2018年

 

7月

 

31日

 

30.07.31 Tue

 昼、赤坂見附。クライアントと食事。入谷に戻り14時半。暑いのなんのって。こんな暑さを我慢してまで東京にいなければならんのか、と半ば自棄気味。シュールを非現実的と解するならば、実にシュールな日々ではないか。んなことは言わないか。

2018年

 

7月

 

30日

 

30.07.30 Mon

 5時半、散歩に出かけ6時に戻る。一体、一日、何度、暑い、といえばいいのだろうか。9時半に三軒茶屋。暑い。ランチ・ミーティングを終え事務所に13時。暑い。午前中で所要電池量の80%を消費する。当然、夕方には電池残量はゼロ。シャワーを浴びさっぱり。外は暑い。とにかくビール。

2018年

 

7月

 

29日

 

30.07.29 Sun

 台風一過。久しぶりに千葉に出出てそごうの旭屋書店。『後醍醐天皇』(岩波新書)と『足利義満』(中央新書)を購入。隣接のブックス&カフェで読み始める。『足利義満』は既に持ってるような気がした。もっとも、こういう物忘れは、歳ではなく昔から得意。なんせ、若いころから忘却力の強化に励んできた。

2018年

 

7月

 

28日

 

30.07.28 Sat

 日中、降るんだか降らないんだか半端な天候。昼、歩いて近くのコンビニへ。サンドイッチを購入。夜は、どうも台風。また、手抜き料理でも作るか。

2018年

 

7月

 

27日

 

30.07.27 Fri

 さて、男の手抜き料理。オールサーディンの蓋を切り、なかの油を抜く。これは、あとでサラダドレッシングとして利用する。ガスコンロに缶のままのせる。レモンを一切れ乗せ、醤油をたらし火をつける。ぐつぐつグツグツと十分に沸騰してきたら、一味か七味をサーッと振りかけて、火傷をしないようにそのまま皿に乗せる。ビールにもご飯にもパンにも合う。所要時間5分。

2018年

 

7月

 

26日

 

30.07.26 Thu

 朝5時、散歩に出かける。調子に乗って歩いているうちに迷子。東日暮里地区から出ることができない。気がつくと三河島駅。常磐線に乗り6時半に入谷に戻る。散歩に出かけて電車で帰るうちはいいが、そのうちパトカーに乗って帰ることにならなければいいが。午前、戸越に出かける。午後は、上野。打合せを終え、事務所に戻り来客。17時半にはガス欠の電池切れ。創作男手抜料理でもつくろう。

2018年

 

7月

 

25日

 

30.07.25 Wed

 腹立たしくなるような暑さ。午後、東銀座に出かけ、そのまま北千住。入谷に戻ったころには、電池は完全に切れており惰性で動いているだけ、シャワーを浴び少し生き返る。出かける気もしない。冷蔵庫の余りもので食事を済ます。こういうときの創作男料理は得意。製造責任で私が食べるしかないのだが。プロ野球の結果を知って、なんで広島は広島球場であんなに強いんやろ。阪神はなんで甲子園であんなに弱いんやろ。阪神ファンの応援が足らんのかな。

2018年

 

7月

 

24日

 

30.07.24 Tue

 

 これによれば、パチンコ市場は20兆円程度。しかも、サ都市部ではラ金店舗が隣接している。数年前には、パチンコ景品の換金に当たって1%の税金を徴収しようとの税制改革案だ検討された。見込税収2000億円。経済効果や財源確保を優先して物事を閑雅手はいけないと思いますが。

2018年

 

7月

 

23日

 

30.07.23 Mon

 聖路加仮釈放の身。ぼちぼちと慣らし運転。尋常ならざる暑さ。こんなときは桑原・二宮コンビのコテコテの大阪弁に限る。ということで黒川博行の最新作『泥濘』に手を付ける。極限化された大阪弁はそれだけで心地いい。大阪弁を読ませるなんて、さすが黒川先生。

2018年

 

7月

 

22日

 

