2018年

 

8月

 

31日

 

30.08.31 Fri

 おぉぉ、8月も終わりではないか。早い、速い。入院生活は単調で退屈ではあるが、どういうわけか時の経つのが早い。思い出す出来事の少ない日々は短いということか。月が替わればそろそろ退院の日程が見えてくる。で、単調な入院生活で考えたこと。不安や不満、焦燥や孤独、羨望や嫉妬、これらの感覚を集めて『不幸』とする、との考えは間違っているのではないでしょうか。『不幸』ってなんでありましょうや。世に『幸福の科学』なる宗教団体がありますが、これから少し不幸の科学を追求してみようかなと、思います。別に、入院で精神的に落ち込んでいるわけではありません。

2018年

 

8月

 

27日

 

30.08.27 Mon

 いやはやタイクツ、退屈。退屈まぎれに、稼業人(露天店経営者:テキヤ:的屋:闇市の支配人)と渡世人(博徒:博奕打:博奕場経営者)の歴史について、ついでに仁義なき戦いの登場組織の相関関係について、少々調べました。いやぁ~、仁義なき戦いはよくできております。時代背景と具体的な利権構造なんぞリアルに踏まえております。でも退屈であります。

2018年

 

8月

 

26日

 

30.08.26 Sun

 入院生活で音と色には気を向けるようになった。病院という閉ざされた世界も、様々な音と色と匂いで組み合わされている。特に色。窓から見える僅かな自然、築地地区の夜景。形というよりその色。景色とはよくいったもので、なるほど世界は様々な『色』の組み合わせである。残念なるかな、その色の名前が分からない。いま少し、勉強しなければならない。

2018年

 

8月

 

24日

 

18.08.24 Fri

 ショルダーバックにスマホとノート、本一冊を入れ、聖路加国際病院に検査通院したのがこの3日。そのまま入院となり翌日手術。その後3度手術室に入り、今日で3週間目。この3週間、術時を除き生活は実に単調。単調。退屈であるのだが、不思議と一日の時間の経つのが早い。毎日毎日、退院したら何をしようかと考えておりますが、やはり、食べることであります。もちろん。病院の所在地は築地。寿司屋に飛び込むのでありましょう。  

2018年

 

8月

 

17日

 

30.08.17 Fri

 入院患者が病院食についてとやかくいうのは厳禁である。だから、ラーメンが食べたい、としかいわない、

2018年

 

8月

 

16日

 

30.08.16 Fri

 ただいま聖路加国際病院に入院中。この3日に検査通院したところ、そのまま入院。生命に別状はないものの、いましばらく入院しそうであります。面倒くさい体になっております。

2018年

 

8月

 

02日

 

30.08.02 Thu

 余りにも暑いので、今日一日、何をしたか思い出せない。どうせ、大したことをしていないだろうから、思い出せなくても構わないが。ただ、夕方の時間帯は覚えている。散歩に出かけ、シャワーを浴び、ビールを飲んだ。ここで18時半。その後、何をしたかはまた忘れたが。

2018年

 

8月

 

01日

 

30.08.01 Wed

 終日、事務所。事務所の電話が鳴らない。世間は夏休みなんだろうか。それとも、事務所は忘れ去られたのだろうか。おかげで、読みかけの『泥縄』を読み終え、『漱センセと私』を読み始める。子規34歳、漱石49歳。それぞれ逝去した年齢。現代医学のもとで永らえていたら、どのような業績を残していたのか。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2021年

4月

01日

21.04.01 Thu

 このブログを、天国、いや、地獄から更新しております。地獄にも、✕✕地獄と種々ありますが、目の前に大量の餃子、生姜焼き、イワシフライ、ソーセージ等々、もちろんビールんホッピー&焼酎が並ぶ地獄です。昔は天国だったのですが、今は地獄。時の流れとは恐ろしいものであります。4月1日の報告でした。

2021年

3月

18日

21.03.18 Thu

 ミックスフライ定食、アジフライ定食、サバ味噌定食、豚汁定食。ぼくの定食人生の7割を占めてきました。定食屋という店舗が少なくなってきたのか、最近これらの定食にご無沙汰しております。とくに豚汁定食。吉野家以外では、どこに行けば食べることができるんでしょか。この番組をみていると、急に恋しくなります。

2021年

3月

10日

21.03.10 Tue

 あれから10年経ちます。陳腐な言葉は不要でしょう。ただ一言、忘れないでおこう。

2021年

3月

02日

21.03.02 Tue

 これからの食事、一人で食事をするとすれば何を食べるか。別に死の間際ということではなく、単に一人で食べる人生の10食。カレー、焼き鳥、ウナギと寿司にこってりとしたラーメン。ここまでは簡単にたどり着く。すき焼きや焼肉なんかは誰かと一緒に食べたい。一人で食事となると、続くのがメンチカツ、生姜焼き、ハムエッグ、高菜チャーハン、アジフライ。なんだか、うすっぺらぼくの食の歴史がうかがい知れます。今日はこれから焼き鳥を食べます。おそらく。

2021年

2月

28日

21.02.28 Sun

 逃げる2月といいます。3月になるといささか季節感が薄くなるかと思って食べたのが、牡蠣鍋。別に3月であろうと7月であろうと、鍋なんかいつでも食べればいいんだろうと思うのですが、そろそろ牡蠣が逃げていく、そんな強迫観念にぼくはかられたのです。でも牡蠣鍋って、自分でつくるのはけっこう味付けが難しい。ぼくはみそ仕立てが好きなんですが、どうもうまくいかない。

2021年

2月

17日

21.02.17 Wed

 昼に食べたのが担々麺。いつのまにかぼくたちは坦々麺を普通に食べるようになったのですが、どうもこの料理も麻婆豆腐と同じく、かの陳建民さんが日本に広めたらしいのです。これまでぼくは昭和で38年、平成で30年、令和で2年生きてきたことになりますが、昭和の時代には担々麺を食べた記憶がありません。ぼくの歴史と記憶なんかは別として、麻婆といい坦々といい陳さんにに感謝します。

2021年

2月

16日

21.02.16 Tue

 旧暦では春。穏やかな明るさ。そのような朝で60代最後の日を迎える。そう、明日から70代なんです。歳と体重の割には、相当軽い人間ですが。