2018年

 

11月

 

30日

 

30.11.30 Fri

 夕方、文楽、大統領を横目に上野ガード下を通り、パークサイドホテルへ。顧問先の懇親会に出席。3時間ばかりの祝宴。終えてアメ横。いまや、アメ横は小売店商店街というよりエスニック料理店街。夜遅くまで人であふれかえっている。しかも外人観光客。

2018年

 

11月

 

27日

 

30.11.27 Tue

 昼は東銀座でハンバーグ。さすが木挽町、水準が高い。夜は、事務所向かいのたむら。メゴチの天ぷらと焼き鯖。このメゴチ。見た目はイマイチだが、から揚げ・天ぷらにすると極めて美味。それ以外の料理方法ってあるんだろうか。

2018年

 

11月

 

25日

 

30.11.25 Sun

 10時に鷲神社。参拝、熊手、ポテトフライ、唐揚げ、手羽先餃子、缶ビール2缶。12時に事務所。13時に千葉自宅。昼寝、ニーチェ、大相撲。ビーフシチュー、ワイン。本日はここまで。

2018年

 

11月

 

21日

 

30.11.21 Wed

 一昨日の夕方、事務所向かいのたむらでこの冬初めてのフグ鍋を突っついていたとき、テレビのティロップに流れたのが、日産カルロス・ゴーン逮捕へ。驚かないわけがない。人格を含めて神格化されたトップリーダーの余りもの情けなさ。マスコミを通じた情報から人物像を膨らましてはいけない。という見本。昨日はボジョレニューボー。やはり、熟したワインの方が美味い。美味いというより味わいがある。もっとも美味いワインが美味いのであって、不味いワインは不味い。今日は、朝の6時半に入谷を出て築地聖路加病院へ。7時前に総合検査室の整理札を取る。3番。一体、一番の人は何時に来ているのだろうか。診察を終え、昼前に上野で友人と待ち合わせ。吉池食堂で寿司。お互い午後の仕事があるので、ビールをグッと我慢。18時には、本日の業務はここまで。さて何を食べようか。

2018年

 

11月

 

18日

 

18.11.18 Sun

 5時に起床。ソクラテスはなぜ死刑になったのか(『ギリシャ・ローマ古代知識人群像』柳沼重剛)、なんてことを読んでると昼。自宅近くのさかい珈琲で食事。自宅に帰り昼寝を小一時間。起きだして再び『ギリシャ・ローマ古代知識人群像』。キケロやセネカなんて人のことを読む。夜は、宇治黄檗山万福寺の弥勒像の写真を眺めて寝る。布袋様は弥勒菩薩の化身。布袋信仰は弥勒信仰でもあります。

2018年

 

11月

 

17日

 

18.11.17 Sat

 午後、新高円寺。評議員を務めている某財団法人の会議に出席。事業は、長野県出身者の学生寮の運営と奨学金給付。これからの社会を担う若者達の支援を行う法人。会議を終え、浅草へ。これまた久しぶりにとみい。少々食べすぎる。千葉に戻り21時。孤狼の血を観て寝る。

2018年

 

11月

 

15日

 

18.11.15 Thu

 密漁におけるアンダーグラウンドの世界を描いた『サカナトヤクザ』を読み終えて、夕方、久しぶりに太助寿司。だれが獲ろうと美味い魚は美味い。食事を終え、ラ・ラポットでに立ち寄り入谷に戻る。気が付けば22時半。本日はここまで。

2018年

 

11月

 

14日

 

18.11.14 Wed

 6時過ぎに事務所を出て、方々を動き回り17時に丸の内オアゾにたどり着く。妻家房で食事。集まった6人の平均年齢は68。社会は、確実に高齢化してます。入谷に戻り21時。本日はここまで。

2018年

 

11月

 

13日

 

18.11.13 Tue

 今日は二の酉。夕方、千束の鷲神社へ。5時前というに長蛇の列。参詣を終え丹想庵健次郎へ。浅草で、10年目といえばまだまだ老舗とはいえないが立派な歴史。蕎麦も美味いが、料理そのものの水準が高い。久しぶりの和食の滋味。つくばエクスプレスで秋葉原に出て、有隣堂に立ち寄り入谷へ。本日はここまで。

2018年

 

11月

 

11日

 

18.11.11 Sun

 登れば下る。登山でも人生でも。が、人生の下り坂は一斉にはやってこない。ところどころで下り坂が見えてくる。その一つが、酒宴の二次会三次会。最近、とんとカラオケに行かなくなった。というか、スナックとかカラオケバーとかというところに縁がなくなった。歌える歌も20年前以上も前の80年代の歌。考えてみれば、仕事なんか衰えてもここだけは維持したいというのが、むしろカラオケなんかの遊びであります。今週から始ます忘年会。頑張ります。

2018年

 

11月

 

10日

 