30.07.22 Sun

 5時に起床。6時にシャワー。暑い。昼は人生二度目のサイゼリア。再び、サイゼリアのパフォーマンスに驚く。サイゼリアが支持される訳だ。19時過ぎ、空を眺めれば、見事な夕焼け。秋が近い。

2018年

 

7月

 

21日

 

30.07.21 Sat

 午前10時。聖路加病院集中治療室から解放。ついでに聖路加病院からも解放。21年、26年、28年、そして今回。10年間で都合4回入院・手術。平成4年から通院している。常連であります。決して自慢にはなりませんが。入谷に帰り、グーテルブレのサンドイッチ。呑みたいビールをグッと我慢。これからは生活態度改めることを秘かに決意。

2018年

 

7月

 

20日

 

30.07.20 Fri

 集中治療室3日目。飽きてきた。全身麻酔の施術を受けた者は、ここに隔離されるというのだが、私は左足の血管の手術。内臓疾患ではないので、術後の痛みを除けば、いたって健康。子規は寝返りもうてずに3年間。で、あの文学。私といえば、テレビもラジオもない部屋でひっそりとスマホをいじる。返ってくる返信に、社会との接点があることを知る。もとより子規と私を比べようとするのは、この石ころは月ではないな、と比較するようなもの。

2018年

 

7月

 

19日

 

30.07.19 Thu

 集中治療室2日目。窓がない。子規なら、何かを感じ、何かを表現するだろうが、私には『たいくつ』以外に表現する能力しかない。夕方、術後熱なるものを出す。娑婆の景色が見たい。

2018年

 

7月

 

18日

 

30.07.18 Wed

 10時に聖路加病院。13時半に手術室に入り、気が付くと19時、集中治療室。今日の記憶は術後の水が美味かったこと。

2018年

 

7月

 

17日

 

18.07.17 Tue

 暑い。夕方、宮川で鰻でも思ったが休店。ならばあじとよ屋牛すじ煮込み肉豆腐。19時に事務所別室。シャワー浴びゴロリと大の字。明日は聖路加病院に入院。明後日には退院する予定であるが。

2018年

 

7月

 

16日

 

30.07.16 Mon

 我々の世代には馴染みの薄い海の日。とんでんでビール付きランチ。自宅に戻り、小一時間ばかりのうたた寝。起きだして『子規の音』(新潮社:森まゆみ)。35年の正岡子規の生涯を丹念に追った評伝。たしかに、子規がいなければ現代の日本文化の一片が欠けていた。

2018年

 

7月

 

15日

 

30.07.15 Sun

 3時に起床。愛車伝助にガソリン補給・洗車。昼は、千葉駅に出て凜やで天ぷらとへきそば。ついでにビール。自宅に帰り映画ギフテッド。こういう映画が製作されているかぎりアメリカも大丈夫。夜は、オイルサーディンの缶詰。油を切り、醤油を垂らし、レモンの輪切りを乗せ、そのまま火にかけ数分。ぐつぐつと煮立ったら一味唐辛子。缶詰のまま皿に乗せる。ビール。普通にそうとう美味い。しかい、今日の千葉の暑さは異常。早々に横になる。

2018年

 

7月

 

14日

 

30.07.14 Sat

 正岡子規は28歳感から35歳で死去するまで根岸の子規庵で仰臥の日々を送った。我が事務所から歩いて10分のところである。晩年の3年間は、座ることさえかなわなかったという。彼にとって見えるものは、子規庵の庭だけである。その庭さえ、満足に見ることができたかどうか。子規には音を感じる句が多い。

五月雨や 上野の山も 見あきたり

子規庵での仰臥の時の句である。

2018年

 

7月

 

13日

 

30.07.13 Fri

8時に事務所を出て9時に築地。聖路加病院で種々の検査。事務所に戻ったのが15時。もはや何もする気が起きない。もっとも、はなっから何もする気はないが。16時に、ビール、といって閉店。

2018年

 

7月

 

12日

 

