2018年

 

8月

 

31日

 

30.08.31 Fri

 おぉぉ、8月も終わりではないか。早い、速い。入院生活は単調で退屈ではあるが、どういうわけか時の経つのが早い。思い出す出来事の少ない日々は短いということか。月が替わればそろそろ退院の日程が見えてくる。で、単調な入院生活で考えたこと。不安や不満、焦燥や孤独、羨望や嫉妬、これらの感覚を集めて『不幸』とする、との考えは間違っているのではないでしょうか。『不幸』ってなんでありましょうや。世に『幸福の科学』なる宗教団体がありますが、これから少し不幸の科学を追求してみようかなと、思います。別に、入院で精神的に落ち込んでいるわけではありません。

2018年

 

8月

 

27日

 

30.08.27 Mon

 いやはやタイクツ、退屈。退屈まぎれに、稼業人(露天店経営者:テキヤ:的屋:闇市の支配人)と渡世人(博徒:博奕打:博奕場経営者)の歴史について、ついでに仁義なき戦いの登場組織の相関関係について、少々調べました。いやぁ~、仁義なき戦いはよくできております。時代背景と具体的な利権構造なんぞリアルに踏まえております。でも退屈であります。

2018年

 

8月

 

26日

 

30.08.26 Sun

 入院生活で音と色には気を向けるようになった。病院という閉ざされた世界も、様々な音と色と匂いで組み合わされている。特に色。窓から見える僅かな自然、築地地区の夜景。形というよりその色。景色とはよくいったもので、なるほど世界は様々な『色』の組み合わせである。残念なるかな、その色の名前が分からない。いま少し、勉強しなければならない。

2018年

 

8月

 

24日

 

18.08.24 Fri

 ショルダーバックにスマホとノート、本一冊を入れ、聖路加国際病院に検査通院したのがこの3日。そのまま入院となり翌日手術。その後3度手術室に入り、今日で3週間目。この3週間、術時を除き生活は実に単調。単調。退屈であるのだが、不思議と一日の時間の経つのが早い。毎日毎日、退院したら何をしようかと考えておりますが、やはり、食べることであります。もちろん。病院の所在地は築地。寿司屋に飛び込むのでありましょう。  

2018年

 

8月

 

17日

 

30.08.17 Fri

 入院患者が病院食についてとやかくいうのは厳禁である。だから、ラーメンが食べたい、としかいわない、

2018年

 

8月

 

16日

 

30.08.16 Fri

 ただいま聖路加国際病院に入院中。この3日に検査通院したところ、そのまま入院。生命に別状はないものの、いましばらく入院しそうであります。面倒くさい体になっております。

2018年

 

8月

 

02日

 

30.08.02 Thu

 余りにも暑いので、今日一日、何をしたか思い出せない。どうせ、大したことをしていないだろうから、思い出せなくても構わないが。ただ、夕方の時間帯は覚えている。散歩に出かけ、シャワーを浴び、ビールを飲んだ。ここで18時半。その後、何をしたかはまた忘れたが。

2018年

 

8月

 

01日

 

30.08.01 Wed

 終日、事務所。事務所の電話が鳴らない。世間は夏休みなんだろうか。それとも、事務所は忘れ去られたのだろうか。おかげで、読みかけの『泥縄』を読み終え、『漱センセと私』を読み始める。子規34歳、漱石49歳。それぞれ逝去した年齢。現代医学のもとで永らえていたら、どのような業績を残していたのか。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2020年

4月

08日

20.04.08 Wed

 愚痴っぽくなるようですが、人生の後始末をつけなければと思うような歳になってコロナ危機を経験するとは。ぼくたちの世代は、逃げ切り世代ともいわれるように、戦後の苦労も大して経験せず、日本が膨れ上がるとともに、横並びにその恩恵をなんとなく受けてきた世代なんですが、ここにきてそのツケが回ってくるんじゃないかい、と思うことがあります。ぼく自身は、楽天的というよりも鈍感なものですから、あまり危機を感じない方なんですが、そのぼくがこれからの社会は大変な時代になるのではないか、と感じるものですから。ここは、若い方々に次の時代を切り拓いていただきましょう。

『あなたが生まれたとき、あなたは泣いていて周りの人達は笑っていたでしょう。いつかあなたが死ぬとき、あなたが笑っていて周りの人たちが泣いている。そんな人生を送りなさい。(ネイティブアメリカンの言い伝え)』

そのためにはあまり長生きをするのも考えものです。

2020年

4月

06日

20.04.06 Mon

 なんだか世界が一変したようです。上野、アメ横はガラガラ。千葉もガラガラ。いつも行列しなければならない食堂もガラガラ。首都圏だけの現象だといいのですが。地方に住む知人の話を聞きますと、まったく対岸の火事のようなところもありました。これはこれでホッとしたのですが、ウイルスの拡散速度とこれに対する政府と個人の対応の速度。対応速度が拡散速度を上回らなければ。ぼくなんか緊張感が続かないところがありますので、気をつけます。

2020年

4月

02日

20.04.02 Wed

 3月1日には29人。4月1日には527人。東京都のコロナ感染判明者数です。全国的に見て224人が2107人へ。全世界で87千人が873千人へ。基となるデータが異なるため、必ずしも正しい結論とは言えませんが、東京の感染速度が加速しているような気がします。それでも、この流れで4月中にストップがかかればいいのですが。ニューヨーク市は3月1日に感染者が初めて発見されたのですが、それが4月1日には48,000人です。爆発が繰り返されなければいいのですが。

2020年

3月

31日

20.03.31 Tue

 おいおいオイオイ。もう3月も最終日ではないですか。高血、糖尿、心臓疾患、高齢と、コロナのメインターゲットであるぼくは、これまで、世間の騒ぎを遠い向こうの話と思っていました。昔から、危機感が薄いというか、浅薄というか、リアリティをもって物事に接することができないタイプのようなのですが、最近ちょっとやばいかなと思うようになりました。同世代の志村けんさんが、ああもあっさりと召されるなんて。それこそ、オイオイおいおい、他人事じゃないぞ。

2020年

3月

24日

20.03.24 Tue

 咳やくしゃみをすると睨まれてしました。花粉症が原因で、マスクもしているのに。思わず、言い訳をしそうになります。今日の電車のなかでの話です。

2020年

3月

20日

20.03.20 Fri

 川があれば橋があります。道があれば坂があります。清水橋とか忍坂。東京の橋と坂です。粋な名称じゃないですか。だれが名付けたか分かりませんが。少なくとも行政ではないでしょうね。

2020年

3月

19日

20.03.19 Thu

 世のなかのことについてコメントする知見はないのですが、ぼくの身の回りのことについては、ぼくしかコメントすることしかできません。何かおかしいのです。株主総会を含め集まりがなくなりました。夜の案内もまったく届きません。夜の案内といっても変な案内ではないです。すし屋に入ってもガラガラです。駅の構内も往来も、ぶつからないで歩けるほどスカスカ。確かにコロナは怖いですけれど、ぼくにはコロナ以外に怖いものがいっぱいあります。年寄の自粛は分かりますが、若い人はそんなに委縮しなくてもいいんじゃないでしょうか。もっとも、加害者になることは避けるルールは必要ですが。