18.11.10 Sat

 終日、自宅書斎のソファーでごろごろ。文藝春秋12月号をパラパラ。来年の文春は何月号から年号が替わるのだろうか。何気に観たサバイバーがなかなか面白い。『バイオハザード』シリーズなどのミラ・ジョヴォヴィッチと『007』シリーズなどのピアース・ブロスナンが共演。ミラ・ジョヴォヴィッチはやはり美人でありますのう。

2018年

 

11月

 

07日

 

18.11.07 Wed

 昼、マルスでビーフシチュー。夜、満寿多改めayacoyaでグラタンとナポリタン。これで貧血解消。しかし、満寿多の閉店は痛い。後を引き継いだお嬢さんの検討をお願いする。

2018年

 

11月

 

06日

 

30.11.06 Tue

 カミングアウトいたします。5尺七寸、24貫。我が体型であります。立派というか、なんというか。要するに肥満であります。ここまでなるには相当コストがかかりました。そのわたしが、いま貧血らしいいんです。人体というのは、不思議であります。なんで、わたしが貧血に。

2018年

 

11月

 

04日

 

18.11.04 Sun

 あちこち痛む体をいたわりながら、昨日は、平野啓一郎の『ある男』読む。おょ、こうきましたね、と思わずうなずく。登場する幼い子供達を無数の匿名のささやかな善意で包んであげたい、と涙ぐむ。これは、テーマではないのだが。今日は、人生を失敗したかのような顔つきのリーアム・ニーソン主演の『ラン・オールナイト』を観る。まったく根拠はありませんが、アイルランド人ってけっこう日本人と親和性のある民族かもしれませんな。あんなナイーブな暗殺者は、アイルランド人と日本人しか演じられないような気がします。

2018年

 

11月

 

02日

 

18.11.02 Fri

 一昨日の水曜日、聖路加に入院、今朝の9時半に退院。そのまま銀座の顧問先での会議に出席。昼に事務所に戻る。さすが夕方には電池切れ。今週はここまで。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-10東京菓子協会ビル301

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2022年

1月

01日

22.23.01 Sat

 あけましておめでとうございます。

 大変お久しぶりです。別に忙しくはなかったのですが、ブログの更新に気が回らなかった昨年生12月でした。歳とともに新年のリセット機能が衰えてきたような気がしますが、もともと忘却力には自信のある人間です。新たな気持ちで、めでたく新年を迎えましょう。

2021年

11月

30日

21.11.30 Tue

 今日で11月が終わります。ほんとうになにもしなくても時は経過します。年が明ければ、ぼくは71歳になるのですが、歳をとるのに努力はいらないな、とつくづく思います。ただ、多少の苦労は必要ですが。

2021年

11月

26日

21.11.26 Fri

 最近、パソコンの老化が激しい。なかなか立ち上がらない。ときどき凍り付く。言うことを聞かなくなったいくつかのアプリ。押しても反応⒥しないキーボード。そろそろかな。パソコンの入れ替えって、結構大変なんだよなぁ~。

2021年

11月

13日

21.11.13 Sat

 いつの間にか11月も中旬。なるほど、何もしなくても時は過ぎるのか。今日は、netflixで時代劇を鑑賞(居眠り磐音)。市川歌右衛門や三船敏郎、中村錦之助での時代劇感覚が身に染みているぼくには、違和感と新鮮味が3:7。現代の時代劇も、けっこうおもしろいです。

2021年

10月

20日

21.10.20 Wed

 ハンフリー・ボガードの『カサブランカ』。「昨日は何してたの?」 「そんな昔のことはわからない」 「今夜はどうするの?」 「そんな先のことはわからない」。男なら、だれでもそれなりの場面で口にしたいセリフです。もちろん、ぼくにはそんなチャンスはありませんでした。でも、この歳になると、このセリフを自然と口にする場面があるのです。昨日のこともこれからの予定も、覚えていられなくなるのです。わが後輩諸君、がっかりすることはありません。まだまだチャンスはあります。

2021年

10月

18日

21.10.18 Mon

 都道府県魅力度ランキング、44位の群馬県知事がお怒りらしい。ぼくが50年以上住んでいる千葉県は12位。別に感想はありません。無視します。ぼくと知事では立場が離れ過ぎていて、義務として無視できないんでしょうね。お察しします。ところで、コロナってどこに行ったんでしょうね。隠れてるんなら、このまま隠れていてほしいんですけど。

2021年

10月

03日

21.10.03 Sun

 一部のマニアでは、レバニラ炒めをこよなく愛する者たちを、バニラ―というらしい。とすれば、ぼくはバニラ―歴40年ということになります。ラーメンにレバニラ炒をのせたやつをスタミナラーメンと、ぼくは勝手に思っています。このレバニラ炒を、ビール抜きで食べるという芸当をぼくはできないのです。ラーメンとビールは共存しないと思っているぼくでも、このスタミナラーメンだけは共存可能なのです。昨日、長い長いトンネルを抜け、レバニラ炒めの待つ町中華店に辿り着けました。こういうところを、桃源郷というのでありましょうや。