30.07.12 Thu

 午後、赤坂見附。ランチ・ミーティング。事務所に戻り14時半。夕方、事務所周辺を歩いていて、いくぶん涼しげな風邪を感じる。まだまだこれからが夏本番なんだろうが、ところどころ晩夏の気配が色濃い。別室で、本を読んでいると、操作をしないのにエアコンが止まる。ときには設定温度が勝手に変わる。冷房のつもりが暖房であったというのは私のミスだが、こちらの都合とは関係ない自動調整はいらない。そんなハイスペックなエアコンではないはずなのに。燃えるような夕焼けがみたい。

2018年

 

7月

 

12日

 

30.07.11 Wed

 今年一番の暑さだったらしい。14時に御茶ノ水のホームに立ち、こりゃ~あたまらん。明治大学で2時間ばかしの勉強会。テーマは、沖縄にみる魂の循環思想。身の回りからご先祖様がいなくなった現代人。魂魄を感じることが少なくなった現代人。西洋的神は存在するかどうかではなく信じるかどうか、日本的神は感じるかどうか。神を感じたとき私は救済される。てなことを思いつつビールを飲む。

2018年

 

7月

 

10日

 

30.07.10 Tue

 英語の授業で居眠りをしていると、突然先生から、友廣、続きを読め、と指名される。当然どこを読んでいいか分からない。そんな中学時代の記憶がよみがえった。その難局をどう乗り切ったか忘れてしまったが、いまならどう対応するであろうか。当然、居眠りしているから指名されたのであって、テキストの続きを読めないことを先生は知っている。ここはもう、潔く謝るしかないのであります。読めないことを、ではなくて、居眠りしていたことを。ただ、もう居眠りはしません、なんて、できない約束はしてはなりません。

2018年

 

7月

 

09日

 

30.07.09 Mon

 午後、新高円寺。夜は、御徒町の吉池食堂。琵琶湖のコアユの天ぷら。琵琶湖のアユは、琵琶湖の中で生活してあまり大きくならない。大きくなるものもいるのだろうが。多摩川の鮎は琵琶湖の鮎の子孫である。大正2年に放流された。琵琶湖は、ナゾが多く、約400万年の歴史を持つ世界で有数の古い湖であり、豊富な水と生物を抱える。最深部は100メートルあり神秘の湖とも呼ばれる。あの大きな湖で獲れる小さな鮎。これがまた実に美味い。

2018年

 

7月

 

08日

 

30.07.08 Sun

 久しぶりに総武線で千葉へ。午前6時の朝もやに映える江戸川の川面が清々しい。関西での豪雨の被害が伝えられている。軽々に書くべきではないが、自然はときには過剰なまでの自然性を剥き出し人間を襲う。自然を抑えることはできないが、最悪の事態を避ける仕組みは作り上げたい。

2018年

 

7月

 

07日

 

30.07.07 Sat

 午後、入谷朝顔市。夕方、佐竹商店街のぱんがで食事。ここは、私の隠れ家。20時過ぎに入谷の戻り、ごろりと横になる。ほんと。忙しいんだか暇なんだか。

2018年

 

7月

 

06日

 

30.07.06 Fri

 恐れ入り谷の鬼子母神。今日から8日まで入谷朝顔市。東銀座から入谷に戻り、市を覗く。市の日はいつも雨の印象。で、雨も合う。例年なら梅雨の真っ只中。

2018年

 

7月

 

05日

 

30.07.05 Thu

 出先から戻り19時。忙しいだか、暇なんだか、この時期はいつもそう。こういうときは閉じこもりたくなる。もともとがじっとしていられない性質であるが、歳とともに閉じこもる楽しみを覚えた。外は雨、本でも読むか。

2018年

 

7月

 

04日

 

30.07.04 Wed

 16時に東京駅丸の内中央口で待ち合わせ。平均年齢75歳の4人で黒塀横丁龍潭東京駅店で会食。四半世紀のお付き合いである。みなさんまだまだ元気。これから、どういうビジネスを展開しようか、との話題。もちろん歳相応ではあるが。入谷に戻り19時半。シャワーを浴びゴロリ。今日も暑い。昔の人は、このような暑い夏を、どう歌に詠んだのでしょうか。都会のこの暑さに風情なんか感じないのであります。もっとも、暑くなくとも、どこであっても。風情を感じる人間ではないのですが。

