2018年

 

9月

 

30日

 

30.09.30 Sun

 昨日、今日と雨。少々散歩したもののほとんどを自宅書斎で過ごす。で、アマゾンで発見したのが『ナイト・マネージャー』。いかにも英国風の暗くてまどろっこしいドラマなんでありますが、けっこうハマって、二日間で8エピソード、6時間。

2018年

 

9月

 

28日

 

30.09.28 Fri

 傾城の美女といえば楊貴妃でありましょうが、スパルタ王メネラオスの妃ヘレネは、まさにトロイを滅亡させた傾城の美女そのものであります。それに比べれば、かぐや姫なんかきっと美女なんでありましょうが、歴史的なインパクトはありません。だから、日本の女性はかって世界で人気があったのでしょう。今は分かりませんが。最近ギリシャの本を読んであります。

2018年

 

9月

 

26日

 

30.09.26 Wed

 突然の話ですがサムソンとデリラ(旧約聖書士師記)。その昔、レンブラントの絵を知ったとき旧約聖書を斜め読みをしたことがあります。今日また、レンブラントの絵をパソコンでみて、はて、レンブラントは何を描きたかったのか、と思ってしましました。もともと、旧約聖書に書かれたサムソンの話そのものが、クリスチャンでもない私には、宗教的教訓がピンとこないのであります。大雑把にいえば、男性諸君よ美女には気よつけろよ、と読むしかないのであります。レンブラントのメッセージは、そんなものではないように思えます。

2018年

 

9月

 

25日

 

30.09.25 Tue

 朝の3時から起きてゴソゴソ。久しぶりに入谷の事務所。長時間椅子に座わり午後にはグッタリ。早々に別室に引き上げ、本日の業務を終了。業務再開初日としては上出来。

2018年

 

9月

 

23日

 

30.09.23 Sun

 昨日は、歩行のリハビリを兼ねて千葉へ。今日は、アルコールのリハビリを兼ねて焼肉店へ。社会復帰に向けて着々と準備をしております。

2018年

 

9月

 

21日

 

30.09.21 Fri

 昨日、聖路加病院を退院。しばし自宅療養。術後の傷口が塞がり切っていない。通院も続く。まあ、仮釈放と保護観察の身であります。とにもかくにも、ウイルス感染という想定外の事態に見舞われなっがらも切り抜けるなんて、極めて強運の持ち主といわなければなりません。もともと不幸に出会わなければいいのでありますが、そこはそうもいけません。ここをどうリセットするか。開き直りに近い覚悟が出発点でありましょう。開き直りながらも、不貞腐れないで前を向く。そんなに難しいことではありません。ベースは、開き直りなんですから。

2018年

 

9月

 

17日

 

30.09.17 Mon

 病室を抜け出して聖路加タワー。リハビリ散歩。土日祝日の聖路加タワーは閑散としている。エクセルシオールでコーヒーと読書にメモ。一日3回の抗生物質剤の点滴。退院も近い。

2018年

 

9月

 

08日

 

30.09.08 Sat

 喉元過ぎれば熱さを忘れる。通常は、学習能力のなさを意味するようですが、これは間違った解釈です。学習能力そのものは必要なことでありますが、喉元を過ぎた熱さ程度なんかさっさと忘れていいのであります。身体が本能的に覚えているでしょうから。その忘却力やリセット力の方が大事であります。英米では、The danger past and God forgotten.(危険が過ぎると神は忘れ去られる)とか、Vows made in storms are forgotten in calms.(嵐の時になされた誓いは平穏な日には忘れられる)なる言葉があるそうですが、こうなるととチョイと意味合いが異なります。約束(契約)違反の戒めでもありましょう。ということで、わたしも何で入院しているのか、その訳を忘れつつあります。

2018年

 

9月

 

05日

 

