2018年

 

12月

 

30日

 

18.12.30 Sun

 午前、散歩がてらさかい珈琲。モーニングと傷だらけのカミーユ。主人公のカミーユ・ヴェルーヴェンはパリ警視庁犯罪捜査部班長警部、年齢50歳、身長145センチ。これだけでは何も説明にはなりませんが、ハリウッド映画には登場しないキャラであります。今日は、カミーユと一日お付き合い。

2018年

 

12月

 

28日

 

30.12.28 Fri

 今日は仕事納め。ということで、事務所スタッフと鴻運楼でランチ。もちろんビール付き。事務所に戻り一足先に業務の終了。いつも寝泊まりしている別室の片付け。これがたいへん。片付けというより箱へ投げ込み、自宅へのカバンに傷だらけのカミーユ武田氏滅亡を投げ込み、片付け終了。さて、冬休み。

2018年

 

12月

 

25日

 

30.12.25 Tue

 今日は、今年最後の忘年会。かごの屋文京千石店。22時に入谷に戻り、本日の業務を終了。

2018年

 

12月

 

24日

 

18.12.24 Mon

 この三連休、昨日の我孫子での餅つき大会以外は、自宅書斎に閉じこもり。DVDを観るやら本を読むやら。今日は、クリスマス・イブらしいが、それとは何ら関係なく、夜は北葉飯店。相変わらず餃子が美味い。

2018年

 

12月

 

20日

 

18.12.20 Thu

 午前、御徒町での仕事を終えアメ横を歩く。新東洋で昼。ビールを飲んでいる人の隣でニラレバ定食。隣でタバコを吸う人は迷惑だが、ビールを飲む人は羨ましい。夜は、かがやきで事務所の忘年会。飲み放題。そしてしゃぶしゃぶと焼肉の食べ放題。事務所に戻り21時。

2018年

 

12月

 

19日

 

18.12.19 Wed

 夕方、東京駅。例年ならば、年の瀬というよりもクリスマス。イルミネーションはあるものの商戦はあまりみられない。いまさらクリスマス商戦でもないのか、地域柄なのか。夜は。新丸ビルの隨園別館。いつもながら麻婆豆腐が美味い。

2018年

 

12月

 

18日

 

18.12.18 Tue

 午前、三軒茶屋。ランチ・ミーティングを終え、年明けの約束をし、良い年を、と挨拶する。夕方、銀座。北大路銀座茶寮で忘年会。今日二度目の、良い年を、と挨拶する。なんとなく年の瀬であります。

2018年

 

12月

 

16日

 

30.12.16 Sun

 昨日に引き続き、差7時にさかい珈琲でモーニング。夜は、赤門で大宴会。40年近くお勤めの店員さんが、今日をもって赤門を退職される。長い間、ありがとうございました。

2018年

 

12月

 

15日

 

18.12.15 Sat

 朝7時、散歩がてにらさかい珈琲店。モーニングを食べながら、しばし空想、妄想、そして反省。朝からエンジンは全開。午後は、ラグビーのテレビ観戦。神戸製鋼強し。夜は、ワインをがぶ飲み。少々酩酊状態で『日本の思想』(丸山真男)。酔わないとこの手の小難しい本は手にしない。学生時代から、何度手にしているのやら。昔、この本は卒業したつもりだったのだが、いまはよく分かっていないことを理解する。

2018年

 

12月

 

14日

 

18.12.14 Fri

 夕方、竹橋のパレスサイドビル。打ち合わせを終え、手作り居酒屋かっぽうぎで軽く食事。元気な先輩との会食で、切れかかっていた電池を充電。入谷に戻り19時過ぎ。本日はここまで。

2018年

 

12月

 

12日

 

30.12.12 Wed

 築地の聖路加病院から昼に戻る。グッタリ。夕方、鳥恵上野広小路店へ。20時に入谷に戻り文藝春秋新年号。もう新年号であります。

2018年

 

12月

 

11日

 

30.12.11 Tue

 一昨日の日曜日の午後から読みだしたカササギ殺人事件。読み終えたのが今朝4時。久しぶりの徹夜本。さすが文春ミステリー№1。正統派英国ミステリー。おかげで眠い眠い。原稿の締め切りが襲ってきているのに。にもかかわらず15時には事務室を去り、本日の業務はここまで。

2018年

 

12月

 

08日

 

30.12.08 Sat

 昨夜、20時に就寝し23時に起床。インターステラー。理解できないまま最後ま観る。ストーリーや演技というより映像美。宇宙とはこんな感じだろう。昼は、検見川の名店ザオー(ZAO)でビザ。自宅に帰り、ラグビーのテレビ観戦。ついついうたた寝。夜は、江戸絵図で深川五間堀、六間堀を辺りを丹念に探索。そう池波正太郎の世界に浸るため。