2018年

 

7月

 

03日

 

30.07.03 Tue

 愚痴のようになってしまうが、今日も厚い。どういうわけか、ここのところ西行や永井荷風に関する本を手にとることが多い。古今和歌集と新古今和歌の区別も覚束ないのだが、新古今にみられる西行が抱いた時代との距離。永井荷風が非政治的生活に徹することで貫いた時代との距離。この歳になると、時代や周辺の空気から徹底的な距離を保って生きていくことにシンクロします。そうであってはいけないのですが。

2018年

 

7月

 

02日

 

30.07.02 Mon

 夕方、久しぶりに浅草。本とさやで焼肉。暑い。入谷に戻り19時半。横になろう。明日の朝(3時)は、にわかサッカーファン。

2018年

 

7月

 

01日

 

30.07.01 Sun

 二日酔い。以前は6時間以上飲まなければ二日酔いしなかったのに。3時間程度で二日酔いとは、昼、久しぶりに利兵衛。ネギ焼きとビールと天せいろ。日本人は、昔から飲酒や飲み会が無類に好きではあるが、量的には遺伝的な体質もあって余り強くない。お酒が大好きだけれどそれほどは飲まない、いや飲めないといわれる、私は、平均的日本人よりは飲むのだろうが、果たして世界水準としてはどうだろうか。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

9月

16日

20.09.16 Wed

 漱石の『坊ちゃん』には本名は出てこない。別に必要ないのだが、坊ちゃんを可愛がるお手伝いの清(キヨ)。坊ちゃんが松山に赴任したときは、いったいおいくつだったんだろうか。坊っちゃんは松山での教師を辞職して東京に帰ったあとは再び清と暮らすのであるが、清さんは相当に素敵な人だったんでしょうな。

2020年

9月

14日

20.09.14 Mon

 ようやく涼しくなりました。といっても蒸し暑い。まだまだ、わたしには夏です。これまでの人生において、私の場合、体型上、夏の期間が長く、秋冬の期間がが短い。暦の春夏秋冬と体感上の春夏秋冬が違うのであります。でも、夜明けが遅くなり、夜の帳が下りるのは早くなりました。総裁・総理が誰になろうと、秋はわが身にも来ております。明日あたりに、わたしにも秋が来るかな。

2020年

9月

06日

20.09.06 Sun

 なんと9月ではないですか。アジフライやらサバサンドを食べているうちに体重も増加。最近、物忘れがひどい。とくに、ドクターのいうことが、忘れるというより、頭に残らないのか、とんと身につきません。

2020年

8月

30日

20.08.30 Sun

 昼前、鯖サンドを求めて市原まで。呑みたいビールをグッとこらえる。夜、アジフライを求めて稲毛駅前の居酒屋へ。ホッピー&焼酎でアジフライをかぶりつく。これぞ千葉県民の醍醐味。

2020年

8月

27日

20.08.27 Thu

 あつい、暑い、熱い。とにかく暑い。歳とともに暑さに対する耐久力がなくなったのか、年とともに熱さが増しているのか、その両方なのか、とてもこの暑さを楽しむことなんてできません。この老体・醜体をいまさら晒す勇気はありませんが、風呂に浸かるが如くプールに浮かびたいもんです。はて、最後に泳いだのはいつのことだったのか。

2020年

8月

26日

20.08.26 Wed

 熱くて思考も停止。久しぶりに東銀座に出かけたものの、所用を済ませてそそくさと帰還。思考そのものも、行動そのものの少々分裂気味。何のために何を考えているのか、何のために動いているのかよく分かりません。もともと目の前のことにしか反応しない人間なのですが、ここのところそれが酷い。

2020年

8月

06日

20.08.06 Thu

 コロナだの暑いだのといっている間に8月。そのコロナ、専門家の間でもいろいろと話が異なります。各国の指導者の間でも対応が異なります。別に、専門家や政治家があてにならないといっているのではありません。さほど自然界と人間の身体はまだまだ分からないことが多いということでしょう。いささかコロナには飽きてきました。明日は立秋。もう秋なんですか。