30.09.05 Wed

 18歳で青雲の欠片を抱いて上京し、すぐに身についた飲酒の習慣。以来、これほど長くアルコールを断った記憶がない。これは事件であります。で、なぜ入院生活を送っているかというと、最初は左下肢人工血管の修復のため。その人工血管にウイルスが付着。このウイルスが少々厄介な奴で、人工血管に悪戯するは、なかなか体内から出て行かないは、で、いまそのウイルス退治のための入院。と、まぁ、要約すればこういうことであります。関係者の方々には、ご迷惑をおかけするは、ご心配をおかけするはで、深謝いたします。入院生活は、これを楽しむにはあまりにも刺激の乏しい環境ですが、いたって元気に過ごしております。  

2018年

 

9月

 

02日

 

30.09.02 Sun

 9月の予定を考えると、こりゃぁ~、のんびりとしておられん。と、こうなります。幸い検査数値もここのところ急速に改善されてきている。と、わたしは自分で確信しております。ここはひとつ、聖路加病院に仮釈放の申請でもしてみますか。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-7東京菓子会館2階

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2021年

3月

02日

21.03.02 Tue

 これから食、一人で食事をするとすれば何を食べるか。別に死の間際ということではなく、単に一人で食べる人生の10食。カレー、焼き鳥、ウナギと寿司にこってりとしたラーメン。ここまでは簡単にたどり着く。すき焼きや焼肉なんかは誰かと一緒に食べたい。一人で食事となると、続くのがメンチカツ、生姜焼き、ハムエッグ、高菜チャーハン、アジフライ。なんだか、うすっぺらぼくの食の歴史がうかがい知れます。今日はこれから焼き鳥を食べます。おそらく。

2021年

2月

28日

21.02.28 Sun

 逃げる2月といいます。3月になるといささか季節感が薄くなるかと思って食べたのが、牡蠣鍋。別に3月であろうと7月であろうと、鍋なんかいつでも食べればいいんだろうと思うのですが、そろそろ牡蠣が逃げていく、そんな強迫観念にぼくはかられたのです。でも牡蠣鍋って、自分でつくるのはけっこう味付けが難しい。ぼくはみそ仕立てが好きなんですが、どうもうまくいかない。

2021年

2月

17日

21.02.17 Wed

 昼に食べたのが担々麺。いつのまにかぼくたちは坦々麺を普通に食べるようになったのですが、どうもこの料理も麻婆豆腐と同じく、かの陳建民さんが日本に広めたらしいのです。これまでぼくは昭和で38年、平成で30年、令和で2年生きてきたことになりますが、昭和の時代には担々麺を食べた記憶がありません。ぼくの歴史と記憶なんかは別として、麻婆といい坦々といい陳さんにに感謝します。

2021年

2月

16日

21.02.16 Tue

 旧暦では春。穏やかな明るさ。そのような朝で60代最後の日を迎える。そう、明日から70代なんです。歳と体重の割には、相当軽い人間ですが。

2021年

2月

09日

21.02.09 Tue

 そうか、今日2月9日は肉の日か。どうりで、意識したわけではないのだけれど、朝から肉ばかり食べている。ちなみに3月7日は魚の日らしい。10月10日も魚(とと)の日らしい。ついでに毎月10日も魚(とと)日らしい。さらに8月31日は野菜の日。ほんとうにどうでもいいことですが。

2021年

1月

30日

21.01.30 Sat

 俺って、つくづくダメな奴だな、と、ぼくはときどき、いや、いつも思うのです。何がダメかって、意志が弱いのです。決して目標は高くないのに、必ず、その翌日には挫折するのです。今日は、いや、今日も減量です。いい歳をして、飲んで食べてしまうのです。

2021年

1月

18日

21.01.17 Mon

 突然の話ですが、アメリカだけはヒットラーを産み出さない、と思っていたのですが、そうでもないようです。ちなみに、ぼくは西部劇は大好きなんですがアメリカという国は嫌いです。