29.12.30 Sat

 伊藤初代と川端康成が婚約をしたのは、康成がまだ一高生だった1921年(大正10年)の10月。初代15歳、康成22歳。一週間後、康成は初代から突然の婚約破棄を告げられた。この出来事が、川端文学に与えた影響は大きいといわれる。康成の美意識に決定的に影響を与えたという女性の年齢が15歳。カフェの女給。永井荷風の『つゆのあとさき』、佐多稲子の『私の東京地図』を読んでも、当時15歳という年齢は、大人として生きていかねばならなった時代のようだ。少なくとも、この点では、日本の社会の質は向上した。15歳で得られる人生の選択肢は、限られている。いまは、その選択を先に設定することのできる時代となった。それはそれとして、康成といい、ゲーテといい、文学者の美意識は鋭敏ですなぁ~。

友廣清志税理士事務所

東京都台東区入谷1-18-10東京菓子協会ビル301

 

TEL:03-5824-0550

代表/受付時間9~18時

Fax:03-5824-0577

 

email;fwhe7777@nifty.com

 

休業日

土・日・祭日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください

2021年

6月

08日

21.06.08 Tue

実は、この3日に事務所を引越したのです。といっても、旧事務所ビルの隣の新築ビルです。引越しといえるのかどうかの移転ですが、新築ビルとはいいものです。やっと落ち着きました。

2021年

6月

01日

21.06.01 Tue

 早いのか遅いのかよくわかりませんが。6月になりました。飲んで、寝て、起きれば日が変わる。これを31回くり返せば必ず月が変わります。したがって、6月になったからといっていまさら驚くことはないのですが、わかっていても驚くのです。頭で「解る」と体で「判る」の違いでしょうか。この用語の違いを含めてよく分かりません。

2021年

5月

25日

21.05.25 Tue

 歯の痛みが和らいだかと思うと、胃が痛い。今月も残り一週間。次はどこが痛くなるんだろう。頭は、いろいろな面でいつも痛いし。金属疲労には違いないのでしょうが、疲労した金属とうまく付き合うテクニックが身に付いてもよかろうと思うのです。んなことを考えてもしかたない。さて、これからハズキルーペをかけてたまりにたまった月刊文藝春秋を読みます。

2021年

5月

06日

21.05.06 Thu

 実は、ここのところ歯が痛い。ここのところ、とは、2週間ばかりです。とうとう抜けてしまった歯(インプラント)を手にして、やっぱりドクターに診てもらおう。昔は、といっても10年ばかり前は、70になったら歯の一本や二本がなくても、歳相応でかまわないや、と高を括っていたような気がしますが、いざとなるとそうもいきません。痛いのと不便なのと、我慢も2週間。週明けには、歯医者に行こう。ちなみに、ぼくの爺さん(母方)など、60を過ぎたころには、歯が全くなかったような気がします。

2021年

4月

26日

21.04.26 Mon

 今年のアカデミー賞作品賞は『ノマドランド』。ということで、さっそく原作『ノマド 漂流する高齢労働者たち』(ジェシカ・ブルーダーのノンフィクション)をkindleで購入。なるほど面白い。いかんいかん、スタッフは忙しく働いているというに。

2021年

4月

16日

21.04.16 Fri

 なぜか河島英五。今日は20年目の命日。なりたくなくてもなってしまった「時代おくれ」の男には、20年前よりも、いまの方が河島英五の歌が心にしみる。

2021年

4月

01日

21.04.01 Thu

 このブログを、天国、いや、地獄から更新しております。地獄にも、✕✕地獄と種々ありますが、目の前に大量の餃子、生姜焼き、イワシフライ、ソーセージ等々、もちろんビールんホッピー&焼酎が並ぶ地獄です。昔は天国だったのですが、今は地獄。時の流れとは恐ろしいものであります。4月1日の報告でした。