。不思議な我が体に驚いています。

2018年

 

10月

 

07日

 

30.10.07 Sun

 昨日、今日と快晴。西千葉のハマユウ、稲毛のシバで食事に出かけたり、悲しみのイレーヌを読み始めたり、ダイ・ハードをたり、と、それなりに忙しい週末を過ごしております。それにしてもダイ・ハードの主人公の刑事ジョン・マクレーン<ブルース・ウィリス>の頭髪、見事に変化しております。第一作がいまから30年前。第五作のダイハード ラストデイが5年前の公開。マクレーンの頭髪にみる四半世紀の歳月。これが歴史であります。

2018年

 

10月

 

04日

 

30.10.04 Thu

 上海蟹を求めて久しぶりのアメ横。入荷はもう少し先。しかし、なんでありましょうやアメ横の魅力。ただ、ますます国際色豊かな外国人の町になっております。

2018年

 

10月

 

03日

 

30.10.03 Wed

 どうでもいい人にはどうでもいい話なんですが、阪神がついに最下位になりました。我々世代には、お待たせしました最下位です、とのメッセージとも考えられますが、ここのところ最下位だけはなかったものですから、いささかショックであります。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-10東京菓子協会ビル301

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2021年

10月

20日

21.10.20 Wed

 ハンフリー・ボガードの『カサブランカ』。「昨日は何してたの?」 「そんな昔のことはわからない」 「今夜はどうするの?」 「そんな先のことはわからない」。男なら、だれでもそれなりの場面で口にしたいセリフです。もちろん、ぼくにはそんなチャンスはありませんでした。でも、この歳になると、このセリフを自然と口にする場面があるのです。昨日のこともこれからの予定も、覚えていられなくなるのです。わが後輩諸君、がっかりすることはありません。まだまだチャンスはあります。

2021年

10月

18日

21.10.18 Mon

 都道府県魅力度ランキング、44位の群馬県知事がお怒りらしい。ぼくが50年以上住んでいる千葉県は12位。別に感想はありません。無視します。ぼくと知事では立場が離れ過ぎていて、義務として無視できないんでしょうね。お察しします。ところで、コロナってどこに行ったんでしょうね。隠れてるんなら、このまま隠れていてほしいんですけど。

2021年

10月

03日

21.10.03 Sun

 一部のマニアでは、レバニラ炒めをこよなく愛する者たちを、バニラ―というらしい。とすれば、ぼくはバニラ―歴40年ということになります。ラーメンにレバニラ炒をのせたやつをスタミナラーメンと、ぼくは勝手に思っています。このレバニラ炒を、ビール抜きで食べるという芸当をぼくはできないのです。ラーメンとビールは共存しないと思っているぼくでも、このスタミナラーメンだけは共存可能なのです。昨日、長い長いトンネルを抜け、レバニラ炒めの待つ町中華店に辿り着けました。こういうところを、桃源郷というのでありましょうや。

2021年

9月

29日

21.09.29 Thu

 オイ、オイ、オイ、オイ。いつの間にか9月も終わるではないか。この国の次期総理が誕生した日というに、あまり感動を覚えないこのアパシー感は。ぼくが劣化したのでしょうか、政治が劣化したのでしょうか。

2021年

9月

05日

21.09.05 Sun

 9月になり一気に秋めいて、朝夕は寒いぐらい。秋眠り暁を覚えず、なんてくだらないことをいっている間に、永田町では大変な騒ぎ。ぼくは、こうなると俄然ピント外れの政局談義に熱を入れだすのですが、今回はいささか冷ややかなのです。なぜか興味が沸かないのです。それにしても、某野党第一党は気落ちしてるんでしょうね。

2021年

8月

31日

21.-08.31 Tue

 そろそろ夏眠から覚めなくては。でも暑い。

2021年

8月

11日

21.08.11 Wed

 夏ってのは暑いに決まってるのですが、こうも暑いと、これからは春夏秋冬に猛夏とでもいうシーズンを創って、ファイブシーズンとして心と体の準備をしなければ、と参っております。今日も、昼に出かけて、すぐにくたばりました。おかげでビールが美味いのは、ありがたいのですが、昼に飲んでしまうと、一日すぐに終わって。最もすることが何もないのですが。