2018年

 

12月

 

06日

 

30.12.06 Thu

 月曜日、夜。一人鍋。本を片手にタラと豆腐をつまむ。けっこう充実。火曜日、夜。事務所向かいのたむらでアジフライと中トロ。水曜日、昼。鶯谷のマルスでランチ・ミーティング。ついでにワイン。夜。鴻運楼で小宴。爆食、爆飲。今日、夜。週刊文春のミステリーベストテンを読みながら、ワインとグーテ・ルブレのサンド。今年のミステリーの水準は、国内・海外とも高い。

国内部門

1. 沈黙のパレード(東野圭吾)

2. それまでの明日(原尞)

3. ベルリンは晴れているか(深緑野分)

4. 雪の階(奥泉光)

5. 火のないところに煙は(芦沢央)

6. 錆びた滑車(若竹七海)

7. 宝島(真藤順丈)

8. 碆霊の如き祀るもの(三津田信三)

9. 凍てつく太陽(葉真中顕)

10.凶犬の眼(柚月裕子)

海外部門

1. カササギ殺人事件(アンソニー・ホロヴィッツ)

2. そしてミランダを殺す(ピーター・スワンソン)

3. 乗客ナンバー23の消失(セバスチャン・フィツェック)

4. IQ(ジョー・イデ)

5. 監禁面接(ピエール・ルメートル)

6. 元年春之祭(陸秋槎)

7. 数字を一つ思い浮かべろ(ジョン・ヴァードン)

8. あやかしの裏通り(ポール・アルテ)

9. 許されざる者(レイフ・GW・ペーション)

10. ブラック・スクリーム(ジェフリー・ディーヴァー)

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-10東京菓子協会ビル301

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2021年

6月

08日

21.06.08 Tue

実は、この3日に事務所を引越したのです。といっても、旧事務所ビルの隣の新築ビルです。引越しといえるのかどうかの移転ですが、新築ビルとはいいものです。やっと落ち着きました。

2021年

6月

01日

21.06.01 Tue

 早いのか遅いのかよくわかりませんが。6月になりました。飲んで、寝て、起きれば日が変わる。これを31回くり返せば必ず月が変わります。したがって、6月になったからといっていまさら驚くことはないのですが、わかっていても驚くのです。頭で「解る」と体で「判る」の違いでしょうか。この用語の違いを含めてよく分かりません。

2021年

5月

25日

21.05.25 Tue

 歯の痛みが和らいだかと思うと、胃が痛い。今月も残り一週間。次はどこが痛くなるんだろう。頭は、いろいろな面でいつも痛いし。金属疲労には違いないのでしょうが、疲労した金属とうまく付き合うテクニックが身に付いてもよかろうと思うのです。んなことを考えてもしかたない。さて、これからハズキルーペをかけてたまりにたまった月刊文藝春秋を読みます。

2021年

5月

06日

21.05.06 Thu

 実は、ここのところ歯が痛い。ここのところ、とは、2週間ばかりです。とうとう抜けてしまった歯(インプラント)を手にして、やっぱりドクターに診てもらおう。昔は、といっても10年ばかり前は、70になったら歯の一本や二本がなくても、歳相応でかまわないや、と高を括っていたような気がしますが、いざとなるとそうもいきません。痛いのと不便なのと、我慢も2週間。週明けには、歯医者に行こう。ちなみに、ぼくの爺さん(母方)など、60を過ぎたころには、歯が全くなかったような気がします。

2021年

4月

26日

21.04.26 Mon

 今年のアカデミー賞作品賞は『ノマドランド』。ということで、さっそく原作『ノマド 漂流する高齢労働者たち』(ジェシカ・ブルーダーのノンフィクション)をkindleで購入。なるほど面白い。いかんいかん、スタッフは忙しく働いているというに。

2021年

4月

16日

21.04.16 Fri

 なぜか河島英五。今日は20年目の命日。なりたくなくてもなってしまった「時代おくれ」の男には、20年前よりも、いまの方が河島英五の歌が心にしみる。

2021年

4月

01日

21.04.01 Thu

 このブログを、天国、いや、地獄から更新しております。地獄にも、✕✕地獄と種々ありますが、目の前に大量の餃子、生姜焼き、イワシフライ、ソーセージ等々、もちろんビールんホッピー&焼酎が並ぶ地獄です。昔は天国だったのですが、今は地獄。時の流れとは恐ろしいものであります。4月1日の報告でした。